自衛官が安心して定年退職を迎えるためのお金の貯め方・保険の入り方

元陸上自衛官のファイナンシャルプランナーが、退職金や若年給付金が減ってもビクともしないお金の貯め方、保険の入り方をお伝えしています。自衛隊の給与制度や勤務体制、団体保険も考慮した、自衛官の実情にあった相談が好評です。

NEW !
テーマ:
それすっごく怖いんです!

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


昨日今日と即応予備自衛官の訓練に参加してきました!

季節外れの蒸し暑さのなか、いっぱい汗をかいてきました。

たまに動くと、心も身体も引き締まる気がします。

気だけかもしれませんが(笑)


さて先日、年間隊員Tさんの初回のご相談のときのお話し。

初回だったので、まずは現状を確認させて頂きました。


最後に私が、

「まず最初の一歩は、家計の現状を把握することから始めましょう。

そのために、主に家計の固定費の部分を徹底的に洗い出してくださいね。」


というお話しをしました。


するとTさんはおっしゃいました。


「それすっごく怖いんです!

今までも何度も向きあおうとしたのですが、怖くていつも途中でやめてしまって・・・」



そうなんです。

家計と向き合うのって、実はすっごく怖いことです。


家計を見ると言うことは、自分を見ることでもあります。

お金の流れは、自分の人生の流れです。


自分がどれだけズボラだったか。

自分がどれだけお金を雑に扱ってきたか。

自分がどれだけ他人に流されて生きてきたか。



そんな自分と向き合うことになるからです。


でも、そこで怖くても勇気を出して自分と向き合うことで、等身大の自分が見えてきます。

等身大の自分がハッキリと分かった時が、スタートラインに立った時です。


でもね、今までの自分を否定することも、後悔することもありません。

今までも精一杯頑張ってきたはずだから。


まずは

「よく頑張ってきたね。」

って、否定も後悔もせず自分を労ってあげて下さい。


過去の自分を否定して前に進むんじゃなくて、

「今までのことがあったからこそ、今の自分は一歩踏み出せたんだ。

ありがとう。」

って、過去の自分に感謝して前に進んで欲しいなと思います。


Tさんも、お金を通して自分自身と本格的に向き合っていくことになるでしょう。


私はいつでも応援しています。

理想とする未来への地図を一緒に描きましょう^^


未来への地図を一緒に描いていける、”家計防衛隊プレミアム年間隊員”の受付は10/1からです。

もう少々お待ち下さいね^^


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

============

【隊長の独り言】

メルマガも10月から通常営業に戻ります!

============

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もし案通りになったら、旦那の小遣いをアップしてあげようと思います!

