スローライフでCMプロダクションinとっとり

テレビCM専業のワンマンオペレーションプロダクション。
クロマキースタジオ、ロケ車、特殊効果編集、NA録音、完パケ製作。
趣味が仕事なのか、趣味を仕事にしているのか曖昧。好きなことやって金儲け。
そんな仕事的コラムはかなりマニアックだったり…

NEW !
テーマ:

「何を始めるか」のつづき。

習い事とか旅行とか他人と群れることは大嫌いだ。なのでひとりで楽しめること。

そんなところにモノづくりという原点があるのかもしれない。

昔は何でも手で造るという作業の伴うものが多かったがコンピューターが登場してからキーボードとマウスだけで何でもやってしまうと言う流れになってしまった。

3DCG、デジタル特殊効果なんていうのはデスクにかじりついてないと何もできない。そんな座りっ放し人生が20年近く続いたのだ。

それでもCM撮影の立ち会いなどで現場を見て何か動く仕事もやりたいなと自分でモーションコントロールカメラを設計して部品を集めて加工して作り上げ、コマ撮り仕様の3DCG連動撮影システムを完成させ仕事としても受注していた。

このとき、電気配線、プログラム、金属加工、撮影スタジオの改造、照明器具まで自作するため工作機械も一揃え持っていた。

 

さすがに今そこまでのことをする気力はないが昔やっていたと言う自信は残っている。

そう思い、その当時の部品を使ってターンテーブルや電動スライダーを作ったりもしたが使う場面もほとんどなく今はホコリを被っている。

そう考えると、やはり仕事に使えるものでないとやりがいを感じないのも確かだ。

つまりプラモデル作っても何の楽しみも感じなくなってしまったと言うことである。

 

ただ開業当初は資金も少なく、業務用機器の既製品をバカバカ買う余裕がなかった。そのため出来ることは自作しようと奮起していたことは確かだ。スタジオ設備でも天井照明、電気配線、吸音設備、遮光カーテン、クロマキースクリーンなど全部自分で施工した。

それなりに昔取った杵柄で素人に毛が生えた程度のクォリティーではあるがコストはひと桁安くできている。

しかしそれなりに回ってきた今となっては自分で作るより買った方が楽と思うようになってしまった(;一_)

小銭が出来ると人間やる気までなくしてしまうのかと・・・

 

そういいながらも新しい機材の導入に関しては貪欲で、いろいろ勉強しては新機材導入を検討している時が私服の時だったりする(*^_^*

そう、つまりネットでポチるだけで新しいものが手にできる時代なのだ。

ホームセンターに足繁く通い手に傷を負いながらいくつも失敗を繰り返し作って行く楽しみはどこへやら~^_^;

何年前になるだろうか。スライダーが世になかった頃、自作でいろんなスライダーを作ってはテスト撮影して「使えん!」とバラしてまた次の設計・・・そんなこともあった。

ターンテーブルもリモコン雲台を流用してみたり、大型のステッピングモーターで人が乗れるサイズのものを作ったりと・・・

今なら欲しければ・・・いや、仕事でニーズがあればすぐにポチッとしてしまうだろう。それだけいろいろなものが世に出てきたというのもある。

やはり手造りには限界があるなぁ・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
石橋叩き人生最大のテーマ「老後」も最低限+α程度の目処が立ってきた。ま、予測付かない事故や病気までは手が回らないが・・

で、そろそろ刺激を求めて新しいことにチャレンジしてみるのもいいなと。

今年56歳、さんまでも還暦であの元気!見習わねばと思うわけだ。

幸い、トライアスロンするほどの体力はないが毎日近所の城山までウォーキング出来る程度の体力は付いてきた。もともと運動嫌いだったのである意味快挙^_^;

 

今から何始めると言ってもゼロから新しいことやるなんて発想はない。今までいろいろやってきたわけだからその延長線上で考えている。

基本、モノづくりベースである。親が看板屋やっていたせいもあっていろんなことを手伝わされいろんな技術を習得した。デザイン学校で働いていたときにも先輩からいろんな技術(工学系)を教えてもらった。大工仕事、金属加工、筆を使っての看板書き(今の時代不要な技術(;一_))、そこからのグラフィックデザイン、コンピューターグラフィックス、写真撮影、ビデオ撮影、デジタル特殊効果、デジタル編集・・・といった展開。

