きしめん トキドキ うどん トコロニヨリ...

毎日、きしめんやらうどんを食べております。

文章力ゼロ、ボキャブラリー皆無なじじいですので
生暖かく見守ってやってください


テーマ:

2016年7月28日

11時より「みやの家」さん。

再始動いたします。

しばらくの間、

11時~16時までの営業となるそうです。

お待ち兼ねの皆様、

是非ともご賞味ください

 

三重県四日市市南浜田町8-20

ゆたかビル1F

10:00~16:00

定休日 日曜

 

食べログページ

 

国道1号線、新正二交差点を

西へ400mのところ。

あすなろう鉄道赤堀駅からは

北東方向に350m。

近鉄四日市駅から

あすなろう鉄道内部線の

線路沿いに900mほど南に行き

左折して100m。

松本街道から国道1号に

向かっていく途上にある

香川県讃岐うどんの人気店

もり家にて修行された大将。

2016年5月26日オープンの

真新しいうどん屋さんなのです。

 

 

2016年7月

 

肉玉ぶっかけ(冷

待ちに待ってやっとの事で

再開であります。

オープンして間もない頃

大将の怪我により

休業となってしまい、

美味しいうどんを食べたい

地元の方々、うどんファン等が

驚き残念がっていたのですが

何より悔しく痛かったのは

大将なのでしょうが、

それ以上に大変だったのは

大将を支えている奥様、

そして小さな子供さん達でしょう。

能天気なサラリーマンには

想像できない大変な

時期だったに違いないのです。

複雑な思いではありますが、

私は目の前にやってきた

丼を見てもうニコニコであります。

美しいおうどん。

茹で置きでありますが

活き活きしております。

この辺りは大将の手打ちと

茹でのワザなのでしょう。

 

さっそく麺リフ撮りです。

麺角のツノッ角感はハンパなし。

麺肌のトロケ具合もタマリマセン。

それでは失礼しまして

いっただっきまぁ~す!

ちゅるちゅるちゅるる~ん♪

柔らかぁ~なタッチで

唇を滑って飛び込んできます。

もちもちとしていながら

しっかりと柔こいんであります。

弩美味い!

 

お肉であります。

玉葱と煮込まれた

美味しいお肉であります。

こいつのエキスが

うどんに移っていって

後半戦は楽しめそうですねぇ~。

 

そしてお約束。

TTU(Tamago Tuke Udon)炸裂!

ぶっかけのお汁と

お肉エキスが交じり合って

タマランのであります。

 

またまた酢橘を入れ忘れです。

というか

これ視覚効果に訴えてくるって

作戦で見てるだけでジワリと

唾液が分泌してきますよね(^^;;;

 

それと、マニアの楽しみは

酢橘の乗っている器ですあります。

砥部焼き梅山窯の三つ葉と、

後ろの猪口がヨシュア工房の

唐草そば猪口であります。

なんとも嬉しいのであります

訳分からない人は

スルーしてくださいね(^^;;;

 

たまらず

ワカメうどんの追加注文。

徳島県、鳴門のワカメ使用。

コリッコリのヤツなのであります。

はいっ。もうね。

コレですよこれ。

磯の香りがほのかに漂います。

おうどんをしゅるりんと

麺リフ撮りなのであります。

 

麺肌のトロケ具合。

熱いうどんではより

美味そうな麺肌になりますね。

それでは申し訳ありませんが、

いっただっきまぁ~す!

ちゅるちゅるちゅるるぅ~♪。

弩美味い。

柔こいんであります。

もちもちした粘りもあるのですが

この柔らかさがタマリマセン。

これぞ三重県産小麦粉

「あやひかり鈴鹿」の

なせる技なのでありましょうか!

