http://stat100.ameba.jp/ameba_meister/emblem/js/meister_square_140.js">

いつもこのブログを読んでいただき、ありがとうございます。


このブログを読んでいただく上で、次の事を御了承下さい。




・このブログへのコメントは承認制です。承認しないと表示されませんので、御注意下さい。


・アメンバー申請は、一定期間以上コメントやメッセージ等で個人的な交流のある方、またはいつもこのブログをお読みになっている方等に限らせていただきます。


また、承認した方でも、一定期間以上交流のない方は、削除させていただきます。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村




初代ナビゲーター・マミズフグの「殿

$おふぐな日々
3年前の12月15日に、天国に旅立ちました。



掲載画像・イラストの無断転載・加工・コピーは禁止します。

$おふぐな日々



$おふぐな日々


みんなで見よう、被災地の現状と現実↓↓↓


『たびたろう』~ヒッチハイク旅VSアルコール太朗~(「一緒に一人旅を」)









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年05月25日 19時00分00秒

「磊ちゃんの今」&「新しい道が開けるか その14」

テーマ:ブログ
こんにちはー!


このブログのナビゲーター・ゆるすぎるキャラの『トノ』です!



↓ランキング参加してます!ポチポチっとクリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

↓携帯電話からの方は、こちらもポチっとお願い致します!
人気ブログランキングへ


甘えん坊将軍・マミズフグ磊(らい)ちゃん
ふぐぺそ邸に来て、2年6ヶ月と14日目の磊ちゃん。



そして、フグ友さんちから引っ越して来て、2年と20日目のコクテンフグのお嬢さん天ちゃん


そんでもって、ふぐぺそ邸に来て、7ヶ月と27日目のベタサブちゃん




前々回のブログに、磊ちゃんが拒食になっている事を書きましたが、とにかく3月くらいから餌食いが悪くなってきて、先月後半からは1週間に1度くらいしか餌を食べなくなった磊ちゃん、

とうとう10日前くらいから、全く食べなくなってしまいました。

多分消化器系疾患だと思いますなの。
まだそんなに見た目には変わってなくて、元気に泳いでたりはするものの、上下に泳いでいたりする時に、たまにフラッとふらつくようになりましたなの。

元気に食べていた頃は、お腹がいっぱいになるとこうやってストレーナースポンジの下や奥で寝てる事が多かった磊ちゃん。


でも今は、昼間はそうやって寝る事もなくなり、こうして水槽の右端の方にいて、時々上下に泳いだりして過ごすようになりましたなの。


それでもたまに、餌やり口のとこに来る事もあって、これは昨日の事だったんだけど、餌やり口のとこに来て、元気だった時と同じように、「ごはんちょーだい、ちょーだい」をかなり長い時間してました。

しかし、実際にこうしてアサリをあげてみても、

避けてしまって、なかなか食べようとしませんなの。

アサリを水に入れる瞬間に反応するので、何回か出し入れを繰り返してみたら、こうしてアサリに食いつきましたが、

結局ちょっと齧っただけで、食べませんでしたなの。
多分本人に食べる気があっても、体が受け付けないんじゃないかと思いますなの。

こうして口の中に入れるようにしてみても、

やっぱり食べないですなの。

既に水槽の中に入れたおいたアサリのとこにも行くけど、

食べないですなの。

アサリ同様に大好きだった甘海老で試してみたけど、



結果は同様、ちょっと齧っただけでしたなの。
食べないだろうなとは思っていたけど、やっぱり実際に食べないと切なくなってしまいましたなの。

以前は石巻貝なんかにも齧りついていたけど、最近はそれもしなくなりましたなの。

今迄何度か経験してきたけど、愛する子がだんだんと痩せ衰えてきて弱っていくのを見るのは辛いですなの。
どうしても、先代マミズフグの殿君の最期の事を思い出してしまう。

でもふぐぺそ氏は、磊ちゃんはまだまだ元気だし、これからもずっと、食べなくても毎日磊ちゃんにはごはんをあげ続けるつもりですなの。諦めないですなの。

もしかしたら、また食べてくれるようになるかもしれない。
そんな奇跡を信じていますなの。

今日もやっぱり食べなかったけど。

ところで、天ちゃんは、相変わらず食欲旺盛で元気ですなの。

ただ、やはり気になるのはこの立派なお腹。
大量の無精卵を産んでから、もうすぐ1年になる天ちゃん。

天ちゃんは、ふぐぺそ邸では2年だけど、前の飼い主さんのとこには3年いたので、今度産卵したら回復する体力があるのだろうかと心配ですなの。

前の飼い主さんの思い入れも強い天ちゃん、長生きして欲しいと思いますなの。

「磊ちゃんも心配だけど、私の事も構ってよね」

はいはい、甘えん坊のお嬢さん。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マニアック写真











ヴェルニー公園の海のクサフグ
6~7センチくらいの、子供のクサフグですなの。



ある日の夕陽と雲



ある日の夕焼け
先週の火曜日、ふぐぺそ氏が遅番だった時に撮りましたなの。











4日前の早朝の富士山




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今日は5月25日月曜日。
ふぐぺそ氏、1日休みでしたなの。

