テーマ:

 ここ2、3年の間、テーマにしていたのが、スナッグレス性が高く、フッキングの良いリグ。チヌ、ロックフィッシュ相手に使えるアイテム。

 

 完成を見たガルフバグ、クエイキーバグ。魚へのアピール、フッキング性能はこれ以上向上の余地がないほど自信がありますが、スナッグレス性において課題が残るのが正直なところ。いわゆる”はさまり事故”に対してはどうしようもありません。

 

 スナッグレス性に関して成績が良いのは、スリムなシンカーを組み込んだドロップショットリグ。根がかりで致命的な場面はフックが障害物に”引っかかる”こと。障害物が、フックが刺さり込んでいく材質ならば、ほぼ回収不可能です。岩石など、フックが刺さりこまない材質ならば、回収できるケースもありますが、フックポイントへのダメージは避けられません。ドロップショットリグなら、ストラクチャーへのコンタクトがシンカー中心になり、フックがストラクチャーにコンタクトする頻度はより少ない形となります。ロストを避けるならば最上のチョイスかも知れません。

 

 逆に私が考えるデメリットは、次の通り。

・シンカーにリグが追従するアクションが出せない。

・シルエットの一体感がない。

・ボトムへのコンタクトにダイレクト感がない。すなわち、魚へのアピールとなる、コンタクト音が出ない。

・魚がバイトした時にライン2本をくわえ込むので、違和感を与える。

上記の原因から、ダイレクトなテキサスリグよりも魚へのアピール、フッキングチャンスともに少ない印象を受けます。(ごく個人的な印象ですが・・・)

 

 バスをやっていたころ、しばしばお世話になったのが、ニードルシンカー。細い形状のバレットシンカーですが、すり抜けは抜群でした。正確にどんな形状たったか思い出そうと検索して探してみましたが、見つかりません。もう廃盤なんでしょう。欠点といえば、やたらとワームがずれることと、ボトムへのコンタクト感が感じられないこと。

 

 テキサスリグの根がかりのメカニズムですが、シンカー自体がストラクチャーに挟まってロストすることは、まれです。ほぼすべてのケースで、フックがストラクチャーに引っかかって取れない状態がテキサスリグの根がかりの形です。何故こんなことが起きるかと、実際にリグを組んで試したことがあります。

 

 原因は2つ。

・フックの前部にストラクチャーがコンタクトすること。シンカーでフックは守られていない。

・ペギングしてシンカーとフックを一体化させる手もあるが、フックポイントが下を向き、ポイントがストラクチャーに引っかかってしまう。(フックはポイントが下の方向になりたがる)

 

 以上が主な既存のリグの特徴です。

 

 それに対し、現在進行中の研究の課題が次の通り。

・フックポイントが常に上向きであること。

・シンカーもヒラを打ちすぎず、上下が安定すること。

・適度なコンタクト感をキープしつつも、狭いスキマもクリアーできること。

・市場にある、豊富な種類のフックを選べること。

 

 いくつかアイデアが出て、試作→ボツを繰り返しましたが、やっと方向性が見つかってきました。

 

 まだまだ詳細な姿はお見せできませんが、テストでの釣果は以下の通り。

さらに洗練させていきたいと思います。恰好のテストフィールド、超ガレ場がある淀川で、恰好のテストターゲット、キビレの接岸が続く間に完成させたいですね・・・










 

↓ご近所チヌゲームの集大成的な記事を掲載させて頂いてます。どうぞ宜しくお願いします!私の工房の風景もちらっと出ていますよ爆  笑

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もやってまいりました!

地球丸さんのでかイカマガジン、2016です。

 

私も貴重なスペースを頂きまして、でかイカ攻略の記事を執筆させて頂いております。

各氏内容の濃い記事、年初の和歌山モンスターフィーバーの模様もレポートされており、充実の一冊。誰もが夢見る一瞬がギュッと凝縮されております。

 

皆様どうぞご覧になってください爆  笑


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本当にこの4月は色々と憂鬱なことが起こり、気分は下がったままでした。

熊本の大地震に始まり、長年執筆していた岳洋社さんのSWは、寂しいことに休刊に。

個人的には3月末より喘息性の気管支炎に掛かり、かなり良くはなりましたが、未だ完治に至らず、夜風に当たることは避けておりました。

 

 反面、現場に行かない分、創作欲はモリモリで、実体化に至っていないものも含めれば、2日に1モデルのペースで3Dモデリングに励んでおりました。今日もこれから描き始める予定です。先日急逝した敬愛するプリンス殿下は、死の直前、連続154時間、作業をしていたそうですが、そこまで私は無理しませんので、ご安心をえー

 

 4月、1年で最も季節変化の移ろいが楽しい季節ですが、やっと体調も良くなってきたので、夜間のご近所パトロールを再開することに。

 

 この時期の読みとしては、バチ抜けが始まり、自分のテリトリーにバチが発生すれば、チヌも浮き上がるので、ボトムを探る従来のチヌゲームスタイルでは狙いにくくなります。バチを意識した表層トレース型のプラグを使えばヒットすることもありますが、シーバスのヒットにも構えが必要で、自ずとタックルが変わってきてしまいます。これはライト系を標榜するチヌゲームと少しかけ離れてしまうので、バチエリアはパスすることにします。

 

 狙い目は河川の少し上流、バチ抜けの終わったエリアのシャローに上がるキビレです。

 

 好みのタイミングは満潮前、上げ潮。海からの込潮が反転流を作り、岸際でゆるい下りが発生すれば最高です。昨日はまさにそんなタイミングでした。

 

 ヒットルアーは拙作のバレーヒル・ガルフバグです。5gを使用。








 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィッシングショーin四国、今年も大盛況でした!

