1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

4Kはまだまだと思いながらも・・・

2015-04-24 08:07:36 テーマ:新機材・新技術

XC104K目的ではなく、4Kも撮れるC-LOG FHDシネカメラということになる。

なので編集機もモニターも4K対応のものは導入予定はない。

あくまでも編集時にHDより広い画で撮っておけばいろいろと便利だろ!的なマルチパーパスカメラとしての位置づけ。

そもそもC100にしてもXC10にしても電動ズームがないためENGカメラのようなズームで寄ると言う撮影ができない。

CMなので何も10倍、20倍をフルにズームして見せるようなカットはほとんど求められることはない。

なのであくまでも被写体に注目させるためゆっくりしたズームをする程度だ。

数秒のカットでゆっくりズームであればHDの画像を120%程度まで拡大ズームしてもあまり画質劣化を感じることはない。

しかし4Kカメラであればいくらネイティブな4Kでないとしても150%くらいのズームは余裕のよっちゃんではないかと思うわけだ^_^;

 

また、クロマキーにおいてもHD4:2:2より高精細なクロマ情報が入っているのではないかと期待したい。

とはいえC100Lレンズで80万円ほどするのにXC10はレンズ込みで22万・・・これほどの価格差で4KということでHDのリサイズ画質がC100HD画像より高精細だったら???ものだ。

とにかくXC10、いろいろと試してみたいこと満載なのである。

AD

LOGで撮ればメーカー違いでも色合わせはしやすいのだろうか?

2015-04-23 07:35:09 テーマ:CM制作・技術
一般的にビデオカメラの場合メーカーが変わるとかなりトーンが違ってくる。同じメーカーでもラインナップや機種が違うだけで合せるのはひと苦労だ。

何のために変えているのかよくわからないがLOGにするとダイナミックレンジが広くなる分後処理にも幅が持てる。

ただノイズやシャープネス、そもそもの画素数の違いなど、どうしようもない部分はあるが似たトーンにはしやすいのではないかと想像する。

 

それなのにLOGは各社独自のカーブを持っている。V-LOG C-LOG S-LOG・・・などと?

これは記録するフォーマットと撮像素子のダイナミックレンジによって最適なカーブを独自に探った結果とも言える。

実際にLOGのカーブを普通にRGBのトーンカーブでいじった感じで行くと何とかなるのでは?と思えてしまう。

 

まぁ各社のカメラを並べてテストするほどのこともできないので単なる想像なのだが・・・

そのためカメラを2台目3台目と増設する場合は同メーカーのかなり設計思想の近いカメラでないと危険だと思わざるを得ない。

例えば同じCANON EOSでもC1007Dでは絶対に同じトーンにはならない(;一_)

 

AD

CM表現はニューストーン?ドラマトーン?

2015-04-22 08:08:46 テーマ:CM制作・技術

その昔、CMは映画スタイルで撮られて16mmフィルムにプリントして全国の放送局に送られ放送されていた。

撮影時はネガフィルムを使いシネスタイル、放送時にはブラウン管テレビをベースとした報道系ニューストーン。

一部低予算CMはビデオカメラで撮影してビデオ編集、ビデオテープで放送されたものも多くあった。

 

今はデジタルシネ映像がローコストで作れるようになり好みでどちらでも作れるようになった。

となれば好みでそのトーンを選ぶことはできる。

告知系、商品ピーアール系はリアルでシャープな映像が好まれるようだ。

一方、企業広告やドラマ設定風のCMは映画トーンで仕上げられる傾向がある。

これはそのトーンによって見る側のフィルターがかかるからということになる。

 

以前にも書いたことがあるが映画が24コマから変更されないのにはそれなりの意味がある?

モノクロやコマが少ないという情報量の少なさが見る側の想像力をかきたてているのではないか・・・

極端にいえば文字だけの小説の方がいろいろとシーンを想像できるみたいなイメージ。

 

反対にリアルな色彩で高精細、コマ数の多いスーパーハイビジョンでは没入感が激しく、どっぷり映像の中に入り込む。

そして一方的に情報が見る側に行き、想像力の隙を与えない・・・?

 

まぁ僕の一方的なイメージであり何の裏付けもないのだが・・・^_^;

 

なのでCMの目的によってトーンは選ぶようにしている。

ただ実際に流れているCMは様々でこのCMにこのトーン?というようなものも見かけるがこれだけは好みなので万人が受ける正解というのは存在しないのだろうと思う。

AD

巨大クレーンが仕事を失う・・・?