長らくブログを休んでしまいましたなの。
ふぐぺそ氏、風邪はすっかり治って元気になりましたなの。

ふぐぺそ氏のやる気スイッチは、何と咳で東京の新橋駅前のSLの裏まで飛んで行ってたとの事。
無事に戻りましたなの。
ありがとうございました。

このところ地震が多いけど、今日関東地方でも午後2時半頃に地震があって、スマホから警報音が聞こえて、淡水水槽の水が少し揺れたので、咄嗟に抑えに行ったふぐぺそ氏ですなの。
ふぐぺそ氏の地元は震度2でしたが。

みなさんのとこは大丈夫でしたか?
出来るならば、大きな地震が起きないで欲しいですなの。


ところで4月の後半に、脳梗塞後遺症の大きな痙攣発作を起こして、施設から救急搬送されて入院したふぐぺそ氏の父。
いまだに入院中で、今回の発作の前に比べると、身体レベルも脳のレベルもずいぶん下がってしまったけど、ドクターもびっくりするくらいの回復をしてますなの。
病院で一生懸命リハビリもしてますなの。

でも相変わらず口から食べる事だけは出来ず、色々あって考えて、父が元気でいて貰うように、そして早く施設に戻れるように、胃ろうにする事にしましたなの。

で、今日は夕方から消化器専門のドクターから胃ろう造設の説明があって、病院に行って来ましたなの。

そしたら、その前に主治医が現れて、心臓の機能が低下してるので、ペースメーカーを入れたらどうかと言われましたなの。
いきなり青天の霹靂~。

でも、それを入れればもっと元気になる可能性もあるので、やって貰いましょうと言う事になりましたなの。

来月か再来月には、姉もある手術を受ける事になるので、まだ当分病院と縁が切れないふぐぺそ氏ですなの。




では、ブログ休んでいる間に撮っていた写真をお見せしますなの。

まだ風邪の引きはじめだった時に、ふぐぺそ氏横浜に行って来ましたなの。





一応一眼レフを持って行ったんだけど、全く横浜らしくない写真しか撮れませんでしたなの。

山下公園のとこの県民ホールで、「PAL展」と言う絵の展覧会があって、ブロ友さんで画家のchapaさんも参加されてると言うので、見に行ってみましたなの。

chapaさんは、ちょうど1年ほど前に長野のギャラリーで個展を開かれていて、ふぐぺそ氏も見に行くつもりで特急券も買っておいたのに、母が亡くなってしまって結局行けませんでしたなの。

ふぐぺそ氏はchapaさんの平面作品は、今迄実際には見た事がなかったので、楽しみにしておりましたなの。
chapaさんの今回の絵は抽象画ですなの。
ふぐぺそ氏が1番気に入ったのは、この絵ですなの。

これはスイカを見て描いた絵なんだそうです。
が、ふぐぺそ氏には空から地上を覆う、鳥の形をした紅蓮の炎のように見えました。

ふぐぺそ氏は子供の頃からずっと漫画を描いてました。もちろん、昔は読むのも好きでしたなの。
なので抽象画って言うのは具象画に比べて、物凄いわかり辛いと言うのがありましたなの。

でも今回chapaさんの平面作品をじっくりと見て、抽象画の見方と言うのが、何となくわかったような気がします。
はっきりとした形もない分、自分で自由にイメージを膨らませる事が出来るのが、抽象画の面白さなんだと思いましたなの。

他の作品ですなの。











chapaさんの絵には、何か絵の中に別の何かが潜んでいるような、そんな感じがしましたなの。
ふぐぺそ氏がどんな感想を述べても、chapaさんは好きなように解釈して見てとおっしゃっていましたなの。
みなさんには、これらの絵がどういう風に見えますか。

絵も世の中の事象も、目で見た事だけで判断せずに心の目で見よ、そんな事をこれらのchapaさんの絵が教えてくれたように思いましたなの。
ふぐぺそ氏、行ってみて良かったと、心から思いましたなの。



