制限型の痩せ姫の食事ってホントに可愛い。小鳥がついばむよう、という誇張表現が誇張ではなかったりする。ほかにも「折れそう」とか「風に飛ばされそう」といった誇張を現実にしてしまうことが、痩せ姫には珍しくない。

 

小鳥がついばむよう、と似た表現を前に読んだのを思い出した。

 

食事らしい食事は一日一回ぐらい、母親の作ったものは食べず、できあいの、それもすぐ食べられるパンと牛乳を、雀が食べるように、少しずつ、つついて食べる。

 

愛原由子「あなたの子どもを救うのはだれ?」より。

この本にはほかにこんな描写も。

 

どっしりとした母と、まるで小鹿のバンビみたいな、かわいらしくて、きゃしゃな美恵子さん。どう見ても三十キロはない。

 

そして、カウンセラーとこんな会話が繰り広げられる。

 

「今体重いくら?」と訊くと「二十七キロ。太っちゃったのよね」

とか細い声で言う。

ガリガリで、血管までスーッと見えるほど青白く、胸も足もすべて骨と皮しかないくらい痩せているのに「太っちゃったのよね」という彼女の言葉にびっくりした。

 

「なぜ太りたくないの」

と訊くと

「あんまり太ると見た目が悪いから」

と、なんとなくチラッと母の方を見る。そして

「知的な部分がないように思えていや。何か太った人って、自分でコントロールできない人のようで、とってもいやなんです」

と言う。だるそうに腰かけて、座るのもやっとという感じである。

 

美恵子さんは21歳の大学生。勉強はできるが丸っこく、これに対し、細くて性格のいい妹がいる。その嫉妬だったり、ケンカの絶えなかった両親への不満や不安だったりが、ピーク時には22キロまで痩せた原因だと分析されている。

 

以上、紹介おわり。

 

 

 

AD

痩せ姫の"姫"について思ったことをつらつらと。
同じように王家の女の子を示す言葉として"王女"や"皇女"もあるけれど、
格調高さや品のよさがよく表される一方、痩せ姫に特徴的なあのしなやかさ、よい意味での幼い雰囲気が少し薄まるように思います。成熟した女性って感じ。"姫"だと、品のよさも残されつつ、少女らしいたおやかさがより伝わってくるのね。
重複するけれど、これは"少女"と"女性"にも言えることなのよね。"少女"は、"女の子"と"女性"の間の宙ぶらりんな僅かな不安定な頃を指すって、痩せ姫はその僅かな時に永遠に留まろうとする方達なのかなって、そう思っていたから。
だから、痩せ姫は、少女のような愛らしさと王家のような気高さを兼ね備えた存在ってことなのかなって、勝手に解釈しちゃってます。

摂食になったのは、それなりの背景や原因があって
過去を消せるとしたら
その過去を消去したら摂食にはならないかも知れません
だけど、痩せ姫の儚さを知った今
消去したいのは【食べ物の美味しさ】
の記憶
それさえ無ければ食に囚われずに済む

愛子さまはこの1ヶ月によっぽど説得されて痩せ続けるのを思いとどまったのか…など色々想像したものの、私としては比較的丸顔にほそ~い肢体(本音は身体に関してはもうちょっとガリ感というかホネ感が欲しいけど)が好みのタイプなので、個人的には今くらいが理想の痩せ姫に近いかも。

白衣の痩せ姫様 エンシェアに苦戦中。ベンチで眉間にしわ寄せてでも あんなにかわいく飲める姫は居ないと 思う!アタシよりも7〜8キロ軽いと見たね。

もう一度ちゃんとここで宣言しよう!
私は努力して痩せ姫になる!
元が太りやすい体質で、なかなか体重も減らなくて…でも、努力すれば細くなれる!
減量なんて努力の賜物だよね?
誰よりも細くなってやる!華奢な女の子になるんだ!

例の保育施設のおかずの量を見て痩せ姫を思い出しました。そしてあの量でも痩せ姫なら、にんじんの細切り1本をゆっくり口に運んで何度も咀嚼するんだろうなと思いを馳せたり。

一人暮らしで フリーターで それだけでも親戚には恥らしい。 その上 鬱になり 拒食になり アンタ、キチガイになったんか って言われて 縁を斬られたアタシには 何の価値がある? 痩せ姫に憧れて 少しでも近づきたくて その為に 毎日消えたい気持ちを抑えて生きてる。 それでも良いよね。

 

 

AD

コメ返です

>病みっこさん

 

リブログ、ありがとうございます。

色気のアピール、苦手な人も一定数いるんですよね。

男女問わず。

ただ、母性や女性性が健康の定義にもなっている、

というのは長年の歴然とした事実で、

それが苦手な人にとって生きづらさにつながってる、

ということなんだなと思います。

つまり、キャバ嬢に憧れるタイプのほうが、

世の中には適応しやすいということでしょうか。

とはいえ、苦手なものは苦手なので、

豊満な色気のアピールや露出への違和感、

今後も発信し続けるつもりです。

 

