たのし~いバス日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:
いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は2016年9月11日に津久井湖で行われた、H- 1GP矢口釣具店カップの私の試合内容をアップします。

今回の試合の時も何人かの方に、ブログを読んでいます!とお声掛け頂きました。
ありがとうございました。

天気 曇り時々晴れ
参加者 116名

長文になっています。

内容には私の思い込みも有りますので注意して下さい。



今回のH- 1GP津久井湖戦は、私の愛する津久井湖で開催されるという事と、いつもお世話になっている矢口釣具店カップという事で、H- 1の関係者の方には怒られてしまうかも知れませんが、どちらかと言うと、主催者側の様な気持ちで参加させて頂きました。
(私が勝手に思っていただけなんですが)

でも、試合はマジ!
遠くから参加されていた選手も多かったので、是非、津久井湖のビックバスを見て帰って貰いたく、全力でビックバスを狙い、試合に望みました。

プラクチィクスは前日に入りましたが、試合当日の用意や、打ち合わせ等があったので、プラクチィクスは2時まで。
次の日の試合で、危険となりそうな場所がないか、チェックしながら、早足で湖を一周しました。

私自身、久しぶりの津久井湖だったので、今の自分のパターンは有りませんでしたが、
事前の情報だと、3本で3キロだ!4キロだ!とか。
シャローで以外とイージーにバスをキャッチ出来る。
と言う景気の良い話しも聞こえて来ていました。
が、そこは曜日感覚や、試合の日程を解っているのではないかとすら、思わせる津久井湖のバス達。
特にビックバスは簡単にキャッチ出来ないと考えていました。

プラクチィクス当日、矢口釣具店のボートから出船し、下流エリアからチェックを始めると、岸際のシャローには、草が冠水していたので、軽くスピナーベイト(エンジン、ストライクマジック3/8oz ダブルコロラド)でチェックすると、すぐに25cm 位のバスをキャッチする事が出来ました。
しかしビックバスは釣れませんでしたし、目でも確認出来ませんでした。

次の展開を探し、シャローは目で、カバーにはシャローメタル(チーム矢口タックッル7g)でチェック。

岩盤エリアでは、3m 位までを、クランクでチェックするもノーバイト。

その後 次の展開を探して水深5m 位までスピナーベイト、クランク、メタルバイブでチェックするもバスはキャッチ出来ず、やはり津久井湖のバスは簡単ではない!

たのし~い!!

ディープは後にして、朝イチ、小型のバスでは有りましたが、以外とイージーにバスがキャッチ出来た冠水した草をもう一度チェックしようと思い、朝イチとは別の、フラットエリアの冠水した草を目で見て確認していると、遠くの冠水した草の中から、[ゴボッ!!]

バスかコイか解らなかったのですが、もしかして、バスだったらザリガニパターン?

私は何年か前の夏に、上流のポイントで、ザリガニパターンでビックバスをキャッチして良い思いをした事を思い出しました。
いざ、そのポイントへ急行!

チェックしようと思っていたポイントを全てスルーして、そのポイントへ行ってみると、なんと!
バスだらけ!!
しかも40up が6本のスクールが私のボートの横を悠々と泳いで行く!

H- 1トーナメントは、ワームが使えないので、ザリガニパターンで使っていた、クローワームのテキサスリグは使えない。
でもバスベイトでも大丈夫かな?

バスベイトを持っていなかったので、
取り合えず、先程まで使っていたダブルコロラドのスピナーベイトをダブルウィロー
(エンジン、ストライクマジック)にチェンジして、バジングで水深50cm ~1m を冠水した草のポケットにアプローチを続けていると、バイト!!
約500g のバスでしたが、キャッチする事が出来ました。
よし!明日は朝イチからこのポイントでバスベイトに決定!

これ以上キャストをせず、冠水した草エリアの何処が良いかチェックして移動。




次はディープをチェック。
水の動きがある水深11mをメタルバイブ(エンジン、スクープハンマー3/8oz )でアプローチすると直ぐに700gのバスをキャッチ!