 

まぁ、現状でもCM制作のポスプロ部分を一人でやっているのでけっこう多くの分野に渡っている。撮影・照明・音声・編集・特殊効果・・・

理工系のモノの考え方がベースになっているのでどうにも文化系的作業を苦手とする。

企画が不得意というのはけっこう致命的だったりする。

ぽっとアイデア程度のことは思いつくが展開して表現するまで至らない。

グラフィックデザインもやっていたが今考えるとクリエイティブなデザインというよりビジュアルオペレーションだった気がする。そもそも当時のデザインはPCではなくすべて手作業だったのだ(@_@)

 

で、何をやるのか? まずそれを考えることから始めよう()

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
C100MarkⅡのAFが高性能になってかなりストレスは軽減されたが100%ではないというリスクが伴う。

となれば合焦した後でもちゃんと合っているかの確認はしたい。

C100はいろいろフォーカスアシストの機能が揃っており3倍拡大(ジョイスティックで移動可能)、ピーキング(感度調整可能)、コントラスト波形表示などである。それぞれにメリットデメリットはあって自分の場合、視力低下もあって3倍拡大ではほぼ視認できなくなってしまった。もちろんメガネでもかければ問題なく見えるのだが撮影は基本裸眼で行っている。遠近両用のメガネなども機材ボックスには入れているが手間を考えて使っていない。

 

ピーキングはあくまでも目安でありAFの合焦確認には使えないと言っていいだろう。ラインが表示される幅がある程度あるのでMFでピントリングをフォローフォーカスで微妙に動かしながら一番太くなる芯を見つけるといった使い方が本筋だろうか・・・ワイドレンズだと全部にラインが付いてしまいパンフォーカスか?と思えてしまう(;一_一)

コントラスト波形はピーキングより安心感はあるがこちらもフォーカスを前後に動かしてグラフの動きを見て芯を探るという使い方。しかもこのグラフ表示をするとWFやレベルメーターを表示できない。

 

うちの撮影スタイルではほぼどんな撮影でも9インチモニターを持ち歩くのだが、このPanasonicBT-LH910G、拡大表示がドットバイドットが最大。つまり1.5倍程度しか拡大できずフォーカス確認には至っていない。しかも中途半端なサイズのため拡大したまま忘れることもあり使わないようになってしまった。

 

以前SONY FS100では248倍まで拡大することが出来た。モニターの解像度は低かったがこれだけ拡大してくれると充分フォーカスの確認が出来た。ただボタンを押すたびに2481倍とループになっているのでワンタッチで戻すことが出来ないと言うもどかしさがあった。C100では3倍?モニターサイズから言うとちょっと物足らないわけだ。メニュー設定でもいいから10倍近く拡大できるとありがたいのだが・・・

 

まぁ、そう言いながらもAFに頼っていると言うのが現実で完全に外れていないかチェックするためピーキングを併用という感じ。

外部モニターでお手軽に10倍くらい拡大できるものがあれば欲しい気もするが・・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

露出を決めるのは絞り・シャッター速度・ISO感度・NDフィルターがある。

単に適正露出を合わせるだけなのになんでこんなに?と思う人も多いだろう。

それぞれに調整して行くと画質に影響を及ぼすため適材適所で撮影者が決めていかねばならない。

フルオートに任せるのは急ぎの時か素人か・・^_^;

 

大口径レンズで被写界深度の浅い映像を作りたい場合絞りは開放近くを使う。なので露出調整には使えない。

シャッタースピードも動きの速い被写体などを撮る場合は高速シャッターを使い辛い。

ISOは感度を上げていくとノイズが発生する。

つまり開放絞りにすると明るく撮れることになるのだがシャッターは上げたくない、ISOを下げるとダイナミックレンジが狭くなる(C100)、ということでNDフィルターを使うことになる。内蔵ND2stop単位なので微調整がしにくいしMAXにしても明るいところでは間に合わない。

