1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月08日(月) 23時45分24秒

天津風にて

テーマ:ブログ

image

 

 

今日、初めてグループホーム天津風の食事を手伝うことができた。

手伝えたのはスタッフ分をいれて17名の昼食だけだったが、とても面白かった。

 

今日のメニューは、さわらの煮物とキャベツのごま和え、きのこ汁とご飯、みかん、自家製ヨーグルトだった。

私は、今まで、様々な人たちに料理を作って来たが、平均90歳越えの人たちの食事を考えたことがない。

いわゆる、介護食についてということだ。

 

私は自分がこれから介護食を今よりもっと美味しく、喜べるものにしなければならないと感じた。

何故ならば、私もそのうち、この介護食を食べるからだ。

それまで(ミッチが言うには私)の時代までには、最高に美味しい介護食を生み出す必要がある。

その輪をどんどん広げて、私の口に入る食事も、

最高に美味しい食事になるようにしなければ、老後が危うい!と感じた。

 

この、介護食についてはこれから色々とブログにあがていきたいと思う。

 

 

 

今日、

料理を作っている最中に、一人のおばあちゃんが来て

「ねぇ、ねぇ。」と私に声をかけて来た。

 

「ん?どうしたの?」と聞くと

 

「ねぇ。私、寂しいんだけどどうしたらいい?」と聞いて来た。

「ねぇ。私、寂しいよ。ねぇ。」

「どうしたら、家に帰れるの?ねぇ。私どうしたらいい?」と言う。

 

私は、

「ええ!それはどうしたらいいんだろうか?」とそれ以上答えられなかった。

 

「ねぇ。私を一人にしないで。」

「ねぇ。寂しいから、私を一人にしないでね。」と言っていた。

 

私は、

「この中にお友達はいないの?子供さんたちは遊びに来ないの?」と色々と聞いてみたが、

おばあちゃんはうまく答えられなかった。

それよりも、肌綺麗だね。俺より綺麗なんじゃない?って言ったらすごい笑顔になった。

 

 

 

 

天津風にて

 

料理人としての楽しみや成長を考えたら、リボーン洞戸の厨房ほど面白い場所はないだろう。

しかし、人としての成長を考えたら、天津風の空間ほど面白い場所はないだろう。

私はこれから、その両方を体験していくことになるのだろう。

 

そう感じた1日であった。

2018、01、08

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。