おかげさまで。くっちゃんです。

 

前回は原点を成長させたその想いについて書かせてもらいました。

そしてそこから生まれた新たな想いと。過去の経験から導き出された1つの真理。

 

『人が大丈夫の力を発動させる2つの力』

 

今日はそれについて書かせてもらいます。

結論から言うと。

 

 

 

1つは場の力。
1つは自分の力。

 

 

 

これです。

 

 

まずは場の力から。

 

 

 

例えばこんなことない?

 

何か悩みや問題や課題を抱えていて、そんな時に山登りしたり、ハイキングしたり、海を見に行ったり、大自然を感じる場に行ったら。

 

「あ~なんか自分が抱えている悩みとか。ちっちぇ~な~!」

 

そう感じて、なんか悩みが消えたり小さくなったりすることなかった?

 

 

 

例えば。

 

同じくそんな状況の時に、神社に行ってみたら。

 

参道を歩いていたらそれだけでなんか心にあるモヤモヤがスッーと薄れていって、いざ参拝をしていたらここちのいい風が吹いてきて。

 

「あれ?なんか私悩んでいたっけ?」

 

そうやって、神社にいってお参りするだけで、悩みがすっきりしたりしたことない?

 

 

 

例えば。

 

もっと自分らしい筆文字、個性ある表現を出したい。

 

そう思って参加した筆文字教室で。「あなたの字素敵!」そう人に言われたり、人が書く字に憧れを抱いたり、人が自由にやってるのを見て「そんなことやっていいんだ!」って思ったり。

 

そんな場に行くと、自然と自分らしい字や表現や個性が出てきて。

「あっ!なんか私結構いけてるじゃん!」

 

そうおもったことあるでしょ!?(笑)

 

 

 

これらはまさに場の力。

 

その場に身を置くだけで、自分の中から「なんか大丈夫!」っていうのが発動されて、今が大丈夫になる。

 

そのポイントは。

 

安心感。

心地よさ。

気持ちよさ。

 

ココらへんを自分が感じるところを見つけて、行くようにするといいよ。

もしくは、普段自分がいるところをそのような場にすること。

 

掃除してきれいにして・・・。あー耳が痛い(笑)

 

 

 

そして次は。

 

 

自分の力を使うこと。

 

 

 

人からいくら「あなたは大丈夫!」って言われても。

 

自分の「大丈夫」は発動されないのよね。

 

人から「大丈夫!」って言われると、「おっ!私もしかして大丈夫なのかな?」っていいかんちがいを起こしていけるきっかけにはなるんだけど。

 

最後はね。

 

関門があるんだよね。

 

 

自分という関門。

 

 

せっかく人が「大丈夫!」って言ってくれてるのに。

 

「でもなー。私●●だからな。。」

「でもさー。私●●があるかなー。。」

 

とか心の中で言って、『でもの呪い』で自分を呪ってしまう。

そしたら、せっかく人からもらった「大丈夫の力」がなくなってしまったりする。

 

だからね。

 

人に「大丈夫!」って言ってもらおうが無かろうが、実は関係ないんだよね。

 

最後はね。

 

 

自分が自分を信じれるかどうか。

 

自分が自分に「大丈夫だ!」って確信を持って言えるかどうか。

 

 

これだけなんだよね。

 

 

 

たいがいね。悩みや課題や問題や挑戦ってね。

 

自分がやったことないことなんだよね。

 

だからね。できるかどうかなんてね。いくら考えてもわからないんだよね。

 

だからさ。

 

 

かんちがいする自分を作るしかないよ。

 

 

「きっと自分はできると思う!(かんちがい)」

「私だってなりたい自分になれる!(かんちがい)」

「誰がなんと言おうとやってやる!(かんちがい)」

 

そう。

 

自分の力で大丈夫の力を発動させるのは、以下に自分を信じてかんちがいできるか?

