1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

4Kは衛星、ケーブルからスタート

2014-08-22 07:53:31 テーマ:新機材・新技術

 

とりあえずウチはTVCMが本業なので地上波の4Kは相当時間がかかりそうなことは想像にかたい。

4kもお手軽カメラなども出てきているので生中継や撮って出しの簡単な編集物であれば4k放送もそれほどハードルが高くなくなってきているようだ。

しかし映画やドラマ、CMなど手の込んだ編集をしようとするとカメラも編集機もいきなり大変な重装備になってしまう。

メーカーは着々と開発が進むであろうが問題はニーズとスピード。

HDのように国を挙げての政策とちがうので4kを手掛けなくても乗り遅れた感は薄い。

かといって4kに飛びついて先行者利益が得られるかと言うと微妙に難しいのではと僕は想像する。

デジタルシネマも一段落の様相、次は何かと探しても4kくらいしか見当たらない昨今。
ちょっとつまんない(*^_^*)

AD

車のシートポジション

2014-08-21 07:25:09 テーマ:カーライフ

 

服や靴って人それぞれに合わせてかなりのバリエーションがあるのに車はこんなにも高価なのに「人の方が合わせろ」的な構造がほとんど。

シート自体は前後上下くらいは動くものが多い。背の低い人はその範囲でも届かず座布団を敷く人も多い。しかしアクセルやブレーキ位置は固定なので足の角度は高くなってしまう。

またハンドルも上下や前後まで動かせるものもあるが僅かしか動かせない。

シフトレバーもATなら操作が少ないからいいがMTともなると常時触る位置にないと大変なことになる。

もちろんインパネなどは固定。

 

シートだってアフターマーケットはあるもののどちらかと言うとスポーツ系シート。座高も足の長さも胴の太さも違う人がなんで一種類のシートだけでいいんでしょう?

これで長時間ドライブはきつい。

僕はノーマルのシートではほとんど長時間座っていられない。シートが柔らかすぎるしランバーサポートの位置が合わないものが多い。

そういう意味ではさすがにRECAROはよく出来ている。ただこれとて全てのサイズの人に向けているわけで誰でもフィットと言うことではない。

 

最近は事務椅子でも高級なものはあらゆる部分が動くように作られている。

そろそろ車のシート、ドライビングポジションも人間工学を重視した設計にしてはどうだろう。

AD

ガンマイクかワイヤレスかアフレコか

2014-08-20 07:43:47 テーマ:CM制作・技術
実に悩みどころだ。
ガンマイクは画角によって近づけない場合クリアな収録が出来ない。
ピンマイクはマイク自体あまり音質に期待できないのと仕込むと余計にコモってしまう。
スーツなどなら露出していても気にならないが女性の服などは非常に難しい。
現場のノイズがどうしようもない場合アフレコにする場合があるが自然に合ったためしがない(;一_一)

つまりロケでの音声収録は常に悩みの種なのだ。
理想はノイズがなく響きがなくガンマイクが近づける画角サイズであること。CMはドラマほどロングの画が少ない。ロングだとワイヤレスしか選択肢がない。

また悩みの一つに喋り手が一人ではない場合。また動く場合。
ベテラン音声スタッフが付いてくれればいいのだがそんな予算のないワンマンオペレーション。
ガンマイクといえどもスタンドに固定して収録する場合がほとんどだ。たまたま手の空いている人に…なんてやってもらってもうまくガンマイクを口元に向けてくれる保証はない(;一_一)

カメラのレンズ選びとともに悩みどころは尽きない・・・

AD

ロケハンに持っていく機材

2014-08-19 07:38:58 テーマ:CM制作・技術
 
ロケハンと言えば撮影前に現場を確認する意味で行くのだが、できればテスト撮影できるくらいのことはやっておきたい。

機材準備するにもイメージがわきやすい。

LensAgentというiPhoneアプリは便利だ。実際のレンズのミリ数と画角で写真が撮れ、それらのデータが一緒に記録される。更に位置情報、時刻、方角まで記録されるので太陽の位置と影の見え方までシミレーションできる。

 

と、万能のようだが所詮iPhoneのカメラ、最広角は28mm程度だしパンフォーカス。

超広角や被写界深度などは確認しようがない。

かといってEOS C100とレンズ一式持ち出すのもなぁ・・・

そこで妥協策としてEOS-70D18-35F1.8のズームを付けて持っていく。C100よりはかなりコンパクトだ。

50mmF1.2という手もあるが画角が中望遠になるのでロケハン向きではない。

 

人物の背景がどの程度ボケるかは重要なのだ。

立ち位置と背景の距離で大きく変わってくる。
出来るだけ本番に近い機材でテストするのが理想ではあるのだが…

梅雨かいな~

2014-08-18 07:06:12 テーマ:ブログ

 なんともこの夏は天候不順で雨続き… 涼しいのはよかったけど。
その反動で秋は晴れ続きになればチャラにしてあげる!なんてうまい話にはならないだろうね(*^_^*)

