.

.


テーマ:
『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

【北海道、尻別川からの便り】



ヨーロピアンニンフィングのDVDを購入して頂いた方で、
北海道は蘭越町を流れる尻別川で様々な活動を展開されている
志比川さんという方がいます。

尻別川は、河川規模も大きい本流ですが、
そこで、チェックニンフで大物を釣り上げようと挑戦していて、
今までも、よくメールでやり取りをしていました。



・尻別川(蘭越町)とは。


アクセスも良く、
洞爺湖や支笏湖にも近く、海にもほど近い。

ちょうど、函館と札幌のあいだ辺りを流れている一級河川です。

釣りのフィールドとしては、素晴らしい環境にあります。

清流日本一に選ばれたことも何度もある銘川です。
1999年から2011年まで通算11回水質ランキング日本一になっています。


これは大きなポイントで、
水質がいいということ、水がきれいだということは、
それだけですごぶる豊かだということです。


あなたのよく行く川、どうですか?


「本当~にきれいな川で、のびのびと思う存分釣りがしたい」


釣り人なら誰もが願うことです。



メルマガの感想をよく送って貰います。


何と、蘭越町の役場の方でして、

ダムからの砂流堆積による、
川の生態系への影響を日々データに取り調べているのです。


その報告を掲載します。





----ここから-----

5月30日


大井 さま

いつもメルマガを楽しく読んでおります。
ここ、北海道も新緑の季節となり、雪代も終わりようやく平水に近づこうとしております。
水温はまだ低いかな・・・最近は現場に言ってないので何とも言えませんが。


