http://stat100.ameba.jp/ameba_meister/emblem/js/meister_square_140.js">

いつもこのブログを読んでいただき、ありがとうございます。

このブログを読んでいただく上で、次の事を御了承下さい。


・このブログへのコメントは承認制です。承認しないと表示されませんので、御注意下さい。

・アメンバー申請は、一定期間以上コメントやメッセージ等で個人的な交流のある方、またはいつもこのブログをお読みになっている方等に限らせていただきます。

また、承認した方でも、一定期間以上交流のない方は、削除させていただきます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


初代ナビゲーター・マミズフグの「殿


$おふぐな日々
一昨年12月15日に、天国に旅立ちました。

掲載画像・イラストの無断転載・加工・コピーは禁止します。
$おふぐな日々

$おふぐな日々

みんなで見よう、被災地の現状と現実↓↓↓

『たびたろう』~ヒッチハイク旅VSアルコール太朗~(「一緒に一人旅を」)




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年07月20日 21時00分00秒

♫生きているからフグなんだ♬

テーマ:ふぐ
0こんにちはー!


このブログのナビゲーター・ゆるすぎるキャラの『トノ』です!



↓ランキング参加してます!ポチポチっとクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

↓携帯電話からの方は、こちらもポチっとお願い致します!
人気ブログランキングへ


甘えん坊将軍・マミズフグ磊(らい)ちゃん
ふぐぺそ邸に来て、今日で1年8ヶ月と10日目の磊ちゃん。


そして、フグ友さんちから引っ越して来て、今日で1年2ヶ月と16日目のコクテンフグのお嬢さん天ちゃん

「だから、いつも膨れている訳じゃないんだってば」

ちょっと日がたってしまったけど、先々週の末頃、産卵以後状態が落ち着いていた天ちゃんが、またちょっと白点病になってるのを確認したふぐぺそ氏。

何気に水槽器具を点検していて、この殺菌筒(紫外線で水を殺菌して、海水内に潜む白点虫等の寄生虫や菌を減らすもの)の

中に入ってるこの放電管が点灯してない事に気が付きましたなの。


ふぐぺそ邸には、水槽関連の物は、こういう消耗品から器具や水槽まで予備が置いてあるので、放電管を取り替えたんだけど、

放電管が点灯していれば、この殺菌筒の先から青い光が見える筈なのに、点灯しませんなの。
放電管を入れ直してみたり、配線部分を点検してみたりしたけど、見た目異常はないのに、放電管が点かないですなの。

この殺菌筒は、天ちゃんの前の飼い主さんからいただいたもの。
もしかして、壊れてしまったのかなあと、殺菌筒だけは予備が置いてなかったので、注文して新しいのを買いましたなの。

最も、今迄だってずっと殺菌筒は設置してたけど、天ちゃん何度も白点病になってるし、もしかしたらあまり役に立ってないかもと思いつつ、やっぱりないと不安なんだよね。

で、先週の木曜日、出かける予定を変更して、殺菌灯を取り替える事にしましたなの。
この時点で、天ちゃんの白点病は自然に治っていたけど。

その際、天ちゃんが産卵した後に、まだ掃除出来ないでいた外部フィルター(大型の濾過器)も掃除する事にしたので、ちょっと大がかりになってしまいましたなの。


殺菌筒を新しいのに取り替えて繋ぎ直し、外部フィルターは内部がヘドロドロドロな状態だったので、ろ材等を全部水洗いして、活性炭やウールマットは取り替えて、しっかり設置し直して呼び水ボタンをガンガン押して(外部フィルターの設置や掃除で、一番疲れる工程が、この呼び水ボタンを押して水を循環させる作業なのです)、水が循環するのを確認。

しかし水が循環し始めたとたんに事件が。
外部フィルターから派手に水漏れし出して、たちまちその辺の床が水浸しになりましたなの。
ふぐぺそ氏、急いで水槽内の吸水パイプを外に出して水流を止めたけど、少しの間放心状態になりましたなの。

しかし、水槽の水嵩が減ってしまって、しかも水が濁ってしまってる。(天ちゃんは水槽に入れたまま)
急いで、予備に買っておいた同じ機種を出して来て、

ろ材等の中身を移し替えて繋いで、水を水槽に足して、また呼び水ボタンをガンガン押して、

今度は水漏れは全くなく、ふぐぺそ氏ホッとして、更に水を作って水槽に足しましたなの。

水漏れした外部フィルターは、確かに以前から何度か「水漏れしてんじゃないかなあ」と言う疑惑を感じる事があったので、まだ買って1年たっていないんだけど、使うの怖いので処分する事にしましたなの。

