フランス絵巻き

南仏コートダジュールの日常。文人画人:よんじょうノ御息所(みやすんどころ)

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←うっとうしくなければ、ブログをお読みになるたびにココをクリックして下さると光栄。お嫌なら不要。にほんブログ村





NEW !
テーマ:

地下鉄・上野駅ホーム↓可愛い。

昨日、旧友と北千住で昼飯後、”ブータン展”(上野の森美術館)に来ていた別の友人と、上野で落ち合う事になったんですわ。


ブータンは、幸せになれるノウハウが凝縮された国。

ブータンに学ばずともお幸せなYJ:「ワテにブータンは必要なし」


というわけで、ブータンも知らんが上野も知らんYJに、友人「待ち合わせは上野の森美術館スグ隣のカフェにいるね~」ということになった。

(友人も上野を知らない世田谷人なのだった)


早速、美術館を目指し、駅の改札を出て進ム。

もう到着したわ!

と思ったら、そこは国立西洋美術館だった・・。

上野の森美術館とは別人やねんね。紛らわしい。


こんな時に限って、付近の案内所には誰もおらず、人通りも少ない。

友人に「迷い中」とメール送信。


そこに、たまたまスーツ姿の男性(30代後半?)が通りがかった。

すかさずYJ「あのーっ!上野の森美術館は何処ですかネ?」


男性「ン?あ、えーと・・・」。

と、そこから男性はスタスタと数メートル歩き、周辺を探してくれた。

その後、「わからないですねエ・・」

YJ「どーもすいません、ありがとございました」



男性が去った後、ふたたび友人に「難航中」と送信。

その場でしばらくメールのやり取り。

(スマホだと速く打てないもんで、一文を送るのに、いちいち時間かかる)



(友人に貰ったブータン土産↑”幸せの箱”)


友人からの”道しるべメール”もラチがあかず、途方に暮れそうになった矢先、遠くから小走りでこちら方向にやってくる男性を見い出した。


男性「わかりましたヨ!」と第一声。



YJ「???。・・・・!!」


ええっ!!

さっきの男性やんっ!

まさか、戻ってきてくれるとは!

立ち去ってから随分時間が経過してたんで、思いもよらず。


YJ「うわ~(←マジ感激)。なんとご親切な!感動ですわ(シミジミ)」

男性「いえいえ(照れる)。え~と、ココから隣の隣の、もう1つの隣が上野の森美術館だそうです」

YJ「わー。わざわざホントーにありがとうございました!助かりました」


と、あらためて対面してみると、男前やんか。

急に、ステキ男子にみえる。

名前をききたい衝動に駆られるも、もう1人のアタイが「訊いてどないすんねんっ!」とツッコミをいれる。


なんとも名残惜しいまま、お名前も何もきけず。

その人はちょっと照れた感じのまま駅方向へ歩いていった。


実に惜しい。

(何が?)


その後、上野の森に向かって歩きつつ、気になって、男性の方向をチラっと振り返りましたが、獲物はもう、人ごみに紛れてしまっていた。



というわけで、

ブータンに行かずとも、幸福は目の前に?

ウヒ~。


<PS>

”幸せの箱”の中身は?↓




”金平糖”~↓


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

アンジェリーナは、パリの老舗カヘー。

「銀座プランタンの中にありますョ」ってことで、仲良しのヤング女子2名と、長時間ランチ@アンジェリーナ。

パリのアンジェリーナにも行ったことないねんけどな・・・。


オナゴの1人はご実家が仏国。


オナゴ曰く「本場(パリ)のアンジェリーナはめちゃ庶民的だった」そうで、銀座アンジェリーナのほうがよほど洗練されているトカ。


スズキ↓が旨そーだった。仏国でも人気ウオ(魚)なり。

オイラは珍しく”鴨”じゃ↓。オレンヂソースとあいまって旨シ。

本来は、どちらというと魚介好きなんスが、最近は断然、肉のクチになってる日多シ。前夜はウシを食ったシ。

ずっと忙しかったせい鴨。


デザートはアンジェリーナ名物”モンブラン”↓

(食いかけでスンツレーしますよ)

