環境系行政書士への道~「あきらめたらそこで試合終了ですよ」 東京銀座

産業廃棄物 収集運搬業 許可申請、古物商、建設業などの許認可、一般社団法人、NPO法人株式会社、合同会社の設立、起業支援中心の銀座の行政書士です。フットサル、サッカー、ビール好きな行政書士です。環境ビジネス支援 行政書士の学校


テーマ:
楽しい時間はあっという間に過ぎていくもので、
3日半たっぷり家族と過ごせた時間も終わります。


{7B68B6BB-0D3D-4309-8A7F-A8FC2227DD3F}


また当分は
息子の寝顔しか見れない日々。
土曜の仕事も続きます。


一方で、
やはり習慣とは抜けないもので、
この休みの間もずっと5時起き。


何度も夜起きてしまうし、
リアルな仕事の夢さえ見ます。


経営者である以上、
仕事が完全に頭から抜けることはないのかもしれません。


少なくても、
僕には難しいそうです。


いつもなんかドキドキ。
休んでると悪いことしてるくらいにさえ思ってしまう。


休むことが怖いのです。


もう溶け出さないほどに、
仕事やストレスみたいなものが
脳に固まりこびり付いていて
それがだんだん大きくなってるのかも。


でも、
そんな仕事人間でも、
家族と過ごす時間、
息子の無邪気な笑顔を見ると、
無条件に心が軽くなる。


仕事は好き。
やりがいもあるし、
やりたいこともたくさんある。
この達成感や充実感は他ではそうそう味わえない。


家族が大切。
この時間も大事にしたい。
家族がくれるあたたかさは自分にとってかけがえのないもの。


自分が大事にしているものはなんなのか、
何を成し遂げていきたいのか、
どう人生を過ごしていきたいのか、
そんなことを考えるお休みでした。


今わかってることは全部に貪欲にいきたいということ。


休みは全力で楽しんだ。
明日から仕事に全力で。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

環境系行政書士 石下貴大さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント