1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

続2 NDフィルター

2014-09-02 06:03:13 テーマ:CM制作・技術

 

可変NDフィルター

偏光フィルターを2枚重ねて角度を変えることで連続的に透過率を変えると言う便利ツール。

最初マットボックスを使っていたころ4×4フィルター2枚でやっていた。

しかしマットボックスは嵩張るし重い(~_~;) 使わなくなった。

そこで前玉にねじ込むフィルターを使ってみた。

これもフィルターサイズが大きくなるためフードが使えない。便利なのだが…

それと最も問題になったのがゴースト。

表面コーティングに問題があるのか盛大なゴーストが現れる。特に暗いシーンで明るい光源がある場合くっきりと現れてしまう。

メジャーな映画でもそんなシーンを見かけるのでそれもアリか…と思ったりしたが場合によってはとんでもないゴーストとして見えてしまうのであまり積極的に使いたくない。

ただコントラストの強すぎないシーンではほとんど目立たないので使えないわけでもない。

そこでピーカンの外でF1.2F1.8の開放で撮影したい場合固定のNDフィルターで調整しても2stops単位でしか露出調整できない。

微調整はISOかシャッタースピードで…と言ったことになる。その点、可変NDだと連続可変なので露出調整が実に便利。

 

ということで再登板をしてみた。

ところが長く使っているとフィルターが曇ってきている。

表面はクロスで拭けば綺麗になるが2枚が一体になった可変NDフィルター。どうやって分解する?

見た感じ分解できない?という構造。唯一手前のリングに溝が…ここを慎重に回してみると回るではないか…そのまま外れるかと思いきやネジ構造ではなくいつまでも回っているだけだった(@_@;)

ところがその勢いで中間のネジがゆるんできた。

な~んだ、普通に外れるのか(;一_)

ただ片方のリングは滑り止めも刻んでなく径も小さいので力を込めて指で押さえつけるのは無理。たまたまさっきの溝をピンセットで回していたから緩んだものと…

 

というわけで2枚が分離できたところで内側をふきふき。どうも僅かにカビが発生していたようだ。

そもそもこの可変ND、寿命が短いらしい。7年で交換しないと光学性能が落ちると書いてあった。それであまり使わなくなったのだが…このTIFFENのフィルターも既に数年経過している。果たしてどの程度劣化しているのか?

安くないフィルターなのでそんなに頻繁に買い替える気もしない。

近年発売されたケンコーのバリアブルNDなんかは5万円以上もする・・・・

で、綺麗になったと思ったTIFFENのフィルターを装着してスタジオ内を覗いてみたがボヤっとミストフィルターのようになっていた(;一_一)たぶんカビとか完全に取りきれてないのだろう。
こりゃ使えん(;一_一)

ということで本番にはレンズのフィルター径と同サイズのNDフィルターを注文した。

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

続NDフィルター

2014-09-01 07:36:27 テーマ:CM制作・技術

 

やはり開放での撮影をしようとすると明るさが…

先日そこそこピーカンのロケハンで70Dで撮影したデータ。

50mm F1.2 ISO 100 1/8000秒であった。

 

C100の場合同じレンズでもISO 840が標準、シャッターは1/60秒となるためISO3stop、シャッターで6stops、合計9stops光量を落とす必要がある。

C100には内蔵NDがあるのだがOFF2stops4stops6stopsなのでまだ3stops足りないと言うことになる。

 

そこで前玉にねじ込むNDフィルターの出番になるのだが一応手持ちで82mmND2 ND4 ND6を持っている。これは1stops2stops3stopsなので一番濃いものを付ければなんとかなる。

それでも明るい場合はシャッターとISOで調整するしかない。

 

ところが手持ちのレンズで特に開放で使いたい明るいレンズというと

50mmF1.2 72mm

18-35mmF1.8 72mm

70-200mmF2.8 77mm

24-70mmF2.8 82mm

と、ばらばら。

唯一そのまま付けられるのが24-70mmF2.8だけになる。

そこでピーカン対策に72mm77mmND8を注文した。

これでピーカン時には最初からNDを付けて置きフードも装着できるようになる。

 

iPhoneのアプリに露出計があったので無料版を試してみたがNDの計算が面倒だ。

シネスタイルに合わせた優先順位をシャッター、絞り、ISONDといったものがあると便利なのだが…

 

