.

.


テーマ:

 

『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
              By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------


大井しょうぶです。



北海道でのライズフィッシングの動画をアップしました。
ヒット後からの映像ですが、その雰囲気は伝わるはずですのでぜひ見てください。


       北海道ライズフィッシング50cmオーバーレインボー

 


大切なのは、自分ならこのポイントをどう攻略するかをイメージすることだと思います。
正確なキャスト、メンディングにフリッピング。

リーダーセッティングにフライの選択。


そして、この場所で釣るための一番のキモはポジショニングだと思います。


どこに立ちキャストするか。

これで、勝敗は分かれるのかも知れません。




河川規模の大小はありますけど、こういうシチュエーションはどこにでも存在しますし、
どこでも通用する戦術思考なはずです。


それにしても、ミッジに50オーバーがディンプルライズを繰り返すなんて、
本州ではなかなかお目にかかれません。


もちろん、人為的なことが作用しているのは間違いないですが、
キャパシティーが広くないとこうはいきませんよね。



ニンフィングでも、素晴らしいオスのニジマスが釣れました。ネイティブです。
リバウンドキャストで、テンポよく切れ味のいい釣りが出来ました。



時々刻々の「釣るための戦術記」を近いうちにアップしてみます。


どう思考しどう判断し決断し川と対峙したのか?


ドンピシャ上手くいったことや、逆にもっと出来たであろう改善点を、


事前準備
釣る前
ポジショニング
キャスティング
フライの選択
リーダーセッティング
流し方
フックセット
ファイティング
ランディング
リリース


等々にわたり、分刻み秒刻みに詳細に検証していきます。


実は、こういう検証を超具体的に行うことが、次に大~きく繋がるのです。



お楽しみに。










■釣りはパンクな哲学!?




いつも感想を送ってくれる群馬在住のS・Kさんからメールが届きました。



----ここから-----


どの様な釣りであろうと、釣っても釣っても何か満たされない感情・・・とは、
心のどこかに引っかかってはいたものの、

決して自ら進んで解明しようという気にはなれない・・

むしろ、公然とは触れたくない・・そんな、心の奥底に潜む、
自分のいやらしい、もっと言えば卑劣な卑怯な感情かも知れません。

・・・ということに、今回の配信で気づきました。


FFに限らず、細糸、鮎、ヘラとステージをかえてみても、何か満たされない。
その答えの一つは、自分は知っています。

それは、あえて言うなら「虚栄心」です。


自分はグレイグ・マシューズ、ソローといった著書は読んではおりませんが、
この配信のなかの文言によって覚醒された、昔から押し殺していた感情

(即ち答えの一つ・・それは決して口には出さず、人にはその片鱗すら見せずに・・)

そうした思いが自分の中に存在する・・。


まとまりませんが、一つの気づきが生まれましたので、
お恥ずかしながら、あえてしょうぶ様にお伝えしてみたくなりました。


虚栄心とは満たされない感情、しかし、それを何かに転換させて、
自分の中で昇華させることができれば、きっとこれからのフィッシングライフも、

ずっと充実したものになると思いますし、魂のフィッシングが実現できるかも知れません。


何か、とりとめないことで申し訳ありません。


フィッシングとは、やはり哲学的であるべきです。


                S・K



------ここまで-------



S・Kさん


いつもご感想をありがとうございます!

このような率直な感想、ご意見は発信者として大変にうれしい限りです。


普段の日常の中では、
中々現れない心の中の喘ぎや押し殺してしまっている感情というのは、誰しもあるはずです。


そういう感情と向き合うことで自身の新たな釣りのストーリー、
人生のストーリーが生まれてくるような気がしています。


どこかで、何かしらの手段でアウトプットすることで、
自分でも気づかなかった自分というものを知ることができ、

それが、釣りの世界観を新たに作り、技術も高め、
一段ステージを上がれるのではないかと思うんですね。


実は、自分の中のいやらしさや虚栄心を認めてしまい、
その上でどう進化できるかを考えることは、

大変豊かで濃密な空間を作れるのではないかと。


それが、清濁あわせ持った等身大の人間であり、釣り人であり、
そこにいとおかしきものがあるのだと思います。


愛すべき、釣り人生があるのではないでしょうか。



-----


結局、釣りって自分と向き合う時間であり、静かなフローに入っている空間だということです。

静かなる熱狂と言いますか・・。


(※フローとは、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、
完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう)



