http://stat100.ameba.jp/ameba_meister/emblem/js/meister_square_140.js">

いつもこのブログを読んでいただき、ありがとうございます。


このブログを読んでいただく上で、次の事を御了承下さい。




・このブログへのコメントは承認制です。承認しないと表示されませんので、御注意下さい。


・アメンバー申請は、一定期間以上コメントやメッセージ等で個人的な交流のある方、またはいつもこのブログをお読みになっている方等に限らせていただきます。


また、承認した方でも、一定期間以上交流のない方は、削除させていただきます。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村




初代ナビゲーター・マミズフグの「殿

$おふぐな日々
3年前の12月15日に、天国に旅立ちました。



掲載画像・イラストの無断転載・加工・コピーは禁止します。

$おふぐな日々



$おふぐな日々


みんなで見よう、被災地の現状と現実↓↓↓


『たびたろう』~ヒッチハイク旅VSアルコール太朗~(「一緒に一人旅を」)









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年04月12日 16時00分00秒

空に舞う華麗な花

テーマ:趣味
こんにちはー!


このブログのナビゲーター・ゆるすぎるキャラの『トノ』です!



↓ランキング参加してます!ポチポチっとクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

↓携帯電話からの方は、こちらもポチっとお願い致します!
人気ブログランキングへ


甘えん坊将軍・マミズフグ磊(らい)ちゃん
ふぐぺそ邸に来て、2年5ヶ月と2日目の磊ちゃん。


そして、フグ友さんちから引っ越して来て、今日で1年11ヶ月と8日目のコクテンフグのお嬢さん天ちゃん


そんでもって、ふぐぺそ邸に来て、6ヶ月と15日目のベタサブちゃん





「この前、ふぐぺそ邸に蜂が1匹入り込んでいたらしいわね」


「そう、ふぐぺそ氏居間の窓際に置いてる観葉植物に水やりをして、受け皿にたまった水を捨てようと持ち上げたとたん、鉢の下から大きな蜂がブーンと飛んで来たんだって」


「スズメバチでなかったので、一旦避難してから殺虫剤で退治したらしいけど、窓とか開けないし、洗濯物も外に干さないようにしてるのに、どこから入って来たんだろうと首をひねっていたわよ」


「ふぐぺそ氏、昆虫ダメで、特に毒を持った虫はほんとにダメなんだよね」


「そう、私達がいるから、殺虫剤も下手に使えないので、毎年虫対策には苦慮してるらしいわよ」


「誰かふぐぺそさんに、虫が怖くならない方法を教えてあげて欲しいね」


そんなこんな、春は嬉しいけど、虫が出て来るのがどうしても嫌なふぐぺそ氏ですなの。

ところで最近、磊ちゃんがあまり餌を食べなくなりましたなの。
「お腹空いた~、ごはん~」って要求して来るのも3~4日に1回くらいで、今朝もアサリをあげたけど、1口食べて逃げて行きましたなの。

でも本人(本魚?)は元気だし、大人になればかえって毎日餌をあげない方がいいようなので、まだあまり心配してないんだけど。


天ちゃんも、このところ餌を食べる量が少ないです。
抱卵したら困るので、かえっていいかと思っているけど。

生き物を飼っていると、色んな事が心配になるなあと思うふぐぺそ氏なの。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

桜とカワラヒワ
先週、かなり花が散ってしまった桜の木にカワラヒワが止まっていて、物凄い勢いで毛づくろいしてましたなの。









ヴェルニー公園の不気味な生き物
先週の夜勤の帰り、ヴェルニー公園を海を眺めながら歩いていたふぐぺそ氏。
ちょうど引き潮だったんだけど、そこに今迄見た事がない不気味な生き物発見。

体長20~30㎝あって、のろのろと動いていましたなの。

ネットで調べてみたら、これは巨大アメフラシだそうですなの。

そのそばを、横幅50センチくらいの、子供のアカエイが通過。


更に、横幅30㎝くらいの、赤ちゃんアカエイも通過。

アカエイは、ふぐぺそ氏大好きですなの。

そして更に行った所で、もう1匹同じくらいの大きさの巨大アメフラシ発見。
先の奴とつがいなのかな。

YouTubeには、触った感触が気持ちいいと、触りまくってる動画がありましたなの。
ふぐぺそ氏は、すぐそばにこんなのがいても、触る気にはなれないなあと思いますなの。
このアメフラシ、体全体をヒラヒラさせながら泳ぐそうですなの。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今日は4月12日日曜日。
ふぐぺそ氏、昨日今日と連休でしたなの。

