おかげさまで。遊びの天才少年くっちゃんです。
 

今やっている『とはトレ』。

遠くは仙台の筆文字仲間が自分でやってみたみたい。

 

気づきとは?

 

なんかやったら気づきがあったみたい(笑)


 

気づきとはなんだろう?

 

僕はなんか気づきは遠くてすごいものではなく。

身近で常に一緒にいたもののような感じがするなー。

 

だからね。

 

気づきとは。

 

 

『あることに気づくこと』

 

 

自分にないものを探していくんじゃなくて。

「今自分にあるものはなんだろう?」

そうやって今あるものを探していく。

 

 

なんか違和感があって協会をやめたけど、まだ自分の本当にやりたいことに突き抜けてない自分がいる。

 

あせる気持ちもあるけど。

今コツコツやっている自分の新しいやりたいことの形作りを淡々とやるしかない。

 

そして問いかけてみる。

 

 

「今自分にあるものはなんだろう?」

 

 

約2年間。自主主催でやってなかった個性筆教室。

これはあるもの。

 

そして、これは変わらずに伝えたいこと。

あるものを大事にして。ないものは淡々と作っていく。

 

『ある』という感覚を感じると自然と『感謝』の感覚になる。

 

 

気づきとは今ある感謝と幸せに気づかせてくれるもの。

 

 

今に本当に感謝です。

 

 

--------------------------------------------------

あなたにとって『気づきとは?』なんですか?

よかったら考えてコメント欄に書いてみてね。

 
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

おかげさまで。遊びの天才少年くっちゃんです。
 

自分が可愛い

私の中で、自分は全て後回しとか、人の為に動かなきゃいけない脳に指令?があって。自分は後からでも、どうにでもなるじゃないって思っちゃう。 


私には弟がいるのですが、 生まれてすぐに大病して、障害が残るか命は諦めて下さいっていう状況を 乗り越えた子で、そのせいか家の中は弟第一の生活で、私は後回しだった 事も影響しているのかな。 


なんでも、やってあげなさい、手伝ってあげなさいの環境でした。 健常者でしっかり育ったのですか。私は、親の中では、なんでも1人でこなせる子、我慢できる子、回りに優しい子、 ずっとそれが偉いんだと自分でも思っていましたし、満足していたんだと思います。 


近所の方たちにも、可愛がられて、親からも大事にされ、重宝にされていたので・・・ 困ったとか辛いとは感じませんでしたし。 

そして、事故以来、その意識はそうしなきゃいけないって、義務へと変った気がします。 自分は、みんなの残りで、一番最後でいい、何事もいい思いをしてはだめって。 みんなが、笑ってくれたら、喜んでくれたら、それでいいって・・・・ 

そこからは、日々が葛藤となっていますね・・・・。 


自分を可愛い=わがまま、贅沢ってなっちゃってます。 
こんな私は、わがままは言ってはいけないとか思ったり。 嫌いって思うのもワガママ


言った時は、後から反省や後悔になってしまって。 
これが、きっと、私の前に進めない地雷なのかな・・・・・。 

 

なるほどねー。幼少期の家族の中でそんな役割を与えられたんだね~。

役割。

実は役割の呪縛は世の中本当に多い。


このブログを読んでみてほしい。


きっとこの映画はすごく良いメッセージをくれると思う。


そして。

その過去。

自分の味方。自分のエネルギーに変えていこう。
そこから使命を紡ぐ方法があるよ。



どんな時代。どんな場所。どんな親や家族の元に生まれてもいいのに。
なぜあなたはこの時代。この場所。この親、家族の元に生まれて来たのか?



何を学ぶため?
自分の魂の何を成長させるため?
誰の役に立つため?



これをちょっと考えてみて。

あなたの過去の体験はあなたを苦しめるためではなく。
あなたが選んで体験してきたこと。

選んだ理由を忘れてるかもしれないけど。

必ずそれはある。



可愛いはぜいたく。

でも。あなた本当はどうしたいの?

あのね。

 

あなたの願い通りにしてもいいんだよ!

 

 

応援してます!