自分の中の虚栄心やいやらしさは例外なく誰にでもあります。
どんなに立派そうに見える紳士でも、武士でも昔の貴族でも。


いや、貴族こそそういった強欲の塊だったりしますし。
イギリスの貴族なんて、とんでもないことを繰り返してきた歴史もありますしね。

もちろん素晴らしい文化も築いてきた人たちですが、同時に蒐集欲(しゅうしゅうよく)
は想像を超える凄まじいものがあります。


まあ、そういった人達によって世界にフライフィッシングは広まった訳で。日本にも。



だから、クソな自分を認めてそこから逃げずに、


「で?おまえはどうするの?」


を決断する人間とそうではない人間とでは、
雲泥の差ができるということなんだと思います。




S・Kさんの感想の中で、


「それは決して口には出さず、人にはその片鱗すら見せずに・・

それを何かに転換させて、自分の中で昇華させることができれば」


とあります。ここですよね。


何を口に出さないのか?

何をどう昇華させるのか?





皆、何となくはそういったことも考え、何となくはやろうとしている。

でも、何となくではどうにもこうにもなりません。


そのまま、終わりを待つだけ。



だから、釣りを釣りで終わらせずに、


「世界を見て思考せよ」


「ボンクラな自分を愛せよ」



と私は自分自身に言い聞かせているのです。




釣りというのは、ある意味、

世間からドロップアウトしたいという心の叫びの中で存在する遊びだと思います。

みんな表面化していないだけ。



そういう意味では、例えば音楽でいえば、


ロックやパンク、フリージャズにファンクなブルース。


根底には同じ感情が渦巻いている。



フライフィッシャーマンに音楽好きが多いのも、世間からのドロップアウト、

つまり、自由を勝ち取りたいが為にこの釣りに惹かれているのではないでしょうか。


自由を勝ち取るために。


自由を。


アウトスタンディング。


・・・。






ということで、まだまだ言いたいことはありますが、

ひとまず、今号はこの辺で。




Tight Line!










■■■人気コンテンツ■■■




■ヘンズGPXツーインワンフライロッド
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Hends%20Rod

9フィートでドライフライ、10フィートでユーロニンフィングをプレイできる優れたロッドです。
ドライフライロッドとしての性能も良く、抜けのいいキャストができテーリングの少ないタイとループが作れます。

一人二役、いや一人三役ぐらいの仕事をするロッドです。
北海道釣行でも使用し、ライズフィッシング、ニンフィングと大活躍でした。



■ヨーロピアンニンフィングとは?
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/whyEN

45度クワド理論はトレース方法の黄金比率です。
テンポよく切れ味の鋭いニンフィングができます。北海道でも川をチェックするように釣れまくりました。




■フライキャスティング無料講座
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/castingfree

動画で基本を練習し、スクールで上級者を目指してください。
たった一言のアドバイスが、あなたのキャスティングを劇的に向上させることもあるのです。

スマホで動画を撮ります。当日の私の解説をあなたのスマホで撮ってください。
溢れるようにアドバイスを行いますので、メモ筆記用具、スマホは必須です。




■スターターキット
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/start

まずは、このキットで体験してください。釣れる要因がわかるはずです。
サープラスノットは、いい仕事をしてくれます。




■完成品チェックニンフ
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Czech%20Champions%20Nymphs%208set

シンプルだけど釣れるんです。応用範囲も幅広い。
コマーシャルフライには、ありそうでないのです。



■タイイングセットコンプリート
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet

量質転化を図るには、このセットで大量に巻くことが一番の近道です。
個々で揃えるより断然リーズナブルです。特にジャンのセットは安くお勧めです。









■伝えたいこと■


本当は・・

私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。







私に聞いてみたいことなどありましたら、お気軽に連絡してください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
              By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------


大井しょうぶです。




率直に言って、


釣りは楽しさばかりではない、


のです。




時として、


矛盾にぶち当たり、悩み、

釣れなくてくやしくて悩み、

調子よく釣れたら、一晩にして釣り天狗になり、

そういう人の脇で、苦渋の時間を過ごしたり、



釣りが好きだからと集まるのはいいのですが、

帰りには、もやもや感に覆われて帰路に付く。


なんてことは、あなたにもあるはずです。






あっちを立てれば、こっちが立たず。


これは、世の業ですよね。


すべてに対して、最良な状態で物事が進むことは・・ありえません。






釣りという楽しい遊びをしているのに、

いつの間にか、釣り人は思考せざる負えないのです。


なぜ、あいつはああなのか?

なぜ、この川はこうなのか?

なぜ、このロッドは釣り味が悪いのか?

俺は一体どうなのか?







