フランス絵巻き

南仏コートダジュールの日常。文人画人:よんじょうノ御息所(みやすんどころ)

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←うっとうしくなければ、ブログをお読みになるたびにココをクリックして下さると光栄。お嫌なら不要。にほんブログ村





NEW !
テーマ:

久々にヨン舟どす~。



(1926年代のカーざんす)



去年の江戸滞在中、”ウサギが可愛い”という理由だけで買った筆ペン↓



その日、高島屋の”徹子の部屋展”に誘ってくれた江戸トモが、『ついでに、(階下の)文具売り場で買い物する』ってことで一緒に立ち寄ったのだった。

江戸トモも、お揃いでウサギ筆ペンを買った。

(懐かし~)


その年、江戸トモは旦ハン(米人)の転勤で米国在住になった。

そして、彼女が日本を引っ越す直前、本と”和紙”が、仏国に贈られてきた。


それがキッカケで、”余興でヨン舟”(墨絵)を描くことになったのですわ。


余興(墨絵)を9点、今年の個展に出したら、思いのほか、評判よかったんよね。(想定外の完売)


M越I勢丹の絵画バイヤーさんも、(個展現場にて)『墨絵、このまま続けられたら、かなりイイモノになりますよ~』と”お墨付き”をくれた。


続けてへんけどな。・・。


ところで。

”うさぎ筆ペン”がかすれてきた際、買っておいた”詰め替えカートリッジ”(筆ペンと同じメーカー)を入れかえようとしたら、”うさぎの筆ペン”に適合せず。

ほれで、今年の帰国中に、適合するやつを買って帰らねば!と思ってたのに、(あれほど長い日本滞在だったのに)、カートリッジ1つ、買えずジマイ。


時間って、”タップリある”と、何もせーへんな。


というわけで、

仏国に戻ってきてから、米国の友に『ウサギの筆ペン、カートリッジが詰め替えられへんねん。なんでやろ?』とメッセージしてん。(←こんな事をイチイチ米国に尋ねなっ!)


そしたら、すぐに友人が調べてくれて、『あちゃ~!うさぎの筆ぺん、使いきりタイプだったわー』(詰め替え不可型)ト。


その返事に引き続き、『あの詰め替えカートリッジが使える筆ペンは、こんなのがありますよ~』ってことで、ダダ~っと、そのメーカーの筆ペン一覧も添付してくれた。


彼女は、もともと仕事ができる人なんですけど、いつでも、何でも、難なくサラっとやってくれる。

そして、”やってあげた”という感じを絶対に匂わせない人でアル。



その日、”筆ペン一覧”から選んだのがこのブツ↓

(注文先は、Amazon・ジャパ~ン)


桐のお箱↑はタイソすぎーっ、ですが、赤い”漆”(注;本物の漆ではなく、”漆調”)のボデーが気に入つたのだ。


(冒頭のクルマ画は、この”赤うるし”で初描きしたモノ)


自分だけが使うモノですけど、”見場がいい”ってのは、ヒジョーに大事なポイントですねん。


それだけでキブンがあがる。


<常駐PS>

月刊エッセー・南仏ネコ絵巻き

(ホーム社)


 
↑キブン、あがってるニャ。

”ねこ”という字のあたりに、ノリノリ感が迸って(ほとばしって)ますね。・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。