結果、予定より多量に水換えする事になってしまったせいか、天ちゃんその後また白点病になってしまいましたなの。

でも今はすっかり消えているので、天ちゃんももうかなり耐性がついたみたいですなの。

「天ちゃん、危機一髪だったね」


「ほんと、びっくりだったわ」


「もちろんその後、いっぱいごはんを貰ったんでしょ」


「当たり前じゃない」


「ふぐぺそ氏、外部フィルターをもっと高性能のやつに変えようかと思っているんだけど、高いから迷っているんだって」


「でも掃除してくれたおかげで、水がきれいになったわ」


「僕の外部フィルターも掃除してくれないかなあ」


ところで、水槽用の塩をふぐぺそ氏はテトラのアクアソルトプロを使っていて、800Lのを箱買いしてるんだけど、つい最近注文したら、メーカーで欠品してるんだって。

いつ欠品状態が解除されるかわからないで、今、在庫を持ってる店を探してますなの。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ヴェルニー公園の海の生き物
干潮の時に浅瀬にいたクサフグ







日がたってしまったけど、台風8号が過ぎた後に姿を見せた富士山





ある日の朝日








マニアック写真
いつもヴェルニー公園だの自衛隊だの出て来るけど、位置関係がわからないという方へ。

ふぐぺそ氏の地元横須賀の、汐入にあるショッパーズプラザ横須賀から撮った写真だけど、海を挟んで左側、木とかがあるとこが、このショッパーズのそばからJR横須賀駅のとこまで海沿いに続くヴェルニー公園。
その向こう、山があって白い建物や紅白の鉄塔が立っているとこが、海上自衛隊横須賀基地。
海を挟んで右側、白い建物があるのが米軍横須賀基地ですなの。

それを踏まえて、先週ふぐぺそ氏が夜勤に行く時に、ヴェルニー公園を通って行こうと足を踏み入れたとたん、米軍基地の方角からヘリが1機飛んで来ましたなの。


このコースなら、海自の基地に着陸すると確信したふぐぺそ氏、案の定ヘリは海自に着陸しましたなの。




着陸してもエンジンを切らないので、多分またすぐに飛び立って行くなと思ったふぐぺそ氏、炎天下の中ダッシュで海自の基地の近くまで走りましたなの。

ヘリのパイロットの人、休めの姿勢で待機中。

ここに来て初めて、ふぐぺそ氏このヘリが陸上自衛隊のだと気がつきましたなの。(マニアな癖に気づくのが遅い)
やっぱり迷彩服ってカッコいいですなの。

このヘリは、陸自の多用途ヘリ UH-1J D1ですなの。(夜勤中に調べた)

あ、お偉いさんらしい人がヘリに戻って来た様子。

パイロット、気をつけの姿勢になりましたなの。





みんな乗り込んで、発進準備。

ここでエンジンの音が変わりますなの。

そして発進。








ヘリってほんとに速いんだよね。
あっという間に、空のかなたへ飛び去ってしまいましたなの。



やっぱり軍用ヘリはカッコいいなあ。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今日は7月20日日曜日。
ふぐぺそ氏、1日だけの休みでしたなの。

このところ、1日休みが続いていて、それと関連はないと思うのだけど、ふぐぺそ氏色んな意味でシステムダウンしていて、全然写真を撮りに行ってませんなの。

一眼レフの使い方を忘れてしまうんじゃないかと危惧するふぐぺそ氏なの。


ところで、一昨日の夜勤の晩にテレビを見ていて、今年はラジオ体操が出来て90周年なんだって事を知りましたなの。

元気のない時こそ、体を動かさないとね。
ちょうど世間のお子様達も夏休みに入ったし、みなさんも童心に帰って、腰に手を当てて大きな声でこの歌を歌いましょうですなの。

久しぶりに聴いてみたら、なかなかカッコいい音楽ですなの。

では、体をほぐす為に、手始めに第1をご一緒に。

ふぐぺそ氏、笑っちゃって力が入らないんですけど。
ふなっしーの足の部分、布地がほつれてるのも気になるし(笑)

第1で充分に体がほぐれたよって方は、いきなり第4に挑戦してみましょう。

出来るか!こんなもん!(ふぐぺそ氏、心の声)


まあそんな訳で(どんな訳?)このところ、出かけても買い物程度で帰って来るふぐぺそ氏ですなの。

先週は、アウトドア専門店「好日山荘」に行って、ちょうどセール中と言う事もあり、こんな買い物をして来ましたなの。

これは、一眼レフが1台入るリュックの一番大きなサイズのやつ。
4月に高尾山に行った時は、これよりワンサイズ小さいのを買って、ふぐぺそ氏は今のところ泊で登山するなんて事はないから、それで充分なんだけど、もっと容量が多いのが欲しいなと思って買いましたなの。

そして、これも。

登山靴ですなの。

高尾山に行った時に、ネットで購入した靴が合わなくて辛かったので、やっぱりきちんと試着して買わないとと思って。
店員さんに相談して、なるべくふぐぺそ氏の足に合うのを選んで貰いましたなの。
ちなみに、11月にまた高尾山に行く予定ですなの。

後は、店員さんに勧められてインソールを。

ちょっと高いんだけど、これと元から登山靴に入っていたインソールとでは、足の力の入りやすさが全然違って、びっくりしたふぐぺそ氏は即買いしてしまいましたなの。

そしてその日は、「好日山荘」を出てからメガネ屋さんに行って、メガネを作り直しましたなの。

最初の老眼鏡を作ったのは8年前。その時は遠視だけだったんだけど、最近月が2つに見えたりして、多分乱視になってるだろうと思って、メガネ屋さんで検眼して貰ったら、やっぱり「乱視になってますね」って言われましたなの。

