スローライフでCMプロダクションinとっとり

テレビCM専業のワンマンオペレーションプロダクション。
クロマキースタジオ、ロケ車、特殊効果編集、NA録音、完パケ製作。
趣味が仕事なのか、趣味を仕事にしているのか曖昧。好きなことやって金儲け。
そんな仕事的コラムはかなりマニアックだったり…

NEW !
テーマ:

同じ焦点距離でも様々なレンズが存在する。

メーカー純正レンズもあればレンズメーカーのものもある。

単焦点レンズ、低倍率ズーム、高倍率ズーム、開放絞り、非球面レンズ・・・

価格も数万円から1千万超えるものまで。

 

はたして出てくる画像にそれほど違いが出てくるものなのだろうか。

今やデジタル時代。コントラストや色傾向なんてのは簡単にいじれる。色収差や歪曲、周辺光量までも自動補正してくれたりする。

さすがに解像度の低さやボケの質、ゴーストフレアーなどはどうにもならない。

 

スチルカメラはどんどん画素が上がってきて3000万画素以上当たり前みたいになりつつある。

しかしビデオで言えばまだHDが主流。200万画素程度のものなのだ。単板だと830万画素で充分なフルHDが叩き出せる。

そうなると解像度などはそれほど問題にならないはずだ。

最近は数万円のコンパクトデジカメでも素晴らしい綺麗な画像を見せてくれる。

果たして高いレンズは本当に高画質なのか?

 

例えば機能的な違いはあるかもしれない。

大口径レンズは高くなる。

シネタイプに合わせたギヤー付レンズなどは数が出ないため高くなるという理由もあるかもしれない。

小型軽量にするため特殊なガラスを使っているとか・・・

ゴーストフレアーを極端に減らすためレンズのコーティングなど細部に手を入れている・・・

 

こういった高性能なレンズは特殊な撮影、逆光だったり点光源が入り込んでいたりそんな状況下だけで威力を発揮するのかも?と思ったり・・・

普通に順光で普通のコントラストの写真だと違いが出ないのでは?と疑問を持つわけである。

ウチ的な使用ではほとんど特殊な状況はないわけで、本当に違いがないのであれば安いレンズというかある程度妥協できる範囲のレンズから選びたいと思うわけだ。

レンズに詳しい人のブログなどを見るといろいろと書かれていてほんとかなぁ?と((+_+))

 

ま、この辺りオーディオの評論に通じるものもあったりしていまいち信用してなかったりするのだが・・・(>_<)
わかりやすくこれとこれはこのように違って見えますみたいな説明と映像を見せられるとまた変わってくるかも^_^;

AD
いいね!した人

テーマ:

ランクルを手放して約2年。

母の使っていたFITをロケ車に。遊びだけにCOPENというスタイルになった。

ランクル100からFITだけに荷物は積めるの?と言われることは多い。

実際ランクルは外見大きいがタイヤが大きく荷室の床は高い位置だし荷室の幅も意外と狭い。

FITと比べても2割も違わないのではと思う程度。

FIT5ナンバーコンパクトステーションワゴンだが後列席を倒すと完全フラットになるのがいい。

最近の乗用車は後部座席を倒してもフラットにならないものが多いだけに買い替えは躊躇している。

 

FIT9年目に入る。

走行距離は大したことなく、5万キロにも満たない。

なのでエンジンやその他は全然問題ない。外見的に細かな傷やへこみはある(^^

これらは母が乗っていたときに付けたものだが(;一_一)

逆に多少汚いくらいの方が気を遣わなくていいので機材の積み下ろしもラフに出来たりする(^^

燃費もリッター17km程度で特に不満もない。

軽自動車の箱バンも経費を考えると悪くないが意外と燃費は悪いらしい。走りももたつくし。

そもそもロケ機材はどんどんコンパクト化されてきてFITでも余る場合が多いくらいで高さ方向に容量は必要ない。

機材は積み重ねができないのでもし高さ方向を使うとすれば棚を作り込む必要がある。

そうなると車は重くなるし完全に2シーターになってしまう。

 

というわけでFIT10万キロくらいまで乗ってみようと思う。

 

AD
いいね!した人

テーマ:

XC10C100のサブカメラとして導入したわけだが2カメとして使うことはほとんどない。

小型なりの利用価値もうちの場合あまりない。

つまりバックアップとしての存在が強い。

 

そうなるとロケの場合常に車に積んでおく必要がある。

専用のケースが必要か?といろいろネットで物色。

なんとカメラ外形サイズは15×13×12cmと極小(^^

ポシェットのようなソフトケースがお似合いだがそのまま車に入れておくと三脚や照明など大型の機材に押し潰されそうだ。

ではハードケース。ペリカンのような樹脂製で・・・
見た目かっこいいのだが本体サイズを考えると嵩張るし重い。

 

しかしXC10、よく見るとレンズにモニターがくっついているようなデザイン。

C100を入れているカメラバッグの端に入らないか?