2015-04-21 07:33:19 テーマ:新機材・新技術
ドローンの出現で空撮ヘリはもちろん大型のクレーンの登場はほぼ無くなったと言っていいだろう。

ドラマで大きな病院の建物を回り込んで撮影しているカットを見た。

ちょっと前なら40m以上のクレーンを使って・・・?とか思ったが今や「な~んだ、ドローンだなこりゃ」といった感じだ。

1万円台からあるドローン、スペックやオペレーターの腕によって映像はピンキリだとわかってはいても数百万以上もする特機を使ってないと思うと軽く思われてしまう・・・実に情け容赦ない世界である。

数百万円するステディカムだってそうだ。数十万の三軸ジンバルでも安定した映像を作り出している。

35mmフィルムを使って予算1千万以上のCMを作っていた時代・・・今や百万円以下のデジタルシネカメラで同等以上の映像が撮れてしまう現実。

 

もちろんそれを使いこなすスタッフのレベルによって仕上がりに差は来るのだがそれ以前にハード的なハードルが低くなりすぎたことによってそのスキルを持った人々の価値まで下げられていることは想像に難い。

 

その昔、グラフィックデザインから始めたわけだが「写植屋さん」という職業が目の前であれよあれよと言う間に無くなったのが衝撃的だった。

その後版下屋さん、製版屋さん・・・いろいろ無くなって行った。

デジカメの登場で今やスチルカメラマンも空前の灯・・・そこまではないと思うがデジタル化も含めたハイテク機器の進化によって無くなった職業は数知れず。

先端のウェーブに乗りきっていないとすぐに乗り遅れ、職を失う今の時代である。

 

ドローンの登場はいろんな職業を食い尽していくに違いない。

C100MarkⅡ+XC10の使い方あれこれ妄想

2015-04-20 07:28:27 テーマ:新機材・新技術

注文はしたものの発売は6月。それまではあれこれと妄想でお楽しみ(*^_^*)

まずひとつの大きな目的はC100mk2のバックアップ。現場で何かトラブルがあっても最低限の撮影ができるようカメラバッグに忍ばせておくのだ。

しかし問題が一つある。音声入力がミニジャックで音声レベルはオート? 最低限というレベルではオートでもしょうがないにしても入力がステレオミニではガンマイクもワイヤレスもつなげない。

マルチトラックレコーダーR-44を同伴させるのも本末転倒?

ZOOM4TRレコーダーでも購入か?キャノン入力とファントム持ってる機器ともなればそこそこ大きくなってしまう(;一_)

 

おそらくXC10での単独撮影はないような気がする。

感度、レンズ、各種マニュアル機能、画質、センサーサイズ・・・

いくら予算のない仕事でもC100を持って行くのとXC10を持って行くのとそんなに違いはない。むしろ機能が制限されるXC10の方が現場でイライラする可能性は高い。

ドキュメント的にあちこち移動しながら常にカメラを携帯なんてプロジェクトならXC10単体の方が便利そうだが、そのような仕事は請けないことにしているので(^^

 

2カメ。出番はそう多くはないと思うが喋り中心で画に変化がない場合などに使えそうかなと。

ワイドDRガンマもCANO LOGも同じものが装備されているのでトーンはそれなりに合うものと信じたい。センサーが違うので完全には合わないかもしれないが・・・

XC104Kで回しておけば多少のズームやパンができるので無人カメラで置いていても動きを付けられるのはありがたい。

音声はC100で収録しXC10の内蔵マイクでシンクロ用の音を探す。

RECがシンクロしてくれればいいのだが無理だよね。1人での作業だとどうしても2台を動かそうとすると無駄回しが増える。4Kだと305Mbpsと大食いなので最低限で回したいとこだ。

 

XC10は単独では使わないと書いたが4Kの画像はサンプル見る限りかなり高解像度。

となればぶらっと遊びがてらカメラを持ち出し風景なぞをライブラリーとして撮っておくと言うのもありかもしれない。ただ自分的に風景撮りはあまり趣味ではないので遊びがてらというのは当てはまらない(~_~;)

 

C100MarkⅡがレンズ入れて約3kgXC1001kgだからとにかく機動力はある。手ぶれ補正もそこそこ強力そうだ。

そうなると軽量三脚も欲しくなるがむずかしいのは雲台。

先日も桜を撮りに行ったときクルマ降りてから移動が多いので軽量三脚を持って行ったのだが雲台はALLEX、レンズは70-200mmの望遠。さすがにパンチルトは滑らかに・・・とはいかなかった(;一_) RS250クラスは必要のようだ。

ただ自分はあまりパンチルトを多用する人間ではないので今回はイレギュラー。風景撮影には電動雲台が欲しいと思うくらいの人なのだ。

XC100RS250はあまりにもアンバランス。軽量コンパクトな電動雲台が欲しい気もする。

ま、CM素材用なので4KにしてFIXで撮って後処理でパン・チルト・ズームをするのが正解なのだろう。

 

こんなカメラだと三軸ジンバルやドローンを使ってみたくなる。ただ僕にはこの手の撮影は向いてない(;一_)

カメラオペレーションは誰かにやってもらわないと。

C300MarkⅡの登場でAFの重要度が高まる!?