 

--------------------------------------------------
 
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。

おかげさまで。遊びの天才少年くっちゃんです。
 

人は数ヶ月数年で驚きの変化をしていったりするもの。

何人もすごい変化を僕は見させてもらってきたけどね。

 

また一人すごい変化と挑戦を成し遂げて、さらに自分らしく生きる挑戦をしている人がいるので今日は紹介するね。

 

 

 

りみちゃんがはじめて個性筆教室に来た時。

 

はじっこで小さく、存在感も出さず静かに筆文字を淡々と書いてた。

 

すごく自信がなさそうだったんだけど、彼女が書く筆文字からは光とパワーが出てるのを感じたな~。

 

 

そしてその後。当時のインストレクター講座に来て、教室教えるための講座なのに。

「教えるのが怖い。」

「発信が不安。」

「やっていいのかな。」

「ブログやfacebookできないです。」

 

とか言っている。そんな状態だったなー(笑)

 

 

 

でもね。筆文字をやった結果。自分と向き合い。そして仲間との共創の場によって彼女は変わっていった。

 

「ひとまず今自分の中で一番ハードルが低い形で教室やってみたら?」

 

という提案から、ご近所さんに声をかけて人生初の教室をりみちゃんはやった。

 

そしたらね。

 

 

開花した!

 

 

「そうだ!私できたんだ!」

「教えること、伝えることってこんなに楽しいんだ!」

「やっていいんだ!」

 

それからりみちゃんはカルチャーセンターなど様々なところから教室依頼がきて、今年は自身初の半年講座を立ち上げ大盛況。

 

 

ちょっとこのタイミングで自信のなかった1年前から、たった1年でここまで変化したのをちょっと振り返ってもらいました。

 

きっとあなたに希望を届ける話だと思う。

 

りみちゃんの言葉でどうぞ。

 

10年間の辛い結婚生活、2度目の離婚、すっかり自分に自信を無くしてしまった私は、シングルマザーで仕事に追われる日々を過ごしていました

そんな中、
転職を機に趣味で初めた筆文字

初めてくっちゃん師匠の筆文字講座に行ったのは約一年前の3月の事

ブログを初めてみたけど、知り合いに見られたら…知らない人に読書登録できないです…とかそんな事を相談したの覚えてるなぁ(笑)

しかも自分のかわいい字が気に入らなくて。。

その時にくっちゃんが
りみちゃんらしいね
りみちゃんにしか書けないねーって
褒めてくれ衝撃で(笑)

自分らしくいけばいいんだ!って
無理してかっこ良く書こうとしなくても
かわいい字が私の持ち味なんだ!って
気付きました





その言葉のおかげで
それから筆文字がもっと好きになって

好きな事が仕事になったらいいなぁと思い
最初はメルカリで販売をしてみて

母の日用にお名前ポエムが初めて売れた時は
本当に嬉しかった!


イベントにも無防にも申し込んでみて
テントいるんや!机借りるの?!と初めて知ったり
その時は、書き下ろしはまだやる自信がなくて
お名前ポストカードを販売して
私の作品が売れるんだ!ってまた感動した


そんなメルカリでの販売や、イベントでの体験、お客さんにすごく喜んでもらえたり、筆文字を褒められる、その成功体験の繰り返しで、結婚生活によって出来ない自分って思いこんでいたけど、

そうだ!私は何でもやれば出来るんだった!に変わりました


Facebookも怖いーと言っていた私が
発信もしていく様になって

日々悩んだり迷ったりも
たくさんたくさんしました

でも、何でもネットで調べたりして
ネットショップを作ったり
メッセージブックを作ってみたり
やりたい!って思う事はとりあえずやってみた


路上書き下ろしも経験できた!


夏にインストラクター講座を受けたのですが、実は講座をする気はその時はあまりなく
(出来る気がしてなくて)
くっちゃんが日にちをあわせてくれたし、断るのも…て気持ちで行ったんだけど(笑)

でもせっかく高いお金を…しかも分割で払って行ったんだし!(笑)、と、認定証をもらう為モニター10人の講座をとにかくやってみよう!と、開催

これも超ドキドキの募集(笑)

ちょうどマンションの自治会の役員だった為、有難い事に役員仲間が沢山来てくれて

で、講座をやってみたら。。。
めっちゃ楽しかった!!!!