最近、下半身の関節痛(股関節・膝・足首)が悪化してますなの。
関節って、1度痛めるとなかなか治らないんだよね。
肩と両腕も痛いけど、特に夜勤明けと次の休みの日は、足首とかが痛くて夜寝る時も、足の置場がなくて辛いですなの。

ふぐぺそ氏の場合は、仕事で酷使してるのと、加齢も原因だと思うけど。

お年寄りなんかは、よくそれで湿布を貼りまくっていたりしてるけど、はっきり言って加齢や酷使による関節痛にシップは効かないだろうと思って、ふぐぺそ氏は一切湿布とか痛み止めとかは使っていませんですなの。

介護の仕事を引退した時、どれだけ自分の体がボロくなっているんだろう。

年を取るって事は、体の痛みとの闘いでもあるんだなあと、最近己の体の老化を実感するふぐぺそ氏なの。


ところでふぐぺそ氏、昨日はまた遠出して来ましたなの。

雨降る中一眼レフ持って、朝5時前に家を出て、品川から新幹線に乗りました。

昨日は行きも帰りも、静岡辺りは天気が悪くて、富士山は全く見えませんでしたなの。

そして名古屋で、特急ひだ3号に乗り換えて、美濃太田駅まで行き、


美濃太田駅で今度は長良川鉄道に乗り換えましたなの。


この長良川鉄道、初めて乗ったけど面白い電車でしたなの。
2両編成なんだけど、そのうちの1両しかドアが開きませんなの。

ふぐぺそ氏は乗る前に切符を買ったんだけど、そうしなくても後ろのドアから乗って整理券を取って、降りるの時に出口に車掌さんがいて、

そこで精算する事も出来ると言う、なんかふぐぺそ氏の地元のバスのようなシステムの電車でしたなの。(バスの中に車掌さんはいませんが)
切符を買っておいた場合も、降りる時に車掌さんに渡しますなの。

で、ローカル線らしい珍事が。
乗ってしばらくしてどこだかの駅で止まった時に、周りの乗客のみなさんがいきなり騒ぎ始めたのですなの。
「みなもちゃんだー!」
「みなもちゃんがいる」って。
「滅多に出会えないのよね」って。

え?え?みなもちゃんって誰?アイドル?芸能人?
ふぐぺそ氏だけ「みなもちゃん」が誰だかわからないまま、周りのお客さんは写真撮ったりして大騒ぎ。

その駅から電車に乗って来たらしいので、ふぐぺそ氏、ドキドキしながら「みなもちゃん」の到来を待っていましたなの。

そして現れた「みなもちゃん」は。

ゆるキャラでしたなの。

なかなかにフレンドリーで、カメラ向けるとポーズを取ってくれた「みなもちゃん」。




で、どうして電車の中にゆるキャラがって思ったら、



「みなもちゃん」は、岐阜県の選挙管理委員会のキャラなようで、今日県議会議員の選挙があって、それに投票に行きましょうと言うキャンペーンを展開してたらしいです。

それにしても、公的機関のゆるキャラで、こんなに人気のキャラは初めて見たような。
それも電車にまで乗って来るとは。

「みなもちゃん」そのままずっと乗っていて、ふぐぺそ氏とかが降りる時にも見送ってくれましたなの。

で、帰りの新幹線の中で、ふぐぺそ氏の地元横須賀の選挙管理委員会にもゆるキャラがいるんだろうかと検索したら、

汗∑(゚Д゚)「選挙マン」って言うんだそうですなの。
ふぐぺそ氏、なんかその安易さがおかしくておかしくて、思わず笑いが出てしまって困りましたなの。
マスクしてたから、まだ良かったけど。