それより高性能な可変NDが出るのはいつになるんだろう…

AD

歳をとると10年が短く感じる

2014-08-29 05:58:25 テーマ:ライフスタイル
 

 

10年前と言えば鳥取にUターンして今の仕事を開業し始めたところである。

その当時はまだアナログNTSCという難しいテレビ方式でテープベース。

ネットもやっとADSLがこの田舎にも引かれたときであった。

 

今となってはテープって?アナログコンポジット??

でも僕の歴史にはまだ記憶に新しい事柄として残っている。

つまり10年ってついこの間と言う感覚なのだ(^^

 

でも細かく思い返せばこの10年の変化はもの凄く大きい。

当時購入した機器は今ほとんど現役で使ってないと言うほどに変化している。

カメラ、編集機に至っては数世代交代している。

 

ではこれからの10年、同じように変化するか?と思ったときにそれほどでも…と言う気がする。

やはり地デジ政策の波は大きすぎるくらい大きかったわけだ。

4kもそのうち来るのだろうが…

むしろCMそのものが変わっていく可能性がある。

 

とはいえ、地デジになる前のNTSC時代は昭和30年代にテレビ放送が始まって以来大きく変化はなかったわけで地デジも数十年このままで行くものと思われる。

さて、次の面白い変化は何が起こるのかな?

自分から飛び込んでいかないと向こうからは来てくれないのかもしれない・・・

AD

COPENドライブ その後

2014-08-28 06:36:35 テーマ:カーライフ
 

 

なんとも今年の夏は天候不順だらけで晴れの日は数えるほどしかなかった。

それでも晴れた日には数百キロ程度の馴らし運転をしたりして堪能している。

 

初代のCOPENから6年くらいプランクがあるのであまり前がどうだったか記憶が薄い(^^

それでもなんとなくパワー不足?と思う部分が気になる。初代COPENならもうちょっと粘っていたのかな…と。

特にきつめの上り坂では息切れが激しい。

平地でも踏み込んでの加速感がもう一歩…

 

まぁ前の車がランクル100だったせいもあるかもしれない。

更にその前がポルシェBOXSER・・・そりゃ、比べるのは酷だ(^^

まずは「軽にしては」という前置きが必要になる。

 

遊園地のゴーカートのような感じだ。

限られたスペックの中でいかに性能を発揮できるか。

そういう意味では普通の軽の常識からは完全に逸脱している。

普通の軽は所有したことがないのだが、たまに車検時の代車などで借りて乗ることがあるがとにかく踏んでも走らない。

ベタ踏み坂のCMの意味が良くわかる(笑)

あと、安定度。剛性など、やはり価格とサイズ成りなのかと思わされる。

 

ま、そうは言ってもポルシェだって所詮は量産車。何倍もの価格であってもこんなもん?と思える部分はけっこうあったりする。

COPENも軽自動車としてはとんでもなく高い自動車だ。

それでも同じ価格で普通車でここまでできるかと言えば難しいかもしれない。

税金や燃費を考えても日常の非日常を実現してくれるお手軽「ドラえもんのどこでもドア」という感じかも。

 

とにかくもう少し晴れの日が増えてくれないと(;一_)

XF205をC100のサブカメラとして使えるか?

2014-08-27 07:26:15 テーマ:新機材・新技術
 

 

現在C100XF305を使い分けているのだが併用はしていない。

というのもC100はワイドDRガンマで使いたいのだがXF305にはない。となればどちらもノーマルガンマで使うしかなくなる。

だったらXF305だけでいいかな…と思ってしまうわけだ。

 

やはりワイドDRガンマのトーンは素晴らしい。後処理でのグレーディングもやりやすい。

ところがC100の場合はデジイチレンズを使うためパワーズームが出来ない。ズーム倍率も低い。

どうしても代理店さんなどは現場で「ここでズームで寄って欲しいですね…」なんて無茶ぶりをする場合がある。

後処理でデジタルズームもせいぜい1.2倍程度。デジイチのズームを手で動かすととんでもない動きをする。

 

ということでズーム必須の場合はXF305を使うことになる。

時間がなく寄りや引きが頻繁にある場合も高倍率ズームが便利だ。

 

そこでこんな新製品が!