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


先週は娘のおたふく風邪な1週間だったわけですが、実は私自身も耳鳴りなどが続いていて、ついに昨日病院に行ってきました。

結果は、「軽い中耳炎ですね」とのこと。

今日はちょっと大人しくしておこうと思います。


さて、一昨日のお話。

年間隊員のHさんのご相談でした。

Hさんは30代前半で、旦那さんは陸上自衛官です


Hさんのお悩みは「保険」について。

「保険が家計を圧迫して毎月カツカツだけど、保険をどう見直していいか分からなくて・・・」

と、私にご相談下さいました。


保険を見せて頂くと、団体保険で約18,000円。

団体生命保険はもちろん満口です。


民間保険については、ご夫婦ともにS生命の保険に加入。

中身はいわゆる「入ってはいけない」保険。

はい、入っていけない保険といえばそう、「更新型」の保険です。

これが、夫婦合わせて約25,000円。


Hさんは、団体保険と民間保険合わせて、月に43,000円もの保険料を支払っている状態だったのです。

家計に占める割合は、なんと約25%にも上ります。


これは見直しがいがあります。


いつも通り、保険の入り方の基本基礎をお話して、腑に落としてもらってから具体的な見直し案を考えていきました。

考える順は、民間保険→団体保険の順です。


現在加入しているS生命の保険は、当初の予想通りムダだらけの内容でした。

具体的に言うと、団体保険と保障が重複しているところがたくさんあるのです。


例えば、生命保険。

自衛官の方であれば、万が一のときの保障は団体生命保険でカバーしてあります。

なのに、民間保険の方にも、多額の生命保険の特約がついていることが多いです。

そういった生命保険を付ける場合は、遺族年金等も考慮する必要があるのですが、そういった検証は一切していないことがほとんど。


Hさんもその例に漏れず、団体生命保険に満口加入しているのにもかかわらず、2000万円以上の生命保険特約がついてる状態でした。

必要保障額は、計算した結果3500万円ほどで足りるのに・・・です。


団体保険と民間保険の役割分担を考えた結果、こうなりました。

万が一のときの死亡保障は、団体生命保険に。

病気・ケガに対する保障は、民間の医療保険に。


その役割分担の元に、民間保険を見積もり、団体保険も適正化していった結果・・・


民間保険:約25,000円 → 約10,000円(-15,000円)

団体保険:約18,000円 → 約9,000円 (-9,000円)


民間保険と団体保険を合わせて、月の保険料が24,000円も節約できるという結果になったのです。


「月24,000円節約できた」ということは、「月24,000円給料が上がった」のと同じこと。

自衛官の昇給は1年で4号俸6,000円ほどですから、4年分の昇給と同じ効果があったことになります。

特別昇給よりもすごい効果ですよね。


年間で言えば、288,000円節約できたことになります。

10年で約290万円。

30年で約870万円ですよね。


見直さずに今のまま行けば、保険料に消えていった870万円です。

更新して保険料が上がっていくことを考えれば、1000万円以上の差になったでしょう。


「1000万円あったら、何をしましょうね?」

と私が聞くと、

「旅行とかいけちゃいそうですね〜^^」

とHさん。

「いやいや、世界一周旅行だっていけちゃいますよ^^」

と私。


自然と未来へのイメージが明るくなってきます。


「本当に見直し甲斐がありましたね!」

と驚くHさんでしたが、実は最初に現状をお聞きした時に私はこう予言していました。


「これは見直し甲斐がありますよ。きっと月何万円と変わってきますから、楽しみにておいて下さいね^^」

まさに、この予言通りになりました。


Hさんも勝負はこれから。

実際に行動していってこそ、この未来が手に入ります。

まずは旦那さんに納得して動いてもらうことです。


「もし案通りになったら、旦那の小遣いをアップしてあげようと思います!」

と嬉しそうに話してくれたHさん。

頑張ってくださいね!


保険を見直すだけで、こんなにも今が変わり、未来の可能性が拓ける。

逆に言えば、適当に保険に入ることがどれだけもったいないことか。

どれだけ人生の可能性を閉ざしているかってことです。


さぁ、月24,000円節約できたら、あなたは何をしますか?

10年後290万円あったら、あなたは何に使いますか?

30年後870万円あったら、あなたはどんな夢を叶えますか?


ムダな保険にお金を払い続けて、何も残らない未来。

保険を見直して、自分や家族の幸せのために楽しくお金を使える未来。



あなたはどちらの未来を選びますか?


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

============

【隊長の独り言】

ちなみに・・・

もし、今回の保険見直しで節約できた月々24,000円を投資信託で65歳までの35年間積み立てたとすると・・・



こんな未来が待っている可能性もあります。

保険にばかりお金を突っ込むのって、ホントもったいないなぁ。

============

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 学資保険で貯蓄している”つもり”になっていませんか?