 

この力なんだよね。

 

 

 

「毎日名前を見ていたら自分が好きになってきました(かんちがい)」

「なんかこの言葉もらって、自分のやりたいことに挑戦しようと思いました(かんちがい)」

「私の字ってもうすでに私らしかったんですね?!(かんちがい)」

「私の字、結構いけてるかも!?(かんちがい)」

 

 

 

僕は様々な現場でこうやって人がかんちがいを起こして、自分に自信をもって「大丈夫!」と思うことで激変していく人をたくさん見てきました。

 

自分の力を発動させるのは。

 

 

自分に自分で「大丈夫!」って言ってみること

それによってかんちがいを起こさせること

 

 

これが自分の力で大丈夫を発動させる力です。

 

 

 

自分で自分を大丈夫にできたら、自分の人生を思う存分楽しめる。

あなたが勇気を出したい行動で、自分を変え、そしてその周りの人も社会も変える。

 

自分で自分を大丈夫にする人が増えたら。

 

その連鎖が起こっていく。

 

そう思うんです。

 

 

 

僕は。

 

その連鎖を起こしていきたい!そう思ってるんだ。

そしてそれを僕がどんな形でやっていけるのか?

 

それをここ2年ずっと考えていました。

 

場の力と自分の力。

 

人がこれを得て自分で「大丈夫!」を発動させるきっかけを作る。

 

 

 

実は2年前からこの構想はスタートさせていて。

 

2年前にあるものを作っていました。それは。

 

陶芸家さんに頼んで、硯(すずり)を特注で作ってもらっていました。

 

自然の中や神社や人がいるいい場に行かなくても。

家をパワースポット。神社にできないか?

 

 

 

明日はそれについて話そうと思います。

 

読んでくれてありがとう!

 

--------------------------------------------------


リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加

おかげさまで。くっちゃんです。

 

原点を成長させることによって、自分を突き動かすものを手に入れた僕なんだけど。

 

原点を成長させた想い。

 

なぜ『自分の人生を自分で「大丈夫!」に出来る人を増やしたい。』と思うのか?

今日はそれについて書いてみるね。

 

 

 

 

前にも話した通り。僕は「大丈夫!」という言葉をもらい、自分が「大丈夫だ!」と思えることで、逆境を乗り越えた経験から、「大丈夫!」と人に伝えられる人になりたいという憧れがあった。

 

そして、そこでご縁があって出会った師匠のてんつくマンに路上詩人について教えてもらい、僕は路上に座って人に言葉を書き始めた。

 

インスピレーションで色々な言葉を書いてきたけど。どの人に書いている時も僕の思いと気持ちは一緒だった。

 

「大丈夫!あなたのやりたいこと、そして抱えている問題や課題。それは全部あなた自身で乗り越えていける!」

 

言葉は違えど、常にそういう気持ちで1人1人と向き合い約1万人に言葉を届けてきた。

 

 

 

確かにその言葉は目の前の人の何かを変えるきっかけを作った実感はある。

 

 

 

「私あきらめていたこともう一度挑戦してみるわ!」

「私もっと自分のこと好きになりました!」

「なんか自分に自身が持ててきました!」

 

そうやって、自分で自分を大丈夫と思い変わっていった人もいた。

 

だけどね。一方ではね。

 

自分で自分を大丈夫と自分に挑戦していく自立者ではなく、誰かに言葉を求めて自分から逃げて言葉をもらってただ満足うする依存者の存在もあった。

 

 

 

すべてはプロセスだから。

 

人は本当に弱っている時はあるし、助けがいる時がある。だから、依存が悪いとは言わない。

 

だけど。これは僕の完全なるエゴだけど。そういう人と会う度に、僕の心は虚しく、無力感でいっぱいになっていたんだ。

 

 

 

 

よし!今度は人に言葉をもらうだけでなく、自分で「大丈夫!」を体感してもらおう!

