タイ旅行一覧

テーマ:
▼ タ イ 旅 行 一 覧 ▼


〜バンコク〜

 ・空港を走る謎の乗り物?
 ・時価総額120億円!?


〜チェンマイ〜

 ・ドライバーさん、ここはどこ?
 ・旧市街を散歩してみた!
 ・映画のロケ地になったおすすめホテル!
 ・「バーンロムサイ」ゲストハウスに隣接する施設
 ・無料レンタル自転車でアドベンチャー!!
 ・象使いと象乗りができるツアー!!
 ・山岳民族の村で首長族と出会う!?
 ・ここには必ず行くべし!! ドイ・ステープ & ワット・スアン・ドーク
 ・旨いぞ カオソーイ!!
 ・ナイトバザールでショッピング!! 日曜日なら・・・?
 ・優雅に北タイ料理を食べながら、伝統的なショー!!
 ・覚えづらいバンコクの駅の名前!!


〜チェンライ〜

 ・ナイトスポット!?
 ・白い観光名所!ホワイト・テンプル!
 ・黒い観光名所!ブラック・ハウス!
 ・第2バスターミナルに注意!!
 



▼国・地域別 情報日記 一覧▼

●トップページ●に戻る
AD
▶︎YouTube ▶︎パナマ ▶︎ピースボート


[前回の記事はこちら


 アジア最大の豪華客船!

「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」

(Quantum of the Seas)

を見に行ってきました!



 名古屋は、2016年6月27日に名古屋港の金城ふ頭に着岸しました。

今回のブログの内容は、写真が中心です。

詳細は、前回のブログをごらんください!



 前から見て行きましょう!

あまりにも大きすぎて、船首を入れることができませんでした!

青空にクァンタム・オブ・ザ・シーズはかっこいいですね。

予想以上に「QUANTUM OF THE SEAS」の文字が大きかったです。

クァンタム 船首
 撮影:おがわ りきや


 一体いくつフロアがあるんでしょうね?

外から数えても15階はありますね。

洋上の大型マンションですよ!

クァンタム 側面
 撮影:おがわ りきや


 乗船客は、アジアの人だけでなく、欧米人も多く見られました。

上海発着のクルーズなのに、なぜ欧米人が多いんだろう?

クァンタム ゲート
 撮影:おがわ りきや


 船の前には、各地から集まった観光バスが、まるで輸出用に岸壁に並べられたような光景!

その数はナント!約70台!

更に、この日のためにシャトルバスも運行していました。

6月27日の名古屋は、きっと観光バスの手配が難しい1日だったと思います。

クァンタム バス
 撮影:おがわ りきや


 展望カプセル「ノース・スター」

海上約90メートルへ上昇します。

クァンタム 展望カプセル
 撮影:おがわ りきや


 ロッククライミングの壁がオープンデッキに!

クァンタム クライミング
 撮影:おがわ りきや


 斬新な形状の船尾。

船とは思えない存在感!

クァンタム 船尾
 撮影:おがわ りきや


 名古屋港を進むクァンタム・オブ・ザ・シーズ。

クァンタム 横
 撮影:おがわ りきや


 前から。

なんだか「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」に似ていますね。

クァンタム 前
 撮影:おがわ りきや


 スカイダイビング体験ができる「リップコード・アイフライ」は後ろにありますね。

クァンタム 後
 撮影:おがわ りきや



 日本に入港する最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」はいかがでしたか?

港へ行くと「見に来ただけ!」という方は多くいます。

ぜひお時間があれば、見学に!

経済的な余裕があれば、乗船してみてくださいね。



 名古屋・室蘭・横浜・大阪・高知を結ぶ次のクルーズは2016年12月の予定です。

今度は冬にやってきます。



ちなみに、2016年の10月までの入港予定は次のとおりです。

 長崎 7月3・24日 8月31日 9月6・11・15日

 熊本八代港 7月7・16日 9月29日 10月3日

 博多 7月12・20日 8月2日 9月20日 10月19・26日 

 宮崎油津港 7月25日 8月15日 9月25日 10月4日

 高知 8月14・23日 9月24日 10月22日

 広島 8月24日 10月21日

(※変更の可能性もあるので、必ず確認してください)



 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。



関連記事

 ● 上海から日本に!?クァンタム・オブ・ザ・シーズ

 ● 【パナマ運河】新運河完成!拡張工事で幅が広いクルーズ船が通過可能に!


