不登校対応の相談~改善策ブログ~

元不登校児の事業家(木村優一)が、「親に求められる不登校対応」をお伝えします。



木村優一のオリジナルメルマガ (無料)
→ http://www.powerfinder.org/Pages/default.aspx
 


※オリジナルメルマガでは、不登校対応の改善点や注意点を書いています。
 このメルマガは、不登校の子供を持つ親の“行動”を変えるためのものです。
 知識は、覚えて、行動に移して初めて役立ちます。不登校対応に関する知識を確実に行動に移すためにご利用ください。


木村優一のまぐまぐ!メルマガ (無料)
→ http://www.mag2.com/m/0000265615.html


※まぐまぐ!メルマガでは、不登校の悩みを解決するためのヒントをお伝えしています。
 このメルマガを読むことで、子供が不登校から抜け出す方法、不登校の子供が活き活きとし始める方法、
 不登校の子供を持つ親に求められること……などが分かってきます。


木村優一のツイッター (無料)
http://twitter.com/kimurayuuichi


※「好ましい不登校対応のしかた」がシンプルに頭に入ってきます。
 数秒で読めるものばかりなので、ちょっと時間の空いたときにチェックできます。
 親の思考と行動を自然と変えたい方におすすめです。

NEW !
テーマ:


知人の不登校専門家いわく、
「不登校に関する喜びの声の数では木村さんが日本一」だそうですニコニコ



ホームページには、今までにいただいた喜びの声を掲載しています。

(今月も、不登校の子供を持つ親御さんからたくさんの喜びの声をいただきましたので、それらを追加させていただきましたビックリマーク



ブログでも、一部ご紹介させていただきます。




「小4の二男は、9月から、朝も早くから、自分の足で登校しています。部活もやって、みんなと歩いて下校しています。」



「今朝は、自分で準備をして庭の植物に水をあげて友達が来るのを待っていました。そして、何事もなかったかのように班で登校しました。」



「今日は学校が始まる日です。久しぶりに友達と会えると行きました。」



「長男は、順調に高校生活を楽しんでいます。やりたいと言っていたこと(勉強、運動、遊び、アルバイト)を一つ一つ始め、先日とうとう、不登校のきっかけでもあった野球を再開しました。もともと今の高校を選んだのは、野球部がある、というのも理由の一つでした。入学後すぐに入部するのかと思いきや、本人なりに行きつ戻りつしながら、タイミングをはかっていたのかと思います。ずっと家にいたのが嘘のように毎日忙しい日々を過ごしています。ただ、無理をしている様子はなく、完全オフ日を作るなど、上手にバランスをとっています。たまに頭痛もあるようですが、自分なりに付き合っているようです。友人にも頭痛持ちの子が多いみたいで、頭痛薬を忘れても誰かにもらったりしているようです。最近私の周りでも、学校に行けない、行きにくい、というお子さんが増えているように思います。相談を受けたときは、経験談を話したりしています。木村様のことも、私が一番影響を受けた方です、と、紹介させてもらっています。それでは、また、近況報告させていただきます!」



「息子は、夏休みが始まるとすぐに課題を終えたので(旅行を夏休み後半に予定していたので早めに終わらせたみたいです)、その後はずっとのんびりと過ごしていたので、学校が始まると「学校は疲れるからいやだな」と言いながらも毎日頑張っています。昨日の体育の授業では長距離走があったようで、一位になったと喜んでいて、こちらも嬉しくなりました。最近はよく話をしてくれますし、好きな歌手の歌をよく口ずさんだりしています。今のいい状態が継続出来るように、サポートして行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!^ ^」



「少しまだ波もありますが、朝起きて学校へ行くことには慣れたようです。1学期は4日休みましたが、夏休みの補習で4日返上しました。」



「高校3年生の息子は、9月1日の始業式には欠席しましたが、それ以降は毎日登校できています。朝は自分で起きてきます。(中略)娘の誕生日には、ケーキを買って来てくれました。夕食も楽しそうに手伝ってくれます。家族の外出をとても楽しみにしています。もとの息子に戻りました。全ては私の心の持ち方なのだと思いました。ニュートラルなマインドが定着するまで、木村先生のお力をお借りしたいと思います。これからも宜しくお願いいたします。」



