1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

撮影と言う行為

2014-08-01 10:25:59 テーマ:CM制作・技術

 

今更だが写真撮影もビデオ撮影も撮影と言う行為において被写体に興味がわかなければ面白いものは作れないなと…

数年前iPhoneを手にしてお手軽に綺麗な写真が撮れることに感動。

ウォーキングやちょっと近場のドライブでも面白そうな景色、被写体を見つけるとポケットからiPhone取り出して撮影する。

レンズは固定焦点だしマニュアル露出が出来るわけでもないのだがけっこう綺麗に撮れる。もちろんある程度の後処理は必要だ。

HDR撮影したものをトリミング、クロマ、レベルカーブなどで調整する。かといって今流行りのアプリでアート処理などはあまりやらない。あくまでも自然なトーン、プラス印象的な所を強調と言う程度。

 

今までカメラはフィルム時代から色々持っていたが被写体に興味を持って撮影すると言うのは近年になってからかもしれない。

昔はカメラを操作し撮影すると言う行為だけをテクニック追及していただけのような気がする。なので撮った写真も出来上がりを見たら特にちゃんと保管するわけでもなく放置していた。

 

若いころはカメラマンになりたいと思ったこともあるがアマチュアカメラマンしていて思ったのは自分にはアート感覚が全くないなという事実。

前にも書いたが被写体に興味を持って撮影しないので感情移入できないのだ。なのでテクニック的に綺麗風に取れるだけで満足していたわけだ。プロのあの作風に近づける…みたいな。

なのでそれなりの作品は撮れるのだが気持ちが入ってない。ストーリーも感じられない。別に誰に指摘されたわけでもないがプロにはきっとそう見えるに違いない。

 

今の仕事の撮影ではどうか?

仕事で撮影し始めたのは78年前から。CMの撮影なんて自分には…という思いから外注していたが思ったような映像が上がってこないのでこのくらいのことならわざわざお金払って外注せずとも自分でやってしまえ!というのが始まり。

最初はカメラのポジションも迷うし演者さんへの支持もどうしたものか…と試行錯誤。見よう見まねでなんとなくやっていた。

そのうちDSLRが登場してシネスタイルが身近なものに。

大阪で本物のCM撮影現場を見ていたので自分でもやってみようとこれまた独学でいろいろ研究。

 

テクニック的には多少近づけたかな…という感じだが、やはり演出的感性がないため絵コンテのまま撮影してしまう傾向がある。

絵コンテ通りに作るのでとりあえずクレームはあまりないのだが自分的にはイマイチいい映像が撮れたという感じがない(;一_)

そういう意味では完成度の高い絵コンテが来た場合にはそれなりに映像も完成度が高くなる。

だから本来はちゃんとした監督が必要なのだと思う。予算的な問題と地元で育ってないと言う問題…これは簡単に解決できない。

しかたないので真似事でもいいのでいい作品を見て出来るだけ似たような映像を作ってみたいと思っている今日この頃。

 

映像演出と言う意味では全くの初心者なのである。

本当は撮影監督に特化したいのだが…

PR

気分転換は大事!

2014-07-31 06:52:03 テーマ:ライフスタイル

 

サラリーマンと違って自営業なので時間はかなり自由度が高い。

人に使われていると仕事が一段落しても半日ぼぅーっと暇していると怒られる。たぶん()

ところがフリーランスは誰にも干渉されないので半日くらいは自由が効く。

半日だけ?と思われるかもしれないが、やはりそこは末端の請負人。いつオーダーが来るかもしれないという使命感から23日泊まりで遊びに行こうなんて発想にならないのは貧乏性なのかもしれない。

 

そんな短い時間でも仕事以外のことで集中すると気分転換は完ぺきに行える。

そもそも大がかりな旅行とか人と群れるのが逆にストレスに感じる人なのだ。

なので仕事の合間にスタジオを真っ暗にして幻想的な照明と音楽で瞑想する。忙しい時でも30分ほどでリセットできる。

忙しい時は頭が高速で回転している。これを一日続けると非常に疲れるし無駄に効率が悪くなってしまう。そんなとき瞑想で頭の回転をスローに戻すわけだ。

瞑想中にいろんな発想がわいてくる。熟睡しているわけではない。

 

また室内だけでも仕事⇔リラックスは完結出来るが、天気のいい日はオープンカーで自然の中を走る。これがまた違ったリフレッシュになる。

普通にドライブでも…と思われるかもしれないがクローズドボディーの車では味わえない自然との一体感はフルフェイスのヘルメット被ったバイクとも違う爽快感がある。高速で走る自転車感覚?()

 