皆が喜ぶ姿を私が創れるんだ!って事に感動して『もっと伝えたい!』と、それからさらに講座をするようになると、
筆文字仲間からのご縁で、都会の心斎橋でセミナールームを借りれる事になり。。


そして講座を開催していく中で
いろんな人に出逢い
自分がどんどん変わっていくのを感じて


その中で
昔悩んでいた時に、『同じように悩んだり、自信をなくしたりしている人を励ます人にいつかなりたい!』って
一人で思っていた何年も前の夢を思い出しました


自分が自信を取り戻して
変われたんだから
誰だって変われる
私に出来たんだから!って事を伝えたい

その思いが芽生えてきて

会社勤めの私は、日、祝しか休みがなく、
時間も限られているので
3ケ月位は休みなく講座をしてみたり

1日10時間パステルのレッスンもした(笑)
必要としてくれてる生徒さんがそこに居たから


とにかくやれる事をやれるだけ

ブログも誰かに届くようにと
メッセージを書いたり。。

今、アリオのカルチャースクールで講師をさせて頂いてるのも、ブログを見た担当の方から
依頼があってのご縁


人との出逢いに感謝して
時間の合うものは参加してみたし
いろんな事も学んだし
仲間作りも大切にした


とにかく。。。
何でもやってみた!!



そこには
『想い』があったから


シングルマザーの私が出来たら
みんなにも『出来る!』って希望を
与えれるって信じてたから


そして1年経った4月、専門コース開講
15名が集まってくれました



りみちゃんの作品が好きだから、と
千葉から来てくれている方も


原点はあの日くっちゃんが
りみちゃんらしいねって言った言葉

『りみちゃんらしい』は自分を認めるきっかけの言葉



たった一言で人は救われる


筆文字は私が人にその一言を伝える事の出来る魔法のツール

講座はそれを伝える人を増やす事ができる
魔法の時間


私は私でいい
あなたもあなたでいい
もし、今自信をなくしてしまっている人がいたって、絶対に取り戻すチャンスがある!!

ママでも
主婦でも
仕事があっても
シングルマザーでも
誰だって自分の人生を輝かせる事が出来る!!

それを伝えていきたい!!!

迷ったり悩んだりしながらも進んでこれたのは師匠や仲間達に支えられてきたから

本当にみんなに心から感謝です❤️

桜花 りみ

 

 

やってみた!

 

 

 

シンプルにね。これが自分の人生を変え、世界を変えていくことなんだと思う。

 

では。どうやったらやってみることができるのか?

 

それは。

 

りみちゃんの言葉で言うとね。

 

 

『想いがあったから』

 

 

ではどうやったら想いが持てるのか?

 

それは僕の言葉言うとね。

 

 

気づくこと。

 

 

誰の中にも必ず想いはあって、それに気づいてないだけなんだよね。

 

だから僕は筆文字を教えてるのをやめられない。

 

筆文字は自分の想いとの対話のツールだから。

 

 

筆文字をやればやるほど、自分と自分が対話をして、自分の想いに気づいていける。

 

りみちゃんがそうやって自分の想いを確かにし、想いが確かになることで、やってみるという行動が生まれ、その行動が彼女を1年で激変させていった。

 

 

りみちゃんの今後のさらなる進化も楽しみ。彼女の講座で特に大事に伝えているのが…コレだって。やっぱりさすが!

 

 

 

 

 

おかげさまで。遊びの天才少年くっちゃんです。
 

最近久しぶりに個性筆教室をやらせてもらってるんだけど。

やっぱりおもしろい!

 

「自分らしい字ってなんだろう?」

「自分らしい表現ってなんだろう?」

「自分の世界観ってなんだろう?」

「自分ってなんだろう?」

 

入口は字だけど、筆文字を書きながらこうやって自分を自分で向き合って行く時間。

 

そしてその時間によって、字が変わり、自分が自分らしく変わっていく姿は、見ていてこっちもうれしくなるもの。

 

 

 

くっちゃん

 

こんにちは。えりりんこと町山江梨香です。

金曜日は、個性筆教室に参加させていただき、ありがとうございました。

 

なりたい自分探しを始めてから、どれくらい経ったかなー。

 

もう分からないけど、最初は自分の好き!を認めていこうって思って

お米や麦茶を自然農のものに変えたり、調味料を全部昔ながらの製法のもに変えて化学調味料とかわけわかんないものをどんどん排除して、

子供ともっと一緒に居たいから、大好き(だと思ってた)仕事から片手を離してみたら、手に入らないと思ってた沢山のものが手に入ってきたり、

好きなことする、好きじゃないことしないって勇気出してたら、ずーっと前から自分の中にあった自分らしさみたいなものに気づけて

それで、くっちゃんの個性筆教室も見つけられたし、くっちゃんに会うこともできました。

 