さて、既に今年も後半からそこそこ過ぎてタイムラインスケジュールでは12月も見えてきた。
昨年あたりからローカルCM業界も地殻変動が起こっており右肩下がり(;一_一)
何か起爆剤が出てくればいいのだが今のところ見当たらない。
こちらとしての対策は人物出演のCM制作を提案。ぼちぼち動き始めているのでこのままうまく浸透して行って欲しい。

まだまだ老後の隠居生活なんてイメージしている場合ではない。
 

ステップアップリング

2014-08-15 08:53:53 テーマ:ブログ
 
フィルム時代に比べるとレンズにフィルターを付けると言うことが減ってきた。
デジタルだと色温度調整や特殊効果など後処理でも出来るようになったからだ。
それでも必要なのがNDフィルター。
露出は絞り、シャッター、ISOで決めていくが意図的に絞りを開けたりシャッターを速くしたくないなどとなってくるとISOだけでは限界が出てくる。

そこでNDフィルターが出てくるのだがビデオ系のカメラだとレンズの前に3ステップ程度のNDフィルターが内蔵されている場合が多い。
EOS C100も内蔵されているのだがベース感度がISO 850と高くF1.2などの開放で撮ろうと思うと内蔵のNDだけでは足らなくなる。

SONYの可変NDなんかが内蔵されていると実に便利なのだがまだまだ普及しそうにない。
そこでレンズ前玉にNDフィルターを付けることになるのだがいろいろと不便なこともある。
沢山レンズを持っているとそれぞれのフィルター口径が違うのだ。
レンズ口径に合わせたフィルターをすべてそろえるのは実に不経済。ということでステップアップリングを間にかませて大きなフィルターを流用する。
ところが口径が大きくなるため純正のフードが使えなくなると言うデメリットが(;一_一)
かといってマットボックス持ち出すのもなぁ・・・
ハレ切りはアクセサリーシューに付けるアームの先に小さなフラッグを付けてなんとか凌ぐ。

レンズ前フィルターはいろいろと面倒なのです。

世間は盆休み?

2014-08-12 07:16:34 テーマ:ブログ
どうにも盆休みの定義がわからん。
大きな企業などは早々と長期休暇宣言をしているところもあるし飲食店なんかはもちろんと言うのも何だが休まず開けているところが多い。

自営業はどうかといえば発注側次第というところ。
休み前に「これやっといて!」と渡されれば休み明けに提出であれば休みなしである。
ただ世間が休みだと静かなので仕事に集中できるというメリットもあるが問い合わせなどできない不便さもある。

カフェインターボで脳を高速回転

2014-08-11 07:12:12 テーマ:ライフスタイル

 

コーヒーは嫌いではないが好きってほどではない。

喫茶店など年に一回行くかどうか。

仕事しながらコーヒー・・なんてこともない。

食後の一杯。もない。

唯一、冬は朝食後にインスタントを飲んでいるがクリープどっさり。

 

なぜコーヒーを飲まないか。

カフェインに過剰反応するからだ。

少なくとも午後以降にコーヒーやカフェインの入ったものを摂取すると夜簡単に寝られない。

ブラックコーヒーなんか飲むとたぶん12時間くらいは脳が高速回転したままになる。

 

ま、それを利用して頭を使わないといけない仕事で急ぎだったりすると飲むこともある。

できるだけ朝飲んで夜には静まるように…(^^

飲み過ぎて寝不足になったりすると元も子もなくなる・・・(_;)

 

コーヒーを常用している人から見ると「なんとお子ちゃま」ってな感じでしょうが、逆に効果が強いため利用価値はある。

ドリンク剤でもカフェインは入っているのでコーヒーとドリンク剤なんて同時に飲んでしまうと12時間では収まらなくなることも…扱いは要注意()

で、どの程度の効果があるかと言うと…脳にターボがかかりっ放しになった感じ。

しかし実はけっこう疲れる。

休憩しようとしていつもの瞑想スタイルで部屋を真っ暗にして環境音楽をかけて目を瞑っても頭がぐるぐる回り続けて少しもリラックスではないという状況になる。

逆にいろんなアイデアが出てきたり、いろいろしなければ…と言ったことが頭をぐるぐる回ったり(_;)

なので全く疲れが取れない。

 

かといって仕事が倍速で進むかと言うとそうでもない。

いつもの仕事スタイルはリラックスした状態から仕事の準備をイメージトレーニング。この間20-30分。

そして仕事を始めるわけだがイメージトレーニングしているので段取りが早い。

考えるより手が先に動くと言った感じで一気に進める。

自分の場合短距離タイプなので持続力がない。

だいたい1時間がピーク。頑張って2時間。

ほぼそれで78割は済ませてしまう。

 

なので長モノの仕事などは断るのである。数時間で終わるわけはないから(;一_一)