つまり、


哲学


を始めているんです。


否が応でも。






ならば、ですよ。


どうせなら、今までよりももっと知見を深め洞察力を身に付け、

世界と対峙し、己と対峙するという姿勢をもっと意識していくことで、

今まで見えなかった世界、気付かなかった景観、

そして、使わなかった言葉、知らなかった言葉、偉大なるストーリー、

囚われない表現力がそこに浮かび上がってくるのです。




このことによってのみ、

本当の意味で我々の釣りは進化を始めるのだと思います。



釣りは目的ではなく、手段にすぎない。



ロッドを片手にたった一人激流に立つとき、

アドレナリンは吹き出し心は高ぶり、覚悟をするしかなく手は震える。

存在が問われる。


非日常の場に置いて、興奮はマックスになる。


しかし、同時に心は静寂しリラックスしその時を待つ。




武道家が一撃必殺を狙うように釣り人も佇む。

気配を消して。



かっこいいじゃないですか、こういうのって。


視界がクリアーになっていく。




釣りは楽しい。


本当に楽しい。


でも、そればかりではない。


表裏一体。



楽しさの中に、こういう世界観を少しでも取り入れるだけで、

また、いろどりが増え、うねるような多彩感が体を巡り、血流は良くなり、

溢れんばかりの充足の一日を過ごすことができるのです。




つまり、表現力をもっと持つこと、その為の言葉をもっと知ること、

これですね。


世界は言葉でできている。



その為には、もっと音楽を聴き、映像を観、本を読み、旅をして人と語らう。


これらの要素が、釣りにはすべて内包しているのです。








ということで、短めに今号はこの辺で。



Tight Line!









Ps,


先日、サクッと北海道で釣りをしてきました。

ガイドの方と一緒に。


ドライ、イマージャー、ニンフ(もちろんユーロニンフ)と、

色々試せてかなり面白い釣りができました。釣れました。




激渋のユスリカのライズを釣ったときは、興奮ものでしたね~。

誰もが挑戦するも、なかなか効略できないポイントらしい。

ヒレピン強者レインボー50アベレージがそこに陣取る。



激戦ポイントを、どう考えどういう戦術を使ったのか?



ニンフでは、川に魚がいるのかどうなのか、チェックするように釣れました。

本当に美しい40cmほどのオスのネイティブレインボーとも出会えました。



いい機会なので、

試しに事細かく時系列でその日の釣りを振り返ってみようかと思っています。


何となくやって何となく釣れたのではなく、そこには明確な戦術が存在し、

その戦術が功を奏したわけです。


分刻み、秒刻みにその時の釣りを検証するということは、大きな意味、意義があります。



釣りは、仮説、検証、改善、実践の繰り返しです。


ポイントの数、魚の数、フライの数、釣り方の数、川の数。


一つとして同じ釣りはできない。


でも、共通する戦略、戦術は存在します。



その時、瞬時の判断の元、どう考えどう釣りを展開していったのか。


その辺を、近いうちにシェアーしたいと思います。




これは、なかなか面白い釣るための思考術になると思いますよ。

今一つ伸び悩んでいる人は、必見ですね。

釣れるようになると思います。




ぜひ、お楽しみに。







■最近のユーロニンフィング実践報告


神奈川のOさん



大井さま、

渓流管理釣り場をご紹介いただきありがとうございました。
本日〇〇に行ってきました。


報告

1.写真を残す習慣がないので、写真はありません。

2.時期及び最近の天候によるとのことですが、水が少なく、

深いところで1mくらい(1箇所)、その他落ち込みでも50cm少々といったエリアでした。

3.水はクリア

4.チェックニンフィングでのつもりで4時間実釣。ただし、水深浅いので2リグ(エントリーキットのリーダー)。

5.釣果20尾(よく釣れました)  ウェット、マーカーニンフィングの方々より釣ったと思います。

6.残念ながら40cmオーバーかかるもばらしました(最大は35cmのニジマス)。

7.アンカーフライとドロッパーではドロッパーのほうがかかる量がやや多い(本日は)

8.水深浅いため、リーダー途中のインジケーター(ナイロン)が活躍しました。


次回はもう少し流れが速く、深い釣り場で試します(3リグを試したい)。


とりあえず、よく釣れることはわかりました。次回北海道でも試します。


O・J




Oさんは、普段は本流で釣るようですが、今回は感触を試すためにあえて管釣りに。

この報告からも、もうすでにチェックニンフィングの釣り方は掴んだと思います。

北海道でも楽しみですね。

また、お話聞かせてください。








■■人気コンテンツ■■



・ヨーロピアンニンフィングとは?
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/whyEN

45度クワド理論はトレース方法の黄金比率です。




・フライキャスティング無料講座
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/castingfree