「マインド変化を心がけて、約3週間。子供の表情や雰囲気に良い変化を確信。そして、8月31日。翌日は始業式だが、自分に不安があまり無いのに驚く。9月1日より、登校再開。(中略)今回のケースは、早い段階で、木村様のサポートに出会え、嫁から変わったねと言われるくらいマインド変化した成果だと思います。(中略)もあもあよくなるで、沢山の情報を頂き、特に心に響いた内容はスマホのカレンダーに毎日繰り返しで記入し、朝昼晩目を通して暗唱することが、僕にとって有意義でしたのでご報告させて頂きます。(中略)慢心することなく、引き続き努力致します。」



「今日行きました!昨夜「お母さん、明日部活に行くから8時に起こして。自分で起きれないと思うから」と言われ「うん、わかったよ」と答えました。(中略)すごい勇気を振り絞って息子は部活に参加するために学校に行きました。自分で決めて…。」



「自分で担任の先生に電話して今の気持ちを自分の言葉で伝える事が出来、そして昨日「先生と話して来るわ」そう言いながら大きなため息をついて学校に行きました。どんな顔して帰って来ても、笑顔で迎えよう。息子がどんな決断を投げかけて来ても受け入れよう。そう何度も思いながら一日を過ごしていました。そんな息子ですが、笑顔に元気に帰宅しました。事細かには話してくれませんでしたが、「母ちゃん、もう大丈夫だから!学校ちゃんと行くよ!先生とも話せたし」とだけ、自分から言ってくれました。これで安心する事なく、ここからもう一度スタートだと思って、私もマインド変化を進めるためにそして安定させるために初心に戻って勉強し直したいです。」



「昨日から2学期が始まりました。息子は「憂鬱だな…(-_-)」と言いながら、遅れて登校しました。けれど、「学校で使う道具を毎日持っていくのは嫌だ。」と言って、2日間で運び終わらせようとしていました。「面倒臭い。」と言いながらも、息子なりにいろいろ考えているのだな…と思いました。」



「最後まで夏休みを自分のペースで過ごしました。進みたい進路も決まり、自分でそこまでどのように歩むのか、見守りたいと思います。」



「娘は、お盆明けぐらいから私の誘いで午前中の90分程勉強を始めました。嫌がるかな?と思いましたが誘ってみると、あっさり了解してくれました。なんだか、勉強する事で少し落ち着いているように思います。」



「今日も娘は通学班で登校しました。昨夜は新学期色々荷物が多いので「めんどくさい」なんてぶつぶつ言いながら準備をしていました。宿題も一人で終わらせていました。「明日は金曜日!ラッキー」なんて言いながら。1時間目は親子で除草作業です。こちらは運動会が秋にあるため、その前に年に1度の親子での除草作業私ももちろん仕事の合間に参加しました。学校の校庭に入りふと感じました。娘が今日登校したから、私はこうして除草作業に参加できるんだ。当たり前じゃないんだな。」



「金曜日に娘の小学校時代の親友から、午後一緒に勉強しない?とメールがあり、急な決まり事にもかかわらず近所の公民館まで1人で出かけることが出来ました。まだ明るく知ってる人に会うかもしれないのに。(中略)不登校は一進一退だと思うので、これからも気を引き締めて望みたいです。」



「拝読し、早速実行したところ、娘との刺々した会話が改善しました。それだけでも今は本当に嬉しいです。」



「最近の長女は、宿題に悪戦苦闘しながら頑張っているようです。現地の友達との交流が増えている様子が、Facebookや、家族でのLINEでのやり取りから伝わってきます」



「第92回音声配信「三つのお話」、何度も何度も拝聴しています。ノートにもまとめました。とても素晴らしくて、この音声を繰り返し聞けば、不登校対応にはもう他には何もいらないのでは?と思うほどです。(もちろん「ひふみ~よ」や「もあもあよくなる」はこれからも楽しみにしています!(笑))(中略)先日課題テストがあったのですが、娘は何ヶ月かぶりに登校し、お弁当持ちで別室受験をしてきました。その時に数日遅れましたが、宿題も提出してきました。」



「今日、長女から家族のLINEに、「今朝はもう疲れたーって早朝からお母さんに電話しようと思ったけど、いざ学校行くとすぐ終わるし意外と楽しいんだな」というメッセージが。」



「最近、息子が表情がやわらかく、よく笑うようになり、イヤなこともはっきりいってくれるようになりました。(前は、うんともすんともかえってこず、さみしかったです)(中略)息子は、主人からの提案で、家庭内アルバイトをやる案を考慮中です。昨日は、「米とぎ炊飯1回100円くらいかなあ」と息子は笑っておりました。本当に、笑ったり話しかけてくれるだけでも、しあわせな気持ちになります。(中略)音声の方も、楽しく学ばせていただいております。仕事で忙しくても、しっかり時間が取れるので、ありがたいです。これからも、楽しみにしています。」