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


今日は珍しく、夜のスタバからお送りしています。

嫁様にちょっとわがままを言って夜の外出。

たまには、こういうのもいいなぁ。

今度は嫁様を行かせてあげようっと。



さて、年間隊員のNさんから学資保険についてのご質問を頂いたので、久しぶりに学資保険のお話しです。


マイナス金利時代の今、学資保険では以前にもましてお金は育ちにくくなっています。

それでもまだ根強い人気があるそうですね。

「売り止めになる前に!」と言われて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。


子供の将来を想う親の愛情ゆえでしょうかが、その愛情の大きさとは裏腹に、学資保険が子供の将来のためになっていないケースが非常に多くなっています。


実は学資保険には落とし穴があります。

しっかりと考えて加入しないと、「貯めてるつもりが実は大損だった!」なんてことになりかねません。

「いざ進学!」というその時に気付いたのでは、泣くに泣けませんよね。


貯めている”つもり”かどうかは、この方法で分かります。

真実が分かってしまうので、怖い人はやらないほうが良いと思います(笑)


さぁ、あなたは学資保険で貯蓄している”つもり”になっていませんか?


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

================

【隊長の独り言】

ちなみに私は効率が悪いので、学資保険では貯めていません^^

================

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
保険屋さんに言われるがまま入っていたら、何百万円も損してました。

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


末娘がおたふく風邪にかかってしまいました。

あさっては保育園の運動会なのですが、絶望的です( TДT)

来年は年長さん。

最後の運動会にはおたふく風邪のリスクがなくなったということで、前向きに捉えることとしましょう。


さて、昨日は横須賀で年間隊員Mさんのご相談でした。

Mさんはご夫婦ともに自衛官です。


Mさんがご相談くださったキッカケは、N生命から保険の勧誘を受けたことでした。

自衛官夫婦だったMさんは、これまで夫婦ともに民間保険には加入せず、団体保険だけの保障だったのです。


保険についての知識はほとんどなかったので、インターネットで調べ始めたところ、私のブログを発見してご相談頂きました。


実際にそのススメられたというN生命の保険の設計書を見せて頂くと、まさに私が常日頃お話している「入ってはいけない保険」だったのです。

そう「更新型」の保険ですね。


そんなわけで、保険の入り方を学び、団体保険と民間保険の組み合わせ、投資信託を活用した貯蓄の作り方などの相談を重ねました。


その結果、ご夫婦で団体保険だけで加入していたときよりも10,000円ほど安くなった上に、定年後もしっかりと保障される一生涯の保障を得ることができました。


もしあの時、N生命の保険にススメられるがまま入っていたら・・・

ススメられた保険と今回見直し後の保険を一生涯の保険料で比較してみると、その差はなんと約600万円!

もし言われるがままにN生命の保険に加入した場合は、団体保険の見直しまではしないはずなので、保険料の差はもっと広がったでしょう。

しかも、一生涯保障されるか80歳ですべてが消えてなくなるかという大きな違いがありました。


Mさんはこう仰っていました。

「もし佐々木さんに相談せずに、保険屋さんに言われるがまま入っていたら、何百万円も損してました。

気付いたのが定年後だったら、大変なことになっていましたね。」



保険の見直しに目途がついたMさんの次の目標は、投資信託をスタートすること。

目標は65歳までに退職金の他に2000万円の貯蓄を作ることです。


投資信託や確定拠出年金を活用しながら、その目標をらく〜に達成できる仕組みを作りましょうね。

Mさん、これからもよろしくお願いします!


保険を見直すときは、言われるがままに入らないこと。

団体保険も合わせて見直すこと。


これが自衛官の保険の見直しの鉄則です。


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

================

【隊長の独り言】

早速「年間隊員になるのが楽しみです!」というメールをいただきました。

年間隊員の次の募集は10/1です。

================

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 年間隊員の次の募集はいつになりますか?

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


現在地、横須賀です。

横須賀港が一望できるホテルに泊まっているのですが、台風接近に伴う風雨でほとんど見えません。

これは夕方4時頃の様子です。

潜水艦と護衛艦が写っているのですが、どこにいるか分かるでしょうか?