なので可変NDフィルターを使いたいところだが表面コーティングが良くないのかゴーストが出やすいのが難点。

暗い部屋で明るいLED時計などが写るとくっきりとゴーストが見える。ということは明るいところでの撮影でも少なからずゴーストが出ていると言うことだろう。

 

そんなこんなでシャローフォーカスでの撮影ではまずレンズに8×か16×のNDフィルターを装着して内蔵NDで大まかな調整。あとはISOとシャッタースピードで微調整といった感じた。

そう考えるとISO感度も高感度の方はどんどん進化しているのに低感度の方はなぜ高画質にならないのかが不思議?

フィルム時代はASA64とか25なんてフィルムは超高画質なフィルムだったのに・・・(;一_一)

メーカーさん、ISOの低感度、画質劣化なしにもっと設定できるように開発してくれませんかね。

そうすればNDフィルターもほほ必要なくなるんではないでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

昔は撮る被写体がなかったので風景を撮っていた。

しかし今考えるとその当時、風景に興味などなかった。

ただカメラを使って写真を撮ってみたかっただけのような気がする。

たぶん篠山紀信のように女性の写真を撮りたかったのだろう。

しかしそんな仕事が周りにあるわけでもなく、目指していたわけでもない。

目の前にある様子を時間とともに切り取り後でじっくり観察できる。写真やビデオの魅力はそんなところにあった。

 

今では映像を仕事にし、CMとして女性もタレントも撮ることがある。

あくまでも目指していたわけではない。今でもカメラマンとして仕事を受けることはない。

仕事ととしてCMを作り上げるため予算とスタッフが足りないので自分でやっているだけなのだ。

ま、篠山紀信のようなことをやってみたいと言う若いころの夢は少し叶っているかもしれない()

 

動画は完全に仕事の時しか回さない。

撮るんなら静止画より動画でしょ!と思われるかもしれないが撮った後の処理が面倒だからだ。

動画は一覧性がないしデータ量が多い。視聴するにも・・・ま、今ではスマホでも動画は簡単に見れるが・・・

つまり編集しないと撮ったままの映像なんて見る気がしないのだ。

 

その点写真はお気楽でいい。

もちろん撮影するのはほとんどスマホだ。撮った後にも画質調整やトリミングで簡単に加工する。ちょっと前まではパソコンに取り込んで処理していたが今やスマホで何でもできる。

写真が楽しくて撮っているわけではない。

ほとんどSNSに載せる為の撮影が多い。

ま、リア充ではないのでイベント事はほとんどない。何でもない日常の記録なのだがボケ防止の日記である^_^;

昔の写真を振り返ってみることもない。

単なる足跡である。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
広いオフィスを超広角で視点移動。当初はスタビライザーを使ってみようかという提案もあったが安定した撮影に自信がなかったので却下^_^;

スライダーではストロークが70cmなのでせいぜいデスク一台分の移動しかできない、。

ということでレールドリーは特注レール2.5m2mを手造りジョイントで4.5mにして使った。

LIBECのレールドリーは両端を巾木で抑えるタイプなのであまり延長すると幅が安定しない。ドリー自体は3本足のうち一本がフレキシブルにスライドするのである程度幅がずれていても安定して動かすことが出来る。

ただどんなに精巧に作ってもジョイント部分に段差が出来てしまいドリーのタイヤが通過する時カクカクっとカメラが動いてしまう。

ワイド撮影だとほとんど映像に影響はないがカメラを持つ手に振動が伝わるのであまり気持ちのいいものではない。

そのため一本モノのアルミパイプを特注している。

 

ドリーの脚が90cmくらいあるので実際の移動ストロークは3.5mいや、巾木やスタートストップ部分の余裕も考えると3mくらいの移動となる。

CMで使う23秒のカットで一部早送りしながら見せる移動としては充分な長さだ。

カットが多く、一部80cmスライダーで撮ったものもあるが、やはりストロークが短すぎて早送りでは使えなかった^_^;