まだまだ自分を信じることは難しいと感じてるけど、

それはくっちゃんの言うとおり、やりがいのあることだから、自分を信じてくれる人や家族を信じて進んで行きたいと思います。

 

今まで自信が無い、と受け取らないできたみんなからの愛を沢山たくさん受け取って豊かな私になります!お陰様で。

 

 

私は、話も下手だし、自分の思いをその場で伝えるのは苦手だけど書くことはできる。だから、筆文字で愛を伝える人になるー!

 

自分が書いた字で人に喜んでもらう!

特に、障害があったり、何か引け目を感じているような人に、そのままで大丈夫だ!あなたは愛されて生きているって

愛を込めて字を贈りたい。

 

くっちゃんに会えて、そう思ってた自分を、それでいいんだと受け入れられました。信じていいと思いました。

これを自信というのでしょうか。。。。

 

 

今、まだ、何をどう進んだらよいか分からないけど、まずは心を込めて字を書いていきます!

恥ずかしいけど、人に見せて、贈っていきたいと思います!

 

 

教室が始まる前に少しだけ話したけど、木彫りも諦めないでやろうかな。

自分で書いた字を、自分で彫った木枠に入れたりなんていいんじゃない!?とか思ってます。

 

まだまだ伝えたいことが溢れてきますが、今日はこの辺で。。。

くっちゃん、筆文字も生き方も瞑想もお塩(注文した)も、本当に沢山のことを教えてくれてありがとうございました。

 

私、師匠って存在が自分の中に無かったんだけど、くっちゃん、師匠になってください。(いや、もう勝手に師匠だと思ってるけど。)

 

これからも、どうか宜しくお願いします。

 

 

そうそう。それ自信だよ。

 

筆文字はね今回もそしてこれからも色々変化していくもの。

自分の心の成長と変化と共にね。

 

そしてたぶん今回の一番の宝は。

 

『伝えたい想いを持てて、その伝えたい想いを形にして伝えいくぞ!』

 

と思えたことだと思う。これを誰もがみんなやりたいと思ってるし、これをやるための一人一人の人生と言っても過言じゃないかもしれない。

 

 

 

そんな彼女。

 

早速今まで人に自分の表現を出せなかったのに、Facebookで一日一書という発信を始めた。

 

 

この字も。そしてこの表現も。これからどんどん変わっていく。

 

『その伝えた想いを伝えていく』という気持ちを持ってさえいれば、それはずっと続いていく。

 

えりりんの今後がほんと楽しみ!

 

 

自分を光らせ誰かを光らせる表現者。もっともっと増やして行くぞー!

 

 

--------------------------------------------------

リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

感情×言葉で自分の言葉

テーマ:

おかげさまで。遊びの天才少年くっちゃんです。
 

以前に問いかけしたこれ。

 

 

この時代。嫌でも色々な数多くの情報が入って来る中、その中から人に伝えたいと思うものは限られてるよね。その中から。

『人に伝えたい言葉』が自分の言葉になる

そう思ったものは自分の言葉。これはシンプルな考え方でいいね!

 

 

 

 

言葉自体、誰かが作ってそれを僕らは借りて使っているようなものだからね。
 

でもきっと言葉は自分が持っている感情の半分も人に伝えられてないと思う。

「壊れるほーど愛しても~1/3も伝わらなーい。」

あっ。1/3も伝わってないらしい。

 

それでも僕らは今日も誰かに言葉で何かを伝えている。

この自分の感情を誰かに伝えたいから。

感情×言葉=自分の言葉

言葉に自分の感情を込めることで自分の言葉になる。

これいいね!

 

 

 

ということで。

 

自分の言葉とこうやって一度向き合っておくとね。

自分の中の自分の言葉の定義ができる。

 

そしたら自分の言葉で作品を作ったり、普段会話をしようと思った時。

 

自然と感情を大事にして作品を書いたり、話したりすることが起こったりする。

 

そしてそれは、今まで以上に人に伝わる表現になったりする。

 

 

自分の言葉とは?

 

やってない人はやってみてね。

 

--------------------------------------------------

 
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!
 
 
質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!