台風は明日の早朝に関東を抜けるそうなので、ご相談の頃には大丈夫でしょう!


さて、最近立て続けに「年間隊員の次の募集はいついになりますか?」という質問を頂いていますので、お答えしますね。


次の募集は、ずばり10/1からの予定です。

今までは「◯月隊員募集」という風に期限と人数を区切って募集してきましたが、10月からは常時募集に致します。


人にはそれぞれ一歩踏み出すタイミングがあると思います。

その人なりのタイミングで一歩踏み出せるように致します^^


詳しくは、また改めてお知らせしますね。

年間隊員についてご質問がある方は、個別に何でも質問して下さい。


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自衛官の実情を分かってくれてるのっていうのが、一番の決め手でした。

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


昨日は現役自衛官のNさんのご相談でした。

昨日は「保険の入り方・考え方」のご相談。

相談というよりは、完全に個別セミナーでしたね。


二時間のうち、1時間が保険のお話し。

残り1時間で投資信託と確定拠出年金のお話しをしました。


そんなNさんが、ご相談の最後にこういう感想を下さいました。

今までも何人かのFPさんに相談したことがあるのですが、皆さん自衛隊の制度や保険については「分からない!」と言われて、納得する回答を得られませんでした。

その点、佐々木さんにご相談したのは、自衛官の実情を分かってくれてるのっていうのが一番の決め手です。

今回も本当に納得できることばかりで勉強になりました。

確定拠出年金の話も、今回聞いておいて良かったです。

なんでこんなにオトクな話なのに誰も知らないんでしょうね。

今日も十分に「効果アリ!」です!


Nさん、嬉しいご感想ありがとうございます。

そう言って頂けたということは、私の方も「効果アリ、任務終了」です^^


自衛隊のことって、外の人からはわからない情報だらけ。

給与制度や福利厚生についてもそうですし、団体保険についてもそうです。

退職金や若年給付金についても、正確に試算できるほとんど人はいないでしょう。


このネット時代に、検索しても情報がほとんど出てきませんからね。


保険を見直すにしても、自衛隊の団体保険を考慮しないと、保障が重複したり過剰になったりでムダが多くなってしまいます。


ライフプランを立てるにしても、個人年金や投資を考えるにしても、退職金や若年給付金の金額が曖昧なままでは貯蓄計画も立てようがないわけです。


貯蓄の仕方

保険の入り方

自衛隊の福利厚生の活かし方


せっかく自衛官なのですから、その制度やメリットを最大限活かしたマネープランを立てましょう。


Nさん、本当にありがとうございました。


Nさんは「年間隊員も検討します!」と仰っていました。

確定拠出年金も始まりますしし、これからが一番相談のしがいのある時期です。


年間隊員についても9月の募集はありませんが、10月から新体制で復活しますので続報をお待ち下さいね。


明日から私は久しぶりの東京です。

いってきま~す!!


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「団体生命保険に満口入れ!」と指導する前に教えてあげてほしい2つの事

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


「団体生命保険には、満口入るように。」


私が現役だった頃は、度々あったこの指導。

中隊長だったり連隊長だったり、果ては師団長からの指導だったりするから困ります。


ま、実際はしれっと知らんぷりの人も多いのですが(笑)


「満口入れ!」と指導する前に、ぜひ部下・後輩隊員に伝えてあげてほしいことがあります。


それは、「生命保険よりも前に、国から保障されるているものがある」ということです。


思い当たる節はありますか?

ちょっとだけ考えてみてください。


ちなみに国から支給されるものは、大きく2つあります。

本来この2つを抜きにして、生命保険など語れません。


さぁ、何か思い浮かびましたか?