 

ワカメの小宇宙作成

生姜も乗っけて

ハムリとやったりました。

コリリとして美味しいのです。

お出汁とワカメがバッチシ。

柔こいおうどんも絡んできて

嬉し喜し美味しなのです。

 

ヨシュア工房の器。

なんとも可愛いですよね。

 

ここからはマニアの

おぼえ写真であります。

「とべヨシュア工房」とあります。

 

そしてこちらは有名な

「梅山窯」のシルシであります。

 

しばらくの間は

11時から16時の営業となるようです。

 

 

みやの家さん。

ご馳走様でした。

 

 

2016年6月

 

まず、半熟玉子天ぷらが

やってまいりました。

 

ぶっかけうどん(温

 with半熟玉子天ぷら

本日は、ぶっかけの温。

ホワイトバランスの調整が

いまひとつかな?

ちょっと店内照明にひっぱられた

色合いになってしまいましたが

クリーム色のおうどんです。

こういうおうどんを見ると

うふふ!と微笑んでしまい

ついつい、お汁をぶっかけず

そのまま頂いてしまいます。

ていうか、

いつもそうなのでありますが(^^;;;

 

しゅっと麺リフ撮り!

麺角がツノッ角であります。

これは絶対に美味いヤツです。

乗ってきておりますよぉ~。

 

それでは、失礼しまして

いっただっきまぁ~す!

甘美味し。

小麦香の香る温かなうどん。

ちゅるちゅる~と滑りあがって

口の中で柔らかにくねります。

美味しいなぁ~。

 

お汁をぶっかけました!

更に、半熟玉子の天ぷらを

投入してパクリと割って

TTU(Tamago Tuke Udon)炸裂!

卵黄がおうどんに絡みます。

むっちむちでほにゃんと

うどんが滑り込み

玉子のまろまろ感が

イリコ出汁のお汁を旨く

エスコートしてくれます。

弩美味いのであります。

 

伊勢うどんを食べる時の新技。

麺リフトった状態に

七味をハラリとかけて

ちゅるちゅる~なのです!

 

通常の七味をかけて

混ぜ込んで頂くの場合より

七味の風味が新鮮で

刺激的に香ってくるのあたりが

美味しいのであります。

 

臨時休業情報です!

6月9日はお休みです。

お気をつけくださいよ~。

 

 

みやの家、宮嶋大将!

ご馳走様でした。

 

2016年5月

 

生じょうゆうどん(冷

with生たまご

ぶっかけ、きつねと

食べて来たので

今回は生じょうゆうどんであります。

 

これで一応

今の所の基本メニューを

食べたとなるのかな?

生じょうゆとぶっかけの

温かいのも食べれば

より良いのですが、

それはまた次の機会ですね。

三重県産小麦粉

「あやひかり」さんを

75%使ってあるという

美しくクリーム色の麺。

艶やかで怪しく

誘ってくるように光っています。

 

大根おろしと酢橘。

味変グッズですかね。

生じょうゆうどんに

これが付いてくるなんて

嬉しいことであります。

 

揚げたてのちくわ天。

ホクホクしてアッツ熱。

カリリッとする衣に包まれた

むっちりちくわであります。

これはお酒が欲しくなる所ですが

グッとこらえて、麺リフ撮りです。

 

麺角がツンッと盛り上がり

しゃなりんとしなやかで

柔らかく荒れ溶けた麺肌。

スラリと弧を描く

麺脚のラインも素敵であります。

 

それでは失礼して、

いっただっきまぁ~す!

ちゅるちゅる~~。

美味いっす!

見た目と食感が同じであります。

モチモチとした第一印象で

口の中では優しく柔らかでありつつ

むぎゅ~んと粘ってくれるのです。

そしてほのかに香る

小麦香はあやひかり特有の

モノなのでしょうか。

うどん好きにはタマリマセン。

 

TTU(Tamago Tuke Udon)炸裂!

うどんに出汁醤油をかけ

それだけで充分美味しく頂ける

おうどんを生卵にダァ~ンク!