2015-04-17 07:41:35 テーマ:新機材・新技術
C100MarkⅡに比べると数段機能アップしたAF機能。そのためPLマウントはオプション扱いとなっている。PLマウントレンズではAFのメリットがなくなってしまうためだ。

しかし僕的にはこの程度のAF機能で完成域だとは思っていない。それを考えると180万は高すぎる。

4:4:4 12bitのコーデックなどは魅力的だがこちらはSONYの方が一歩先を行ってる。
なぜかCANONはハイスピードに慎重だ^_^;

 

で、AFだがC100MarkⅡでも色々書いているがレンズを選ぶ。

純正レンズでさえこの機能ではこのレンズ・・・といった選別があるわけだからレンズメーカーの場合はもっと情報を出してほしいものだ。

こと、AFに関してはデュアルピクセル方式を出してからCANONが一歩リードしている。

もちろん他社も追従してくるだろう。ただデジタルシネマの場合、従来のハンディーカムやコンパクトデジカメと大きく違うのが撮像素子のサイズ。また、スチルカメラと違うのが動的追従。

浅い被写界深度で何をターゲットに追い続けるのかプロのフォーカスプラーでも悩むところではないだろうか。それを機械任せにしようと言うのだから一筋縄でいくわけはない。

 

今回CANONもハイエンド領域に片足突っ込んでいるC300でチャレンジしたと言うのは勇気がいったことだろう。

おそらく現場ではかなりの注文、ブーイングが発せられるものと想像する。

それでも、そういった難関を突破しないとプロの領域に入り込めないと覚悟したのだろう。

C100MarkⅡのAFでもやっと小学生レベル・・?C300MarkⅡで中学生・・・例えが変だが(;一_)

つまりハイエンドな現場に入り込もうと思えば社会人レベルが必要だと思うわけだ。もちろん職人レベルまで行けば誰も文句は言わない。

 

PLマウントレンズをAFにしようと言う流れはないだろう。かといってこのままEFマウントレンズをズルズルとデジタルシネマの世界へ持ち込むのは社会人が学生服を着て会社にやってくる感じ?^_^; なんとなくバランスが悪い。

せめて動画専用シリーズを作ってほしいわけだ。

デジタル一眼やミラーレスだって今や全て動画が撮れる時代。

静かなフォーカス、電動ズームなどのシリーズを動画に特化して作ってもそれなりの数は出るのではないかと想像するわけだ。

 

そもそもENGの世界なんてAFがもっと進化しても良かったはずなのだが現場の声がなかなか受け入れにくいと言う実情もあったようだ。

はたしてデジタルシネマのカメラマンにAFは受け入れられるのか!C300MarkⅡの活躍に期待したい!

 

4K・・・・? だから何?

2015-04-16 07:43:24 テーマ:オーディオ&ビデオ

技術屋としては興味深々なのだが家電量販店行って60インチ以上くらいの4Kテレビ見ても欲しいなぁ~という気にならない。

確かに並べてみるとHDとはかなり違う。

しかしコンテンツ鑑賞となるとストーリーに没頭するので静止画の写真を見るように部分を凝視するような見方はしない。

そういう意味で世界遺産やスポーツなんかを4Kで放送したりしているのだろうが自分としてはほぼそのような鑑賞をしないので4Kは今のテレビを買い替えの時、4Kしか売ってなければ買うかな・・・という程度の感じ。

 

ただ制作という面では大きな解像度で撮っておいて後処理で解像度の落ちない程度の加工を施すというのは合理的だと考えている。

ただHD仕上げに対して4Kは大きすぎる。そもそも今の4Kカメラ、撮像素子自体がフル4Kになってないのに記録だけ4Kというのは作業的に負担がかかるだけで何のメリットもない。

HDにも1280×720というモードがあったようにHD4Kの間に制作用としてだけでいいので中間解像度を作っていただきたい。

現状HDがあたりまえになっているが4K100%になるまでにはまだ10年以上かかるのではと思う。

撮影素材の保管

2015-04-15 08:13:21 テーマ:CM制作・技術

 

 

気の小さい人間なので最も気を使うものと言えば撮影したデータである。

もし消えていれば再撮!背筋が寒くなる(;一_)

 

なので安全策としては撮影後必ずプレイバックする。ダブル記録にしておきSDカード2枚に同じ映像を録画する。

撮影後なるべく早くCPにデータコピーする。コピーされたデータをプレイバックチェックする。

これも同じマシンではあるが2か所にコピーを置いている。間違って削除などしないためだ。

 