さて閑話休題。
ふぐぺそ氏が目指していたのは、2月にブロ友・ゲバニラさんに案内して歩いた岐阜県の美濃市でしたなの。

和紙の街・美濃では、毎年4月の第2土曜日に、花神輿と言う華麗なお祭りが開催されると聞いたので、今回初めて見に行ってみましたなの。

地元民のゲバニラさんは、今回神輿の担ぎ手だったので、だから1人で電車で行ったんですなの。

花神輿、女性だけの御神輿と、各地域の御神輿合わせて17基の御神輿が一斉に出ると言う、華やかな大きなお祭りでしたなの。

これは、女性だけの御神輿・「め組」の御神輿ですなの。

どの御神輿にも巨大な花が咲いてますなの。
この花は、美濃紙で作られていますなの。

こよりにした美濃紙に、ピンクに染めた美濃紙を2枚付けると1つの花が完成するんだけど、それを地域の人みんなで協力し合って、物凄くたくさん作りますなの。

ピンクの色は、地域によって濃かったり薄かったりの色が違いがありますなの。
だからこのお祭りは雨だと中止になってしまいますなの。
昨日は朝方天気が悪くて、御神輿出すのが1時間遅くなったそうなんだけど、昼間はいい天気になって良かったですなの。

ふぐぺそ氏は、事前にゲバニラさんから御神輿の通るコースとか時間なんかの載ってる地図を送っていただいていたんだけど、時間がずれたので、駅に着いてからまず御神輿を探す事から始めましたなの。

なんてったって、電車の関係で(地方の電車は本数が凄い少ないから)、この美濃には3時間半くらいしかいられなかったので時間がなく。

ほどなく、メイン通りから脇に入った道で御神輿発見。
そのままその場所をちょっと行ったり来たりして、写真を撮りまくっていましたなの。



ふぐぺそ氏の前を、次々と御神輿がぐるぐる回ったりしながら通り過ぎて行きますなの。

時々グーッと御神輿が迫ってくるので、気を付けないと花で顔をバシバシ叩かれてしまうので(笑)、それを避けながらの撮影が面白かったですなの。











太鼓と鳴り物に合わせて掛け声をかけて、威勢よく進んでいく華やかな御神輿。

ふぐぺそ氏は考えてみれば、大きなお祭りを見るのは初めて。
ふぐぺそ氏の地元の町でも、夏には御神輿の出る祭りがあるけど、祭の規模から言ったら、この美濃の祭りには遠く及ばないですなの。










各地区共、大人神輿の前には、必ず小さな子供神輿が歩きますなの。
子供達も一生懸命この花を作ったのかな。









美濃から他に移り住んでしまった人も、毎年この御神輿を担ぐのが楽しみで来る人がいるんだって。










担ぎ手の中には女性も混じっているけど、本来はこの御神輿は女性は担げないものであって、だから今でも女性は街中を担ぐのはいいんだけど、最後に御神輿が八幡神社に帰って行く時、女性の担ぎ手は担ぎながら神社の中に入ってはいけない決まりになっているんだって。

昔はそういうの、よくあったよね。
他の地方の御神輿でも、今でも女の人が触ってはいけないって言うのもあるし。
富士山なんかも、昔は女人禁制だったしね。














でもやっぱり、男性が揃いの法被を着て担いでる姿、カッコいいですなの。















最後にゲバニラさんが担ぐ御神輿登場。


その御神輿を追いながら、






小休止地点である、駅近くのイオンの前に行きましたなの。


神輿の花と、駅前の桜の木。


この日は、ゲバニラさんには会えないだろうと思っていたんだけど、ゲバニラさんの地区の御神輿を遠くから眺めていたら、その前で頭に何かを装着してる男性発見。(手前の後ろ向きな人)
これはきっとゲバニラさんだろうと、この写真を撮って、

もう1枚盗撮してやろうと思っていたら、視線を感じたらしく振り向いて気づかれてしまいましたなの。

ゲバニラさんとそこでしばらく色々と御神輿の事で話をしましたなの。
登山してても、頭にビデオカメラ装着して動画撮ってるゲバニラさん、この日も御神輿を担ぎながら録画をしていたそうなんですなの。