最近はお酒を飲むことで気分転換ということが少なくなった。

仲間と集まってワイワイ飲むのは好きだが愚痴をきいたり、あまりウマの合わないメンバーと…とかなるとむしろ気を使ってストレスを溜める原因になってしまう。

夢を語り合うような飲み会が減ってしまったのが原因かもしれない。みんな夢を持とうよ!()

PR

久々の屋外ロケ

2014-07-30 05:46:12 テーマ:ブログ


 

まあまあの空模様でオールシーズン向けのCMということで夏のくっきり青空でなくて逆に良かったかもしれない。
出演者には長袖で厳しかったかも…
それでも午前中の早いうちに撮影は終了し、灼熱地獄は避けられた。

あまり得意ではない屋外ロケ。何がって、機材運び。屋内なら建物の横に車を置いて室内に運び込めばそこからの移動は大したことはない。

ところが外ロケの場合、撮影場所のすぐ横に駐車場なんてことはめったにないし撮影場所も一ヶ所で済むことは少ない。

幸いと言うか屋外の場合、人工照明がほとんど使えないので照明の持ち込みがないのは楽ではある。

そのかわりレフ板が必要になる。ディフィーザーなども持ち込みたいが少人数では運搬設営が大変なので使ったことはない。

 

屋外の場合モニター持ち込んでもそのままではほとんど見えない。カメラのモニターには接眼アダプターを付けるので問題ない。

サクサクっと自分の判断で撮る場合はカメラだけなのだがディレクターやスポンサーがいる場合は9インチモニターを持っていく。

屋外ではロングの遮光フードを付けて覗き込むようにして見ると暗室でモニターしているかのようにくっきり見ることが出来る。

 

今回の機材はC100とレンズは24-70F2.8をメインに70-200F2.850F1.2をサブで持っていいった。

三脚は軽量タイプ。モニターとモニタースタンド。

ガンマイクとブーム。レフ板2枚。その他バッテリーセットやマイクケーブルなど細々したもの。

 

現場ではとりあえずロケ車がベースステーションなのでバッテリーの予備や使わないスタンド類、ケースはクルマに置いておく。

それてもカメラセット、モニターセット、レフ板、マイクセットを移動しながら運ばないといけない。

人手が多い場合は手伝ってもらうがひとりの場合は全部自分が運んでいる。

今回はロケ地が公園と言うこともありあちこちで機材を忘れるのも怖いので購入して初めてカートを使ってみた。

まさにこういう時のためという感じ。逆に言えばこういうロケがほとんどないということなのだが(;一_一)


 

 

PR

ミーティングスタイル

2014-07-29 06:04:26 テーマ:CM制作・技術


いつもは数名程度の来客がほとんど。そんな場合は僕が編集デスクに座ったまま手前の3人掛けソファに座っていただく。

スタジオ撮影の時は10人くらい来られることはあるが基本、撮影がメインなのでギャラリーのみが壁に横並びしたソファに座られる。

多い時は出演者も含めて15人くらいつめつめで入ることもある。

 

で、今回はミーティングスタイル。

大勢がミーティングするとなると今までの配置ではどうもちぐはぐ。

ということででかいソファを動かしてみました。

ソファが23、スツールが5脚で10人までいけます。

 

他にも持ってくれば折り畳み椅子3脚、リクライニングチェア、編集用チェア…バラバラですが合計15人は座ることが出来るというわけです。

ま、そんなに集まることはないですが…

刺激不足?

2014-07-28 06:05:28 テーマ:ライフスタイル

 

ここんとこ興味ある新しい機材も出てこないし仕事もちょっとマンネリ化?

まぁそういう波はあるわけで日本経済の動向とも照らし合わせ気分も調整して行かないとな…と思う今日この頃。

あーしたいこーしたいという夢や目標はあるもののきっかけがつかめない。

妄想だけでも十分楽しめる性格なのだが(*^_^*)

 

それでも実現させたときの喜びはひとしおなわけで。

そうは言いながら大きな刺激ではない目標は設定してちびちびと実現しているわけだがイマイチ物足りない(^^

そんな軽いストレスはオープンカーで山道走ればすっきり吹っ飛んでくれるのだが。。

やはり自分的には機材オタクの精神的充実感不足なのかもしれない!?

これだけはメーカーに頑張ってもらうしかない。

 

ただ最近、映像を目指す若い人たちと話をすることが増えてきた。

田舎にいるということで夢もまだまだ小さなものだが外の世界を知ることでもっと大きく夢を見るんだろうなと期待している。

そんな将来のある若人と話をするとこちらも元気をもらえる。

生涯現役! まだまだやりたいことはいっぱい!

