どうもこんばんわ・・・

 

随分と寒くなってきたもんです。

 

先日謎の腹痛で一日ダウンしました。

 

医者にもらった薬の副作用が酷く・・・

 

ひと晩中苦しみました・・・

 

それを乗り越え・・・・

 

BUCK-TICK

TOUR アトム 未来派 №9

福岡ライブ参戦しました FLAYREです(^^)/

 

2年前、『或いはアナーキー』ツアー広島公演に参戦するも

遅刻&仕事電話で楽しめなかった僕にとってはある意味

リベンジ参戦ともいえる今回・・・

 

すごい楽しめました!!(^^)/

 

すばらしい演奏をありがとうと、まずは言いたい。

 

セットリストですが・・・

 

まあ、ネットなんかではもうアップされてるし・・・

乗せちゃいますね(笑)

 

これから参戦の方はどうぞ飛ばしてください。

 

2016年11月23日

BUCK-TICK TOUR アトム 未来派 №9

福岡公演のセットリストです↓

 

01.um uh sol mu -フラスコの別種-

02.PINOA ICCHIO -踊るアトム-

03.美NEO Universe

04.Baby, I want you

05.My Fuckin' Valemtine

06.El Dorado

07.樹海

08.メランコリア

09.DEVIL'S WING

10.BOY septem peccata mortalia

11.FUTURE SONG -未来が通る-

12.THE SEASIDE STORY

13.Cuba Libre

14.曼珠沙華 manjusaka

15.愛の葬列

 

EN①

キラメキの中で

見えないものを見ようとする誤解 すべて誤解だ

形而上流星

 

EN②

MISTY ZONE

ROMANCE

NEW WORLD

 

以上になります・・・!!

 

BUCK-TICKはキャリアが長いので、いつもツアーの中で

昔の曲は何をやってくれるのか?

楽しみなところですが今回も懐かしい曲もやりつつ

やはり最後は最新シングル『NEW WORLD』で締める・・

 

個人的には前回参戦の『或いはアナーキー』での

シングル曲『形而上流星』

この曲がとても感動してしまいました。

 

前回はライブ中に仕事の電話がかかったりで全く

集中して聴けなかったので、今回この曲を

じっくりと、噛みしめながら聞く事が出来ました。

 

もちろん、最新アルバムからのナンバーも

圧巻の演奏でした。

『BOY』『DEVIL'S WING』といった激しい楽曲も

ノリノリで楽しいのですが、

『樹海』『曼珠沙華』といったバラードナンバーも

今回はかなり悲哀に満ちていて涙腺を刺激します。

 

アンコールの最後の曲の前、DVDとかでは見たことがない

メンバー紹介もしてくれました。

 

そして・・・ボーカル櫻井さんの言葉

九州の皆さんもいろいろと大変な事がありますが

僕らの音楽で少しでも気がまぎれたらうれしいです。

最後に、今日よりも明日、

明日よりもっと先へ・・・この曲を贈ります

NEW WORLD

 

僕はヒムロックのライブ以来涙腺がおかしい(笑)

泣きそうです・・・

 

最後の曲も、すばらしい演奏、音色でした。

 

今年はヒムロックに始まり、ライブ三昧の充実した一年・・

まだ今年は終わってないですが、今年のライブ参戦はこれが

最後になりそうなので、いいライブで良かったですよ、

本当に(^^♪

 

また参戦したいですね。今度はリベンジ参戦じゃなく、

純粋に楽しめそうです。

 

皆さんも楽しいMUSIC LIFEを満喫ください。

 

FLAYREでした(^^)/

AD

はぁ~いこんばんわ(^^♪

 

思い付きで始めたこの『コレクター魂』

 

まだ11回目ですが・・・

私は自分にルールを課している!!

 

それは・・・

 

「記事を書く前に必ずもう一度観る!!」

 

という事であります。

 

最近それが面倒だったりしますが(笑)

 

でもきちんと紹介するために

たとえそれがどんなに観る気持ちをそそらなかったとしても(笑)

観るわけです。

 

さて今回は!!

 

LUNA SEA 『THE FINAL ACT』(VHS版)

2000年12月26・27日

 

この2DAYSをもってLUNA SEAは「終幕」

する訳なんですが・・・

 

まあ、今は普通に活動してますけどね(笑)

 

しかしながら当時のファンのショックはかなり大きく・・

泣き叫ぶファン多数・・・

 

僕は別に泣いてませんがね(笑)

 

それでは、御託はいいので中身(笑)

今回はかなりボリュームが多いので2回に分けて書くとします。

 

2000年12月26日(1日目)セットリスト

OPENING S.E.

