たのし~いバス日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:
いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は2016年7月17日に相模湖で行われた東京チャプター第3戦の私の試合内容をアップします。

参加者45名  天気 晴れ

内容は私の思い込みも有りますので、注意して下さい。




現在の相模湖状況は、1日で20㎝程減水するような放水を10日間続け、夏水位より2m 減水させる処置が行われているそうで、水位の変動がとても激しい状態でした。

しかも、前回雨が降った時に、一部に有った赤潮のような悪い水が混ざってしまい、水質は悪い状態だと私は感じました。

日々の状況の変化が大きいのが解っていたので、前日にプラクティクスに入りたかったのですが、長野に出張が有ったり仕事が忙しく、1週間前のプラクティクスが最後になってしまいました。

試合では、1週間前の状況から、幾つかパターンを組み、バスを探しながら試合に望む事にしました。

そして試合当日。

当日は本湖に有るボート屋さんで、大会が行われていたのと、フライト順が早い方だったので、時間が経過すると他の選手が入ってしまう、川筋にある、大きなワンド入口の岬からスタート!

始めはバスが上を意識しているかの確認の意味も含めエンジン、SHU 7のノーシンカーをサンライン、キャスタアウェイPE にセットし、木に引っ掛け表層でピクピクとロングシェイク。
しかしあまりバスは浮いていないのか、ノーバイト。

次に、エンジン、フォールクローラー3インチの5g キャロを岬のブレイクにアプローチ。
放置していると、バイト!

しかしショートバイトの為乗らず。
その後同じアプローチ繰り返すがバイトは無く移動。

次に、本湖に向かうと、やはり人が多い。
しかし周りの雰囲気はあまり釣れていない感じ。

1週間前のプラクティクスから、勝負は風が吹きはじめてからの、5~8m 位のワカサギを補食しているバスと、減水して少ないカバー先端部にサスペンドしているビックバスだと思っていました。

しかし、どちらも移動やバイトに持ち込むのに時間が掛かるので、それだけでは、リミットを揃えるのは難しいので、取りあえず、9時半までは小型でもキーパーを数本キャッチ出来ればと思い、人気ポイント
本湖入口の橋脚に入りました。

入れ替わり人が入るポイントなので、先攻者とは違うアプローチと言う意味も有り、サンライン、ブレイド5PE に、メタルバイブをセットし、ブレイクを落とすようにアプローチしているとバイト!
しかしまた乗らず。

次に、同じ橋脚近く水深6m 位にキャロでアプローチして放置。
しかしノーバイト。

それでは違うアプローチ。
ワームをシャッドテールに変え同じポイントに、今度はズル引き&ステイでアプローチ。
するとバイト!
ラインをしっかり送り込むみフッキッング!
約500g のバスをキャッチ出来ました。

その後移動。

勝負と思っていた、本湖下流近くの少し張り出したフラットエリアに向かいながら、目に着いた岬に、先程と同じくキャロでアプローチしていくと、釣り方は合っているようで、6本のバスをキャッチ。

しかし、5㎜位足りないバスがほとんど。
キーパーギリギリのバスを1本追加しましたが、リミットを揃えられませんでした。

でも、キーパーを2本キャッチ出来たので、あとビックバスをキャッチ出来れば優勝も有る!と思い、勝負と思っていた、ポイントに向かいました。

狙っていたポイントに到着。
このポイントは試合に参加するほとんどの選手がノーマークのポイント。
普段相模湖で釣りをしていても、ほとんどの人はスルーするポイント。

しかし私は何度かビックバスをキャッチしていましたし、1週間前のプラクティクスの時にも水深8m で、エンジンのメタルバイブ、スクープハンマーを使い、約1300g 47㎝のバスをキャッチしていました。
また今回のように減水しても、大きくパターンが変わることは無いと思っていたので、この試合はこのポイントで勝負しようと決めていました。



始めにメタルバイブでアプローチしながら、ワカサギの群れを、ホンデックスHE-820+ダウンスキャンで観察していると、どうやらワカサギは動いている様子は無く、バスが近くにいる感じがしませんでした。

辺りをメタルバイブでアプローチしながら、魚探で良さそうな画像を探してみるも、ワカサギがメタルバイブに引っ掛かって来るくらい居ても、バスからは無反応。

水深を11m 位まで深くし観察すると、この水深だと、ワカサギの群れは浮いていたので、もしやと思い、ラバージグのカーブフォールを試すもノーバイト。

今度は水深5m まで浅くし、キャロでアプローチするとバイト!
先程と同じように、ラインを送り込みフッキッング。

ん?重い。

バスの感触もある。
ビックバス?
でも、ちょっと変?

すると、上がって来たのは、木に巻き付いたノンキーでした。

その後1時間半程粘りましたが、狙っていたポイントではビックバスはキャッチ出来ませんでした。

その後、小型のバスでリミットを揃えでも、勝負にならないと考え、帰着する会場に戻りながら、ワカサギがいるポイントには、フォールクローラーのキャロをアプローチ、カバーにはエンジン、リビングストレートのヘビダン、SHU 7のピクピクをアプローチしビックバスを狙いましたが、ノンキーは釣れるものの、ビックバスはキャッチ出来ず。

帰着となってしまいました。

結果、残念ながら2本で800g弱、16位でフニッシュでした。

年間成績も10位。
年間優勝はちょっと厳しい感じ。
第1戦の欠席が痛い!

これからの試合、ビックバスを狙い頑張っていきますので、期待して下さい。

とても渋い今回の試合でしたが、
とてもたのし~い
試合でした。





いつもながら長文でもすみません!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。