普段、ケーキを選ぶ際、モンブランはMy選択肢には無いねん。

But、アンジェリーナのモンブランを知らずして、モンブランを語るなかれ”だ。

ほんまかいな・・。


今年のヨンジョリーナ画にも、偶然、アンジェリーナ画が2点あったダヨ。

搬入の日、この解説↑をみたギャラリーのオーナー、「”男”と”女”を入れ替えてほしーワ」。

つまり、”女の好みは、男の数だけある”にせえ、っちゅー事。


んじゃ、もう、”蓼食う虫も好きずき”で、どない?



画中の”アンジェリーナ”商品=右端のチョコペーストざんす↑

YJさんのエプロンもお揃い柄にしているのよ。(※この画は初日に売約)



もう1個のアンジェリーナ画↓は、”まだある画”。

前面に横たわっているブツ=アンジェリーナのチョコレートですねん。


パリの老舗同士(アンジェリーナ&トゥールダルジャン)のコラボ画だす。

チョコのパッケージについてるメゾンマーク(丸い形の屋根)が、背景のホテルとマッチしてましょ。


でも、この画の”隠れポイント”は、左上に”ヤモリ”がいる事よ。


ヤモリ=家守=家を守るっていわれてますシ。

(ネコはシラ~っと・・・)

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヨン画を初期からコレクションしてくれているフレンチ・ビストロが西荻にありまふ。(”ラ・プルミエプッス”)


店頭の”焼きたてパン”コーナーに、今年のヨン画”バゲットねずみ”発見!


ジャムとパンに囲まれて、ピッタリの環境に落ち着きましたな。


その横に、”初期のヨン画”もあるねん↓


文字(右半分の仏語)部分は↓、画中の”ハートケーキ”のレシピどす。

左側、カフェテーブルの足元↑に描いてるのは、犬の水呑み用の”水”。仏のカヘーでよくある光景ダス。


店の奥のカウンターにも、初期のヨン画↓

(複数ある中の一部紹介)
(右上はモエ・シャンドン画。酒溢るる画は商売繁盛、縁起よし)


昔の”エールフランス機・ボーイング747”

CAになったYJの横は、ブカブカのパイロット帽をかぶったおイヌ。


これは去年のヨン画↓

1年の間に、絵がガラっと進化してまっさろ。

この画は↑パリの老舗レストランの(実際の)メニューをテーブルの上と壁に再現してます。

イヌ(右上)が、お皿をペロペロやってしまっているのがオチざんす。



ワテ自身も、絵とともに精神が変わりましたよ。

初期と変わってない部分と、劇的に変わった部分があるねん。

三回目(の個展)を終えて、気持ちが益々澄んできた。


自分がクリアーになると、現在の自分とズレているものがハッキリわかってきます。

歳とともに濁ってくる事が多くて、皆、それでマヒしてるけど、オイラは逆に(絵のオカゲで)、クリアーになってまんねや。


店の奥に、懐かしのトレビア~ンを発見↓

3年前、銀座のバー(ジロンド)で作ってくれた”ヨン画チロルチョコ”。

チロルの包み紙(4枚)を並べて額装してありましたよ~。


↑4点とも初期のヨン画だす(ブレブレでスンマヘーン)



さて。

この日(昨日)、ランチの分際で長居さしてもらいましたが、お店は満席。

お客人が入れ替わり立ちかわり、ツネに賑わっていたわ。

↑日替わりランチに、グラスワインを追加注文したら、”ランチワイン”なるものがあって、たったの300円!

(お店の焼きたてパンもタップリついてくる。写真中央)


しかもっ↓

ランチに、デザートをつけると、これまた”ランチデザート”とかで300円。

西荻300円の法則?

こんなに立派なパティスリ↑が300円、スゴクね?



