大阪梅田イタリアワイン好きのスパークリングワインバー:フランチャコルタ:オッタンタセッテ/87

2014年2月大阪市北区曾根崎で、日本初のフランチャコルテリア『87-OTTANTA SETTE/オッタンタセッテ』をオープンしました。
美味しい本物のフランチャコルタD.O.C.Gをもっと日本に広めたい!と思っています。

大阪・東梅田駅・北新地駅徒歩5分 イタリア・スパークリングワイン好きのための専門店【オッタンタセッテ】です。
電話番号: 06-6360-9508
営業時間: 平日(月曜~土曜) 18:00~L.O.25:00
定休日: 日曜・祝日


大阪でワイン会をお探しの方へ
メール会員の登録はこちら

テーマ:

こんにちは、フランチャコルタ地域大阪出張所のオッタンタセッテ-87-ですウインク

 

今日もフランチャコルタ地域でのもう一つの体験のご紹介!

 

それは、Festival Franciacorta d'estate (夏のフェスティバル フランチャコルタ)です。

 

年によって、開催場所が違ったりしているのですが、今年はちょうどフランチャコルタ地域のほぼ中央にあるVillaで行われました照れ

 

天気予報は、あいにくの雨ガーン...だったのですが、いやー晴れ渡りました~爆  笑

 

門を通ってから少し歩くとこの光景に出逢いましたびっくり

左に見える列は、チケットを購入する列です。僕達は、オンラインで前売り券を購入していたので、チケットの引き換えとダミー硬貨を更に余分に購入しました。

 

ダミー硬貨1枚でフランチャコルタ1杯、フードは、2枚と交換して楽しむスタイルでしたグラサン

 

フランチャコルタ地域にあるカンティーナ約120のうち、約半数の60軒が参加していました。

写真奥の方まで、フランチャコルタの造り手がずらりと並んでいますシャンパン

 

オッタンタセッテ-87-でもおなじみの造り手、サンクリストーフォロ。

娘さんのチェレステと奥様のクラウディアがお出迎えしてくれましたシャンパン

 

現在お店では取り扱っていませんが、イタリアでしていたお店時代によく使っていた、カヴァッレーリのディレッタも居てましたウインク

 

カンティーナへ出張バンケットも頼まれたりしていたんですよニヤリ

 

 

こちらのVillaは、なんて広いんでしょうキョロキョロ

皆さんピクニックの様に楽しまれていますね~。

こういう空気を日本でも味わって頂きたいです。

 

フードコーナー前には、DJさんと演奏者の方が盛り上げてくれます音譜

 

お料理もストリートフードをモチーフに各シェフのみなさんが腕を振るっていましたニコニコ

ちなみにお師匠さんのヴィットーリオとサンクリストーフォロのブルーノ。

 

もちろん、ピッツァも~ピザ

 

 

暑かったこともあり、ジェラートは大人気ソフトクリーム

 

いかがでしたか?皆さんも現地まで行ってみたくなって来ましたでしょうか?

フランチャコルタ地域では、毎年6月と9月にフェスティバルを開催していますシャンパンシャンパン

 

最近、日本でもようやく雑誌などで取り上げられ始めていますが、イタリアでは、フランチャコルタラヴァ―ラブな人達は、沢山いらっしゃるんですよシャンパン

 

そして早くも先月に行われたこのフェスティバルの模様がYouTube動画でアップロードされています。

         

なんと、僕達も写っているではありませんか~びっくり

始まって16秒あたりでブドウ畑を歩いているグループが僕達で(かなり小さいですが...)

 

そして、日本から一緒に参加して下さったお2人さまは、しっかりと写ってらっしゃいますよニコニコ

 

日本では、オッタンタセッテ-87-でこの空気感と美味しいフランチャコルタをお楽しみ下さいねウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、フランチャコルタ地域大阪出張所のオッタンタセッテ-87-ですニコニコ

 

イタリア・フランチャコルタ地域から帰って来て、少し順番が交互しますが、今日は、現地で体感した ザ・フローティング・ピアーズ の記録です。

 

The Floating Piers とは?

ポリエチレンで出来た浮を沢山つなげ合わせた物です。

 

この浮桟橋を 大々的に作り上げ、ひとつの芸術作品としてしまった方がいますびっくり

 

それが美術家のクリストさんです。

写真:sbardolinistudiofotografico

 

出身は、ブルガリアですが、現在は、ニューヨークに住んでいるそうです。

クリストさんのThe Floating Piers の作品に興味がある皆様は、リンクからどうぞ。

http://www.thefloatingpiers.com/#introduction

 

さて、僕達が体感しに行った日は、友達の進言もあって午前5時から作品場所の出発地点の街スルツァーノへ向けて移動しました。

 

運良くすんなりとシャトルバスで街まで移動できましたが、すでに列が出来ているではありませんか...ガーン

 

しかし、待つこと40~45分程するとスタッフの人達により、浮桟橋の出発点まで誘導して下さいました。

まだ、お月様が出ている朝焼け前の時間からいよいよ体感です!