というのも、今年の北海道尻別川はサクラマスの大群が押し寄せており、
めちゃくちゃに釣れているようです。ど素人でも簡単に釣れてしまうほどです。


尻別川は遊漁料がないため、サケマスは年中禁漁魚種でございます。
ですので、この時期に竿を出すと密猟者と間違えられてしまいます。


でも、6月1日からヤマメ解禁に合わせ、
私もそろそろフライフィッ シング本番と行きたいところです。


前段はこれくらいにしておきまして、



『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」



この釣り人の歌がものすごく好きなんですよね。


釣りしていて良かったなぁと思うことがたくさんあります。
自然を知る、季節の移り変わりを知る、釣りの仲間そして人付き合いの輪が広まる。


今シーズンは一つ大きな試みがありまして、現在、日々河川の調査を継続しております。

尻別川には幾つもの発電用のダムがあり、毎年初夏に貯水ダムの放水作業があります。
ダム内にたまった、土砂、ごみなどが、川に放出され、日本海まで流れて行きます。


水の多い、雪代時期に作業すれば問題ないのですが(予想)、
毎年、渇水傾向になる6月末に大規模な放水作業をしておりました。


昨年はちょうど渇水期に放水したものだから、
ダムより下流の浅瀬にはたくさんの砂やシルト、軽石が堆積してしまいました。


初夏は、河川に生息する虫や、稚魚が活発に活動し始めるので、
人的に流出させた土砂が生物を苦しめてしまいます(あくまで想像ですが)。


特に、尻別川に生息する鮎稚魚には大打撃。
そして、今は激減したヤツメウナギにまで被害をもたらすのです。


町役場の防災担当に、かけあい、
何とか北海道電力の放水作業の時期を改めるよう意見書を提出した結果、


なんと、今年から1か月早まることになったのです。


今年は、5月 17日から20日に行われました。


さすがに、この時期は河川は濁り増水しましたが、
平水時より70センチほど水位が高い時期だったので、
昨年にくらべ軽石溜りが少ないかなと思われます。


現在、ウェーディングして河川を歩いていないので、詳細は不明ですが、
もう少し水が落ちたら、調査したいと思います。


話は長くなりましたが、釣りを通して、自然の見方が少しずつ変わり、
観察力を日々養っているところです。


釣りがしたくてうずうずしてますが、今はフライをしっかりと巻いて
本流フライフィッシングのシーズンインを迎えようとしております。


今年の目標はチェコニンフスタイルで巨鱒を狙います。
腰上まで立ち込むので(ポイントによっては)、
流れの深さと速さを攻略するのが難しそうです・・・


ではでは、また何かありましたらメールします。


北海道蘭越町志比川




----ここまで-----


北海道電力が、
ダムからの放水時期を早めにずらした、ということです。
これは、とても大きなことです。

志比川さんの釣りへの情熱、川への愛情が多くの人を動かしたのだと思います。


本州の人間からすれば、北海道は最後のパラダイスのような土地でもありますが、
その北海道も、河川環境は時とともに悪化する傾向にあるんだと、

改めて思いました。



この後のメールで、



---ここから---


さて、速報です。地元北海道新聞の後志(しりべし)欄に
地元の有志で結成された会の記事が出ておりました。記事を添付します。

「尻別川の水産資源を回復する会」

というものです。当会の会長に就いた国岡氏は僕の
釣りの師匠でございまして、今後は私も会に携わり、水産資源を回復していきたいと思います。
30年前の豊かな資源を今後、次世代の子供たちに残すことが課題です。


---ここまで---


上記の記事は、

「蘭越町住定住者ネット」
http://blog.livedoor.jp/rankoshinet/archives/61080189.html

このページの中ほどに載っています。

ぜひ、見て下さい。



それで、肝心のフライフィッシングはどうなのかと言うと、




---ここから----


6月20日


今朝も早朝フィッシングしてきました。
ビーズヘッドをナ チュラルドリフトしてからのスイングでガツンと。
外の場所では大型セッジフライで表層を意識した攻め方に、反応がすこぶる良かったようです。

40前後の良い顔つきのニジマスでしたよ。

雨続きで、気温と水位が安定しておりませんが、今、チャンス到来でございます。
釣れる人とそうでない人が明確に分かれております。

僕のお師匠さんは、午前中に、モンスターを掛けたようですが、
掛けた位置が悪すぎて、フックアウトしたようです。
スイング終了後のリトリーブにガツンと来たようです。


---ここまで---


出勤前に、サクッと40のニジマス。

いや~、うらやましいです。

いつまでも、素晴らしい環境であることを願わずにはいられません。



また、続報が届きましたら、
このメルマガでもシェアーしていきます。





本当に心から思うんですけど、


「川の水がきれい」


というのは、何にもまして豊かさを感じます。






ということで、今号はこの辺で。


Tight Line!





私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop



■伝えたいこと

本当は・・
私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

【釣る為の最強の方法、その1】


しょうぶです。


あなたも色々と釣る為の情報収集をしていると思います。

雑誌、TV、DVD、インターネット等で、

釣れるフライ。

釣れるシステム。

釣れるキャスティング。

を、研究しているのではないでしょか?



それで、

実際に現場で試してみる。


それで、今までより「釣れた」ならそれでいいと思いますが、

もし、釣れなかった場合どうしますか?



雑誌に書いてあったから同じように試したのに、

釣れなかった、という人も結構多いかも知れません。



何故でしょうか?





■同じ条件で釣ることは出来ない。


川の状況というのは、場所によって全然違いますし、

季節によって全く違います。


日によっても、全然違う。

時間帯によっても、ガラリと表情は変わります。


つまり、

一刻一刻、全てが変わり続けます。



釣れた情報を元に、同じようにやったとしても、

同じような釣果に繋がる訳ではないんですね。



だから、

釣りは奥が深いのです。特にフライは。


この奥深さが、人によっては、

「つまらない・・、釣れない・・」

と、なっているのかも知れません。



じゃあ、

こういう、ふんずまった状況を打破するにはどうすればいいのか?


ですよね。





■観察


「観察」


これにつきると思います。


観察を、徹底してやってみることで、

「釣れない・・つまらない」


を、必ず打破できる突破口に繋がっていきます。



一つ目は、

その川の隅々を、見落とさないように徹底して観察してみる、

という戦術です。


これが、出来ているようで出来ていません。多くの人は。


いや、観察はしているんですよ。


ライズはあるのか、とか、

魚はどの辺に付いていそうか?とか、

虫は何が出ているのか?とか。


観察はしていると思います。


でも、その観察をもっともっと注意深く色々な観点からやると、

また違った情報を得られることも多いんです。



「観察」


これは釣る為の重要事項です。




例えば、

川に立った時の手前の浅い流れ。

ここで観察します。



水温はどのくらいか?