ランチを食べ終えた頃、店内にヒョッコリ、知った顔(男女)が現れた。

3年前、西荻のアトリエで、1日YJ個展をさせていただいた時の日仏カップルだ。(アトリエの持ち主)

縁ある人は、約束してなくても逢うウンメーなのね~ん。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜、ギャラリーのオーナーと会食中、「あ、そうだ。」ってことで、ヒョイと、くださったお宝↓


美しき箱に、テンションあがる。


中身は、テラコッタ容器&生ポプリざます。

テラコッタの中に、”半乾きの”ポプリを移して使う。

湿った状態のポプリは、初めて見たョ。


「(容器に移した後)、時々、混ぜ混ぜして使うのよ」との事。

肥料(コヤシ)のよう。


一方。
個展中、『(いづれは)コレも描いてネ』ってことで頂戴した香水も、同じ店のモノだった。

見た瞬間に描きたくなる↑箱&香水

めっさ綺麗っしょ~。(瓶フェチだんねん)

テンションあがる。


ほんとは、描いた後に開封しようと思ってたンスが、昨夜、”サンタマリア血中濃度”が閾値に達したとみえ、どうしても開封したい衝動に駆られた。


が、BUT↓



開かん、開かん、アカン、アカン。



こんな場合は↓

とゆーわけで↓

・・・・・!!!!↓

ワーン。



こぼれたキミを無駄にしてなるものか。



うーむ・・・

(↑テーブルに香水がこぼれた状態で熟考中)




小さなガーゼに、こぼれた分を沁みこませ、ワードローブに置くことを閃いた。


お便所と洗面所にも置いた。

家中が芳しき❤



大昔、大酒飲みのジーサマが、テーブルにこぼれた日本酒を、直接、ジュルっと吸ったシーンを彷彿したけどな・・・。


PS

夕べは和食コースどした


この器が↓可愛かったニャ



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


江戸に移動する前夜、『そうや、明日の昼間はたっぷり時間あるやん』と、急に思いつき、以前から『ウチ(家)へ遊びに来てくださーい』と誘ってくれていた関西ジンに連絡。

『明日、昼飯どう?』って。(突然すぎんねんっ)


ヨン画を”初回から”コレクションしてくださってるお方どす。

(冒頭はご自宅の画像)


これは↓2年前だったっけ?(初期の頃ザンス)、『YJさんの絵を買ったら、臨時収入がたくさん入ってきたんで、”ビスケット画を描いてもらいたい”とオーダーしてくだすった時の画。


(額は、ご本人がZARAホームで調達。よく合ってますナ)


このビスケット画↑近くでみると、いろんな”シカケ”(”隠れビスケット”等)があって楽しいのよん。

(画像ではワカランのが残念じゃがネー。ウヒ)


さて。

こんかいはご自宅ではなく、『上司に許可をもらってきた』ってことで、勤務先スグのロイヤルホテル(中之島)で、長め~のランチ。

(彼女は、カタ~イ会社に勤務しているオヒスレディです)




オイラが昔、住んでいたのが、ロイヤルホテルのスグ近所。

週末によく、朝食バイキングに来ては、パンを食いすぎてましてん。

中之島界隈は懐かしく大好きな地でありんす。



ホテルDE昼飯は、イタリアーン。


最初に『お飲物メニュウ』がでてきたんで、

『軽く、泡にしよっかな~』と思ったら、グラス1杯1800円!

値段が軽ルないやん。


食いモンより酒1杯が高いのは、よーワカランので、”レモンチェロ”にしといた。

前菜↑はトレビアーーン。


パスタは、ペスカトーレをチョイス。


ペスカトーレだけが+300円だったんで期待したが、魚介の一部は冷凍品の風味?がしてチト残念。

(オレのベロが間違ってるかもしれまへん)




ワインゼリーの上に、ワイン種のブドウを使ったソルベ。

親子丼ならぬ、ブドウ丼(?)。



オヒスレデーはティラミス。




<PS>



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。