 

ジブアームも使用。基本は上下動で広いオフィスを俯瞰で見せると言う使い方。

当初、レールドリーとの組み合わせも考えたが場所移動が大変になるのでタイヤドリーにした。

これとて、オフィスのドア幅をストレートに通過できず回転させながら通過させたり場所によってはバラして移動という状況もあった。

こうして水平移動と垂直移動の撮影を10数カット。23人のスタッフで移動させていったのでなんとか体力的には一日持った(;一_)

やはり大型特機は頭数が必要ということをひしひしと感じた。

一人運用の時は120cmスライダーだけにしよう。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
予想通りというか、いまいち盛り上がりに欠ける4K

メーカーは売りたいので大型はほとんど4Kで出してきており価格も差がないので消費者は店員の勧めるまま4Kを買っていく。

なので販売台数比率では4Kは圧倒的ということになる。

 

しかしこれは3Dの時も同じだった。

どうせ買うなら価格も差が少ないし多機能のものを・・・というのは一般的な発想。

しかしコンテンツが揃わない。

4Kテレビ買ってわざわざ4Kを見られるようにしても果たして見たい番組なのか?

 

つまりは、地デジのように普通に見ている番組が全部4Kにならない限り4Kが普及したというイメージにはならない。

趣味で好きな人だけが特別なコンテンツを鑑賞するだけに4Kを見ると言うことになってしまう。

地デジは4Kにはならない。

もしかするとBDCSを全部4Kにという流れが出てくるかもしれない。

それでも地上波ほどの視聴者がいない。

 

どうなるんだろう?4K・・・

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

日本でもトップクラスの全てが小さい県なのだがいい面も悪い面もある。

やはり静かなのは嬉しい。

経済的にはかなり動きが悪い。

 

そんな中、都会でやっていたCM制作なんぞを田舎向けのみにやっているのだがメリットやデメリットや・・・

メリットは競争がほとんどないため安定して仕事が入ってくる。独占状態と言えば言い過ぎになるがそのくらい競争が少ない。

ということは他社と比較されることも少ないわけで、よりいいものを作らないと生き残れないといった危機感が少ないのはいいのか悪いのか^_^;

クライアントもそこそこで妥協しているのか・・ま、全国版の作品見て同等のものを作りたいと言っても見積もり見て愕然とするだけなのだが(笑)

 

で、CMに対しても広告効果をどれだけ期待しているのかというと実際はそれほどでもない。これは全国的にもそのような傾向にあるのだがローカルの場合紙媒体にかなり押され気味なのだ。放送エリアと視聴人口、放送料金のバランスが微妙に悪いらしい。

効果が少ないのなら放送料金下げればいいのにとか思うがそうもいかないのだろう(;一_)

そんなわけで先細りのローカルCMだが少人数で効率的に制作していると何とか飯が食えていくくらいの仕事量は確保できている。

 

こちらとしても安定しているのなら現状維持でいいじゃん!というところだが、技術者とクリエイターの中間にいる立場。多少の向上心は持っているわけだ。

そこで色々機材を充実させ毎年のように更新して行くわけだが1人での制作に限界を感じる今日この頃。

かといって人を雇うほどの仕事量があるわけではない。機材のように必要なくなったから買い取ってもらうと言った軽い気持ちで人を雇うわけにもいかない。

 

そういう意味で都会ではそのような使い捨てというと言葉が悪いが、必要な時に必要なだけの人材を調達できるのは羨ましい。

機材にしてもめったに使わない機材はレンタルという手が使える。

 

つまりローカルでは仕事の絶対量が少ないため人材も育たないと言うことなのだ。

良くもあり悪くもあり・・・

ま、ポジティブに捉えましょう()
 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

実に面白いマシーンで、利用範囲も多いだろうが現状ではあまりにも無防備で危険極まりないとしか見えない。

軽量にするためプロペラは露出しているし筺体も軟弱なケースに包まれているだけなので小さな鳥に衝突する程度でもダメージを受ける。

そして無線操縦も低予算のものは安全性が確保されておらず簡単に操縦不能になる可能性がある。

 