と、入れてみたところすっぽり。ぴったし。

ま、使わない機材を入れっ放しというのは重くなるがレンズ一本分程度の重さなのでいいか(^^

これなら忘れることもないし。

外部モニターも5インチにしたので同じカメラバッグにすっぽり。
最小構成ならカメラバッグと三脚だけで行ける(*^_^*)

AD
いいね!した人

テーマ:

老眼になりシャローフォーカスのシビアなピント合わせに苦労するようになってきた。

外部モニターを大型にしたり拡大率の高いモニターにしたりと・・・

 

見えなきゃメガネかければいいわけだが遠くは裸眼で全然問題なく見えるので眼鏡をかけたり外したりが煩わしい。

そこでやっと腰を上げて遠近両用のメガネを作ろうとメガネ屋さんに走った。

実はメガネは6個ほど持っている。ほとんど使ってないのが2個あるが(^^

それぞれ距離に合わせてのものだ。テレビ距離、パソコン距離、本読み距離、スマホ距離、PC画面とキーボードの遠近、無限遠(乱視)

つまり使ってないものは無限遠と遠近のものだ。

しかしこの遠近、便利そうに見えて位置を選ぶというのが曲者。見たい位置にレンズのスポットを持ってくる必要がある。じっと何かを見るのであればいいが撮影時などあちこち見回さないといけない時には不便である。

 

細い近場用のレンズにしてというのもあるが実に年寄りくさい(;一_一)

で、メガネ屋さんでいろいろ相談していたら面白いものを提案してくれた。

いわゆる跳ね上げ式レンズなのだが写真のように平行にガルウィングしてくれるのだ。

垂直に跳ね上げるタイプも試したがガルウィングの方が軽いし操作がラクラク。気に入ってしまった。

中心にギヤが入っておりどちらかのレンズを操作するだけで片方も連動してくれる。

跳ね上げた状態はウルトラマンみたいでちょっとカッコ悪いかと思ったが実際装着してみるとそうでもない。

むしろ面白がって話題になるかも()

 

というわけで30cm60cmくらいの深度でくっきり見えるメガネ。ピント合わせばっちりになってくれるか(*^_^*)
 

いいね!した人

テーマ:

人物を撮る場合背景をボケボケにして人物を浮き上がらせる手法はポートレートなら王道である。

そしてシネカメラでも。

しかし動画となるとピント合わせがシビアになるためENG的にサクサク撮っていくというわけにはいかない。

AFではほぼ無理だしMFにしても精度の高いフォーカスアシストで注意深く追い込まないと後で泣きを見る。

そんなわけでうちでは単焦点は50mmF1.2しか持ってない。

スーパー35mmなのでフルサイズデジカメの半分の面積、つまりボケは少し小さくなる。

しかし焦点距離が1.5倍になるので同じ距離で撮る分には人物に対する背景のボケサイズは同じということになるが言葉で言っても分かりにくいよね(^^

ボケサイズは撮像面のサイズ、開放絞り、焦点距離によって決まってくる。

 

本当はもっと50mmF1.2あたりを使いたいのだが今までモニターが外部で9インチ、拡大も1.5倍程度。カメラモニターは3.5インチで3倍拡大。つまりフォーカスを画像で確認するには不安だったわけである。

最近SONY5インチを購入したのだがこれがすこぶるいい感じ。

価格も安くサイズもちょっと小さめなのだが軽いのでカメラのシューに付けても負担がない。

このサイズでフルHD解像度。そして36倍まで簡単に拡大できる。意外と明るく標準で折り畳みフードが付いているので屋外でもそこそこ使いやすい。

このモニターだと50mmF1.2のピント合わせも安心して行うことができる。

 

となると欲が出てくるのがもっとほかの焦点距離も・・・となってくる。

現場での運用が楽なので実際の現場ではズームレンズを使うことがほとんど。

しかし高倍率になるにつれ開放絞りはどんどん暗くなってくる。

なので被写界深度は深く、背景はあまりボケない。

 

ではどんなレンズが他にあれば便利か?