「今日もメルマガありがとうございました(^-^)「みるみるうちに子供の状態が良くなる(8)」まるで今朝の私のメールに対するお返事をいただいたように思えて...とっても心強かったです(^-^)」



「第92回ひふみ~よ毎日は難しくとも、何度も聞いています。頭ではなく心で意識できるようになりたいので。プレゼントで頂いた、第12回、13回が特に何度も聞いています。お母様方が「私もそうだったの。私も同じ」そう言われて応援されている気持ちになります。今まで頂いたひふみ~よも、また変わった受け取り方をすると思います。隙間時間を見つけて聞きたいと思います。毎日メールをしよう。心のごみを取り除こうと時間を決めて続けていますが続けるにあたって、ますます木村先生のすごさが、そして熱意を感じます。私はここまで誰かの為に力を注ぐことができるのだろうか。毎日のもあもあを配信したり、毎週のひふみ~よの配信は並大抵の事ではありません。今の私では挫折してしまうのは目に見えています。(決めつけたくはありませんが)しかも、ただ配信するわけではなく、分かりやすくどう内容を構成していくべきか文章についても私たちが受け取りやすくするには(感情的にならないようにするには)どうすべきか。私は木村先生へのメールですが、木村先生はその逆ですし、相当気を使われるでしょう。それを毎日。しかも他の仕事をしたり、家庭サービスをしたり。これを全てこなすには、やはり自分の心の安定が大切になってくるのでしょう。木村先生のされていることは、不登校対応のために入会しましたが、よりよく生きるための手引きみたいな感じですね。(中略)私はまだしなければならないという勝手な縛りをして自分を責めています。その考えは結局周りにも同じことをしてしまうんでしょう。この考えは、マインド変化を遠ざけてしまいます。染みついたこの生き方は、突然は変わりはしないかもしれませんが長期的に見れば180度変わったねなんてこともありますよね。長男が不登校再発したころの私とは比べものにならないくらい私は泣いていないんですから。なんとなく私が薄い皮を少しづつゆっくりと剥がれて生まれ変わる感じです。木村先生が「ほかの対応では長期的にだんだんと悪くなるけれど、私のサポートを受けている皆さんは長期的にだんだん良くなっていくんです」と言われていましたが本当にその通りだと思います。ひふみ~よのお母さん方も、私はなかなか反省ばかりですけどこんな感じです。諦めないで一緒に生まれ変わりましょう!」



「イライラしたり怒らなくなりました。お風呂にも毎日入るようになりました。毎夜、1時~2時に寝ていたのも、「早く寝よう!」とか「もう寝よう!」と言って自分から12時には布団に入るようになりました。」



「こちらは、台風の影響は全くなく朝から学校がありました。娘はとてもテンション低くだらだらと・・・。けれど時間通りに準備をして登校しました。この行動に娘の力を感じました。」



「木村さんから届くメールの内容は 嬉しいときも しんどいときも 楽しいときも ツライときも 全部に適応できるように万全な内容で。時々以前読んだ内容がぽろ。ぽろ…。って出てきます。メルマガが届き、読んだその時はわかったつもりでいたり 自分の今とリンクできなかったり あとになってから あぁ…。こういうことかと気づかされます。」



「新しい学年になってから、一度も担任の先生にも会うことも電話に出ることもしなかったのですが、電話なら!と初めて先生とお話ししました。今度は、家庭訪問の際、会う約束もしたみたいです。あんなにも拒絶していたのに、嫌がることもなく、こちらもすんなりと…」



「木村先生から93回目のひふみ~よの配信がありました。夕方庭の草むしりをしながら聞かせて頂きました。ご主人と教習所に通う息子さんのお話を聞いて今の私の対応が明確になりました。本当に助けられます。ありがとうございます。(中略)木村先生のサポートを受けなければ私は新しい自分と出会うこともなく、新しい家族の再生へと向かう事もなかったと思います。これからも引き続きよろしくお願いします。」