 

この生卵には醤油は入れませんよ。

うどんに出汁醤油が

ほんのり絡んだ頃合いのところに

生卵を絡めるのであります。

これが私のやり方なのです。

 

もうね。

感動であります。

嬉し喜し美味しなのであります。

 

お店の大将と女将さんが

不思議そうな表情で

私の所作を見ておりましたが

きっと真似する事でしょう(^^;;

 

あまりの美味さに

大根おろしと酢橘を

使い忘れてしまいましたが

きっちりそのままで頂きました。

こちらも美味い。

なに食べても美味しいのです

 

 

みやの家、宮嶋大将。

ご馳走様でした。

 

------------------------------------

きつねうどん

連日であります。

サミット様々なのであります。

 

それにしても

これほどまでに県内に

影響を与えるとは

凄い事であります。

外仕事をしているモノには

困ったものですが・・・。

私も当然困っておりますが

お昼だけはニッコリであります。

さて今回はかけ系統が

食べたかったので

きつねうどんであります。

 

さてさっそく麺リフ撮り!

麺肌は程よく荒れており

箸から伝わる重みというか

むぅおんとくる触感。

このうどんの持つ

力強さみたいなものが

伝わってきます。

 

それでは失礼して

いっただっきまぁ~す。

ちゅるちゅるちゅる~。

暖かいうどんだけに

柔らかさが勝ってきます。

 

昨日は釜玉を

食べているのですが

当然といえば当然で、

また違った咀嚼感。

きゅっとしていて

むにゅんと柔らかで

お汁の味わいも

しっかりと乗ってきて

美味しいです。

 

デッカイお揚げさん。

無理無理に木蓮華に

乗せてみました。

いつもなら一気にハムリ!と

やりたいところですが

お揚げさんは無理です。

アッツ熱なお汁をタップリ吸って

甘いお汁がジュワンと

アッツ熱で染み出てきます。

あっつぅ!うんまっ!

ほっほ!・・・・。

こりゃタマランです(^^;;;

 

 

お会計を済ませた頃合い。

大将の製麺が始まったので

頼み込んで

撮らせてもらいました。

久々の手打ち職人シリーズ!

 

もり家一門会、

みやの家、宮嶋大将です。

まずはコロッコロッと

讃岐の特徴的な

すかし打ちであります。

目線は何を

追っているのでしょうか?

 

たたみであります。

福井製作所の手切包丁に

丁寧に乗っけております。

 

始まりました。

切りであります。

このシーンはいつも緊張します。

見ている私が!であります。

あの包丁、

めっちゃ切れるんですよ。

近い近い近いっ!

危ないってぇ~。

 

なんて。

そこはプロでありますね。

きっちり完了であります。

お見事であります。

お疲れ様でした。

やっぱりうどんは

手打ちがうまい!

ですよねぇ~。

 

みやの家、宮嶋大将。

ご馳走様でした。

--------------------------------

2016年5月26日。
いよいよオープンとなった
四日市市、
讃岐うどん みやの家さん。

同じ県内の伊勢志摩では
サミット開催日であり
我が職務も外仕事は
自粛という事で
有給休暇をとり、

午前10時。
やってまいりました。

 

 

茹でたてのぶっかけ冷やしです。
この艶やかな瑞々しさったら
素敵すぎますね。

 

ぶっかけですけれど
出汁をぶっかける前に
麺リフ撮りであります。

しなやかで美しい麺脚。
麺角もツンッと盛り上がり
クリーム色の淡い色合い。
取り敢えず、失礼して
いっただきまぁ~す!

ほのかな小麦香を伴い
口の中に飛び込んできます。
やわらかでありつつも
むっちりとした弾力。
優しく噛んでいくと
素直に潰れていく子と
にゅるりと逃げていく子とで
この食感と味わいは
タマリマセン。
美味しいのです。

 

お出汁を少量舐めてみると
「どっしぇ~~!」
弩美味いのであります。
こりゃ美味いわ!
三重県でこういうのには
出合った事はなかったなぁ~。
イリコがええ仕事をしとるんです

思わずザル汁のように
麺を3本ほど泳がせます。
すると大将が
「あっ、お客さん。
それぶっかけなんで・・・」
分かってまんがなぁ~(^^;;

 

ちゅるちゅる~。
・・・ああ・・・。
・・・おいちぃ~。
これは美味過ぎです。

心残りではありますが
本来のぶっかけスタイルです。

どば~んとぶっかけて
ちゅるちゅるちゅる~~!
むにゅむにゅ~。
にゅるり~。
擬態語だらけでありますが
言葉がないのです(^^;;