関連サイト

 ● アジア最大クルーズ船「クァンタム」を見に!@名古屋港


関連動画 

 ● クァンタム・オブ・ザ・シーズ

 ● ボイジャー・オブ・ザ・シーズ


トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村
AD
▶︎YouTube ▶︎パナマ ▶︎ピースボート


 先日6月16日に中国の上海ディズニーランドが開園しましたね。

チケット料金が若干、東京ディズニーランドより高いそうですが、ディズニーのテーマパークができるほど、上海は世界を代表する大都市だと言えるってことですよね。



 さて、そんな上海でも個人的に注目するニュースがあります。

2015年6月に上海を起点にするアジア最大級のクルーズ船が就航しました。

その名は…

クァンタム・オブ・ザ・シーズ


 めちゃくちゃ大きいです!

では、他のクルーズ船と比べてみましょう。



 まずは、日本船籍最大の船!

「飛鳥Ⅱ」

総トン数 5万トン

サイズ 全長 241m × 幅 29m × 高さ 45m

乗客数 870人



2015年5~6月、日本に当時アジア最大級と言われたクルーズ船が入港!

「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」
ボイジャー・オブ・ザ・シー
 ▲ボイジャー・オブ・ザ・シーズ (撮影:おがわ りきや)

総トン数 13.7万トン

サイズ 全長 311m × 幅38m × 高さ 63m

乗客数 3,800人

母港 香港、シドニー(オーストラリア)

※YouTubeの動画はこちら



 クァンタム・オブ・ザ・シーズに次ぐ、日本に入港した最大の客船。

「クイーン・メリー2」

総トン数 14.8万トン

サイズ 全長 345m × 幅 41m × 高さ 72m

乗客数 2,600人



 そして今回紹介するアジア最大級大型クルーズ船。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ

総トン数 16.7万トン

サイズ 全長 348m × 幅 41m × 高さ 71m

乗客数 4,100人

(これらの数値は、わかりやすいように端数を除いています)



 クァンタム・オブ・ザ・シーズには、驚きの施設が満載です。

目玉はノース・スター

アームの先の展望カプセルに乗り、海上約90メートル(ビルの20~25階くらいの高さ)へ空中の旅を満喫できます。


リップコード・アイフライ

透明の円形空間の中で、スカイダイビング体験ができます。


フロー・スライダー

ボディーボードに乗り、前方から流れてくる強い水流の上を乗る(浮く)アトラクション。



他にも、充実した施設が揃っています。

「ロック・クライミング」

「カジノ」

「シアター」

「ガラス張りのラウンジ」

「ミュージック・ホール」

「スパ・フィットネスセンター」




 クァンタム・オブ・ザ・シーズは、過去60回以上、九州に入港しています。

特に福岡や長崎は、毎月、時には毎週のように入港することもあります。

しかし北海道、本州、四国の地域には、あまり入港しません。



今回のクルーズでは6月21日(火)に上海を出港後、下記の予定。(★=初入港)

 6月24日(金)入港9:00 出港19:00 ★室蘭

 6月26日(日)入港6:00 出港17:00 横浜(大黒ふ頭)

 6月27日(月)入港9:00 出港16:30 ★名古屋(金城ふ頭 80・81号岸壁)

 6月28日(火)入港12:00 出港21:30 ★大阪(天保山岸壁)

 6月29日(水)入港9:00 出港17:00 ★高知



 横浜のベイブリッジの下は船が大きすぎて通れないので、大黒ふ頭に着岸します。

名古屋では、名港トリトンが通れないので、金城ふ頭に着岸します。



 九州以外では、珍しい大型クルーズ船の1つです。

もしお時間があれば、

アジア最大級のクルーズ船を見に行ってみてはいかがでしょう?