動画で基本を練習し、スクールで上級者を目指してください。




・スターターキット
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/start

まずは、このキットで体験してください。
サープラスノットは、いい仕事をしてくれます。




・完成品チェックニンフ
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Czech%20Champions%20Nymphs%208set

シンプルだけど釣れるんです。応用範囲も幅広い。



・タイイングセットコンプリート
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet

量質転化を図るには、このセットで大量に巻くことが一番の近道です。









私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop









■伝えたいこと


本当は・・

私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大井しょうぶです。





釣りを哲学するなんて言うと、


「そんな大そうな・・」


「小難しいことは嫌いだ」


「もっと気楽に楽しめばいいんじゃない」



という声も聞こえてきそうですね。





でもしかし、ですよ。


哲学というのは、日常のあらゆるところに潜んでいて、
誰もがいつもまにか身につけているものなのです。


それは幼少の頃から。

そしてそれが、我々の人生を作り上げてきたといっても過言ではありません。





例えば、釣りでいえば、


C&R(キャッチ&リリース)


という、考え方がありますけど、
これが、ある種釣り人の哲学になっているんですよね。


思想とか、概念といってもいいかも知れません。




あるいは、

バーブレスを使いできるだけ魚のダメージを少なくする、
というのも、釣り人の哲学です。




もしくは、


「自分らしさ、個性、自己表現する」


などは、知らずの内に自身の考え方が大きく反映されているわけです。



自分らしい釣りとは?

なんて、考えると思います。



つまり、

「意識下で決定している物事に対する判断」

というのを、人はそれこそ時々刻々無数にしているのです。


これが、すなわち哲学といっていいと思います。

簡単に言ってしまえば。






ウォルトンの言葉に、


「study to be quiet
静かなることを学べ」


というのがありますが、
これなんてまさにそうですよね。



こういう意思決定や思考のくせ、
考え方を、もっと広~く深~く見識として身につければ、


それは、想像を遥かに超える世界観を構築できるのではないかと、

私は言いたいのです。





メルマガの最後の「伝えたいこと」の中に、
イデアという言葉を使っていますが、

これは、プラトンのイデア論からきているものです。


理想を追い求めるとか、
そういう意味合いなんですけど。

美を追求しろ、とか。






もう一つ、


数年前に出版された
「シンプルフライフィッシング」という本の中で、

クレイグ・マシューズという人は、こう書いています。

(私も、遅ればせながら最近手に取って読んだのですが・・)




ヘンリー・デイビット・ソローはかつてこういった。


「多くの人は、結局自分たちが求めているのは魚ではないと気づかずに、

一生釣りつづけてしまう」



引用

「シンプルフライフィッシング」
https://goo.gl/xtRSbo

イヴォン・シュイナード
クレイグ・マシューズ
マウロ・マッツォ

訳  東 知憲




(※東さんの翻訳は素晴らしいです。

それと、ユーロニンフィングのことも多く記載されていますので、
まだの方はぜひ読んでみてください。ユーロニンフィングの何たるかが分かります。

テンカラの入門書という触書ですが、
フライフィッシャーマンには全員読んでもらいたいくらい、いい本です。)




私はこの言葉が目に飛び込んできたとき、
久々に、ガチョ~ンという衝撃を受けました。

体にダイレクトに訴えかけてくるといった感じです。




ソローは、ただもんじゃない。

そうなのか、ソローはそう考えていたのか。



その思考の深淵さに敬服します。

そして、そういう考えを持った人がいたことに、ある種の安堵を覚えます。





実際、私が感じていたことに感覚としては近く、


「釣りを釣りで終わらせない」


という言葉が、間違ってないと確信にも近く納得できたのです。




釣っても釣っても、釣りまくっても・・・まだまだ・・何かが足りない・・。



たぶん、誰にでもある普段は閉じ込めてしまっている感情なんじゃないかと思います。



その「何か」が、やっと分かりつつあります。


少しずつ、その「何か」をこのメルマガで暴いていきます。









■■人気コンテンツ■■



・ヨーロピアンニンフィングとは?
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/whyEN

45度クワド理論はトレース方法の黄金比率です。




・フライキャスティング無料講座
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/castingfree

動画で基本を練習し、スクールで上級者を目指してください。




・スターターキット
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/start

まずは、このキットで体験してください。
サープラスノットは、いい仕事をしてくれます。




・完成品チェックニンフ
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Czech%20Champions%20Nymphs%208set

シンプルだけど釣れるんです。応用範囲も幅広い。



・タイイングセットコンプリート
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet

量質転化を図るには、このセットで大量に巻くことが一番の近道です。









私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop









■伝えたいこと


本当は・・

私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。