 

作品である浮桟橋は、けっこうな幅で下に支えが無いにもかかわらず、しっかりした作りです。

たまに連絡船などが通ると、波に沿ってゆっくり揺れていましたが、微々たるものです。

 

少しづつ夜が明けてきましたね照れ

クリスト氏いわく、裸足で体感して欲しいという事などで、すでに裸足になっています。

 

なんか、合成写真みたいですねニコニコ

 

左上ぐらいから光が見えてきました。

到着してから、白いポリエチレンの上に敷かれたオレンジの布が「まぁ、こんなものか...」ぐらいでしたが...

 

朝日が昇ってくると、オレンジの布に反射して、黄金色に見えてきました。

みるみると黄金色に変わっていく瞬間は、とても気持ちが良かったです爆  笑

因みに、写真の時間で午前7時過ぎです。

 

進んで行くと、小さい島を囲った場所にたどり着きます。

この島を折り返し地点として、また引き返していくわけです。

 

普段は、見ている壁までが島部分で、中には別荘があります。

現在の持ち主は、鉄砲を作っている世界的に有名なメーカー Beretta ベレッタさんです。

 

もうすこし歩いてから、先程の小さい島より大きな島・モンティゾラ島からスルツァーノまでは、連絡船で戻りました。

普段は、この約30分おきに出ている連絡船が無いと島に行き来できません。

 

出発地点の街・スルツァーノまで戻ってくると、溢れかえるような人々...

朝の早起きがつらかったのですが、友達の進言を聞いておいて良かったと僕達も今回の参加して下さった皆様も納得でした笑い泣き

 

再びシャトルバスに乗り、僕達がお店をしていた街であるイゼオに帰ってきました。

はぁー、おつかれさまでしたと、お昼ご飯にしましたよニコニコ

 

一生の中でこの2週間しかない作品の展示を体感できて、とても良い経験になりました照れ

 

もうこの作品がイゼオ湖(多分世界的にも...)で展示される事は無いですが、この観光地化されきっていない...田舎っぽさ、人懐っこさ、楽しさ、美しさ、癒し感 を再認識する事ができました。

 

このイゼオ湖畔に広がるフランチャコルタ地域...

美味しいワインが出来るわけですウインク

 

 

美味しいスパークリングワインをお探しの皆様、オッタンタセッテ-87-でお待ちしていますニコニコ

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。フランチャコルタ地域大阪出張所のオッタンタセッテ-87-ですウインク

 

今日は、ワインの事を題材にされていて、誰でもが記事の作者になれるサイトのご紹介です。

アメーバブログではないのですが、「ワイン大好き!」なみなさまには、是非一度訪れて頂きたいアドレスです照れ

 

サイト名は、「今日もワイン部」 

大人だけのクラブ活動ですねグラサン https://wine-bu.com/concept

 

さて、どうしてこちらのサイトをご紹介したいかと言いますと...

 

先月26日にフランチャコルタ地域内で行われたフェスティバルの模様が空気感をそのままにお伝えして下さっているからですラブ

 

 

その模様の記事は、こちらから➡https://wine-bu.com/91

 

こちらの「今日もワイン部」を主宰されている方がオッタンタセッテ-87-までお越し下さった時、ちょうどフェスティバルのこの時期ミラノにいらっしゃるという事から、わざわざフランチャコルタ地域まで足を延ばして下さり、実現しました!

 

フェスティバル・フランチャコルタは、9月にも開催されます!

 

早くも3週間前のフェスティバルの模様が協会のYouTube動画で上がっています。

https://www.youtube.com/watch?v=Sp0Rf19fuAo

 

なんと、僕達と一緒に現地までお越し頂いたフランチャコルタ・ラヴァ―さん達も写っているではありませんかびっくり

僕達一行も2分20秒あたりに🐜(アリ)ぐらいの大きさで写っておりましたよ~ニコニコ

しかも1秒ほど...

 

 

もちろん、僕達もフェスティバルに参加していました。

 

現地まで行ってみたいと思われた皆様は、いちどオッタンタセッテ-87-へお越し下さいね~。ホテルやレストランの予約、チケットの購入手続き、そしてアテンドして欲しいという方がいらっしゃいましたら、なんなりお申し付けくださいねニヤリ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。