同じく水深10m のクランクのドラッキングでボトムをノックして約400gバスをもう1本追加。
ディープも有り。
何故10m前後の水深なのかは後程。

こんな感じでプラクチィクスを修了しました。

試合当日、選手の車の誘導や試合後の打ち合わせ等で朝は慌ただしく、用意もままならないので、予定では、全ての選手がスタートしてから、津久井湖ローカル組はスタートする。という話しも有りましたが、皆さんの御協力で一緒にスタートする事が出来ました。
ありがとうございました。

であれば、昨日バスだらけだったポイントに朝イチ向かう事にしました。
しかしそのポイントは水深が浅く、水路になっているので、奥のポイントへ入れるのは、せいぜい2人。

朝からエレキ競争で勝負だ!

スタート!!

スタート直後、私は前から4番目、周りには、速いエレキを付けた選手も大勢いました。

しかしそこは地元。
最短のコース取りで進み、暫く進むとトップに!
途中の浮きゴミエリアをエレキをおもいっきり下げて強引に進み、水深が浅くなる狙っていたポイント入り口では、今度はエレキをおもいっきり上に上げ、苦労しながらも、なんとか一番で狙ったポイントに入る事が出来ました。

これもまた、たのし~い!!

辺りを見回すと昨日までいたバスは目で確認出来ない。
水も昨日より少し減水している。
水の色も茶色が強くなっている。
ちょっと臭い!
昨日より状況が悪くなっていると感じました。

しかし、やるしかない!
バスベイトで冠水植物の中を高速で強引にリトリーブ。
2投目、10m 位離れたポケットにアプローチするとバイト!!
一呼吸おき、大きく合わせると強い引き、ビックバスだ!

強引に寄せよう試みましたが、バスも草の周りで暴れる~!エレキで近づく暇もなく
大きな草だまりに引っ掛かり、あえなくフックオフ!!

惜しい!

まあリスクの高い釣り方なのでしょうがないと諦め、次!!

同じアプローチを続けて行くと、また出た!
今度はバスがミスバイト!!
直ぐにフォローのポッパーでバイトがあった所で動かさずネチネチさせるもダメ。
やはり速いスピードの方が良いみたい。

少したつと、大会に出ている選手が草をかき分け入って来ました。
暫くすると、小さなメタルジグの様な物で
バスをキャッチ!

やるね!

でも私はそのままバスベイトの高速巻きで広範囲をアプローチ。
すると、私の10m 位前で草が動くのが目で確認出来ました。
そこを通過するようにバスベイトをアプローチ。
するとバイト!!
強引に引き寄せ、なんとかキャッチ!
600g弱のバスをキャッチする事が出来ました。

その後、同じアプローチを続けて、2回バイトは有りましたが乗らず、狭いエリアをバスベイトでマシンガンキャストしてしまったせいか、時合いが終わったのか、
ポイントに入って来る人が増えて来たせいか、ポイントを休めながら、2時間程アプローチを続けましたが、バスはキャッチ出来ず。
移動する事にしました。

次はB プラン、水深10m付近を狙う作戦。

ここのところの雨や台風により、津久井湖は急激に水の量が増えたのですが、減水している時に2~3mに居たバスがその場に残っているとすると、減水時は夏水位マイナス8m だったので、今の水深では10m位になると思われる。
(10m付近を狙った理由です)

その水深10m位を軸にディープクランクのドラッキングとピンスポットには、メタルバイブ(エンジン、スクープハンマー津久井湖スペシャル1/4oz )でアプローチする作戦。
これがBプラン。

下流に下りながら、バスの居そうなポイントにアプローチして行き、エアレーションの回っているポイントに到着。

ここは、前日のプラクチィクスでもバスをキャッチしているポイント。

そのエリアをディープクランクのドラッキングで広範囲にアプローチ。
暫く水深10m位のボトムをノックしていると、[コッ!]
そのままリトリーブ、すると[ゴーン!!]
デカイ!

ロッドがおもいっきり曲がり、周りに居た人達が騒ぎだす。

しかし、凄い勢いで上に上がって来て、身切れしたか、またまたフックオフ!!

下手くそだな~
ドラッキングの練習不足だな~


その後、岬周りやフラットのチャンネルなど、ディープはメタルバイブをシャローカバーにシャローメタルでアプローチしましたが、バスはキャッチ出来ず、600g弱のバス1本で帰着となってしまいました。



試合はローウエイト戦、津久井湖の強そうなビックバスはお見せ出来ませんでしたが、多くの選手に集まって頂き、事故もなく、たのし~く大会が終われた事が良かったと思います。


今回は特に長文になってしまって、すみません。

次は少し短くしま~す!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。