 

そうしてはじめたのが、自分で自分らしい個性や表現を筆文字表現で取り戻す個性筆教室。

なりたい自分に自分でなれると1000人以上の人に教室を通して「大丈夫!」を伝えてきた。

 

けれども…。

 

僕や人から、賛美を受けても。

「こんな表現でいいんですか?自身が持てません」と言って。

 

できているのにできてないと思い込み、今の自分にしがみつき、大丈夫の世界に行こうとしない人の数々。

 

これもまだ自分の思うようにはいってない。

 



つくづく思うけど。僕はエゴの塊だ。

 

 

 

「自分のやった仕事で、1人でも人生を変える人がでるなんて凄いじゃないか!」

 

そうやって知り合いからも言われたりするけど。

僕はそこにとどまることができない。

 

自分が思い描く社会に、一歩でも近づく働きをする。それに挑戦しなかったら、自営業じゃなくてサラリーマンをやってたほうがマシだ。

 

そう思ってしまう。

 

そして性懲りもなく僕は次なる挑戦を掲げたんだ。

 

 

 

『自分の人生を自分で「大丈夫!」に出来る人を増やす。』

 

 

 

実はね。

 

路上詩人も筆文字教室もダメなことばかりじゃなかったんだよね。

 

実はこれらの経験からすごいものを発見しだんた。

 

それはね。

 

 

 

『人が大丈夫の力を発動する2つの力』

 

 

 

これを知ることができたんだ。

明日はこの、人が大丈夫の力を発動する2つの力。これについて書いてみるね。

 

読んでくれてありがとう!

 

--------------------------------------------------


リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加

おかげさまで。くっちゃんです。

 

昨日の記事で自分を動かすものがひょこっと現れてきたと話しました。

 

今日はそれがどうやって現れてきたのかと、自分を動かすものについて話すね。

 

 

結論言うとね。

 

 

ある一点を見ながら、目の前のできることをもがきながらやってみた。

 

 

 

ということなんだよね。

 

その一点は何かというと。

 

 

 

自分の仕事の原点

 

 

 

「自分の仕事の原点ってなんだったかなー」という想いや視点や思考を持ちながら、目の前のことをやる。

 

そしたらね。ちゃんと思い出すんだよね。

 

自分の原点。

 

 

 

僕らは日が立つにつれ成長していくもの。

そして成長と同時に、色々な方向転換をしていったりする。

 

そしてそれがら色々起こってくると、自分のスタート地点を見失い、自分が今何のためにそれをやろうとしていたのかも忘れてしまうことが起こったりする。

 

何のためには自分のエネルギーを発動させる源。

 

だけど、それがわからなくなることがある。

 

 

 

それをもう一度、今の自分の何のためにを取り戻すために。過去の何のためにを取り戻し、今の自分の気持ちを確かにすることをするといい。

 

「そもそもこの仕事をはじめた原点は?」

「なぜこれをやろうとしたのか?」

「これを始めたきっかけは何だったろう?」

 

こんな問いかけをすれば、すぐに思い出すことができる。

 

 

 

僕の原点はやっぱりこの物語を拔きには語れない。

 

 

会社に入社して3年目の夏。
徹夜明けの仕事場のトイレで突如の呼吸困難、僕は倒れ込んだ。

『パニック症』

200人の同期がいる中、自分はならないと自負していた自信が崩れ去り、僕は会社を休職しひきこもりになった。なんとかここから這い出よう。様々なことをしてもがいていた時。僕を後押ししてくれる言葉と、僕を引き戻す言葉と出会った。それが。


『大丈夫』


この言葉。リハビリ中。出会う人すべての人が僕にこの言葉をこう投げかけてきた。

「まさ、大丈夫?」

きっと心配という愛だけど、その言葉は僕には届かなかった。大丈夫じゃなかったから。聞けば聞くほど心配になり不安になり、落ち込んでいった。そんな中。僕の友達の中でたった3人だけ。同じこの言葉を僕にこうやって伝えてきてくれた人がいた。

「まさ、大丈夫!」

根拠はないのに、「大丈夫!」といい切ってくれたこの3人のこの言葉に。なぜか僕は勇気と自信と希望を取り戻し、自分で自分のことを「大丈夫!」と思えるようになり、自分自身で病を回復させ、人生を変えることに成功した。



僕もあの3人みたいに人に「大丈夫!」と言える人になりたい!