しかしこれらは普及させるためメーカーが取った設計であり、今後いろいろ法整備も含めて規制が強化されればもっと安全なツールと進化して行くのは確実だろう。

そんな進化途中の飛び道具をあえて使う気にはなれないが、それでも使いたいと言う人がいないとメーカーも売れなければ開発費用も捻出できないわけで痛し痒しである。

 

こういった無人機での事故は今に始まったわけでなく農業用無人ヘリで死者を出したと言ったニュースを聞いたことがある。大型になると事故った時も大きい。

かといって入門機でも人に飛んできてプロペラが目にでも当たれば失明でもしかねないし驚いて崖から落ちるなんてこともあるわけだ。

人がいない所で飛ばせばいいなんて言う人もいるが無線が効かず暴走することを考えるとバッテリー片道分の半径に全く人がいないことを確認できる場所があるだろうか・・・

とにかくコントロールできなくなった無人機が何をするかは全く予想できないわけだ。

 

凧や紙飛行機だって事故は誘発できる。

気にしだしたら何もできなくなる・・・という意見もあるが、とりあえず現状のドローンはちょっと怖すぎると・・・(個人的感想です)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 

久々にジブアームとレールドリーを使ったのだが広いオフィスをタイムワープ使って早送りとスローで見せて行こうという表現。

レールは2.5m2mを手造りでジョイント。LIBECのドリーはレール幅に対して余裕がある程度あるので適当に延ばしても使えるのがうれしい。ただジョイント部分はどうしても僅かなカクツキは出てくる。シビアな商品撮影などには注意が必要だ。

 

しかし通常の撮影では移動距離70cmのスライダーでも充分だったりする。

ただ三脚一本では保持が出来ず、40cmくらいが移動の限界。これを超えると三脚が微妙に傾き水平が狂う。

そのため三脚二本で支持するのが安定した撮影が出来る。ただ設営や移動が大がかりになる。

だからといって40cmバージョンだと移動距離は30cm1mくらいの近距離の被写体くらいでないと効果は見えない。

 

うちの撮影パターンはどうかと分析してみるが、やはり様々。

ただ80cmものを何回か使ったが、ウチの場合車移動がほとんどなので120cmのものでもどうせ三脚二本立てなら運用は変わりがないだろうと言う結論。大は小を兼ねるの典型である。

なので120cmを注文した。とはいえ、フルセットで買うのはもったいない。

セットだと\48,000。レールだけだと\16,500。ケースは必要なので\6,000。約半額で120cmに変更できるということだ。

同時に使うことはないのでバージョンアップという感じ。こういったシステム販売はありがたい。さすがLIBECさん(*^_^*

 

で、三脚二本での設営だがメーカーの写真ではスライダーとの取り付けを75φボールにしている。

確かにがっちり固定されるが付け外しがけっこう手間なのだ。また高さ調整も三脚の脚をそれぞれ調整しないといけない。

そこで手持ちの機材で設営を簡単にしたのが写真のスタイル。

三脚とスライダーの合体はLIBECのクイックリリースアダプター。

まずALLEXの三脚に片方をカチッ。これはスライドでなく斜めからはめられるので便利。ただこの状態ではレールが重すぎてすぐ傾くのでもう一方の三脚も準備はしておく。

 

もう一方のものはマンフロットの単管カーボン三脚。ボールではなくセンターポールに水平機能を組み込んだ変則的な三脚。

足の伸縮がやりやすいのと高さ微調整にセンターポールが使えるのが決め手。これに三脚ヘッドではなくクイックリリースのペースだけを取り付けておく。

もう一方のクイックリリースにマンフロットの三脚を合体。水準器を見ながらセンターポールを調整してあとは各ロックを締めて行く。

 

いろいろ試してみたがこの方法が比較的楽な設営と言える。とはいえ数分かかるので三脚持ってきて水平取って、さっ撮影・・・といったプロセスではない。もちろんレールドリーだと素早くやっても510分はかかる。

カット数が多い場合はこの時間が惜しいわけだ。


いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