藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記

和裁所の日々や京都、着物、和に関することなどいろいろ!

ありがとううり坊  おかげさまカメ


仕立の店 藤工房は一級技能和裁士が着物に関するお客様のお悩み・ご相談に応じます。

着物の仕立職人による提案・工夫をご覧ください。

寸法直し・仕立て直しはもちろん、持ち込みの反物のお仕立ても承ります。

また、仕立職人ならではの新しい着物のご提案もしております。

各店では和裁教室も開講、自分の着物を縫ってみたい!という方はお気軽にご相談ください。

$藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記

プロの和裁士を目指すならこちら


仕立の店 藤工房


京都店 京都市中京区六角通り室町東入る


千葉店 千葉市中央区登戸3-5


松戸店 松戸市上本郷270

スマートフォン対応はこちらのページより


テーマ:

太秦映画村

 

言わずと知れた映画村ですが、ここ数年前から夜の映画村を貸し切って夜な夜な行われているイベント、『江戸酒場』

 

春と秋に開催されていたこのイベントが、こんどはお盆明けの8月に登場します。

 

 

幕末・夏祭り

 

 

いいですね、着物を持っていなくても、浴衣でお出かけできるスポットが登場です。

もちろん、和装でなくても十分楽しめますが、せっかくだから和装で楽しんでいただきたい。

 

その中で、きもの寄り合い所にきものアルチザン京都のメンバーが登場。

 

キモノについてのあれこれを語り合える場所をご提供いただきました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日暑い日が続いております京都です。

 

酷暑を楽しんじゃおうという毎年恒例のイベント、今年も開催いたします!

 

鴨川納涼祭

 

京都で染織に携わっている団体の青年会がブース出展いたします。

毎年楽しみにしてくれているお客様のためにも、今年もがんばります!

 

夜ともなると、ちょっとロマンチックな雰囲気も楽しめます。

是非、デートに、家族との思い出にどうですか!?

 

 

 

昔ながらの友禅流しの実演などもやっておりますので、是非ご覧ください。

橋の上からでもよく見れますよ!

 

 

 

隣のブース村では、毎年恒例の県人会も御国自慢の逸品をご用意されております。

ちょっとしたB級グルメ大会みたいで、これも楽しみのひとつ!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

祇園祭でバタバタしているときに、うれしいお知らせが!!


藤工房×きくちいま 和裁マスキングテープが『京都文具大全』という本に掲載していただきました!

 

 

京都で売っている素敵なはんなりグッズが満載なこの一冊。

 

200ページにぎっしりと紹介されていて、文房具マニアにはたまらない一冊でしょう。

 

詳しくは、お手元にとってご覧ください。

すごいボリュームのかわいい文具たちが勢ぞろいです。

 

光村推古書院さんより、7月21日発売。

 

マスキングテープのお買い求めはネットでも。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/fujikobo-kyoto/nucn22uq18.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

祇園祭、いよいよ始まりました!

 

結局用意したお宝は並びきれぬままにぐだぐだスタートとなりましたが、厳選チョイスさせていただきました素敵な商品たちが沢山嫁いでいってくれました。やっぱりみなさん目が肥えてますね、お得感満載の商品から上手に抜かはる~。

 

まだまだお宝残ってますので、明日からもどうぞお待ちしております(^^)

 

結局バタバタと忙しく、写真ぜんぜん撮れてない・・・

 

四条辺りの賑やかな風景とはちょっと離れた後祭りの町内にも是非足をお運びください~

 

IMG_20160704_220429263.jpg

 

明日もやってます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

見るだけの祇園祭よりも、詳しい方に色々教えてもらうともっと祇園祭が楽しくなりますよね。

 

今年は町内に在住の学芸員さんにお願いして、より多くの方にお祭りを楽しんでもらおうとお勉強会を企画いたしました。
自由参加、参加費無料です。但し、浄妙山のこと限定です。よそのお山のことはあまり詳しくありません。(^^;
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。



と き 7月21日~23日の三日間
じかん 各日の11時、15時より
ところ 浄妙山飾り席(中京区六角通烏丸西入アパマンション1階)
参加費 無料
参加方法 直接会場にお越しください。

イベントページはこちら
 

 

【浄妙山】
平家物語の宇治川の合戦から取材、治承4年(1180)宇治川の合戦に三井寺の僧兵筒井浄妙が橋桁を渡り一番乗りをしようとすると、一来法師がその頭上を飛び越え、「悪しゅう候、御免あれ」と前に進み出て先陣をとってしまったという。御神体(人形)は一来法師が浄妙の頭上を飛び越える一瞬をとらえ木片の楔で一来法師の人形を支えている。黒漆塗の橋桁にも数本の矢がささり戦さのすごさを示している。かつては「悪しゅう候山」とも呼ばれていた
水引は波濤文様の彫刻、胴懸にはビロード織の琴棋書画図を用いていたが、昭和58・59年より、長谷川等伯原画の柳橋水車図にかえ、また、前懸・後懸は智積院所蔵の障壁画で、前懸は長谷川久蔵筆「桜図」、後懸は長谷川等伯筆「楓図」を原画として、平成18年・19年に新調した。見送はこの町に住んでいた本山善右衛門が苦心して織った雲龍文様の「かがり織」である。そのほか、浄妙坊が着用している黒韋威肩白胴丸は、室町時代の作で、重要文化財に指定されている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。