XF205である。最初いつもの小型カメラだな…とあまり興味も持ってなかった。

ところがこのカメラにワイドDRガンマが搭載されているのだ。

ということはC100と同じトーンで撮れる!

と思ったが微妙にカーブが違う。C100800%だがXF205600%

果たしてどの程度の違いが出てくるのか実際の画を比べてみないとわからない。

 

また撮像素子が291万画素で単板。C100は単板でも829万画素。ベイヤー配列を考えるとC100の画素数が200万画素の三板と同等のフルHDになるわけでXF205はかなり解像度が足らないと言える。

記録はmpeg2/50Mbps4:2:2があるのは便利だが・・・
どこかでC100XF205のワイドDRガンマを比べてくれないかな~

というか、SONYみたいな1inch撮像素子にパワーズームを付けたシネ系カメラをCANONで作ってくれたら即買いなんだけど(-)

CM制作は楽しい

2014-08-26 06:54:12 テーマ:CM制作・技術

 

趣味を仕事に…

とはいえ実際の仕事となればクライアントや代理店の要求にこたえるべく理不尽なことも聞かなければならない場面も少なくない。

それでも他の仕事をいろいろ経験した者にとっては実に極楽な仕事現場と言える。

毎回テーマが違う仕事なので絵コンテが来るとワクワクする。もちろんつまらない企画もあるが(;一_一)

 

CMという仕事柄、作ったものが多くの人の目に触れると言うのもやりがいを感じるところだ。

「どんな仕事をやっているんですか?」と聞かれあれこれCMを見てもらうと「見たことがある~」なんて言われると嬉しいものだ。

作品の出来がいいとか悪いとかの評価はほとんどない。CMはメッセージであり芸術作品ではないのだ。

 

そして何より短期勝負で方が付く。

短いものだと1日!? 長くても1ヶ月。

映像をやっているからと番組やVPなどの仕事も問い合わせがあるがほとんど断っているのは仕事のスパンが長いからである。

集中力が持続しないのだ。一旦編集して校正出して修正の返事が返ってくるのが数カ月後(;一_)なんて仕事は全く僕には向かない。

数週間あいだが空くと頭の中にそのプロジェクトのことはすっかり消えているのだ。

そんなゼロからのスタートのような修正を資料を見ながら思い出していくと「また同じようなことやるの~(~_~;)」って感情になってしまう。

 

編集だって15秒なら何十回もプレビューしながら細かいところを修正できるが30分ものだとプレビュー中、さっき見た映像が頭から消えていく・・・つまり脳のキャッシュメモリーが少ないのだと思う。

これは性格的なものなので訓練ではどうしようもない。

長モノ編集しているときはどんなに辛いか…()

 

なので僕にはCMがちょうどいい。

そしてやってて楽しい。
 

珍しくロケ続き

2014-08-25 06:13:33 テーマ:CM制作・技術

 

撮影は好きなのだがロケはあまり…というのも一人でみんなやらねばならないと言うプレッシャーがある。

スタジオでも一人でと言う部分では同じなのだが機材を忘れるとか想定外の条件とか…
そんなことがないのがスタジオ。とにかく何とかなる。

ところがロケともなると天気もそうだし、周囲の状況も刻一刻と変わってくる。予定していたものがNGになったり、遅れたり、聞いてないよ!みたいな人が現れたり… 機材の一部を忘れただけでもロケは成り立たなくなる場合もあるわけで完璧主義とまではいかないが神経質な自分はそのあたりを自分一人で背負ってしまうことにプレッシャーを感じてしまうのだ。

 