 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。



関連記事

 ●【パナマ運河】新運河完成!拡張工事で幅が広いクルーズ船が通過可能に!

 ●船の揺れと船酔い


関連サイト

 ●【大型豪華客船】アジア最大級!クアンタム・オブ・ザ・シーズが室蘭・横浜・名古屋・大阪・高知に入港予定!


関連動画

 ●クァンタム・オブ・ザ・シーズ

 ●ボイジャー・オブ・ザ・シーズ


トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村
AD
▶︎YouTube ▶︎パナマ ▶︎ピースボート


 今回は「運河(うんが)についてです。

運河とは、人工的に作られた船が通るための水路のことです。

日本には、道頓堀(大阪府)や高瀬川(京都府)、中川運河(愛知県)、船越運河(愛媛県)など多く存在します。

もしかしたら、あなたが住む地域にもあるかもしれませんね。



 さて、世界三大運河と言われている3つの運河とは…

全長190kmのスエズ運河(エジプト)

北海とバルト海を結ぶキール運河(ドイツ)

高低差があるパナマ運河(パナマ)です。

パナマ運河 ゲート前
 ▲パナマ運河 (窓越しに撮影:おがわ りきや)

 パナマ運河は、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の間に位置し、閘門式(こうもんしき)運河と呼ばれ、水を仕切って水位を変える方式です。

簡単に言うと、海と湖の間に3つのゲート付きのプールを作り、水位を次の水位合わせていき、ゲートを開けて船を移動をさせる方法です。

そのため、カリブ海や太平洋から運河を通って、海抜26mのガトゥン湖を通過します。



 そんなパナマ運河は、1914年、アメリカが関与して開通しました。

アメリカの支配により管理・運用されていましたが、1999年にパナマに返還されました。

この頃の返還といえば、1997年の香港、同年1999年のマカオなどが連想されますね。



 話は戻りますがパナマックスという言葉を聞いたことはありますか?

パナマ運河はどんな船でも通れるわけではありません。

スエズ運河(エジプト)以上に制限がある運河なのです。

パナマックスとは、パナマ運河を通過できる船のサイズを指します。


全長 294メートル

幅 32.3メートル

喫水 12メートル
(水面から船体最下部までの長さ)

パナマ運河 通過中
 撮影:おがわ りきや

 つまり、このパナマックスサイズを下回ればパナマ運河を通れますが、サイズを越えると通過する事ができません。

そうなると、太平洋と大西洋の間の行き来は南アメリカ大陸を南下して、大陸南端を大回りして通過しなければなりません。



ぱしふぃっくびいなす
 ▲ぱしふぃっく びいなす (撮影:おがわ りきや)

 ちなみに、日本を代表する客船飛鳥Ⅱぱしふぃっくびいなす」「にっぽん丸は、どれもパナマックスサイズ以下なので、パナマ運河を通過できるサイズです。

しかし、横浜や神戸、長崎、函館などに寄港するイギリス船籍ダイヤモンド・プリンセスは、サイズを越えるためパナマ運河を通過する事ができないのです。

ダイヤモンドプリンセス
 ▲ダイヤモンド プリンセス (撮影:おがわ りきや)

そのため船を設計する時点で、パナマ運河を通るか通らないか、つまりパナマックスが基準の1つになっています。



 現在パナマ運河は、年間に1万4000隻、1日に38隻もの船が通過する計算になります。

そのため、パナマ運河周辺は通過する船が順番待ちのため待機している状況です。

パナマ運河 ガトゥン湖
 ▲ガトゥン湖で待機する船舶 (撮影:おがわ りきや)


 実はパナマ運河は拡張工事がされて、ついに2016年6月26日に開通式が開かれます。

この式典に日本から衆議院議員の衛藤 征士郎(えとう せいしろう)さんが派遣されるようです。



 新しい運河は、今までより大きな船が通れるようになります。

全長 366メートル(現在に比べ、72メートル増)

幅 49メートル(16.7メートル増)