「昨日、第93回の音声を受け取り、聴かせていただきました。木村先生の優しさが心に染みわたる、楽しい音声でした。いつもいつも、ありがとうございます。また、全てのお母さん方のメール報告に、感謝いたします。ひふみ~よの皆さん、いつもありがとうございます。(中略)わくわくしながら、トレーニングを続けたいと思います。理想と現実の隔たりは、なかなかに大きいですが…!これからもご指導どうぞよろしくお願いいたします^ - ^。」



「娘に変化が表れました。毎日ではないですが、1~2日おきにはお風呂に入るようになりました。以前は4日、5日でも平気だったことを思うと、目に見える変化です。」



「金曜日、2学期になって初めて登校しました。図書室ですが。前日には、部屋を片付け、掃除をしていました。決して無気力ではない所が嬉しいです。」



「木村先生がこれからも続けたいと思いますという言葉を聞いて安心しました。いつ辞めるか分かりませんよっていう言葉は聞きますがこの言葉は私が聞いている配信では初めてだったので本当にうれしかったです。」



「昨日は11月の模試の申し込みもしてしまいました。受けるらしいです。家庭教師も久々で4時間やりました。」



「木村さん、第94回音声配信ありがとうございました。聴いているうちに、主人や息子やまわりの人たちへの感謝がわいてきて、(ああ、今回の音声も聴けてよかったなあ)と思いました。(中略)これからも木村さんの通信、音声楽しみにしています。今日もとても楽しい1日になりそうです♪」



「学校で鼓笛を熱心に活動しています。1学期と比べて宿題をすることも増えてきました。2学期は休むことなくみんなと一緒に登校しています。」



「息子との会話がかなり増えてきています。時々、今の自分の気持ちを私達に話してくれます。息子が学校へ行く勇気が無くなってしまった一番の原因は、ニキビができてしまい顔全体が赤く、その事をからかわれたのをきっかけに、自信喪失し、色々な事が辛くなってしまったからだ、と言う事や、9月1日から本気で登校しようと思っていた事など…。実は、過去に皮膚科に何度か連れて行きましたが改善されず、(ニキビというものは、直ぐには改善されません.その事は本人もわかっていると思いますが)病院を信用できないと言い、もうどうなってもいいと言い、通う事を中断してしまいました。それが先日、「10月中には学校へ行こうと考えている、だから本気で治したい、皮膚科へ連れて行って欲しい」と、、言ってきました。今まで、何度も通院する事をうながしていましたが、全然聞いてくれず、自分で治すのだと言いはり、拒否されていましたので、自ら行くと決め、言葉に発した事は、大きな前進だと思いました。また息子なりに、何かを考え、結論を出したのだな、と思いました。いい表情をしていましたので、本気なのだなと感じました。親として出来るだけの事は協力して行こうと思っています。」



「私と嫌がらず話します。家庭教師は再開しました。夜のスマホはリビングに置いてます。ご飯も何とか食べてます。お風呂にも入ります。夜は12時過ぎには寝て、朝は起こすと9時前には起きてきます。」



「今、毎日のもあもあが届くことが、私にとってとても楽しみになっています。木村さま、毎日ありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。」



「94回の音声での毎日メール報告をしておられるお母さま、本当に素晴らしいです☆ あんな風に書けばいいんですね!参考になります。ありがとうございます(⌒▽⌒)」



「92回の音声では、私達の理解が進むよう思っていただいた、とても強力なお話をありがとうございます。しばらく毎日毎日聞いていました。テンポよく、快活な感じの木村様のお話しぶりに、私の耳が喜んでいました。永久保存版です。」



「木村さんと出会ってサポートをしていただくようになってもう少しで2年になります。2年前の私には今の私の変化は想像できませんでした。私は今の自分が好きです!これからも木村さんを信じてひふみ~よの皆さんと歩んで行きたいと思います。よろしくお願いします。」



「今日、担任の先生が家に来てくださり、初めて息子は会うことができました。(中略)自分なりに寝る時間を早め、先生が来られる時間には起きているように調整したみたいです。二時間前には起き、シャワーを浴び、お気に入りの服に着替えていました笑 何も心配しなくても、やいやい言わなくても、自分で決めたことはできるものなんですね。」



