「色」で読み解く日本の美

テーマ:

こんにちは。

NPO法人CLE協会(色彩生涯教育協会)の

マジカルカラーリスト、近藤智美です。

 

本日は大田区にあります大田文化の森にて開催されました

共立女子大名誉教授

城 一夫先生の講演

「色」で読み解く日本の美

を聴講してまいりました。

 

{7C39CBD9-C99B-4BF3-A97C-0DD5F61ABC72}

この先生の本を何冊かもっているのですが

日本の色彩文化のことをまとめられていて、とっても興味深いのです。

 

生で見るのは初めてだったので、ワクワクして出かけました。

 

1時間30分の講義でしたが、あっという間でした。

 

資料もご用意いただいていましたが、たくさんのスライドを用意して

おいてくださり、冒頭で、城先生が

「1枚のスライドにつき40秒で説明するという計算ですが

 できますかどうか・・・笑」

とにこやかに話される様子がとってもお茶目に感じ、

話のあいまのちょっとしたこぼれ話も楽しくて、

引き込まれるように聞いてきました。

 

原風景としての日本の色は、自然の光から色がうまれ、

それが

アカ、クロ、シロ、アオ

だった、という話からスタート。

 

{8CF8E57F-B653-4002-8210-95480DC399C9}

全体をとおして感じたのは、

日本人の色彩感覚は本当に素晴らしいし、独自のものであるということ。

とっても誇らしいことだなぁって思いました。

 

{179292BD-03B7-4600-A720-F2393BF61FC3}

源氏物語絵巻の話もたくさんしていただきましたが

あらためて、なるほど~!と思うことが多くて・・・。

 

たとえばね、

藤壺が源氏の君に対する思いを直接伝えることはせず、

最終的には出家を選ぶわけですが

そのときに着ていた着物の一部に

クチナシ色を使っているわけです。

 

これは口では言えないけれど、あなたのことを想っていますよ

というせつない思いを色をとおして表現しているのだそうです。

 

「あさきゆめみし」という漫画をとおして

源氏物語を把握した私ですが、紫式部もすごいけれど

その想いをくみ取って、絵巻物にした人もそうとうすごいなあと

感動しました。

 

こんなすばらしい色彩感覚が平安時代という古い時代に

あるんですよ、日本というところは!!!

{76CC02EB-BE24-4DC3-AAAA-5D069BF87F98}

 

スライドでは、

建物に使われている色

大仏などのCG復元した色の様子

日本の絵画

焼き物

屏風

など、たくさんの日本の美術品を

色を切り口にしてご紹介いただきました。

 

日本のこと、

まだまだ知らないことがたくさんあります。

 

色をとおして、もっと知りたいな。

{D84AA538-A0E4-4F4F-A512-29B8DC7AD47F}


 

AD