そして撮影したSDカードも納品が完了するまではフォーマットせずに置いている。

32GBSDカード、1プロジェクトが3GB程度しか使わないのでほとんど2枚のカードを刺したままずっと使っている。

たまに数ヶ月といった納品までのプロジェクトがあったりしても容量的に圧迫することはない。

C100markⅡになってプレビュー画面が早くなりいくつものプロジェクトのデータが入っていても遅くなったりしないので問題ない。

 

まぁそうはいっても次々撮影が入ってくると消すタイミングがなくなりそうだがうちの場合ロケは多くてもひと月に12本程度しかないので次に撮影するときは前のプロジェクトが終わっている場合がほとんどだ。

 

要するに23か所に同じデータが存在してないと落ち着かない^_^;

絶対に消えないメディアが存在すれば心配事が一つ減るのだが・・・()

大人のオモチャ箱?

2015-04-14 07:57:53 テーマ:開発・工作

 

無造作に余ったパーツを入れる引き出しである。

余分に梱包しているものがあったり、だぶるので一つ余る・・・使わなくなったけどいずれ使うかも・・・といったパーツ群。

実は大きさ的に小さいものだけがここに入れてあるだけでそのようなパーツはケーブルやアーム、ケース、ベルト、雲台、ジョイント・・・など無数にある(^-^)

何か新しいものを購入してシステムに組み込もうとするときアレがあったら便利なのに・・・と思うことが多々ある。

そんなときネットショップのカタログを見るのだが「これなら手持ちのパーツでも?」と思い当たることがあるのだ。

そんな時のためにある程度分類して保管している。ま、この写真見る限り整理されているようには見えないが^_^; 自分的にはここに何が入っているのかは8割程度頭に入っている()

 

ケーブル類もあらゆる種類のものが揃っているがSDからHDに変わった時100本以上処分した^_^;

一本2000円としても20万円だ。ま、その時はベーカム2台とかアナログ機器一式処分したので1000万円くらいは捨てたことになるだろうけど(;一_)

 

新陳代謝は必要だ。

古い二眼カメラまでも棚に飾っている人がいるが僕にはそのような懐古趣味はない。

使わなくなったら数年程度で処分してしまう。

その点、細かなパーツというのは時代に流されにくいところもあり置いとくとけっこう便利だしいろいろと何かに使えないかと考えるのは楽しいものだ。

CM専門ならではのカメラワーク

2015-04-13 07:46:23 テーマ:CM制作・技術
 
長尺ものは編集が大変なので今では全く受けてない。

撮影も遠方のロケや記録的な撮影はお断りしている。

あくまでも演出された絵コンテ通りの撮影が基本である。

 

そうなると撮り方が他の撮影とは大きく異なることがわかる。

いや、むしろCMのことしか知らないのでPVや記録、番組なんかはどうしているのか・・・?

とにかくCMの場合カットが短いしカット数も少ない。

ロケに行っても準備に30分、撮影に数分なんてこともあるくらいだ^_^;

 

ワンカットが短いもので12秒、長くても5秒使えば長回しになる。15秒ワンカットで・・・なんてのはやったことない(_;)

となるとステディーカムのようなスタビライザー使ってもあまり効果がないということになる。

ドリーにしても以前はレールドリーを持ち込んでいたが3mをフルで移動して撮影するほど尺がない。早めに動かしても1m程度だ。

最近住宅室内の撮影を70cmストロークのスライダーで撮ったがかなりゆっくり動かしたため実際の使ったカットでのスライド距離は30~40cmくらいではないだろうか。それでもこの作品は90秒と長尺なのでワンカットは長目に使っている方だ。

23秒のカットだと1020cm移動で充分かも?と思わせる。

 

また、スライダーもそうだが手持ちやスタビライザーで視点を動かしても人物撮影では被写体の方に目が行き視点移動の効果がほとんど出ない場合が多い。他のCMを見ていると手持ちでもかなりブレ幅の大きな動きをしているものが多い。ゆったり揺れている程度だとほとんど止まっているのと差がなくなる。

であれば手ぶれの場合危険を冒すよりスライダーで視点移動だけしておいて上下左右ロールに関しては後処理で画面を揺らす方が調整幅が試行錯誤出来て安全とも言える。

手持ち撮影は再現性ゼロなので何テイク撮っても気にいるカットがなかったりする。撮り直ししたところで今度は演者さんとの息が合うかといった問題も・・・

 

そんなわけでCMはあまりアクティブなカメラワークを現場でするのはリスキーだと言うことだ。

それは今までグライドカム、レールドリー、ジブアーム、クレーン、一脚、ショルダーリグ・・・と、いろいろ試しての感想である^_^;

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