「夏休みが終わり、新学期が始まり、始業式と9日に登校しました。」



「木村さまのこれら支援活動に対する労力を考えますと、本当に感謝しかありません。ありがとうございます。」



「94回目の音声配信での私への木村様のコメントを聞いていて、パワーがみなぎりました。」



「引き続き、主人が優しい言葉をたくさんかけてくれるようになっています。うれしいです。私も、主人に頼ることができるようになったんですよ~ 前は、私が頑張ってるんだから、あなたたちもやるのよって、押し付けていた気がします。上から目線でした。だから、家庭がやすらぐより、ギスギスしてました。これでは、安らいでエネルギー補充できませんよね。主人との関係にしっかり向き合うことができたのは、息子の不登校のおかげです。今では、仕事で忙しいのに、夜ごはんの支度をしてくれたり、台所の掃除をしてくれたり、私を送り迎えしてくれたり、大活躍な主人です。(中略)とてもとてもしあわせで、涙がでています。また、もあもあも、音声配信も楽しみにしています!読んでいただき、ありがとうございます。」



「最近の息子の様子ですが、深夜1時~2時までゲームをしているというのが当たり前の生活が、早ければ10時どんなに遅くても11時~12時にはベットに行くようになり、朝も昼前まで寝ているのが当たり前でしたが、8時~9時ぐらいに起きるようになって来ました。とても大きな変化です。平日の部活には参加しませんが、土日の部活には参加しています。この三連休も部活に参加したり、毎日友達と子供文化センターに卓球をしに行ったり、公園に遊びに行ったり、ごはんを食べに行ったりしています。とても元気です。」



「あれこれ悩みながら、不登校に関するブログを検索しているうちに、木村様のブログが 私のアンテナに引っかかる感覚があり、早速 登録を申し込みました。木村様からのメルマガや音声配信、そして「ひふみ~よ」会員の親御さんからのメッセージを読んだり、聴いたりしていくうちに、私の息子に対する対応が どれだけ間違っていたかに気付かされました。(中略)「毎日」欠かさず届けられるサポートのメッセージは、私の心の癖を直すためにとっても役に立つので、いつも感謝しております。これからもよろしくお願い致します。」



「先日息子の幼稚の時のママ友に会いました。前回会ったのは息子が不登校になって半年ほどの時でした。今から思うとあのときは明るくつとめて不安や焦り落ち込んだ気持ちなどマイナスな部分を押さえ込んでいた感じだったのですが 今は自然な感でバランスが取れているなと おもいました。『木村さまやひふみーよの皆さまのお陰だな』ありがとうございます。(^^)」



「今日、娘は突然、「センター試験」の申込書を夫に渡してきました。娘に申込書の書き方を聞かれた夫は、嬉しそうに教えていました。娘もそれを素直に聞きながら申込書を書いていました。夫は娘との久しぶりの会話に、嬉しさを隠しきれない様子で、聞かれた内容に対して、大事そうに丁寧な言葉で答えていました。(中略)娘は「受験すること」を諦めていなかったのです。(中略)私は正直驚きました。そして改めて、娘のとてつもなく計り知れないほどの勇気と根性に脱帽しました。」



「娘は、驚くほどの変化をみせてくれました。娘は、夕食後から、私たちの部屋にずっと一緒にいます。こうしている今も一緒です(^^)こんなこと、昨年末以来です。」



「長男はパソコンで文字のデザインをすることが楽しいと気づきました。(中略)そこから学校へ出席数の為に登校 そして別室で勉強 今年の春には意を決して教室へ。でもやはりしんどくなり数週間また欠席 でも修学旅行へ行く為にまた別室登校を始め、修学旅行にも行きました^ - ^ そこから高校受験を考え悩み。勉強を追いつかなくちゃと塾探し。なんとか長男に合う塾が見つかり、夏休みは毎日通いました。夏休み明けの学校は午前中別室で勉強。午後から塾で勉強。学校には長期欠席者リストというものがあるそうなのですが、長男はそのリストから名前が消えたと先生から言われました^ - ^高校のオープンキャンパスも積極的に参加して。その基準はやはり映像がやりたい!そんな高校に行きたい!と、いう気持ちでした。好きなことを見つけたことって、こんなにも人を強くさせるんだと実感しました。」



「いつもいつも、ありがとうございます。サポートがうまくいかないなぁーと落ち込んだ時、毎日のメールを読んだり、音声を聞いたりすると心が落ち着いてきます。そんな時には特に、木村さんのサポートがあって良かったなぁと思います(^^)」



「実は、私は半年ほど前から娘の不登校に関するブログを書いていまして、そこでサポートについて尋ねてこられた方4~5名に、木村先生のサイトをお伝えし、無料メルマガの登録をお薦めしました。その方々がその後どうされたかまではやり取りはないのですが、もし入会されていたら、嬉しいなあと思っています。(中略)私自身は、ネットを検索していて木村先生のサイトに出会いました。(中略)自分の感覚を信じて、本当に本当に良かったです。」