ハイビジョン化 【懐古】

2014-07-25 06:37:13 テーマ:CM制作・技術

 

地上波CMSDからHDに変わったのがずいぶん昔のように思えてしまう。

切り替わりと同時にSD機器はほぼすべて処分してしまったので名残りがない分余計過去のことに思えてしまうのだろう。気持ちの切り替えも早い(*^_^*)

 

HD化の時は大きなハードルがあった。VTR300万円以上、HD-SDI出力出来てVTRコントロールできる編集機が300万、その他モニターとかで700万の出費を覚悟し予算を確保していた。

切り替わりが始まっても一気にSDが使えないわけではないので様子を見ていたが都会でもなかなかHD化は進まなかった。

東京大阪などではCMのマスタリングにはHDCAM-SRを使い編集機はクォンテルやディスクリートを使っていたので設備投資は何千万と言うレベルになるためだ。

実は700万のHDシステムでも画質は大して変わりはないのだが…(~_~;)

 

様子を見ているとファイル搬入の開始という情報が舞い込んできた。

当初は具体的にシステム提示はなくDVD-RなんかにCanopusHQのファイルで納品で来たりネットで送れたりするんだろうかとワクワクした。

とにかくテープ納品に比べると劇的に安いシステムで完結できるだろうと。

具体的な形になるにはけっこうな時間がかかったが結論としてXDCAMが主流となった。

 

HDCAMテープ納品だと700万の予定だったのがXDCAMだとデッキが35万、PCは現状のままで可能、メタデータ作成ソフトは市販品が数十万あるいはターンキーシステムと高価だったのでオリジナルを作ってもらった。

編集ソフトの対応はバージョンアップ程度で出来たためトータル50万円程度だろうか…安っ!

 

先行してHDCAMを導入してしまったところには同情してしまう。

初期投資だけでなくメンテやランニングコストを考えてもXDCAMの方にメリットが多い。画質的にも…

こういった設備投資は時代を読まないと大きな失敗をしてしまうことになる。

かといって高価な機材は導入しない。とかよその動きを見てから・・・とか言ってるとビジネスチャンスを逃してしまいかねない。

ちょっと前は3D、デジタルシネマ、今は4kブームだがとりあえず飛びついてみたのはデジタルシネマ。これは正解だった。

とはいえ、勉強代としてDSLRで失敗した経緯もあるが(;一_)

 

次は・・・ まだ見えない(*^_^*

4kをHD制作に使う?

2014-07-24 06:35:02 テーマ:CM制作・技術

 

いろいろと4kを使っているワークフローをwebで見かけるが巨大なデータに苦労をしている様子がうかがえる。

特にRAWともなると桁違いで、予算と時間のある映画かカメラメーカーがバックアップしている制作物くらいではないだろうか。

4k上映になれば4k2kで撮影した素材の違いは顕著だろうがHD仕上げの場合は細かく観察しないと違いがわからない程度ではないかと思う。

そのためだけに4k撮影HD仕上げは今のところ効率が悪いと言わざるを得ない。

もちろん4k仕上げも露出が少な過ぎてビジネスとしてはまだまだと言う感じ。

 

しかしスターウォーズも初期の作品はビスタカメラで撮影して出来るだけフィルム面積を大きくし合成処理の画質をキープしようとしていた。

こういうことからも特殊効果を施す制作カメラは情報量が多いに越したことはない。

しかしバブルじゃあるまいし70mmフィルムを使うようなもので4kはオーバークォリティーと言えなくもない。

 

35mmフルサイズ一眼に対してAPSサイズは約1.5倍、70%という2倍の中間サイズになる。

だとすれば2k4kの間に3kがあってもいいじゃない。と思うわけだ。

データ量は2kから4kだといきなり4倍になるが3kだと2倍程度。

画素だけでなく色情報もRGBにしたいしピット深度もせめて10bitにはしたい。

となれば2kから3kでも45倍になってしまう可能性はある。これが4kだと更に…

 

マシンスペックによるが現状100Mbps程度の映像はサクサク動くものは多い。

さすがに4kがリアルタイムに動くマシンとなると相当のスペックが必要になるのではないだろうか。

とりあえず3k200Mbps程度の記録はどうだろう。

 

・・・・

と、ずっと思っているがさすがにこの手の特殊効果をベースにした制作者が少ないのか作ってくれるような気配はない(;一_)

それでも言い続ければ誰かが見てくれるかもしれない()

お手軽シネカメラC100

2014-07-23 07:36:04 テーマ:ブログ

 

C100導入して一年半ほどになる。

今のデジタル時代だとそろそろ新型?と考えてしまうくらい変化が早い。

XF305と二台体制でやっているが使用頻度はC100の方が多い。XF305はクロマキー撮影に使うくらいだ。

 

10年前ではC100のようなシネカメラを僕のような個人プロダクションで運用するなんて想像もしなかった。

放送局で使っているショルダーカメラでもとても・・・という感じだったので当時のシネカメラと言えばシステムにすれば軽く1000万円越え。

技術的にも実にハードルの高い世界だった。

 

