たのし~いバス日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は4月24日に相模湖で行われた、H - 1グランプリ相模湖戦の私の試合内容をアップします。

参加者145名
天気、寒く小雨混じりの曇り

内容は、私の思い込みも有りますので注意して下さい。

今回も詳しくとの、リクエストを頂き長文になっています。


今回の試合は、スポーニングの時期と絡むので、プラクティク前には優勝者は6㎏なんて事も有るかも!
そんな事を思いながら、前日プラクティクに入りました。

朝7時頃に出船し、午後1時頃まで釣りをせずに、本湖を中心に、湖の状態や、スポーニングの状態を目で確認しました。

感じた事は、エリアにもよりますが、思っていたように、ネストは多く、しかも例年よりも、進んでいる感じで2回目、3回目の産卵という感じの雌と思われるバスや、ベットを守っている雄バスも確認出来ました。

当然、ベットを守っている雄バスを故意に釣る気は有りませんが、もしベットを守っている雄バスで揃えても、とても上位に入れる個体ではないのも確認出来ました。

一通りスポーニングの状況を確認した後、スポーニング絡みではない、釣り方もチェックしてプラクティクは終了しました。

試合当日、

参加者が多いせいか、スポーニング絡みの展開を考えている選手が多いせいか、本湖方面にバウを向ける船が多く、私が最初に狙っているポイントに入れるか怪しかったので、エレキ勝負を駆けることにしました。

私のエレキはモーターガイド、ツアーエディション109lb、マウントはお気に入りの35年周年記念モデルのシルバーヘッド。
勝つも敗けるも一緒に頑張って来た相棒です。

いざスタート!!
ダッシュ!!!!

結果、本湖に出た頃にはブッチギリで、朝イチ自分が入りたかったポイントに入る事が出来ました。

(何人かの選手から、エレキを改造しているのですか?と質問が有りましたが、ペラを変えているだけで、特に改造はしていません。でも2年に1度メンテナンスに出し、ブラシ等の部品はまめに交換しています。あと、レンタルした、柴田ボートさんのボートが軽いのも有ると思います。)

今回の作戦は空ネストの周りにいる、雌のビックバス。

ファーストポイントはワンド奥、水深30~50㎝の大きな空ネスト。
このポイントは、毎年60近いバスを目撃しているポイント。

ビックベイト(改)を、空ネスト近くにキャストし、激しくアクションさせてはステイさせ、近くにいるであろう雌ビックバスにアピールするように繰返していると、10m 位離れた、更に浅いカバーの中から50up のバスが出てきてビックベイト(改)をガン見!

約1時間やりましたが、見ているだけで、ロケーション的にも、他の手だては無く、それ以上どうにもなりませんでした。
それと、本湖側からバスが入って来るルートで、他の選手が釣りをしていたので、移動することにしました。

前日プラクティクで、同じワンド内4ヵ所でネストをチェックしていましたが、あえて、ベットを守っている雄バスはパス。
少し水深の有る空ネスト周りに、ビックバスが見ているのを期待して、先程と同じように、ビックベイト(改)をキャスト!!
10分程アピールしていると、何処からかバスがやって来てバイト!
狙っていたビックバスでは有りませんでしたがバスをキャッチ!!

次にワンドを出て、竹カバー周りの空ネスト周りに、ビックベイト(改)を同じようにアプローチ。
暫く放置していると、ビックバスが、ガン見!
ものすごい勢いでバイト!

しかし直ぐに竹カバーに絡んでしまい、暫くやり取りしましたがラインブレイク!
あ~あ!
ラインに傷が付いていたのか、私が無理にやり取りしたせいか、見事にやられました。

しかし、竹に絡んだラインを回収していくと、ルアーは竹に根掛かりしていて、なんとかルアーは回収する事が出来ました。

次に同じエリアの小さな岬の空ネスト周りにアプローチ。
すると、同じようにビックバスが、ガン見!!
しかし1時間程、アプローチしましたが、バスは移動を繰返しながらも距離が詰まらない。

それではアプローチの仕方を変える事にしました。
まず直接バスにキャストし、1度姿を消してもらい、バスにプレッシャーを与え、また戻って来るだろう所に、サンライン、キャストアウェイPE 25lb にエンジン、ジェットプロップ(改)セットし、それを枝に引っかけて、距離を置き、水面でシェイクしていると、戻って来た先程のバスがバイト!

やっとの思いで狙っていた、50弱、1500g 強のビックバスをキャッチする事が出来ました。

いつも思いますが、私の釣りはなんて、リスキーなんだろう。

次に本湖、島周りをチェックしなが流していると、試合に参加している選手が、一般の釣りをしている人のキャストしている上を通り、一般の方が怒っているのが私の目に入りました。
近くに居たので、その人に私が謝り、その選手に話しに行くと、悪気は無く、勘違いも有り故意では無かったようです。
しかし良い事ではないので、気を付けましょうね。(私も含めです。)
湖を借りて、試合をしているので!

その後、何度か同じようなアプローチをしましたが、雨が降ったり、風が強くなったり、また選手が多かったりと、同じ釣りが展開出来なくなってしまったので、次の展開にシフト。
前日プラクティクで、約1時間で3本バスをキャッチできた、本湖に張り出した岬の水深2~4m のブレイクに入りエンジン、ジェットプロップとベルトロミノー65DF を1時間半程巻き倒しましたが、前日と状況が変わり、マスを2本キャッチするも、バスはキャッチ出来ませんでした。

その後、会場に戻りながら、ビックバスが上がって来そうなブレイクを何ヵ所かベルトロミノ65DF でアプローチするも、不発バスはキャッチ出来ず。

悔しい2本での、帰着となりました。

結果2150g 、悔しい13位でフニッシュとなりました。





試合時間も長くとても疲れました~!

でも、H- 1グランプリちょっとお祭りみたいなたのし~い大会でした。

今回は特に長文ですみません。
AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。