 

>シェリーさん

 

体重が増えると腹が立ち、減ると快感というのは、

痩せ姫あるあるですよね。

その感覚をうまく利用して細さを維持するということを、

シェリーさんは実践されてる印象です。

 

 

 

AD

WBCの合間に、愛子さまご卒業のニュース。あわてて日テレ系にし、可愛らしいセーラー服姿を改めてちゃんと録画できた。ただ「先月より少しふっくらとした印象」という説明には、安心する人がいる一方、一抹の不安を覚える人がいるかも。

 

「世界の平和を願って」=愛子さまの卒業文集公表―宮内庁(時事通信) - Yahoo!ニュース

 

趣旨以外でいいなと思ったのは「一つひとつ」「一人ひとり」という表記だ。本人のセンスだとしたら、すごく素敵。

 

自分のことを好きなファンの前では歌えるが、嫌ってる人がいるかもしれない場では歌いたくないとの内容だった。

 中森明菜 TV出演オファー50本も「ぜ~んぶ拒否」の理由(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

この話を妻にしたところ、それはいいことだと感心していた。すなわち「摂食障害は頑固な人がなるから、その頑固さを別の形でうまく発揮できるようになれば、食をめぐる頑固さはうすれる」とのこと。たしかに、ファンだけを相手に芸能活動が成立するなら、なんの問題もない。

 

 

 

「べっぴん」はそれぞれが来し方行く末を想う回。堀辰雄や志賀直哉の短篇にも通じる、静の魅力あふれる15分だった。最終回もこういう感じでやってくれていいのでは。劇的な展開を作らなくても、このドラマのファンはこれこそが真の成熟だと知っている。

 

今日も得意の短篇パターン。過去のエピソードを回収しつつ、何十年もの時の流れを慈しむように、限られた数分をゆったりと使う進行にうならされた。また、美しい絵画のような独特の光の当て具合も久々に顕著。あと数回でお別れなんて、淋しすぎる。

 

さくらのキスシーンにドキドキしてしまった。演者の実年齢を考えると、こういうのはあまりやってほしくないなとも(笑)そして、最終週の予告を見て、あぁ本当に終わっちゃうんだなと。ここ数日の流れがじつに心地よいだけに、淋しさもいっそうつのる。

 

現在「こころ旅」直前SP。そして、8時からの「関口旅」総集編にはトリンドル玲奈が出るんだよな。衣裳も可愛かったはずだし、録画したいが、BSを2時間入れるキャパがない。新しいBDを使うかどうか、悩む。

 

「関口旅」総集編は思いのほかトリンドルの出番が多く、やりとりもなかなか深かった。可愛い子が真面目な話をしてるのはそれだけで魅力的。カジュアルな可愛さについては「志村どうぶつ園」の猫の島、そして日曜朝恒例の「ハニカム」で補給した。あ、でも最終回なんだな、これも。

 

 

 

「モーサテ」で応仁の乱ブーム(?)が取り上げられてたのだが、それに絡めて相変わらずEU危機などを「ひどいこと」と言ったりしていて脱力してしまう。これから戦国時代が始まるなら大歓迎。美しい滅びの姿にいろいろと出会えることを期待したい。

 

福井県連関係者の稲田朋美評。「わがままで賢い中学3年生くらいの女の子」。上手いことを言う。ともみ組、のネーミングもそうだけど、この人の魅力ってそういうところなんだよな。防衛大臣という要職に向いてるかどうかは別として。あと、一時の小保方晴子に似てきて、ちょっと萌える。

 

昨夜の尾上松也の歴史番組。戊辰戦争を主導したフランス軍人・ブリュネの話をやっていて、なかなか面白かった。箱館での越冬は寒かっただろうな。人間の情熱の不思議さを思う。

 

地上波のニュースがどうでもいいことしかやってないので、BS日テレで「読響」。松井咲子が司会なのを不覚にも初めて知った。昨夜の「はたらき旅」の把瑠都もなかなかよかったし、困ったときはBSだな。

 

 

 

だいすきな主治医の先生に前の方がかわいかったって言っていただけたけど、かわいさを求めてるんじゃないんだよ。軽さを求めてるんだよ。軽い方が綺麗って考えが頭から離れないんだよ。

いつも寝る前に思う事。もう食べたくない吐きたくないただ痩せ姫になりたい。

春っぽい装いの痩せ姫さんは私も大好きです。
冬の厚く暗いイメージの色から、春先の暖色系の色の服になるので。

痩せ姫になりたいと願う日々を過ごしてる私は過食に囚われ狂ったように食べる毎日をおくっている。
なんて残酷な...
食べる事を嫌い、辞めることが出来るならそうしたい限りです。