御神輿達は、そこで小休止した後、近くの広岡交差点と言う通りにみんな移動して、そこで大休止。

ふぐぺそ氏も水分補給をした後にそこに移動して、午後からは時間がないので、上手く撮れるかなんか考えながらボーっと立っていたら、目の前にゲバニラさんが現れて、差し入れをいただいてしまいましたなの。
ゲバニラさんは、ほんとに優しい人ですなの。

ふぐぺそ氏、1人で外出する時は何も食べない事がほとんどで、この日も朝からほとんど食べていなかったので、正直この時凄い腹ペコでしたなの。

午後からの「総練り」を待ちながら、うめぼしのおにぎりを立ち食いしたけど、激ウマでしたなの。


さて、午後からの「総練り」。
これはまず、各御神輿の太鼓の人の競演があって、その後子供神輿だけ一足先に神社に帰ってから始まりますなの。

17基の御神輿が一斉に神社目指して出立する、それは壮麗で見ものでしたなの。
ふぐぺそ氏、これは写真よりも動画がいいだろうと、ビデオカメラを持って行ったので、それで撮りましたなの。
時間が15分ちょっと長いので、お時間がある時に見て下さいなの。

御神輿によっては、ピンクの花の中に白い花が混じってるのがあるけど、この白いのは本美濃紙で作った花なんだって。

ゲバニラさんが最前列がいいよって言ってくれたので、最前列にいたつもりが、後から後から前に人が来るので、結局ちょっと後ろの方になってしまって、前の人の頭なんかを避けながら、ビデオカメラ持つ手を目一杯上げっぱなしだったので、今日は肩が筋肉痛ですなの。

途中で画像がガタガタと乱れる箇所が2カ所あるんだけど、それは御神輿が観客の方にドドッと押し寄せて来て、前から押されてよろめいたからですなの。

ふぐぺそ氏この時に、首から一眼レフを下げていたんだけど、レンズのキャップが押された時に外れたらしくて、失くしてしまいましたなの。
まあ、レンズが落ちた訳じゃないからいいんだけど。

ギュウギュウ詰めで、何故か見物人の間をアシナガバチがぶんぶん飛び交っていて、それなんかも避けながらの撮影でしたなの。

「総練り」は、この動画の後もずっと続いていたけど、ふぐぺそ氏は14時過ぎの電車に乗らないといけなかったので、名残惜しかったけどこの場を離れましたなの。


駅までのメインストリートはこの総練りで人がいっぱいで身動きが出来ないので、脇道に入って駅に向かいましたなの。

美濃の街は初めて行っても、割とわかりやすいですなの。
でも迷って電車に乗り遅れたら大変なので、途中でその辺の家の前に立っていたおじさんに道を聞いたら、わざわざ家の中に入って行って、こんなのをくれて丁寧に道も教えて貰いましたなの。



美濃はうだつと和紙の街として有名だけど、街中も自然がいっぱいで、



懐かしい風景に出会えますなの。

こんな、ふぐぺそ氏が見た事がなかった鳥が、普通に電線に止まっていたり、


駅近くを流れる川の水もとてもきれい。


美濃市駅のホームには、美濃和紙の作品が展示してありましたなの。




もちろん、住んでいる人にとっては不便なとこも色々とあるだろうけど、今回美濃に行ってとても気に入ってしまったふぐぺそ氏なの。

駅前の桜の木の、桜吹雪に見送られて、美濃を後にしたふぐぺそ氏なの。
来年もまた来られたらいいね。


いつもながらの殴り描き連載漫画

    『インディー・トノ』

「料理教室の体験に行きますなの」

「今日は魚を料理しますわよ」

「あ、でもちょっと味見を‥。あら脂がのって美味しいわ」
「先生、魚なくなっちゃいますなの」

「材料がなくなったので、今日は終わりにしますわよ」
「なんなんですなのーあせる

        


ふぐぺそ氏、明日から勤務が続くので、コメント返し、時間かかりますなの。ごめんなさいですなの。



連載 ふぐぺそのささやき
ピグに差し入れがありました。ありがとうございました!



岐阜県の選挙管理委員会から、こんな粗品をいただきました。

選挙管理委員会から粗品貰うなんて、初めての体験でした。
みなさんは、今日の選挙、行かれましたか?

ペタしてね
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