話変わって、前回のブログを更新した日に、市内にある「しょうぶ園」に行って来たと書いたんだけど、その時に撮った写真をお見せしますなの。

菖蒲の花がメインのしょうぶ園だけど、この時はまだちょこっとしか咲いてませんでしたなの。

でもふぐぺそ氏は菖蒲の花って実はそんなに好きではないのです。
それよりも、入り口のとこにある池にたくさん咲いていた、睡蓮の花に心を奪われましたなの。

ふぐぺそ氏は睡蓮の花が大好きですなの。
ただこのスイレン池、周りをがっちりと柵に囲まれていて、花の写真が撮り辛いですなの。

ふぐぺそ氏はこの日も野鳥の写真が撮りたくて、500㎜レンズにテレコンバーターを付けて行ったので、柵を三脚の代わりにして目一杯身を乗り出して、やっとこれらの写真が撮れましたなの。











ふぐぺそ氏がそんな風に写真を撮っていたら、近くて休憩していたタクシーの運転手さんが出て来て、「凄いカメラですね」「コンテストとかに出すんですが」等と話しかけてきました。

滅相もない、カメラもレンズも安物ですし、そんな腕前では到底ないですと答えましたなの。
ふぐぺそ氏の写真など、審査員に鼻息で飛ばされると思いますなの。

肝心の野鳥の写真はと言うと、スイレン池にいつもいるアオサギさんと、




そしてしょうぶ園の中に流れてる小川で、水浴びをしていたカワラヒワの写真のみ撮れましたなの。
地味な鳥なので、ちょっとわかり辛いかもしれませんが。









連写で撮ったら、ピントが合ってない写真がありましたなの。

最後にこの野良猫の写真を撮って、しょうぶ園を後にしましたなの。




最後に今月のサンドブラストですなの。
先週の金曜日に行って来ましたなの。

ふぐぺそ氏は今迄、最後の仕上げの「磨き」と言う工程を教わっていませんでしたなの。
今月はまず、7月の作品展に出す2点の徳利の磨きの作業から始めましたなの。

機械で削ったままだと、表面がザラザラしてるし、削ったとこと削ってない所でわずかな段差が出来るので、そういうのを滑らかにする作業ですなの。

最初はこんなんで表面を軽く削って、


それが終わったらパーツを取り替えて、また軽く削っていきますなの。


それでやっと完成しましたなの。
写真ではわからないと思うけど、この磨きをするとしないとでは、かなり見栄えが違いますなの。




そして間髪入れずに、次の作品のお猪口に取り掛かりましたなの。
この2つのうちの1つくらいは、作品展に間に合わせたいと思いつつ、何の絵にするか全く決めてなくて、また即興でこんな訳のわからない絵を描いて、


赤い方のお猪口に貼り付けて、製作開始ですなの。

今回は絵がメチャクチャ過ぎて、自分でもどんな風に完成するのかわかりませんなの。
作品展に間に合えばいいんだけど。

作品展は、7月8日(水)~14日(火)(10:00~17:30 最終日は15:00まで)、横浜そごう9階の「ギャラリー ダダ」で。
お暇な方は、見に来て下さいですなの。


今日大型スーパーの家庭用品売り場で、密閉容器に入れてアベニーパファーが売られているのを見てしまい、とてもショックと憤りを感じた連載漫画

    『インディー・トノ』

「今度、太平洋の真ん中で、世界フグ会議が開かれますなの」

「何を会議するのさ」
「フグの幸せと生活向上についてですなの」


「‥‥‥‥」

「君達は、これ以上の幸せを望むのは罪だと思うぞ」
「そんな事ないよねー」
「ねー」
「ねー」
        


生き物は、売れるまできちんと餌やりや世話が出来る形態や環境のお店で売って欲しいと思うふぐぺそ氏なの。



連載 ふぐぺそのささやき
ピグに差し入れがありました。ありがとうございました!




ハンドメイドサイト「tetote」で自作の作品を販売している、フグ友の湊さんに、自分の好きな画像でバッジとマグネットが作れると言うのを依頼してましが、こんな完成品が送られて来ました。

殿と磊ちゃんのパッジとマグネット、完成~。嬉しいです。

しかも、オマケでこんなのも制作して下さいました。

殿と磊ちゃんの画像を合成したやつでマグネットを。
これは物凄い嬉しかったです。
殿と磊ちゃんのツーショットの写真はありますが、当時はまだ磊ちゃんが赤ちゃんでしたしね。
ほんとにありがとうございました。

地元のヴェルニー公園には130種類のバラが植えられていて、もう最盛期は過ぎてしまいましたが、通勤途中に歩きながら1番好きなバラの写真を撮ったので載せておきます。





「パフ ビューティー」と言う名前のバラなんだそうですよ。
バラって、ほんとにたくさんの種類があるんですね。

ペタしてね
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