絢爛(けんらん)豪華な宮廷生活がよみがえる「ハプスブルク帝国の栄光 華麗なるオーストリア大宮殿展」が2日、神戸市中央区の関西国際文化センターで開幕した。

 ヨーロッパの名門ハプスブルク家は、13世紀後半から20世紀初頭まで約640年にわたり君臨。オーストリア各地には同家の栄華を物語る数々の宮殿がある。その家財、美術品を統括・管理するオーストリア王宮家具博物館が全面協力。今回は18世紀の女帝マリア・テレジアから19世紀最後の皇后エリザベートゆかりの絵画、工芸、食器、家具、宝飾など約200点を展示している。

 入場料は大人千円、高校・大学生700円、小・中学生300円。午前10時~午後5時。28日まで。8、15日は休館。

【関連記事】
彩り鮮やか 全日本アートサロン絵画大賞展
司馬遼太郎の絵心満載、取材ノート 記念館きょうから公開
米国生まれ、ポップなカラーの妖精「ポップルズの世界展」
鯖江市資料館が「まなべの館」にリニューアル
齋藤さだむ写真展「TRANSIT ZONE」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

中小企業支援マネジャーを再公募=新潟市〔地域〕(時事通信)
<津波>本州太平洋沿岸の津波警報を注意報に…気象庁(毎日新聞)
紀勢線の運転取りやめ=JR西日本(時事通信)
<国会>24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
ひったくり男、マラソン趣味・非番の警部が逮捕(読売新聞)
AD