その気持ちを胸に、僕は路上に座って路上詩人になり、僕の仕事は始まった。

 

 

これが僕の仕事の原点の物語。

 

だけどこの物語には続きがある。

 

あれから7年の月日が立ち、僕は成長した。そして原点もあれから成長したんだ。

 

 

路上詩人で人に言葉を届ける時も。
書道パフォーマンスをやる時も。
教室をやる時も。
トークライブをやる時も。

心の中にはいつだってこの憧れの気持ちがあった。



『人に「大丈夫!」と伝えられる人になりたい。』



だけどそれを今思うと、少し気持ちは変わってきている。
「大丈夫!」と言える人になりたいと描いていた自分の想いの原点は。

1万人以上に「大丈夫!」と路上で即興で言葉を届けてきた経験や。
1000人以上の人に「大丈夫!」と筆文字表現で個性を出す教室をやった経験や。
100人近くの人を「大丈夫!」と講師として育成してきた経験。

もう自分は「大丈夫!」と言える人間になっている。

僕が次にやりたこと。それは。



『自分の人生を自分で「大丈夫!」に出来る人を増やしたい。』



自分が人を「大丈夫!」と励ますこと。これは引き続き僕のアイデンティティとしてやっていくけど。

次なる目標は、僕がいなくても、自分の人生を自分で大丈夫にしていける人を増やす。
それがいま出てきた僕が僕を動かす想いだった。

 

 

 

ということで。

 

原点を思い返し、今から原点を見た時。原点を成長させる。

 

そうすると、また原点のエネルギーをもらい、自分を動かすエネルギーが湧いてくる。

 

 

 

では。

 

なぜ『自分の人生を自分で「大丈夫!」に出来る人を増やしたい。』と思うのか?

 

そんなこと本当にできるのか?

 

 

また次の記事でそれを伝えられたらと思います。

 

読んでくれてありがとう!

 

--------------------------------------------------


リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加

おかげさまで。くっちゃんです。

 

今朝は夜中の2:30に起きて、朝の6時まである書道作品を作ってました。

 

『自分の人生を自分で一生大丈夫にする』

 

そんな人を世の中に増やすため。眉唾もののこの挑戦をするために、先月からスイッチが入り、その活動の力を注いでます。

 

本日は夜中の2:30に起きて数時間。

 

スーリスリ。スーリスリ。スーリスリ。と僕の部屋では音がなってました。

 

怪しいね。別に包丁研いでたわけじゃないよ(笑)

魚釣りやるから、よく夜な夜な包丁研いだりするけど(笑)

 

やっていたのはね。

 

これ。

 

 

何かというと?

 

墨を摺るということをやっていたのです。

 

 

 

墨を摺るのは学校とかでやったことがあるから、見たことがある人がいるかもしれないけど。がなんで白いの?なんか硯の形が辺じゃない?そう思われる方もいるかもしれない。

 

実はこれ。このプロジェクトのために陶芸家さんに特注で作ってもらった陶器の硯なんです。

それについてはおいおい話していくね。

 

 

 

僕は基本仕事が好き。

 

大好きなことを仕事にしているから、ほっておいたら仕事ばかりしてしまう人だった。

 

だけど、前にも話した違和感やモヤモヤ感。これを感じてからはそんな状態にはなれなくなっていた。

 

 

 

あなたは夜中の2:30に起きてでもやりたいことってありますか?