浅瀬に魚が付いていないかどうか?

魚が見えないか?

何か手掛かりになるものはないか?

虫が淀みに集まっていないか?

稚魚は泳いでいるか?

その稚魚は何か?

釣り人はもう入っているのか?

足跡は?

餌釣り師か、ルアーか、フライか?

平水か?渇水か?増水か?
(石に付いているコケの位置で分かる)

まず、どこに立てばベストなのか?

どう攻めていくか?

この場所にポイントはいくつあるか?

魚はどの層にいそうか?

何か流れているか?




釣り始める最初の段階でも、

これだけ色々と観察し、思考できる事柄があるのです。


こういう観察をせずに、


いきなり、対岸にフライをキャストしてしまうフライマンは、

未だに多いんです。


いきなり対岸にキャストするということは、

手前のポイントを全部潰している、ということになるんですが、



その事に気付かない。



対岸の際の深みに魚はいるだろうという思い込みから、

釣りを始めている訳です。


でも、それは、

「思い込み」


にすぎません。


先入観、思い込み。


これを、捨て去らなければなりません。


何故なら、


「川の状況は刻一刻と変化し続けている」


からです。






■平瀬


例えば、平瀬でも同じです。


同じような水速で、一見変化がないような流れでも、

「観察」

を徹底することで、


見逃している小さなスポットが見えてくるようになります。


小さな淀み。

流れがぶつかり合って餌が集まってくる小さなスポット。

沸き上がっている波。

巻き込んでいる流れ。


こういう観察が、

出来ているようで出来ていないことも多いのです。



よほど、注意深く観察を続けないとわからない。


だから、多くの人は、

何となく、この辺かな?

という判断で、フライをトレースするのです。


もちろん、

釣れる時は釣れます。

活性が高い時は。


魚からアタックしてきますので。



でも、差がつくのは、


見逃しそうなポイント、スポットを見つける観察力。

一級ポイントにいない場合、

何故、いないのか?

どこに付いているのか?


を思考できる観察力なのです。



本流でも同じですよね。





■全体を見て細部を見る。



川の状況をザクッと判断する全体観察力がまず必要です。


「木を見て森を見ず」

では、いけません。


いきなり細かなところに気が行き過ぎても、

全体を把握していないと、

戦略や戦術を正しく行えません。


次々と手を出し続ける為には、

その時の全体のエネルギーの流れが分かっていないと、

すぐ行き詰ります。



その上で、

細部を観察していくのです。


つまり、

「森を見て木も見る」


更には、


「枝葉も見て根も想像する」


これくらいの意気込みがあれば素晴らしいですよね。


この域にくると、


「洞察力」


に入ってくると思います。





■遠くへキャストすれば釣れるという幻想


いつも、川へ胸まで浸かり、

さらにそこから無理なロングキャストを繰り返す人がいましたが、

それも、思考の癖によるものです。


「遠くへ投げれば釣れそう」


というのも、思い込みです。


その人、最後はいつも水没して車に戻って着替えていましたね(笑)