50mmF1.235mm換算で75mmほど。つまり中望遠域なのでポートレート風に撮るにはちょうどいいので万能かなと思っている。

更に望遠だと85mmF1.2があるがこちらは130mmくらいになり顔のアップにはいいかなと思うが出番が少ない割にレンズの価格が(^^

であればF1.8のレンズも選択肢かもしれない。

広角系だと242835mmがあるが広角で大口径にしても明るいというメリットはあってもぼかすというイメージはなくなる。

スチールなら被写体によって背景をぼかすのもありだが動画ではその距離で演技するのは・・?という感じになる。

35mmF1.4が最近発売されたがとんでもなく高い(;一_一)

ではF2はどうかと・・・35mmだとフルサイズで50mm標準レンズという画角になる。人物を撮って背景をぼかそうとするとかなり人物に寄らなければならないのだがやはり動画撮影ではやりにくい…

結局望遠系が便利ということになる。

 

これは演者の問題もある。

ローカルでは大半は素人さんなのである。

あまりカメラが近くにいると緊張して喋れないという問題が出てくる。

となればやはり望遠系なのだ。

しかし85mmF1.8だと十分にボケるがズームの24-70mmF2.870mm側で撮ってもそこそこボケてくれるのだ。

はたして85mmというサイズは使い勝手がいいのかどうか?

更に望遠ということだと70-200mmF2.8があるのでこちらでも十分ということになる。

そんなこんなをいつも考えてはレンズ購入は先延ばしになる(>_<)

いいね!した人

テーマ:

昨年いきなりプツッと真っ暗になったプラズマテレビ。

そのうち4Kテレビか・・と思っていたのだがこんなタイミングで買い替えるつもりはなかった。

かといって安いHDテレビで繋ぐのも無駄が多い。

すでに4Kテレビも価格が落ち着いてきている。

 

実は50代になって老眼、乱視が強くなってきてテレビを裸眼で見るのが辛くなっていた。

そして数年前から眼鏡をかけてテレビを見るようになった。

それでもプラズマはなぜか目が疲れ、映画一本見ると目がしょぼしょぼという感じだ。

おまけに椅子が古くなったせいか老体のせいか首がだるくなってじっと座ってられなくなる・・・

そんなこんなでテレビ離れしていたのでよけいに4Kテレビもどうでもいいなと思ってはいた。

 

で、プラズマが映らなくなったわけだが修理に見に来てもらったらけっこうな見積もり(>_<)

買い替えることになったわけだ。

テレビは意外と長持ちする。プラズマも8年。であれば中途半端なものは買えないとPanaVIERA 800シリーズ。

サイズは70インチくらい欲しかったのだがいきなり価格が上がるので60インチに。すでにこのクラスは価格競争に巻き込まれていてお手頃価格で手に入れられた。

そして壁掛け。4Kなので近い距離で鑑賞できる。というわけでちょっと高めの位置に取り付け見上げるような感じで取り付けた。

 

そして導入して一か月半。

導入してよかったと思っている。

HDRのためのエリアバックライトは完成度が低いがそれ以外は満足。

何よりも目が疲れないのが不思議?

4Kなのか液晶故なのか120fのフレッシュレートなのか・・?

以前は真っ暗にしてテレビだけつけて鑑賞するとすぐ眠くなっていたのだが今回はそれがまったくない。

映画2本立て続けに見られるという快挙!

実は一緒に椅子も買い替えたのだ。

以前座っていたノルウェーのエコーネスというリクライニングチェアーが鳥取にも売っていた!

以前のものより一ランクグレードを上げたものにしたら実に座り心地がよく首がだるくなくなった。

 

というわけで久々に楽々なテレビ生活を送っている(*^_^*)

 

いいね!した人

テーマ:

カメラメーカーは本体内での記録に関してはある程度の長時間記録ができるコーデックを選択する。

メディアも汎用性やコストを考えたものを選ぶことになるのでどうしても高画質のハイビットレートは選びにくいという現実がある。

未だ業務用ミドルレンジでHD2050Mbpsなのはいただけない(>_<)

ただ撮って出しの映像に関しては地上波放送が20Mbps程度なのでそれでもあまり問題視されない。

 

我々のような後処理専門業者にとってはそれなりに無加工素材が欲しいわけだ。

ただそれも仕事のコストとの兼ね合いもあり4K非圧縮RAWなんて扱おうと思うととんでもなく大変なことになってくる。

ハイエンドのカメラでは内部記録でもコーデックをいろいろ選択できるようになっている。

 

ではうちレベルでとの程度のコーデックがいいのか。

どのレベルのカメラがいいのか。

常に迷うテーマなのである。

コーデックが高圧縮のカメラでもHDMIから非圧縮の映像が出力される。これを外部レコーダーで低圧縮のコーデックで記録することができる。

しかし外部レコーダーというのも運用が面倒ではある。信頼性の問題もある。海外製品がほとんどなのだ。

 