喫水 18.3メートル(6.3メートル増)



「ダイヤモンド・プリンセス」が通れるようになります。

従来のレーンは観音開きで、船の牽引は川崎重工の機関車を使用していました。

新しいレーンはスライド式ゲートで、タグボートが牽引するようです。


 新しいレーンで、より大型な船舶がパナマ運河を通過できるようになります。

カリブ海を航行している大型客船の航路が拡大さる可能性がありますね。

もし、パナマ運河を通過するならば現在のパナマックスサイズ以上で、パナマ運河を通過するクルーズ船に乗船してみてください。

新しいパナマ運河のレーンを通ることができます。




 このあたりで終わりにしたかったのですが、日本には1つ問題があるようです。

2011年の福島原子力発電所の事故が発端となり、アメリカから天然ガス(LNG)を輸入する計画があるみたいです。

しかし、この天然ガスを運ぶQフレックスと呼ばれる運搬専用船が新しいパナマ運河を通ることができないのです。

(Qフレックスは、全長315メートル、幅50メートル)

パナマ運河側は、徐々に制限幅を広げると述べていますが…

いったいどうなるのか!?



 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。



関連記事

 ●パナマ

 ●オーシャンドリーム号


関連サイト

 ●インド洋~ソマリア沖


関連動画

 ●パナマ運河拡張工事、ほぼ完了 by AFPBB News



トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村
▶︎YouTube ▶︎バルセロナ ▶︎フィリピン観光


基隆 港
 撮影:おがわ りきや

 台北から東へ約30kmに位置する港町
「基隆(きーるん, Keelung)」
千と千尋の神隠しのモデルの街と言われている九份からは、西へ約10kmのところにある。
港町として発展した基隆は、外国船が寄港する。
沖縄や韓国、香港への定期船もある。


基隆 慶安宮
 撮影:おがわ りきや

「慶安宮(けいあんぐう)」
基隆三代名刹の1つに指定されている。
龍の彫刻が繊細で美しい。
常に参拝客が来ていて、線香をあげていた。


基隆 夜市1
 撮影:おがわ りきや

さて、基隆といえばココ!
「基隆夜市(きーるん夜市)」

基隆 夜市4
 撮影:おがわ りきや

港町なので新鮮な海の幸が集まります。
露店の前に並べられたイカ!
もちろんカニや魚、貝類なども売られています。
住民や観光客がこの夜市に集まってきます。

基隆 夜市2
 撮影:おがわ りきや

仁三路には屋台が並び、愛四路の北側には衣料品や雑貨店が並びます。
フルーツジュースのお店も。

基隆 夜市3
 撮影:おがわ りきや

夕食は、この夜市で摂ることにしました。
言葉が通じないので、ジェスチャーで「排骨麵」(下の写真)というメニューを注文。
英語では「Spareribs Noodles」
料金は、60元でした。

基隆 夜市5
 撮影:おがわ りきや

夜の基隆港です。
基隆を訪れた日は、2015年12月24日。
そう、クリスマスイブ
港周辺では、セレモニーが開催されていました。
合唱、バンド演奏、トークショーなどなど。
イベントには、サンタクロースの赤い帽子を被った人がたくさん集まっていました。

基隆 夜の港
 撮影:おがわ りきや

 ご購読ありがとうございます。
次回の旅もお楽しみに!
おがわ りきやでした!


関連記事

 ● ブログで知りたい!バルセロナ旅行 [前編]

 ● タイ旅行!白い観光名所ホワイト・テンプル!


関連サイト 

 ● 台北駅の地下街を抜ける!! 台北東站バスターミナルへの行き方

 ● 桃園国際空港!第2ターミナルのバス乗り場

 ● 桃園国際空港で空港泊!ターミナル1の仮眠ができる場所

 ● 英語初心者におすすめ!9つのコミュニケーションフレーズ!


トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村

ピースボート クルーズ一覧 <2016年〜>

テーマ:
2015年以降のクルーズを一覧にしました。
クルーズ回数順ではなく、日程順に並べてあります。
2015年、2016年、2017年、2018年、2019年のクルーズです。


第101回クルーズ(五大大陸と太平洋満喫コース)
  横浜発着 2019年4月20日~2019年8月1日 [104日間]
  大阪発着 2019年4月21日~2019年8月2日 [104日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→香港(中国)、シンガポール、コロンボ(スリランカ)、スエズ運河
 ポートサイド(エジプト)、サントリーニ島(ギリシャ)、ピレウス(ギリシャ)
 カタニア(イタリア)、バレッタ(マルタ)、マラガ(スペイン)
 タンジェ(モロッコ)、ポンタデルガーダ(ポルトガル)、ニューヨーク(米国)
 ハバナ(キューバ)、カルタヘナ(コロンビア)、クリストバル(パナマ)
 パナマ運河、イースター島(チリ領)、皆既日食観測
 パペーテ(フランス領タヒチ)、ラウトカ(フィジー)
 ブリスデン(オーストラリア)、グレートバリアリーフ航行
 ケアンズ(オーストラリア)、サイパン(北アリアナ諸島・米国)


第100回クルーズ(南半球航路)
  横浜発着 2018年12月26日~2019年3月31日 [96日間]
  神戸発着 2018年12月27日~2019年4月1日 [96日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→厦門(中国)、シンガポール、ポートルイス(モーリシャス)
 レユニオン島(フランス領)、エホアラ(マダガスカル)
 マプト(モザンビーク)、ケープタウン(南アフリカ)
 ウォルビスバイ(ナミビア)、リオデジャネイロ(ブラジル)
 モンテビデオ(ウルグアイ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)
 ウシュアイア(アルゼンチン)、パタゴニア・フィヨルド遊覧
 バルパライソ(チリ)、イースター島(チリ領)、パペーテ(フランス領タヒチ)
 ボラボラ島(フランス領タヒチ)、アピア(サモア)、硫黄島沿岸


第98回クルーズ(北欧&北極航路)
  横浜発着 2018年5月8日~8月21日 [106日間]
  神戸発着 2018年5月9日~8月22日 [106日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→基隆(台湾)、シンガポール、コロンボ(スリランカ)、スエズ運河
 サントリーニ島(ギリシャ)、ピレウス(ギリシャ)
 カリアリ(イタリア・サルデーニャ島)、バルセロナ(スペイン)
 リスボン(ポルトガル)、ル・アーブル(フランス)
 サンクトペテルブルグ(ロシア)、ヘルシンキ(フィンランド)
 ストックホルム(スウェーデン)、コペンハーゲン(デンマーク)
 ベルゲン(ノルウェー)、ソグネ・フィヨルド遊覧(ノルウェー)
 ネーロイ・フィヨルド遊覧(ノルウェー)、レイキャビク(アイスランド)
 北極圏、ケープ・フェアウェル沖遊覧(グリーンランド)
 ハリファックス(カナダ)、ニューヨーク(アメリカ合衆国)、ハバナ(キューバ)
 ジョージタウン(イギリス領・ケイマン諸島)、カルタヘナ(コロンビア)
 クリストバル(パナマ)、パナマ運河、プンタレナス(コスタリカ)
 プエルトパジャルタ(メキシコ)、シアトル(アメリカ合衆国)
 釧路(北海道)


第97回クルーズ(47日間・アジアグランドクルーズ)
  神戸発着 2018年3月7日~4月22日 [47日間]
  横浜発着 2018年3月8日~4月23日 [47日間]
  船籍:オーシャンドリーム
硫黄島沿岸航行(小笠原諸島)、コロール(パラオ)、ディリ(東ティモール)
 バリ島(インドネシア)、スマラン(インドネシア)
 クアラルンプール(マレーシア)、ヤンゴン(ミャンマー)、シンガポール
 シアヌークビル(カンボジア)、バンコク(タイ)、ハロン湾遊覧(ベトナム)
 カイラン(ベトナム)、海口(中国・海南島)


