福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。

NEW !
テーマ:

このシリーズも今日で一応のシメ。

詩人になったわけではない。ただの小品。
 
芥川龍之介の「侏儒の言葉」ぽくなっていれば。
別に文学史に載らなくてもいい。大した人生観じゃないので。
 
 
 
自分の部屋で、人生なんて考えられるか?
  (2002年夏)
 
『書を捨てよ町に出よう』 寺山修司がそう言った。
書物で学べないことが町にあるから。その通りである。
 
でも、本に書いてあるのに、実体験できていないこともある。
それを追うためには、書は捨てず少し置いとくぐらいがちょうどいい。
 
自分の部屋で人生は考えられるものである。
旅に出るために人生観を変えていたら、それはそれで疲れてしまう。
 
人生を変えるために旅に出るのは窮屈で仕方ない。
人生なんて考えず、のんびりするのが旅の醍醐味である。
 
 
「決められたレール」は無いほうがいい。
  (1996年冬)

これをJRが言うんかい。なかったら、事故起こすで。
頼むから決められたレールを走ってくれ。

好きな歌の1つに『人生という名の列車』がある。
人生を列車に例えて、自身の人生を振り返る歌である。
 
自分でレールを引いているようで、誰かがレールを作ってくれている。
そして、そのレールを脱線しないように走るのは難しい。
 
だから、たまに別の道を歩くのがいい。
でも、車がない私には、レールがないと旅はできない。
 
 
 
自分でスケジュールを組むたびは好きである。
でも、はとバスに乗って行く旅も好きである。
 
時間は決まっていても、全部必死に回る必要はない。
ちょろっと下見ぐらいで出かけて、もっと見たければ改めて行けばいいから。
 
行きたいところは尽きない。
だから、私は旅に出るのかもしれない。
 
 
 
 
まだ旅は続くが、しばしのお別れを。
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ことば」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。