まぁそんなことを思いながらも数をこなしてそこそこ慣れが出てくるとそのプレッシャーもそれほど大きなものにならなくなるものだ。

それでもホイホイってわけではない。前もってロケハンもし、機材もあらゆる想定に対応できるようにと多めに持っていき前日までにシミュレーションしておく。

その点、他人のプロジェクトにスタッフとして係わるときの気楽さ(*^_^*)。ま、責任がないわけではないが得意とする分野のみやればいいので気分的には余裕である。

そんなチームプロジェクトで動ける予算のある仕事はほぼ皆無なので結局一人で動くことになる。

 

慣れるしかないな・・・^_^;

4Kは衛星、ケーブルからスタート

2014-08-22 07:53:31 テーマ:新機材・新技術

 

とりあえずウチはTVCMが本業なので地上波の4Kは相当時間がかかりそうなことは想像にかたい。

4kもお手軽カメラなども出てきているので生中継や撮って出しの簡単な編集物であれば4k放送もそれほどハードルが高くなくなってきているようだ。

しかし映画やドラマ、CMなど手の込んだ編集をしようとするとカメラも編集機もいきなり大変な重装備になってしまう。

メーカーは着々と開発が進むであろうが問題はニーズとスピード。

HDのように国を挙げての政策とちがうので4kを手掛けなくても乗り遅れた感は薄い。

かといって4kに飛びついて先行者利益が得られるかと言うと微妙に難しいのではと僕は想像する。

デジタルシネマも一段落の様相、次は何かと探しても4kくらいしか見当たらない昨今。
ちょっとつまんない(*^_^*)

車のシートポジション

2014-08-21 07:25:09 テーマ:カーライフ

 

服や靴って人それぞれに合わせてかなりのバリエーションがあるのに車はこんなにも高価なのに「人の方が合わせろ」的な構造がほとんど。

シート自体は前後上下くらいは動くものが多い。背の低い人はその範囲でも届かず座布団を敷く人も多い。しかしアクセルやブレーキ位置は固定なので足の角度は高くなってしまう。

またハンドルも上下や前後まで動かせるものもあるが僅かしか動かせない。

シフトレバーもATなら操作が少ないからいいがMTともなると常時触る位置にないと大変なことになる。

もちろんインパネなどは固定。

 

シートだってアフターマーケットはあるもののどちらかと言うとスポーツ系シート。座高も足の長さも胴の太さも違う人がなんで一種類のシートだけでいいんでしょう?

これで長時間ドライブはきつい。

僕はノーマルのシートではほとんど長時間座っていられない。シートが柔らかすぎるしランバーサポートの位置が合わないものが多い。

そういう意味ではさすがにRECAROはよく出来ている。ただこれとて全てのサイズの人に向けているわけで誰でもフィットと言うことではない。

 

最近は事務椅子でも高級なものはあらゆる部分が動くように作られている。

そろそろ車のシート、ドライビングポジションも人間工学を重視した設計にしてはどうだろう。

ガンマイクかワイヤレスかアフレコか

2014-08-20 07:43:47 テーマ:CM制作・技術
実に悩みどころだ。
ガンマイクは画角によって近づけない場合クリアな収録が出来ない。
ピンマイクはマイク自体あまり音質に期待できないのと仕込むと余計にコモってしまう。
スーツなどなら露出していても気にならないが女性の服などは非常に難しい。
現場のノイズがどうしようもない場合アフレコにする場合があるが自然に合ったためしがない(;一_一)

つまりロケでの音声収録は常に悩みの種なのだ。
理想はノイズがなく響きがなくガンマイクが近づける画角サイズであること。CMはドラマほどロングの画が少ない。ロングだとワイヤレスしか選択肢がない。

また悩みの一つに喋り手が一人ではない場合。また動く場合。
ベテラン音声スタッフが付いてくれればいいのだがそんな予算のないワンマンオペレーション。
ガンマイクといえどもスタンドに固定して収録する場合がほとんどだ。たまたま手の空いている人に…なんてやってもらってもうまくガンマイクを口元に向けてくれる保証はない(;一_一)

カメラのレンズ選びとともに悩みどころは尽きない・・・

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>