01.WISH

02.Dejavu

03.SLAVE

-MC-

04.IMITATION

05.TRUE BLUE

06.FEEL

-MC-

07.RAIN

08.RA-SE-N

09.Providence

10.GENESIS OF MIND~夢の彼方へ~

11.真矢 DRUM Solo

12.J Bass Solo

13.INTO THE SUN

14.DESIRE

15.a Vision

16.BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー

17.ROSIER

18.TONIGHT

 

ENCORE①

SHINE

BELIEVE

MOTHER

 

ENCORE②

FOREVER & EVER

PRECIOUS

 

ENCORE③

LOVE SONG

 

ふぅ~

セットリスト書くだけで疲れた(笑)

 

さすがに終幕宣言後の最後のライブだけあって、

かなりの曲数です。

いきなり1曲目から『WISH』・・・

いつもはアンコールの最後で演奏されることの多い曲を

持ってきたところに、かなりの気合いの入りようが

感じられます。

 

シングル曲から、ライブ定番の楽曲が怒涛のように

演奏されていきます。

 

2DAYSの1日目という事もあるのか、メンバーが

とても楽しそうに演奏しています。

これで終わる、というのがウソのような

素晴らしい演奏が続きます。

 

そしてお決まりの真矢くんのドラムソロ、オーディエンス

との掛け合い・・・

の後になんとJのベースソロまでやっています。

 

個人的にはJ大好きなので、かなり括目して(笑)

観ておりました。

 

後半はまた怒涛の楽曲達。

『INTO THE SUN』 『DESIRE』に続いて

『a Vision』の間奏ではJとSUGIZOの声の

掛け合いがカッコイイです。

また定番の『ROSIER』でかなりキレキレの演奏の後、

本編のラストは『TONIGHT』

この曲は、ギターのINORANがひたすら同じカッティング

のフレーズを延々と弾く姿に惚れた(笑)

僕もよく練習で弾いてました。

 

この日はメンバーも、オーディエンスも楽しそうに

純粋にライブを楽しんでいるのが印象的です。

アンコールでは『BELIEVE』に続いて『MOTHER』

SUGIZOのバイオリンプレイは圧巻です。

 

そして2回目のアンコールではなんと『Forever & Ever』

・・・この曲10分近くあるんですが、全然飽きさせない

いい曲ですね。間奏ではJの英語詞朗読(セリフ)が

かなりイカしています。

 

そしてこの日最後は・・・

RYUICHI

「いけね! もう一つ大事な曲を忘れてた」

 

・・・いや、忘れるわけないですよね?最初からやるつもり

でしたよね(笑)

 

「みんな終電大丈夫?もう1曲贈りたいんだけど

聞いてくれる?」

 

イヤと言うやつはいないでしょう。終電に遅れても。

いつものRYUICHIさんの名言(迷言)の後に贈られたのは

『LOVE SONG』

 

そして、1日目は幕を閉じるのであった・・・

しかし・・・

 

最後の曲が終わってもピック投げたり、タオル投げたりして

なかなか帰らないJ、SUGIZO・・・

さっきRYUICHIがみんなの終電を気遣ってあげたのに(笑)

 

ファンにとってはそんな事は気にならないのでしょうが・・

まあ、僕も当時はかなり好きだったのでわからなくもない

ですが。

ヒムロックのライブを遠方から参加した僕だったらすぐ帰り

ます(笑)

終電無くなったら翌日の仕事が終幕しますから(笑)

 

長い記事になってしまいましたが・・・

1日目は選曲も演奏もすばらしく、見応えたくさんです。

次回、2日目の紹介に続く・・・

 

FLAYREでした(^^)/

 

AD

どうもこんばんわ~

 

今、ちょっとお腹痛いのですが、我慢して

ブログ更新してみます(笑)

 

なにも我慢せんでも、トイレに行けばええがな・・

って思うかもしれませんが・・

もう既に2回行っている(笑)

 

・・・・くだならい始まりですまん。

FLAYREです。

 

今日は、自分の曲の2MIX音源のチェックと、

あとその他の曲の打ち込み作業などを行いました。

 

ここ最近は、PCでの打ち込みやら2MIXのお勉強

やらが中心になっておりまして、自分の曲の

新しいやつはまだサビが思い浮かばなかったり

とチマチマ作業になっているのですが。

 

毎日曲を聴き、高音域が出過ぎているとか

低音域が足りないとか、ギターの音がでかい

とかいろいろやっていると、耳が鍛えられます。

 

昔の音源など聴くに堪えなくなってきたり(笑)

 

イコライザーやコンプレッサーをいじる時間が増え、

逆にギターを弾く時間が減ってきていまして・・・

 

腕の衰えが心配なのですが(笑)

 

でも結局は、曲のミックス作業ってのは最終的には

自分の好みになってしまいがちなんですよね。

 

僕の場合はベースの音が少しうるさいくらいが

好きだし、リバーブはあんまりかけ過ぎないのが

良いかな?とか思って仕上げてみて、

翌日聞いたらやっぱ違うな、と思ってやり直したり・・

 

本当に、音楽って奥が深いですね。

 

そんでもって僕はプレイヤーでもあるから、

ギターやボーカルの練習も怠るとやっぱり

ダメになってしまいます。

 

ある程度身に付いた技術はそうそうは失いませんが

(声の出し方とか、ある程度の早弾きとか)、

 

ほんの些細なズレだとか、より一層上のテクニックは

まだまだ研鑽しないと身にならない部分も多いのです。

 

日々これ精進・・・

 

頭ではわかっていますがそれが毎日実践出来ているか?

 

今日も問いかけながら、音楽しています。

 

FLAYREでした(^^)/

AD