それが100万円以下で揃えられてワンマンオペレーションでも使える。そして当時のシネカメラより高画質?・・・(;一_一)

もちろん使いこなせる腕があっての話だが試せるだけでもありがたいと思える。

そしてEFレンズが使えると言うのが大きい。F1.2なんてシネレンズではとんでもなく高いのだがEFレンズなら何とか手が届く。

 

C100の凄いところと言えば「ワイドDRガンマ」が大きい。

撮像素子の捉えるワイドダイナミックレンジのデータは一般的なビデオダイナミックレンジには収まりきれない。そのため圧縮して記録するのだが戻す際余裕があるのでカラーグレーディングなるものが流行ってきた。カラコレの延長線なのだが積極的な色作りが破綻なくできる。

そのためにRAWLOGが出来ているのだがCANONはお手軽なC100に圧縮したままでもそのまま作品に使える「ワイドDRガンマ」を作ってくれたのだ。

つまりRAWLOGでは見せられる映像に辿り着くまでひと手間もふた手間もかかる。これを省こうという考えだ。それでもワイドダイナミックレンジは犠牲にせず。

Canon Logではそのまま使うと眠すぎるのだ。こちらは戻すことを前提に作られている。

 

シネカメラにAF? 映画の現場ではカメラの横にフォーカスマンが付いておりフォローフォーカスを使ってピン送りをする。

シネカメラは撮像素子が大きく大口径レンズを使ったシャローフォーカスを多用する。そうなると被写界深度が極端に浅くなりAFでは追従できない場面が多い。

C100では後付けバージョンアップではあるが「デュアルピクセルCMOS AF」を設定。高速でAFでき迷いが少ないのはいいのだがAFエリアが中央部固定と言うことで使いどころが限られてしまう。万能ではないがこういったチャレンジには好感が持てる。

 

そして、今やデジタルカメラには常識となってしまった高感度。シネカメラは撮像素子が大きいためさらに有利。

AVCHD記録もカラーグレーディングにはもの足らないがお手軽シネカメラと言うポジションとしてはアリなのかと思う。長回ししてもデータが軽い。ただ選択として高画質モードも欲しかった。外部レコーダーは運用的にリスクが多いためお手軽C100には似合わないのだ。

 

田舎の観光地

2014-07-22 07:01:47 テーマ:カーライフ
 
 

オープンカーに乗って地元をあちこち走ってみて思うこと。

自然が多いのはあたりまえ。

あまりに自然に埋もれてしまうので人工物が懐かしい。

 

田舎街にはビルもなければ大きな駅もない。

木造住宅が立ち並び駐車場と道路ばかりが人工物。

そんな中、観光地は少なからず人間の手が入った人工物といえる。

砂丘や海岸も自然を活かしたと言えるがその周辺の道路も整備され駐車場が出来、標識や案内看板が立てられる。

賑やかな観光地だと土産物店やレストランもある。

何よりも見せ場の自然が綺麗に清掃され整備されているのがいい。

 

都会の人は自然がたくさんあっていいというが、田舎に住んでいると360°山と緑なのだ(*^_^*)そしてそれは林業だったり雑木林だったり、決して見てもらうためのものではなく毎日目に触れていると何の感動もないわけで…

歳を取るとそれでも季節の変わり目でそんな何の変哲もない山にもわびさびを感じるようになったりする(*^_^*

ただ刺激にはならない。

やはりたまには地元といえど観光地に足を運び非日常の自然を見るのもいいものだ。

 

大阪からUターンして10年になるが、もう大都会のゴミゴミしてうるさい環境に戻りたいとは思わない。

最初12年は多少思ったが^_^;

の~んびりやっててもけっこう楽しく生きていけるものなんだなぁと・・・・

そんな田舎でオープンカーに乗って近場をドライブするのは実に楽しい♪

 
 

CINEMA EOS C200 ?

2014-07-18 07:36:27 テーマ:新機材・新技術

 
  


ENG
系カメラの方ではXF305XF105の間のXF205という新製品が発売される。

ということはCINEMA EOSC300C100の間に・・・と期待してしまう。

ただC300C100は価格は大きく違うが機能性能にあまり差がない。

この差のないところに間に入れるのは厳しいかな?(^-^)

 

C300をマイナーチェンジしてC330あたりとしてXAVC記録内蔵なんてのはどうだろう。

4k祭りも一段落してそろそろ完成度の高いHDシネカメラが欲しいところ。

制作カメラなら2.5k 3kなどという一回り大きな画像からのトリミングが出来るとありがたい。

AFも中央部固定ではなくタッチパネルで指定できるタイプ。

となれば外部モニターは無線化。

 

そんな楽しいカメラが出てきてくれないかなぁ・・・♪

レンズはEFで揃えてしまったのでSONYには期待しません(;一_)

 

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>