「結婚式をもう一回やりたい」

「こんな結婚式は初めて」

そう言っていただける結婚式を作る、

フリーの結婚式司会者、

中野梨沙です。

 

会場の専属ではなく、

フリーならではの視点で、

型にはまらない、お二人らしい

ウェディングのご提案をします。

当日だけではなく、結婚式の準備段階から、

お二人に寄り添ってお手伝い。

「結婚式やって良かった」と言わせます。






本日はお客様からの声をご紹介。

レストランウェディングをされたHご夫妻です。








Q・会場の専属ではなく、フリーの司会者を検討した理由は?

A・打ち合わせが何度でもOKだったから。

(会場専属の司会者は1回の打ち合わせで不安だった)




Q・Free Bridal中野梨沙と顔合わせした際の第一印象は?

A・テキパキしていて、話しやすい人だなぁと思った。




Q・ズバリ、中野梨沙に決定した決め手は?

A・当日まで日にちがあまりなかったけど、

段取り良く進めてくださって、信頼できて、

安心してお任せすることができると思ったから。






Q・実際に結婚式、ウェディングパーティーを終えていかがでしたか?

A・当日の流れをみて、臨機応変に司会進行して

いただけました。

ゲストの方からも「司会のかた良かった!」と

言ってもらいました。

打ち合わせの日から、私たちがどうゆうパーティーに

したいかをすぐにくみ取ってくれ、スムーズな進行を

していただき、お願いして本当に良かったと思っています。



Q・お二人にとって結婚式とは?また一番大事にした部分は?

A・新郎新婦が主役ではなく、結婚しましたという報告と、

幸せな姿を自分たちの大切な人たちに、

見てもらい、ゲストをとにかく楽しませたいという気持ちだった。

「ゲストとなるべく近い距離で」という部分を一番大事にした。




素敵な感想をありがとうございます!




感想の中にもありますが、

お二人が「どんな結婚式にしたいか」を

とっても大事にしています。





まったく同じ結婚式はありません。

お二人それぞれの価値観や、

思いがあります。



それをいかに理解し、表現するかが

大事なことだと思っています。



もちろん最低限の司会技術は必要ですが、

それがなければ、「みんな同じ」結婚式に

なってしまいます。




たぶん私、特別なことは

していません。

技術がものすごく優れているわけでは

ありません。

司会者として9年目って、

まだまだ若手なほうです。




でも大事なことって、

本当に技術なのかなぁって

最近思います。

もっともっと深い

「思い」とか、「心」の部分なんじゃないかと

思うんです。




ただただ、お二人のことを考え、

お二人の思いをいかに表現するか、

ゲストが楽しんでいただけるかを

考えて司会をしています。






だからこそ、

お二人のことをよく知るために、

1回だけの打ち合わせでは終わりません。


幅広いご提案をします。


常識にとらわれず、自由な発想を

忘れません。



結婚式当日までお二人に寄り添って、

お手伝いします。









お客様からのお声は、

私の通知表でもあり、

一番の原動力!!




素敵な感想、ありがとうございます!!





ご依頼については、こちらをご覧ください→

料金やお申込みについて