この拒食アカを作ってから心が楽になった。拒食症でいいんだと思える。哀れだと感じなくなった。むしろ誇りだ

有川浩さんの「フリーター、家を買う」で主人公が、横から見ると痩せたことが歴然と分かる、という趣旨の発言をしてた。手元に本がないので朧げだけど、横から見ると分かるというその一点だけが印象強い。
確かに痩せ姫の方々皆さん薄くて、私との差は歴然としてる。
横から見て計ったとき何センチから痩せになるの、なんてそんなことを考え出したら止まらなくなるからもうやめとくけど、目安はいくらなのだろうとふと考え込んじゃうね。

叶わない事の方が圧倒的に多いから 憧れるんだ。それが死に近い行為だと承知した上で あえて言う。【私は 痩せ姫に なりたい。】
昼からなんかおかしいなと思ったら 昨日は寝逃げ優先して パキシル飲むの忘れたんだ。 だから余計 死にたい気持ちになったんだ。 今夜は忘れず飲みます。 あたしは痩せ姫になりたいのであって 死にたい訳じゃないから。

弱くていい、
それがわたしの強さだから。

自分の納得する体重で
自分の納得する食で
自分の納得する痩せ姫でありたい。
私は、私だけのものだから…。
そして、ありたい自分を外にも出せたら…もっと、生きやすいね。

 

あさりのやかん酒か。これは試してみたい。赤ワインは途中でやめてたデヴィ夫人もこっちはぐいぐい呑んでたし。どこの回転寿司だろ。

 

昼はらあめんパスポートで遙遙屋。このラーメンはじつに満足度が高かった。ななっくに寄り、いつもの休憩スペースでうとうとしてたら、宮本麗美アナのルポ収録に遭遇。目の保養もできた。仕上げはランパスで、しゅくるのスイーツ。桜のモンブランに入った塩漬けに春を感じたが、外気はまだまだ冷たい。

 

 

牛骨カルビラーメン

 

 

桜のモンブランのデザートプレート

 

 

「ケンミン」は前半25分が栃尾の油揚げだった。至福のひととき。いつか、新潟で栃尾の油揚げだけを肴に呑み歩く旅をやるとしよう。

 

例によってテレ東の遅れ放送かと思いきや、TBC制作で東北だけで流れてるらしい「ミシランぐるめ旅」。磯山さやかが仙台のレモン塩中華そばを食べてた。市川美織にも食べてほしい。すでに食べてるかもしれないが。

 

昼は家族と「ビーハイブ」。久々なのでメニューがいろいろ変わってて、ちょっと新鮮だった。パスタが自分でゆでるかたちになり、早速カレーをかけてみたらやはり合う。ここの大人向けカレーは専門店以外では盛岡でいちばん好き。アイスにもさくらテイストがあって、春を感じた。

 

 

おすすめの豚肉料理など

 

 

薬膳カレーをかけたパスタ

 

 

箸やすめ

 

 

韃靼そば菜の花かき揚げのせ

 

 

昼はラーメン王。ちょっと食べ過ぎたので、スーパーまで歩いたりしたが、それくらいの運動では焼け石に水だろう。歩きやすい気候になってきたことだし、しばらく気を引き締めていきたい。

 

 

天津飯と半ラーメン

 

 

 

 

よく噛み、よくちぎり、よく残すで、痩せていったTさん。

そのうち「残す」という点では、弁当箱の話が印象的だった。

 

レコダイを開始し、弁当をよく残すようになったことから、

小さいサイズの弁当箱に変更。

それでも、残すことになるので、

11月には幼稚園児用のものに変えた。

やがて、それすら半分以上残すようになり、

1月にはさらに小さいサイズに変更。

茶碗半分のごはんとおかず2品でいっぱいになる、

というサイズだったが、それでも残した。

 

のちに、20キロ台になってからも、

「お弁当箱、小さくしてみたものの、まだ多い気がします」

とか、

「もっと小さいサイズのものを探していますが、

今以上に小さいサイズのお弁当箱はたぶんないですね」

などと書いていて・・・

体重と弁当箱のサイズが比例して変化していったことが、

よくわかる。

 

それ自体は当たり前のこととはいえ、

市販の弁当箱では間に合わなくなるというあたり、

痩せ姫のダイエットがいかに世間の常識を超越しているか、

ということだ。

 

(その4へと続く)

 

 

 

すっきりした背中の美しさ、これに対し、

第二次性徴後はなかなかすっきりとさせられない胸。

どちらも、なるほどというご指摘です。

 

そして、さくらさんの記事からのリブログ、

拝見しました。

僕の文章にも触れていただき、ありがとうございます。

痩せ姫の画像がシンスポとして活用できるように、

そういう記事をリブログすることも、

シンスポ的な効果を持つんでしょうね。

 

痩せたい人が存分に痩せられるよう、

微力ながら励んでいきたいものです。