 

 

 

僕は正直。前の仕事大好きな状態でも、そこまではなかったな。。

 

釣りに行くならできるけど(笑)

 

それ以外でできるものってなかった。

 

だけどここに来て、子供が完全に寝静まった静かな時間。自分も眠いけど起きてコソコソ何をするかと思ったら。

 

ひたすら硯で墨を摺り、そしてある書を書くということをする。

それをするためだけのモチベーションで目が覚める。

 

そんな状態になっているわけです。

 

 

 

でもね。

 

僕がやりたいのはね。

硯を作ることでもなく。

墨を摺ることでもなく。

書を書くことでもない。

 

なぜその活動をしているかというとね。

 

 

 

『自分の人生を自分で一生大丈夫にする人を増やしたい』

 

 

 

だから、夜中の2:30に起きて墨をスーリスリして、書を書いているんだよね。(毎日じゃなないよ、今日はタマタマだけどね。)

 

そこでちょっと考えてみた。

 

「自分の人生を自分で一生大丈夫にするミーティングが夜中2:30からあるけど来る?」

「自分の人生を自分で一生大丈夫にするカラオケ会が夜中2:30からあるけど来る?」

「自分の人生を自分で一生大丈夫にする勉強会が夜中2:30からあるけど来る?」

 

そう言われたら自分はどうするのか?

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

あっ。

 

ちょっと行くのめんどくさいかも(笑)

 

 

 

実はこの仮説は。

 

『やりたい想い』と『それをやる手段』の対比で。

思ったのが『やりたい想い』があれば、やる方法はなんでもやるかな?って思ったんだけど。。

 

ミーティングやカラオケや勉強会。

 

夜中の2:30にわざわざ起きて。。

 

いくら『自分の人生を自分で一生大丈夫にする』と言われても。。

 

いかないかも。。

 

 

 

ということは。

 

自分の体を動かすものって。

『やりたい想い』と『それをやる手段』の2つが合わさって大事なんだとわかった!

 

 

 

前者は思考。もっと言えば心であり魂。

後者は体感。もっと言えば感覚や五感。

 

 

 

ミーティングにもカラオケにも勉強会にもない、何か自分の中で自分の体を動かすものが、書という表現手段にあるんだねきっと。

 

それがなんなのか!?

 

そこまでは書かないけど、きっとそれぞれ自分の中に答えはあると思う。

 

 

 

『やりたい想い』は何なのか?

『それをやる手段』は何なのか?

 

 

 

これによって自分の体は間違いなく突き動かされるけどね。

これを机上で考えてはダメよ(いきなりお姉系…笑)

 

考えれば考えるほど、あなたはきっと動けなくなるからね。

 

「書は自分に合うかな~?」って机上で考えても、まず体験したことがなければ答えがでるわきゃないし、考えたって記憶を辿ることしかできない。

 

だからこれを出すには。

 

 

 

もがくこと

 

 

 

もがくってのは、ひとまず色々やってみること。

 

色々やるってことは、ただなんとなくやるんじゃなくて、自分の想いと体感を真剣に感じて向き合いながらやること。

 

これが、きっと自分の体を突き動かすものを見つける方法だと思う。

 

 

 

でね。

 

人は成長するものだから、きっとまたどこかのタイミングで自分の想いと体感がわからなくなったりするんだよね。

 

そしたらね。

 

またもがくこと。

もがききること。

もがき楽しむこと。

 

そしたら、自分の体を動かすものがひょこっと現れる。

 

 

 

実は今日はこんな話をするためにブログ書いてきたわけじゃないんだけど(笑)

こんな話になっちゃった(笑)

 

今僕の中で自分の体を動かすものがひょこっと現れてきた。

後は現れたらそれを信じてとことんやるだけ!

 

 

 

ではどうしたらそれがひょこっと現れてきたのか?

 

明日はそれを書いてみようと思うね。

 

今日もありがとう!

 

--------------------------------------------------


リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけますよ。

友だち追加

おかげさまで。くっちゃんです。

 

昨日書いたコチラの記事。結構反響があったのでちょっともらった感想を一部紹介するね。