いや、一生懸命なのはわかるんですが、

ほぼ、毎回なので・・。




もちろん、ロングキャストで釣れる時もありますけど、

その前に、

仮説検証すべきことが、他に沢山あるのではないかと、思う次第です。



こういう思考の癖も、


「観察力」


が足らないから起きるのです。





■自分のやり易さは後回し。


ニンフィングが得意な人は、

「バコバコライズしてても、ニンフィング」


みたいな釣りをする人もいますが、

それでは、成長がありませんよね。


ありませんし、

到底、高いステージの釣りは展開できません。

自己満足でしかなく、小さな殻に閉じこもっている勿体ない釣り人だと思います。

まだまだ、可能性はあるのにと。


自身が得意な釣り、やり易い釣りに固執してしまいがちですが、

そういうものは後回しにして、


その時の状況の中で、


「最善の釣り方」


を模索することを、優先していくべきなんです。



ドライの釣りに固執することも然り、だと思いますよ。






■釣れている人を穴が開くほど観察する。


私は、意図して人が多そうな時を狙って川に行くことも今まで多かったです。


それは、何故かと言えば、

他の釣り人の釣り方を観察出来るからです。



だから、

C&R区間や管釣りは、ゲームフィッシングとしては好きですね。

色々な釣り方を垣間見れて面白いのです。


それで、

その時の観察なんですが、


「穴が開くほどよく見る」


ことをします。



特に、釣れている人の釣り方は、よだれを垂らすように観察します。(笑)


キャスティングはどうしているか?

ラインシステムはどうか?

フライは何か?(軽いか重いか?)

何番くらいか?

ロッドの番手は?

長さは?

どういうポジションを取っているか?

メンディングは?

流しているレーンは?

など、

色々見るべきところはたくさんあります。



ドライなどは、比較的分かりやすいですが、

沈めている場合でも、

表層なのか?中層なのか?ボトムなのか?

をまず見ます。


そして、フライが水面に着水する波紋の大きさや強さで、

フライが軽いか重いか、何番くらいか?を

判断していくのです。




他にも、

フライで沈めているのか?

スプリットショットで沈めているのか?

ラインで沈めているのか?

フルシンクか?

シンクティップか?

アクションは加えているか?

リトリーブは?

スィングは?

ターンは?



など

観察すべき項目は多岐に渡ります。


そして、思考するのです。


「何故、あの人は釣れているのか?」


を。



こういう事の積み重ねが、


いつしか、あなたを釣れるフライフィッシャーマンへ変貌させるのです。


ほんとですよ。






いや~、今回もいい情報をシェアーしちゃいました。

私、結構太っ腹ですから。


実際、最近ちょいと腹が出てきちゃって・・。(笑)

ヤベ~な、なんて。(汗)




ぜひ、面倒くさがらずに観察してみて下さい。

穴のあくほど。


新たな発見が必ずあるはずです。





次回は、


「あなたはあらゆる可能性を探っているか?」

について、お話ししたいと思います。

お楽しみに。




ということで、今号はこの辺で。


Tight Line!








Ps,


・誰も教えないフライフィッシングの裏技。


何で、チェコやフランスの人達はあんなに釣れるんだろう?
というのが、ずっと疑問でした。
インチキでもしてんじゃないの?(笑)なんて。
でも、このやり方ならそりゃ釣れるよね・・と仲間と興奮したのを今でも覚えています。


「誰も教えない フライフィッシングの知られざる盲点」
http://europiannymphing.flyfishing-japan.com/index.php?EuropianNymphingMethodLetter


それで、私もこの釣り方を実践していく中で、新たなキャスティング方法とか、
オリジナルなスタンスの取り方、考え方が自然と色々発見できました。


それをあなたにも、シェアーします。
ですから、釣れたら私にも報告をくださいね。待っています。





・タイイングセットコンプリート(セットだとリーズナブルです)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet


美しいヨーロピアンニンフでフライボックスをいっぱいにしましょう。
眺めているだけで、心は充足されていくし、

さりげなく人に見せちゃったりすると、その人「とて興味津々」です。
今まで見たことのないニンフフライの煌びやかさに、思わずうっとり。

フレンチのジグメイフライニンフは、管釣りでも湖でもその威力を発揮します。

タイイングのキモは「自由な発想」です。






私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop



■伝えたいこと

本当は・・
私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

しょうぶです。


だいぶ前にも書いたんですが、再度、
ちょっと、面白い釣りの小噺をあなたに紹介します。


もちろん、世の中のシステムは、
こんな単純ではない訳ですが、
それでもこの話には、
一つの真理が隠れているのではないか、と思うわけです。



---ここから--------


メキシコの湖畔のある小さな村で、ひとりの漁師が暮らしていた。

漁師は朝になると、小さな舟で湖に出て、
家族が食べる分と市場で少し売る分だけの魚を釣って、
昼前に戻ってきた。


そして、
昼に市場で新鮮な魚を売って、
少しの現金収入を得ると、

それでささやかなほしい物を買い、
午後はハンモックで昼寝をして過ごし、

夕方になるとギターをつまびきながら、
友達と歌って暮らしていた。。


そこにひとりの、アメリカ人がやってきた。

アメリカ人は漁師の暮らしを見て驚いて言った。。。


「なんということだ!この湖にはいい魚がたくさんいる。
私ならもっと大きな船を作り、いまの5倍の魚を捕って売上を増やすだろう!」


メキシコ人は言った。

「ほう、それでどうなるんでさ、旦那!?」


アメリカ人は言う。

「そして、金を貯めるんだ。
貯めた金でもっと大きな船を作り、もっとたくさんの魚を捕る」


メキシコ人は言った。

「ほう、それでどうなるんでさ、旦那!?」


アメリカ人は言う。

「たくさん金がたまったら、水産工場を造り、
ここで魚の加工もできるようにするんだ!」


メキシコ人は言った。

「ほう、それでどうなるんでさ、旦那!?」


アメリカ人は言う。

「魚の缶詰を作って世界に輸出するようになれば、
莫大な利益を上げることができる」


メキシコ人は言った。

「ほう、旦那、それには何年ぐらいかかるようになるんでさ!?」


アメリカ人は言う。

「私の計算では、君が一日12時間働くとして、20年ほどだね!」


メキシコ人は言った。

「ほう、旦那、それで20年経ったら、わしはどうなるんでしょう!?」



アメリカ人は、しばらく考え込んでから、言った。。



「そうだな。朝から釣りをして、そのあとはハンモックで昼寝をして、
夕方には友達とギターを弾いて歌って暮らせるようになるんだ!」



・・・


End。


------------------------------------



マルクスの資本論。

資本主義の限界。

今、世界で起きている問題は、

この話の原理にとても似ている気がします。


二極化とか。

アベノミクスの失敗とか。

景気のいいのもオリンピックまで、とか。(それも一部の話)

年金破たんとか。

搾取されつづける、とか。





このメルマガの冒頭にいつも載せている、


「最後の勝利者、これ魚とり」


とは、やっぱり正解なのかもしれないですね。


ほんと。




フライフィッシングと資本論、とかの講義でもやっちゃおうかな?
(あくまでしょうぶ流)


興味ありますか?







Ps,


・誰も教えないフライフィッシングの裏技。


何で、チェコやフランスの人達はあんなに釣れるんだろう?
というのが、ずっと疑問でした。
インチキでもしてんじゃないの?(笑)なんて。
でも、このやり方ならそりゃ釣れるよね・・と仲間と興奮したのを今でも覚えています。


「誰も教えない フライフィッシングの知られざる盲点」
http://europiannymphing.flyfishing-japan.com/index.php?EuropianNymphingMethodLetter


それで、私もこの釣り方を実践していく中で、新たなキャスティング方法とか、
オリジナルなスタンスの取り方、考え方が自然と色々発見できました。


それをあなたにも、シェアーします。
ですから、釣れたら私にも報告をくださいね。待っています。




・レッド瑪瑙フレーミングバンブーロッド

http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Red%20Agate%20Bamboo%20rod


メノウは微細な石英(quartz 水晶)の結晶が集まった天然石で 、
岩石の空洞中に沈殿してできた鉱物の変種です。

パワーストーンとしての効果もあり、精神面と肉体面、
そして知性にバランスを整えプラスの力、マイナスの力を調和し癒しの効果もある天然石です。


アクションはトルクフルなミディアムスローアクション。気に入っています。

グリップの中から曲がるこのロッドのしなやかなアクションは、
キャストする度に、その心地いい振動が体中をバイブレートしてきます。

魚を掛ければなおさらです。






私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop



■伝えたいこと

本当は・・
私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。