大きめの不動産会社が売買取引の当事者となる場合に

その契約、登記の申請に、会社の代表者ではない方が来られるのもよくあります。

もちろん、その方はその売買に関する権限を委譲されて来てはいるのですが

会社の実印の持ち出しはできないケースも多いです。

不動産の契約書には、実印で押さなければならないという法律はないですが

売主の場合や、買主であっても、担保権の設定をするときの登記には

実印を押さなければなりません。


当日実印の持ち出しができないならどうするか。



持ち出しをする必要のない、その会社でやるか

事前に押してもらったものを、当日持ってきてもらうか

ということになります。


本日は、月末に決済(売買代金の授受と、登記申請)が決まったものが数件ありまして

今日資料をいただいて、今日作って送らなければならない
(正確には、今当事者揃っているから、今作ってというものもあった)

という、なんともシビアな要望が4件。

冷や汗かきながら作業に没頭しました。

普段なら、事務所にいない、打ち合わせが入っていて対応できない

等も考えられるので、ある意味ラッキーではあったのでしょう。

今日頑張ったおかげで、30日は多少ラクになったでしょう。


こちらとしては、もう少し余裕を持って仕事をしたいところですが

月末に終わらせたいという気持ちもわかりますし

ありがたいお話ではあります。


久しぶりに固めて書類作った気がしますね。

疲れました^_^;






お読み頂きありがとうございます。

最後に、下のボタンを押していただけるとうれしいです(・・。)ゞ

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 



AD
なぜでしょう。

最近相続人へのお手紙による通知が多いです。

お調べしていくと、他に相続人が他にいた、

または、他の相続人の居場所がわからない

等の相談が多いのです。


相続人が他にいたというケースは

被相続人(亡くなった方)の戸籍を調べていて、

養子縁組をしていた、

認知している子供がいた、

半血(はんけつ)の兄弟がいた(異母・異父兄弟姉妹)がいた

ということが挙げられます。


なんとなく聞いてはいたけど、やっぱりいたか、ということも

全くわからなかったということももちろんあります。


人は自分の死期がわからないものですから

被相続人も、言おう言おうと思っていて、

そのまま亡くなってしまった方も多いのではないでしょうか。


そういう秘密(かどうかはわかりませんが)は、

なかなか口に出すことができないこともあるでしょうから

ぜひ遺言といつ方法で、相続分を決めておいていただけると良いと思います。

遺言がないと、相続放棄をする場合を除いて

どうしても相続人全員の実印の押印、印鑑証明書の添付が必要になります。


相続人ではないと思っている人も、急に言われて戸惑うことも多いでしょうし

相続人が手続きをするにしても

ない場合と比べると、手続きが簡易になることが多いです。

これは、そういった特別な事情がない方でも一緒です。


相続する人のため、一度遺言という方法を、

皆さんご検討いただければ幸いです。






お読みいただきありがとうございます。


最後に、下のボタンを押していただけるとうれしいです(・・。)ゞ

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ





AD

みまもりケータイ

テーマ:
本日、午後の打ち合わせの前に、

娘たち二人とソフトバンクショップへ。

長女のみまもりケータイ(キッズ携帯)を入手してきました。

{7C92E9A8-D00F-4E7B-98FD-F512E3805CFB}

学校帰りに、たまにどこに行ったかわからない時がありまして。

学校にいるか、学童にいるか、公園にいるか、友達の家にいるか^_^;

(そういうところは、私の小さい頃に似ているか?)

探しに行くのにも、妻は動けませんので。


契約手数料3240円がかかりますが、

2年間は、実質基本使用料が無料です。
(一応キャンペーン中のようです)

通話等も、基本は無料です。


GPS機能を付けるのは、親の携帯の方で月200円かかるようです。


メッセージ機能と、ボイスメッセージ(メールで届きます)と、通話(3人まで指定)ができますが

それが行われるたび、どこで発信されたかがメッセージにて届きます。

そこにも、位置情報がわかります。


嬉しいようで、今日のメール、電話等のやりとりで、20件位メッセージで届いております。


案の定、次女も欲しいと泣いでましたが。


昔では考えられませんでしたし

学校でも持ってる人が増えてきているようです。

そういう時代になってきているんですね。


ネットができる携帯を持たせるのも、将来的には出てくるでしょうから

その時も考えなきゃいけませんね。






お読みいただきありがとうございます。

最後に、下のボタンを押していただけるとうれしいです(・・。)ゞ

 


AD