この時の短時間作業、実はあまり頭は回転させていない。ある程度は作業化しているためだ。

考えるのはイメージトレーニング中。「どうやったら効率よく行くか」「完成イメージはどんなものにするか」などクリエイティブなことは前もってやっておく。

自分の場合、作業中に考えながらやるとかなり効率が悪い。なので考えることと動くことは別に分けているのだ。

 

で、話は戻るがカフェインを摂取してしまうと、この作業中にも脳が回転してしまい、いらぬ妄想が頭を駆け巡り手作業の邪魔をしてしまう。

つまりイメージトレーニング中にせっかく設計されたものを作業中に疑問を持って「もっと早くできるのでは?」とか「もっといい作品にするのに別の手法があるのでは?」などなど・・・別の仕事が気になったり・・・

もちろんクリエイティブ的にはよりいいものをと言う考えはあるが予算と締め切りのある仕事に於いて過度な追及は自分の首を絞めることになる。

 

そんな暴走の素、カフェインは摂取コントロールをちゃんとやらないと大変なことになる。

実は今これを書きながらブラックコーヒーを飲んだ。ターボがかかり7000rpmくらいになっている()

どうでもいいことを書きならべてしまった(;一_一)

そろそろ次の物欲?

2014-08-08 08:51:56 テーマ:新機材・新技術

 

喉元過ぎれば…

71日にCOPENが納車されたばかりだと言うのにもう次の何か…なんて頭をよぎるのだから新しいものへの刺激と言うのはいかに持続しないものなのか…(;一_)

かといってCOPENに飽きたということでは全くない。既に日常の刺激道具となってしまっているわけだ。そもそもオープンカーと言うライフスタイルは過去にもBOXSTER、初代COPENとけっこう長く乗っていたので何の違和感もなく日常なのだ(*^_^*)

 

で、次の刺激はやはり仕事の道具である。

ここしばらく編集機関連のリプレイスがなかったのでそろそろアドビCC導入か?と言うところなのだが新しいソフトを覚えるのが億劫になってきたお年頃(~_~;) なかなか一歩が踏み込めない。今のCS6でも何の不満もないわけだし。

となれば最速マシンの導入と併せてCCか?とも思ったが、そんなに急いでどこへ行く・・・じゃないが今や速いマシンにあまり興味がわかない。

レスポンスが早ければストレスも少ないとも言えるがマシンの方がこちらの反応を待っているようで余計に疲れると言うデメリットも() ま、それは冗談だが、もうごちゃごちゃマニュアルを読むのは・・・

 

その点カメラはマニュアルがシンプルだ。

最低限のところを抑えておけば撮影は出来るし、気になるところだけマニュアルを見ればいい。

 

特機も一通り体験したがそれなりの大がかりな機材を持ち込んで撮影してもお客さんに響かない場合が多く、無駄な労力かな~なんてことが…ま、これもそもそも自己満足のためのツールだったりするんで、一通り自己満足はしたと言える。

可変バリアブルNDが面白い

2014-08-07 07:58:04 テーマ:新機材・新技術

 

SONYPXW-X180に搭載されたバリアブルNDは画期的だ。

1/41/128まで連続可変でNDが掛けられるわけで偏光板2枚を合わせてクルクル回して可変するNDとは構造が全く違うが連続可変が出来ると言うのは便利だ。

何に使うって、やはり絞り優先撮影なわけです。

 

ビデオって基本的にシャッタースピードは固定にしたいところ。1/60にしてしまうと露出は絞りとISOで変えていく形になるがISOは高感度にするとノイズが増えるし低感度には限度がある。結局絞りでコントロールすることになる。

ENGカメラでは露出は絞りで…というイメージだ。大きくは3ステップのNDを入れていくが微調整は絞り。

 

しかしPXW-X1801/3インチ素子なので開放絞りにしたところで被写界深度の映像を撮るのはほぼ無理だ。

将来的なバージョンアップで自動絞りのようにNDも連動して動くようになるらしい。メリットは小絞りボケの防止…くらいか?

気になるのは1/4からのスタート。暗いところの撮影ならND OFFが欲しいのだが電動でこのNDが外れるようになっているのだろうか。

従来のステップNDフィルターも内蔵しているので二重になっているのだろうか…?

ま、そんな荒技ができるのも撮像素子が小さいから。

 

本命はシネスのカメラへの内蔵だ。

C300などもNDフィルターは電動で入れたり外したりできるから多少大型になってもND OFFは組み込む必要がある。

SONYのバリアブルND、実は以前にコンパクトカメラに組み込んでいたらしい。そこで実証実験?して問題ないことを確認して業務用カメラに組み込んだとのこと。

ということは今回のX180もシネカメラに導入する前の実証実験機なのでは?と思ってしまう。1/3素子のカメラに可変NDはあまりメリットを感じないからだ。

FS700の後継機として出てくる可能性が高そうだ。

 

CANONも頑張れ!

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>