それでは答えをお伝えしますね。


まず一つ目は・・・

遺族年金です。


年金は「老後」というイメージがあると思いますが、実は万が一の場合も年金を受け取ることができます。


支給額は子供の数と収入によって変わりますが、だいたい10万円台前半くらいは支給されます。

意外にもらえるでしょう^^


例えば毎月13万円を支給されれば、年間150万円以上になります。

結構な戦力になりますよね。


もう一つは、死亡退職金です。

定年退職、依願退職などと同じように、死亡することで自衛隊を退職する場合も”退職金”が支払われます。


金額は勤続年数と俸給(基本給)、仕事中の死亡か仕事以外かによって変わります。


例えば、勤続15年、俸給28万円、仕事以外で死亡した場合の退職金を試算してみると・・・

約472万円ほどです。


これが仕事中だと・・・

約566万円ほどになります。


こういった試算をしてみたい方は、こちらをどうぞ。

【無料配布中!】退職金・若年給付金簡易計算表


私たちは実は、こういった公的な保障に守られています。

特に私のような自営業者に比べて、公務員やサラリーマンなどの厚生年金加入者は手厚く保障されています。


毎月”長期”で何万円も年金を支払っているわけですから、これも知らずにただ払っているのなら”お金のムダ”です。

なぜなら遺族年金を知らなければ、その分生命保険に頼る部分が増え、保険にかけるお金が増えるのですから。


まさに、「知らないことはコスト」なのですね。


あくまでも生命保険は、これらの公的保障で足りないときに初めて出番があるもの。

最初に考えるべきは、「公的保障でどれくらいもらえるのか?」です。


ここを無視した指導は、ハッキリ言って聞く価値がありません。

ここを無視した保険屋の話は、ハッキリ言ってお客さんのことを考えていないと言っていいでしょう。


「団体生命保険に満口入れ!」と指導する前に教えてあげてほしい2つの事。


遺族年金。

死亡退職金。

自衛官は、この2つの公的保障に守られているという事。


この2つでカバーしきれない時に初めて、生命保険の出番はやってくるという事。


自衛隊ではよく「根拠はなんだ?」という指導をされますが、保険に関しても根拠があります。

金銭管理教育も根拠を持って指導して頂けたら幸いです。


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「団体保険と民間の保険、どっちが良いのでしょうか?」

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


「団体保険と民間の保険、どっちが良いのでしょうか?」

という質問をよく頂きます。


団体保険だけに入っている人もいれば、団体と民間をミックスしている人もいます。


中には民間の保険だけの人もいます。

これは少数派でしょう。


結論から言いますね。

これはどちらがいいということではなく、それぞれの特性・メリットを活かして、上手く組み合わせて入るべきです。


例えば、民間の保険の一番のメリットは、一生涯の保障が得られるということです。

また、最新の医療制度に対応した、幅広い保障を得られるのも大きなメリットです。


デメリットは、一度加入すると内容の変更がしづらいこと。

その時の状況に応じて、こまめに見直すのは中々難しいです。


逆に団体保険のメリットは、内容の変更、見直しが容易であることです。

例えば団体生命保険には”即時保障”というものがあって、手続きをしたその日から保障が始まるようにもできます。

また、減らす時も簡素な手続きで、すぐに口数を変更することができます。


デメリットは、一生涯の保障ではなく、あくまでも自衛隊にいる間しか保障されないということ。

定年退官する50代になってから民間の保険に入るのは、保険料が厳しかったり、健康状態で引っかかったりと中々大変です。


年間隊員さんには、団体と民間それぞれの特性を活かして、補いあうように加入するようお話しをしています。


一例として病気やケガの保障を考えるなら、ベースは一生涯の保障である民間の保険。

民間の保険をどれくらいに設定するかによって、足りない分を団体保険でプラスαしてあげる。

またケガのリスクの高い職務なのか、デスクワーク中心の職務なのか等によっても調整をします。


もちろん各家庭の家族構成や、家計の状態によっても、組み合わせは大きく変わってきます。


大事なのは、退官後を見据えて考えること。

定年退官だけではなく、ケガや病気、その他色んな理由で自衛隊を去る可能性もありますから。


かといって、なんでもかんでも保険でカバーしようとすると保険貧乏になりますから、その辺のバランスが難しいところ。

どこで線引するかという割り切りも必要です。


やはり、保険で守りつつ、お金を育てていくという投資の視点も合わせ持つことが大切。

保険と投資は車の両輪です。


団体保険も民間保険も車の両輪です。

特性をしっかりと見極めて、ムダのない入り方を探っていきましょう!