4Kが普及してきてHDに関してミドルレンジカメラでもかなり低圧縮コーデックが採用されるようになってきた。

また、コーデックだけでなく色深度、フレームレートの選択もありカメラ選びは難航している。

いいね!した人

テーマ:

スターチャンネルの映画を見ようとしたら初めにこんな注意書きが出てきた。初めて見た。

 

「これから放送する作品には、演出による

“手ぶれ映像”が含まれています。体調のすぐれない方等、

鑑賞の際は十分にご注意ください。」

 

バラエティー番組の手ぶれは当たり前のようになってしまったが近年はシネカメラも小型軽量になって映画でもアクションものや主観映像は手持ち撮影が増えた。

当初はステディカムなど揺れを少なくするコントロールをしていたが最近のものは素人がハンディーカムで撮ったような無茶苦茶な揺れを敢えて使っている。

しかも長時間・・・ はたして監督、いや編集者など製作スタッフは何十時間も繰り返し見ているだろうに耐えられるのだろうか?

 

そのうち手ブレレベルの禁止事項などお達しが出てくるのではないだろうか。

特に地上波などでは「ポケモンショック」のように激しい点滅でさえ注意喚起された。

CMでは明確な規定まで出来ている。

そろそろ手ブレも基準を決めてほしいものだ。

映画館出た後、クルマの運転をして事故を起こしたなんてことが出てくれば規制されるんでしょうかね?

 

ちなみに僕は手持ち撮影が嫌いだ!(>_<)

いいね!した人

テーマ:

大阪での映像制作は3DCGがメインだった。

バブル絶頂期での開業だったので先のことも考えず大盤振る舞いで高価なワークステーション、CGソフトを導入して始めた。

さすがに数千万の投資と3DCGというハードルの高さからライバルは少なく関西では珍しい存在だった。

そんなおかげでメジャーなCMCGパーツなどの仕事をいただき、オールスタッフなどにも参加させてもらっていた。

 

電通博報堂など超大手からのお仕事で最初は緊張する中、ある程度認めてもらい仕事は順調に増えていった。

仕事が3DCGだけなので関わるといえばポスプロくらいなものなのだが監督チェックや合成物などの立ち合いで撮影現場によく足を運んでいた。

意外にもいろんなプロジェクトでもかかわるフリーのスタッフは同じ方が多く顔見知りになった。

そしてCGとは関係ない撮影や照明のことも興味がわき現在に至っている。

 

メジャーなCMだとスタジオ撮影だけでも関係者だけで20人以上になる。

それなりの緊張感はあるが和気あいあいと楽しい現場でもある。

ま、こちらは後処理班なので現場での責任が少ないという立場だからではあるが(^^

そんな現場が懐かしい。

 

考えてみれば出来上がりは多少違うものの同じようなことを今では数人でやっているのだからすごいことだ。

予算も1/101/100とびっくりするような差があるけども(;一_一)

いいね!した人

テーマ:
今使っている編集マシンはDELLのワークステーションで2012年に導入したものだ。

その前の2010年に導入したVISTAからやっと乗り換えたのが半年ほど前。現状特に不満はない。

ただOSwindows7と、そろそろやばい。

今のマシンはシステムディスクをSSDにしているためかなり高速だ。メモリーも増設した。

なのでまだ12年は問題なく現役で行けそうだがバックアップマシンになったVISTAが古いOSのため使えないアプリが増えてきた。

もっとも大きいのはAdobeCCがインストールできないというところだ。

 

なのでやはり近々ニューマシンは入れないとマズイ。

4K納品はないにしても素材として4Kが増えてくることは確かだし高画質を目指すとビットレートも高くなり扱う容量も桁違いに増える。

となればシステムもSSDRAID 0にしたり外部ディスクとの接続も高速で行う必要が出てくる。もちろんCPUGPUもそれなりに。

まぁPCは年々高性能になりながら低価格にもなっていくので時間が経てば勝手に高性能になっていってるという有難い面はある。

 

あと、モニターの問題だ。

今は1920×120026インチモニターデュアルにしているがちょっと手狭な感じはある。

かといって30インチくらいで4Kにしてしまうと文字が小さくなりすぎて見辛くらる。

現状の文字の大きさをキープするとすれば4Kなら50インチくらい必要ということになるがデスク前に50インチが70cmの距離にあると・・・

まず上下が高すぎて首が疲れるのではないかと想像する。そして巨大な画面から熱も半端ない。

やはり現状より少し解像度挙げる程度か。

WQXGA 30インチ 2560×1600のデュアルとかどうだろう。

フルHDが余裕で画面の中にドットバイドットで表示できる。

 

と、いろいろ考えるがやはりPCよりカメラの方が妄想するには楽しい(*^_^*)

 

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。