北沢俊美防衛相は28日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を埋め立ててV字形滑走路を建設する現行計画を修正し、同沿岸部の海上に滑走路を建設するくい打ち桟橋方式(QIP)など複数の代替施設建設案を提出した。北沢氏は会談後、記者団に「防衛省として検討している案を伝えた」と明らかにした。

 防衛省は、「県外移設」にこだわる首相の意向から鹿児島・徳之島への普天間ヘリコプター部隊の大部分移転を当初検討したが、米側が沖縄に残る陸上部隊と距離が離れ過ぎることに難色を示したため、「徳之島移転案」の実現は困難と判断。00年に森政権下でも検討されたくい打ち桟橋方式などを軸に現行計画の修正に転換した。

 防衛省としては、米側に受け入れの余地があると同時に、海を埋め立てない工法で、環境への配慮を重視する鳩山首相の意にも沿う案とみている。防衛省幹部は「防衛省としての集大成を出した」としている。【仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:鳩山首相が徳田虎雄氏に徳之島案への協力要請
普天間移設:米国務次官補が外務省局長と意見交換
小沢幹事長:「やましいことはない」…会見で辞任を否定
普天間移設:鳩山首相、徳之島出身の徳田氏と28日に会談
程駐日大使:「中国海軍ヘリ接近」日本の問題視に不快感

<将棋>久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人(毎日新聞)
普天間移設 沖縄の意思は「県外」 県民大会に9万人(毎日新聞)
現行案受け入れ「事実ではない」 普天間WP紙報道を首相が否定(産経新聞)
<拉致問題>関係府省連絡会議が初会合 協力体制を確認(毎日新聞)
龍馬大男説に1つの異論…169cm62kg(読売新聞)
AD