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「新しい保険が出たから〜」と乗り換えをススメられたら要注意!

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


今日は年間隊員Hさんのご相談でした。

本日のお題は「保険の見直し」だったのですが、その中でこんなやり取りがありました。


私 「旦那さん、S生命の保険に入ったばかりなんですね。その前もS生命で加入していたのですか?」

Hさん 「はい、前もS生命だったのですが、今年の春に『新しい保険が出たから〜』って、乗り換えをススメられたみたいで・・・」

私 「なるほど。前の保険はどれくらい入っていたのですか?」

Hさん 「うーん、そんなに長くないみたいですが、『新しい保険の方がいいって言われたから』って乗り換えたそうです。」



あなたもこういった経験をしたことはありませんか?

実は、私も若かりし頃、同じような経験をしました。


保険で一番ムダなのは、何度も乗り換えることです。

ですから、保険の見直しというのは本来、新規で加入するときよりも更に慎重に進める必要があります。


保険は年齢が若いほど、月々の保険料も安くなりますよね。

乗り換えるということは、新しい年齢で契約し直すということです。

乗り換えるときには、当然年齢が上がっているはずですから、保険料は高くなります。


それを「新しい保険がでたから」と安易に乗り換えさせるのは、お客さんの利益よりも自分のノルマを優先させているとしか思えません。


乗り換えさせても新契約。

「ノルマ1クリア!」ですからね。


そもそも保険は最初の時点で基本基礎に則って加入すれば、そうそう大きく見直す必要はないはずなのです。


保険を考える土台になる「高額療養費制度が大幅に変わる」とか、「医療制度に大きな変化があって昔の保険では対応できない」という状況なら別ですが。


なのに、自分で加入させた保険を何年も経たないうちに乗り換えさせるのは、「私はお客様を適当な保険に加入させました」と言っているようなものです。

しかも、防衛省の団体保険のことなんて全然考えないで加入させている例が多く見られます。


こんな自分本位の売り方をしているから、保険屋さんって嫌われるんですよね。


保険を乗り換えるときは、ほんとうに本当に慎重に考えて下さい。

若いうちならまだ傷は浅いですが、40才を超えて変に乗り換えてしまったら致命傷になりかねません。


保険屋さんから乗り換えをススメられたら、その人が本当に自分のために言ってくれているのか、自分のノルマのために言っているのかを、しっかり見極めて下さい。


特に「新しい保険が出たから〜」と乗り換えをススメてきたら要注意!


無意味な乗り換えをして損しないためにも、保険の入り方の原理原則は知っておいてください。


この記事が腑に落ちれば、保険屋さんの言っていることが嘘かホントか分かるようになりますよ。


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
お金のことを学んだら、なぜか◯◯◯まで良くなりました!