 

沢山の方にご来場いただき感謝の限りです。

釣り熱の非常に熱い地域、現場実践型の諸兄の色々なためになる話も伺うことができ、

貴重な経験となりました。次回もよろしくお願いいたしますビックリマーク

 

うーん、写真がなくてすみませんてへぺろ


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

岳洋社さんSW4月号、発売です。

IMG_20160311_142846046.jpg

この号にてアナウンスされていますが、次の5月号をもって休刊となってしまいます。

コアなアングラーによるちょっとマニアックな誌面でしたが、ソルトでのルアーフィッシングという文化を多くの人に知らしめた功績、先駆者としての活躍はいつまでも記憶に残ると思います。ぢょにぃも全力で執筆してきました。

 

この号でも、表層混合層とイカの因果関係についてを記事にしています。

皆様どうぞよろしくお願いいたします爆  笑

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

来たる3月13日、高知のぢばさんセンターにて開催される、”フィッシングショーin四国”。

ぢょにぃもバレーヒルスタッフとしてお邪魔させていただきます。

お見かけいたしましたら、どうぞお声がけを爆  笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日に引き続いて、ちぬぱとろーる。
谷もっちゃんを引きずり出し、2人でクエイキーバグにて掃海作業です。
テトラ帯、谷もっちゃん先行でテトラに沿って丁寧にレンジを刻みながらクエイキーバグをトレース。
時間帯は満潮の潮位の高い状態から、下げが入る頃。昨日と同じです。
昨日は比較的波打ち際に近いレンジでのヒットが多かったので、この日も同じトレースコースで。

後から追いかける私にアタリが。
アタリはテトラへの引っ掛かりと区別がつきにくく、かと言って躊躇すればバレてしまうかテトラの穴に深く潜られてしまう。
テンションを掛けたまま、コンマ数秒。相手が動くのを確認してドラグを出しながらのフルパワーフッキング。
この瞬間がたまりません

鋭いツッコミを何度か味わった後、キャッチできたのは50cm弱のサイズ。


どういう状態なのか、上唇の上にフッキング。
チヌがクエイキー本体を吸い込むときに上唇にフックポイントが立ってしまったのかと。
ダブルフックが2本とも綺麗に刺さりこんでいます。

少し傷のある魚体ですが、プロポーション良しです。


先行する谷もっちゃんもキャッチ。
リトリーブスピードを上げると反射食いしてきたっぽいとのこと。フムフム・・・

2人で、よくヒットするパターンを考察。
最も多いパターン。
ヒットする瞬間の直前にはテトラに擦れる感触があるとの結論。
ということは、テトラにクエイキーバグが当たる振動がチヌに興味をひかせる、または捕食トリガーにつながっているのかと。
暗い濁った夜間の水中、チヌは振動を頼りにエサを探しているようです。特に大きいサイズほどこの傾向が強いかも?
そして、この”テトラに擦らせてバイトに持ち込む”という芸当は、クエイキーバグの最も得意な技。
プラグでは本体やフックポイントが消耗し、ワームリグでは硬質な振動が出ません。

と、理解の深まる夜でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かねてよりお誘い頂いていたおすぎさんとコラボ。

お互い不毛の湾奥調査は上等。

玉砕覚悟で去年は絶不調だったテトラ帯へ掃海調査。

 

毎年この時期になると赤くて細い海藻がテトラや捨て石に茂り、ルアーをトレースできなくなるのですが、今年に限っては何故か全くこの海藻が見られない。

海藻は一般的に冬場の低温刺激を経て成長を開始するのですが、今季は冬場も高水温で推移していたようで、低温刺激が足りなかったのかも知れませんね。

こうなると、宙層ズル引きトレースが真骨頂のクエイキーバグの独壇場!

 

ガツンと1枚目。

 

ググっと2枚目。

 

トドメにおすぎさんが探った後から(すみません・・・)3枚目。

 

時間帯は満潮から下げ始めの頃。

テトラの水没した潮間帯をクエイキーバグを擦るようにトレースすると、テトラの穴の中からドーン・・・というパターンです。

 

プラグ→ボディやフックの損傷が激しくNG

ワーム→濁った夜間の水中ではアピール不足、かつ、テンポ不足

 

ということで、クエイキーバグの独壇場でございました。

 

おすぎさん、おつきあいありがとうございました・・・次回はしっかりタックルを準備してよろしくねドキドキ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

再びプロトのテストです。

スイムアクション、トラブルの有無をチェックするためにキャストを繰り返し、仕上がりを確認。

 

OKかなと思ったところで、シーバスがポジショニングしているであろうコースへキャスト。

 

1投で思い通りに魚を出すことが出来ましたてへぺろ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

好調の運河奥のマチヌ。

チヌを狙っていると、実はシーバスの気配もあることに気づいていました。

 

現在開発を進めているルアーのひとつが、シーバス相手に良かろうとテスト。

 

ジャーク&ショートフォールで1投目でした。

貴重なハンドメイドプロトでのテストなので、そんなに良い魚はいらないのですが・・・

やり取りにヒヤヒヤしました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。