さて、コロッケ登場です。
揚げたてのほやほやです。

箸でふたつに割って、
ハムリッ!
ア、ッツゥ!
ハフハフホフホフホフ。

大将がこのコロッケが好きだ
と言っていた気持ちが分かります。
これは美味しいヤツであります。

 

昨晩は遅くまで
飲んだくれておりましたが
そのおかげか朝から
何も食べていない私は
釜玉のおかわりであります。

左手に手鍋を持って
右手の箸でシュルルルゥ~と
釜からうどんを抜きとる技。
見事なものでありますね。
あの手捌きは中々なものです。
丼で卵を絡めて
あさつきをハラリとで登場です。

 

出汁醤油をちょろちょろ~と
掛け回して、再びですが
いっただっきまぁ~す!

もちもちしております。
玉子が絡んでまろみがあり
出汁醤油のパンチも手伝って
美味しいです~。

釜抜きの熱い麺でも
麺肌の糊化は無いようで
しっかりとした麺角を保ち
もちもちと楽しませてくれます。
嬉し楽し美味しであります。

 

メニュー1

 

メニュー2

 

メニュー3

 

こだわり

 

営業の案内

 

店内風景

 

製麺室

少し広めな台。

でっかい団子でも

延ばせそうであります。

 

大将、宮嶋さんです。

生粋の四日市人です。

 

もり家一門会さんからの花。

大繁盛店ばかりが

名を連ねておりますねぇ~。

 

みやの家、宮嶋大将。

ご馳走様でした。

 

うどんを食べて

四日市駅までの帰り道。

鵜森神社という

大きな神社があったので

参拝してきました。

神社に参拝した後は

すぐ隣にある、

田原稲荷大明神さん。

こちらはみやの家さんの

商売繁盛を祈願してきました。

流行過ぎても、行列とか出来て

困っちゃいますけれどねぇ~(^^;;

 

-----------------------------------

友人の知人である

こちらのお店の大将。

 

友人がオープン前に

試食に行くというので

同行させていただいたのだが。

 

オープン前の忙しい日々に

なんだか申し訳ない

気持ちもありつつも

もり家一門のうどんを

食べたいぞ!との欲望もあり

後者が勝ってしまった訳で。

ごめんなさいなのです(^^;;

 

うどん(冷

生醤油うどんが本来の

メニュー名であるのでしょうが

なにぶん試食であります。

うどんそのものの味わいを

たっぷりと堪能させていただきます。

 

三重県産小麦粉

あやひかり70%と

ASW30%のブレンドで

仕上げられたうどんです。

綺麗なクリーム色の肢体で

艶やかでありつつ

麺肌の糊化の荒具合が

なんとも美味そう過ぎます。

 

しゅっと麺リフ撮りますと。

いいんでないですかぁ~。

麺角のツンツンな盛り上がりに

ブワリと糊化具合が残る麺肌。

 

それでは失礼いたしまして

いっただっきまぁ~す!

どっひゃ~~~!

うぅ~~、まぁ~~い!

 

柔らかでありつつも

しっかりとした弾力を持ち

口の中で暴れ回る訳ではなく

むにゅっとしっとりまろやか。

奥歯で噛み締めていると

伸びて潰れていく様に

噛み切れていくのであります。

 

そしてほのかに

小麦香の余韻をもたらします。

嬉し喜し美味しなのであります。

 

この後、

あやひかりとASWの

配合の違うのやら

お出汁を頂いたり、

お話を聞かせていただいたり

楽しい時間を過ごしました。

オープンが待ちどおしいです。

 

みやの家、宮嶋大将。

ご馳走様でした。

 

 

そしてこのエントリーは

食べログ「うどん」部門への

500口コミ目となる事でしょう。

目指していた500口コミ。

これ程の美味しいうどんと

出会えた事に感謝です。

 

 

 

 

讃岐うどん みやの家うどん / 赤堀駅新正駅あすなろう四日市駅

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。