相談メニューメルマガお問い合わせ電話する


敬礼!家計防衛隊長 佐々木拓也です。


昨日、年間隊員のIさんとのご相談の中で面白い話があったのでシェアしますね。


陸上自衛官の旦那さんを持つ20代後半のIさん。

今年の7月に年間隊員に入隊されました。


色んな事情があって数百万円あったはずの貯金がほとんどゼロになった時、「藁にもすがる思い(Iさん談)」で私にご相談下さったのです。


そんなある意味どん底の状態から、何度もご相談を重さねてきました。


家計の把握し、保険の仕組みを学び、家計と保険を徹底的に見直し。

そうして節約できたお金を、共済貯金や投資信託に回し、お金の貯まる仕組みを作りました。


その結果、2人のお子さんにそれぞれ500万円ずつの教育資金と、65歳までに3000万円の貯蓄ができる仕組みを作ることができました。


当初、相談をスタートした7月にはまさにゼロからのスタートで、将来への不安ばかりだったIさん。

「お金の不安がなくなって、将来のことをすごく前向きにイメージできるようになりました!」

と明るい声でお話してくださいました。


そんなIさんですが、お金について学び、実践してくる中で、もう一つの嬉しい効果があったそうです。

「佐々木さんからお金のことを学んだら、なぜか夫婦仲まで良くなりました!」


私に相談する前は、お金のことを夫婦で話そうとすると、どうしてもお互いに険悪なムードになっていたそうです。


Iさんは不安ばかりでどうにかしたい。

でも、旦那さんはめんどくさそうで、不機嫌になる。

そしてケンカになってしまう。

これを繰り返しているうちに、いつしかお金の話はタブーになってしまったそうです。


あなたも似たような経験をしたことはありませんか?

私も以前はそうでした(汗)


それが最近は、お金の話をすると「なるほど、それはそうかもしれないね」とか「そんなこと今まで知らなかったよ!」と、前向きに話を聞いてくれるようになったそうです。


さらに、以前は頑なに拒んでいた団体保険の見直しもちょっとずつ動いてくれるようになりました。


「なんでですかね〜^^」と嬉しそうに話すIさん。

たぶんそれは、Iさんご自身がお金について明るく前向きに話すようになったから。


不安と悲壮感でいっぱいの状態で話せば、聞く方は嫌になってしまいますよね。

誰も負け戦の話はしたくないからです。


ところがIさんが、私に相談する中でしっかりと保険や投資について学び、将来へのイメージが明るく変わってきたのですね。


「こうすると、将来こんなふうになるんだよ^^」


そんな風に楽しそうに前向きに話されたら、自然と相手も前向きになりますよね。


今まではIさんだけで頑張っていたのが、今は夫婦揃って前向きにお金と向き合えるようになってきたそうです。


一時はお金のことで離婚まで頭をよぎったというIさん。

それが、お金の不安を解消することで、夫婦仲がよくなるという思わぬ幸せも手に入れました。


人生にはいろんな幸せがありますが、夫婦揃って明るい未来に向かって歩めるって、最高の幸せの一つではないでしょうか。


「お金の不安もなくなった上に、夫婦仲まで良くなるなんて^^

藁にもすがる思いで年間隊員に申し込んだけれど、あの時思い切って本当に良かったです。

本当にありがとうございます!」



こちらこそありがとうございます。

FP冥利につきるお言葉です。


でもね。

一番感謝すべきは、勇気をもって一歩踏み出したあの時のIさん自身ですよ。

あの時の自分を思い切り褒めてあげて下さい^^


Iさん、これからもよろしくお願いします。

これからの人生、もっともっと楽しくなりますよ。

次は確定拠出年金の時期になったら、またお話しましょうね。


そんなわけで、Iさんの体験談を紹介させて頂きました。


お金の不安がなくなって、しかも夫婦仲まで改善する。


お金のことをしっかりと学べば、あなたもIさんのようになれますよ^^


それでは、家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

自衛官専門FP 家計防衛隊
■ 家計防衛隊の各種サービスはこちら!
→ メニューと価格

■ お気軽にお問い合わせ下さい!
→ 質問、お問い合わせはこちら!

■ お電話の場合はこちら( 月~土 0900~2000)
→ TEL:0237-53-0813

■ 読者登録もお待ちしています!
→ 「相手に知らせて読者になる」でお願いします!
北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊からご相談を頂いております。貯蓄の増やし方、保険の見直し・結婚・退職金・年金などお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安をご相談も多く頂いております。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)