これで、サンドブラストもやりやすくなるだろうと、使うのが楽しみなふぐぺそ氏なの。(普段はメガネかけないで、ルーペを使用)



ところで、自他共に認めるフググッズコレクターのふぐぺそ氏。
昨日とっても素敵な、手作りグッズが、コレクションに加わりましたなの。

まずこのブログを読んで見て下さいなの。
hitomiさんのブログ

最近フグ友になったhitomiさん、アベニーパファーと言う世界最小の小さな淡水フグを飼っていて、繁殖などもしてますなの。
偶然にもふぐぺそ氏が載った、このアクアライフ6月号に

hitomiさんも取材されていて、ふぐぺそ氏なんか1ページだけだったけど、hitomi さんちの記事は、特集の表紙も合わせて3ページも使われていますなの。




ちなみに、アベニーパファーってこんなフグです。

これはふぐぺそ氏が1番最初に飼った「ふぐいち」君。
大人になっても、体長3センチくらいでしたなの。

ブログに書いてある通り、hitomiさんがアベニーをモデルにして、「アベだるま」と言うだるまを粘土で制作して、それを欲しい人にプレゼントして下さると言うので、欲しいと最初に手を挙げたふぐぺそ氏。

昨日それが送られてきましたなの。
凄い可愛いですなの。

ご自宅てエステをされてるhitomiさんは、趣味でヨーロピアン・チャイナペインティングと言うのをやっていて、筆で絵を描くのは慣れていると思うけど、このだるま、大きいので直径2.5~3センチくらい。
よくこんなにきれいに目とか描けたなあと、凄い感動してしまったふぐぺそ氏なの。

胸びれも、ちゃんと細かく作ってあるのなの。

これいただくだけでも感動なのに、あれ?まだ封筒に何か入ってる。
取り出してみたら、なんと、

トノが!!

hitomiさん、アベだるまをふぐぺそ氏が欲しがるだろうと予測していて、密かにトノを作られていたとの事。



これにはびっくりしてしまったふぐぺそ氏なの。
トノというキャラは、一昨年の12月に天国に旅立ってしまった、ふぐぺそ氏が今でも愛おしくてしょうがない、マミズフグの殿君がモデルだけど、

意外と立体化するのは難しいキャラなので、よく作ったなあと感動ひとしおなふぐぺそ氏なの。

これはアクアライフが結んだ縁。
縁って不思議ですなの。
ほんとにありがたいなあと思ったふぐぺそ氏なの。


もうひとつ嬉しかったのは、フグ友のharuさん、ミドリフグのたまちゃんのパパさんで、クレー射撃がお好きで、ペンタブレットで可愛いフグのイラストを描かれる方なんだけど、この前たまちゃんをモデルで、LINEスタンプを作られて販売されていますなの。

詳しくは、haruさんのこのブログで。
haruさんのブログ

で、ただいまLINEスタンプ第2弾を作られているそうで、天ちゃんのイラストを描いてくれましたなの。

そう言えば、ふぐぺそ氏、天ちゃんの絵は描いた事がまだありませんなの。
凄い上手く描けていますなの。
天ちゃんがLINEスタンプになったら嬉しいですなの。

ただ残念な事に、ふぐぺそ氏はLINEをやらないので購入する事が出来ないんだけど。


最後に、ブログとは関係のない、最近知り合った某画廊の方から届いたはがきに、

フグ切手が。
誰彼となく「フグが好き」と言いまくるふぐぺそ氏の成果がここに。


今週は3連休があるので、写真撮りに行って来ます連載漫画

    『インディー・トノ』

「太陽君て、あとどのくらい寿命があるのなの?」
「そうだなあ、50億年くらいかな」


「太陽君が死んじゃったら、この地球はどうなるのなの?」
「そりゃあ、生き物が棲めない星になってしまうんだよ」


「大変!50億年後には、地球に棲めなくなるんだって」
「トノ君、落ち着いて」


「50億年後って、あと何回寝たら来るかな?」
「えーと‥‥たくさん過ぎてわかりませんなの」
「そうだよ、遠過ぎる未来よりも、今を楽しく過ごすのが大事だよ」

        


来週、ふぐぺそ氏の姉が去年と同じ症状で入院・手術をする事になりましたなの。



連載 ふぐぺそのささやき
ピグに差し入れがありました。ありがとうございました!


買い物と言えば、本屋でこんな本を見つけて買いました。

もうひとつの「永遠の0」筑波海軍航空隊 ~散華した特攻隊員の遺言~

「永遠の0」の主人公・宮部久蔵が所属した筑波海軍航空隊の実在の特攻隊員達が、家族に送った遺書の数々です。
昔は軍事郵便は検閲があったから、本音が書けなくて苦しかっただろうなと、読んでいて思いました。
国に命を捧げた若い特攻隊員達、彼らは今の日本を見て、どう思っているでしょうか。



ペタしてね

PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>