「確認しましたら、7名の方に木村先生を紹介させていただいていました。その中には、同じように不登校ブログを書いておられて、その内容があまりに悲しくて、お子さんもお母さんも辛そうだったので、私からメッセージを送らせてもらった方もいます。いつか木村先生につながってくれたらいいなあと思います。」



「最近の息子ですが、お盆明けから補習に参加し、新学期からは学校祭の準備、参加と忙しい毎日を送っていました。」



「私が、病院から帰ったら、息子の姿が見えず、カバンもなく、靴もなく、台風が近づく中、学校にいっていました。」



「今日は娘の運動会でした。お昼過ぎから雨が降る予報で、午前中に足早にプログラムが組みなおされ残り2種目は持ち越しとなりましたが無事楽しく終わりました。娘の鼓笛の姿はとても自信にあふれていました。」



「木村先生に出会いサポートを受け少しずつ私の意識が変わりました。それと比例するかのように息子も元気になってきました。(中略)私は本当に木村先生と出会えたことが人生のターニングポイントだったと心から思います。」



「木村先生は、私たちにいつも寄り添いながらも、私たちが木村先生に依存しすぎないよう、適度な距離感のサポートを続けてくださっています。ひふみ~よを継続していると、段々と思考が柔らかくなるとともに、心の自立がうながされ、少しずつ自分自身に自信が持ててくる事に気づかされます。そしてそれは、1番に子どもたちに反映されるのでしょうね。。」



「昨日、今日と朝ごはんを隣同士で、食べることができました。笑顔もどんどん増えています。」



「10月1日から通信高校に転入します。次女は、決断をしました。6月から学校に行けずに生気の無い顔をしていた次女が今、段々と元気を取り戻し自ら動き出しました。」



「朝6時から午後3時までの勤務や連続の勤務、そして体調不良の時でも、インフルエンザ以外は出勤しました。昨日も微熱がありましたが、最後だし休むわけにはいかないと言って出発しました。(中略)予備校の自宅学習はムラがありますが続けていますし、今度の英検2級という高いハードルにもチャレンジします。」



「息子からは、最近は、ほとんど連絡が来ません(涙) ^_^(中略)日本では、出かける予定がないと、昼夜逆転が多かったのですが、早起きして、登校しているようです。」



「早い時期に木村さんのブログと出会って、ひふみ~よに入会できたお陰で、私達親と娘との関係はそれほど悪化せずに済みましたし、娘自身にもアルバイトを続けるエネルギーや、友達と会う力もちゃんと残しておくことができたのだと思います。本当に運がよかったんだと思います(*^^*)今月上旬に高校の前期試験があり、無事十数科目の単位を取れ、卒業のめどが立ちました。」



「毎日よく頑張っています!毎日欠かさず 午前は学校の別室で勉強 午後からは塾で勉強。朝も早くに起きる!と、毎晩言い 6時に声をかけると遅くても6時半には起きます^ - ^ そこから英語の勉強や数学の勉強をしたり。朝勉です!ほんと。別人のよう。」



「昨夜、息子はしっかり寝て、今朝起きて、ご飯を食べ、学校へ出かけていきました。(中略)支度する息子は、以前毎日学校にいっていた息子、そのものでした。落ち着いています。」





その他の喜びの声は、こちら → 不登校対応の支援と相談



ちなみに、このブログやホームページに掲載している喜びの声は、メールでいただいたもののみです。


お電話でいただいた喜びの声は掲載しておりませんので、
実際には、さらに多くの喜びの声が寄せられています♪


こうして喜びの声をいただき、
ブログやホームページで紹介させていただくことで、読者の親御さん達が勇気づけられます。


同じ不登校の子供を持つ他の親御さんの成功例を見て、元気をもらい、
「今日もがんばろう!」と思う親御さんも多いでしょうニコニコ


喜びの声を寄せてくださった親御さんに、心から感謝します。




木村優一





☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


あなたのほんの少しの行動が
日本のどこかで苦しんでいる不登校の子供を救うかもしれません。


このブログの内容を少しでも広めていただけたら嬉しいです。


ブログ・twitter・facebookでの紹介、
プリントアウトしてプレゼント、メールにリンクを貼りつけて紹介
……など、できる範囲でかまいませんのでご協力いただけると幸いです。 


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。