第96回クルーズ(56日間・オセアニア一周クルーズ)
  横浜発着 2018年1月8日~3月4日 [56日間]
  神戸発着 2018年1月9日~3月5日 [56日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→基隆(台湾)、セブ島(フィリピン)、バリ島(インドネシア)
 パース(オーストラリア)、アデレード(オーストラリア)
 メルボルン(オーストラリア)、タスマニア島(オーストラリア)
 シドニー(オーストラリア)、ミルフォード・サウンド遊覧(ニュージーランド)
 クライストチャーチ(ニュージーランド)、オークランド(ニュージーランド)
 ヌーメア(ニューカレドニア)、ガダルカナル島(ソロモン諸島)
 サイパン(アメリカ・北マリアナ諸島)


第95回クルーズ(オーロラベルトをゆく地球一周)
  横浜発着 2017年8月13日~11月24日 [104日間]
  神戸発着 2017年8月14日~11月25日 [104日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→廈門(中国)、シンガポール、ヤンゴン(ミャンマー)、コロンボ(スリランカ)
 スエズ運河、クレタ島(ギリシャ)、ピレウス(ギリシャ)
 コトル(モンテネグロ)、ドブロブニク(クロアチア)、ナポリ(イタリア)
 バルセロナ(スペイン)、リスボン(ポルトガル)、ボルドー(フランス)
 ロンドン(イギリス)、エディンバラ(イギリス)、オーロラベルト圏
 レイキャビク(アイスランド)、ニューヨーク(アメリカ)、ナッソー(バハマ)
 ハバナ(キューバ)、カンクン(メキシコ)、クリストバル(パナマ)
 パナマ運河、コリント(ニカラグア)、ヒロ(ハワイ)、ホノルル(ハワイ)


日韓クルーズ
  神戸発着 2017年7月27日~8月7日 [12日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→麗水(韓国)、ウラジオストック(ロシア)、函館(北海道)、境港(鳥取県)
 釜山(韓国)


第94回クルーズ(セーヌ川・北極圏をゆく地球一周)
  横浜発着 2017年4月12日~7月25日 [105日間]
  神戸発着 2017年4月13日~7月26日 [105日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→シンガポール、プーケット(タイ)、コロンボ(スリランカ)、スエズ運河
 ピレウス(ギリシャ)、カリアリ(イタリア)、バレンシア(スペイン)
 ポルト(ポルトガル)、ル・アーブル(フランス)、セーヌ川
 ルーアン(フランス)、リガ(ラトビア)、サンクトペテルブルグ(ロシア)
 ヘルシンキ(フィンランド)、タリン(エストニア)
 ストックホルム(スウェーデン)、コペンハーゲン(デンマーク)
 ベルゲン(ノルウェー)、ソグネ・フィヨルド遊覧(ノルウェー)
 ネーロイ・フィヨルド遊覧(ノルウェー)、レイキャビク(アイスランド)
 北極圏、ニュー・ファンドランド沖遊覧(カナダ)
 セント・ジョージ(バミューダ諸島)、ラグアイラ(ベネズエラ)
 クリストバル(パナマ)、パナマ運河、コリント(ニカラグア)
 アカフトラ(エルサルバドル)、ホノルル(ハワイ)


2017年春 ショートクルーズ
  神戸発着 2017年3月24日~4月1日 [9日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→上海(中国)、済州島(韓国)、博多(福岡県)、別府(大分県) 


第93回クルーズ(南半球航路)
  横浜発着 2016年12月9日~2017年3月22日 [104日間]
  神戸発着 2016年12月10日~2017年3月23日 [104日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→上海(中国)、シンガポール、ポートルイス(モーリシャス)
 レユニオン(フランス領)、エホアラ(マダガスカル)、マプト(モザンビーク)
 ケープタウン(南アフリカ)、リオデジャネイロ(ブラジル)
 モンテビデオ(ウルグアイ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)
 ウシュアイア(アルゼンチン)、南極遊覧、プンタアレナス(チリ)
 バルパライソ(チリ)、カヤオ(ペルー)、イースター島、パペーテ(タヒチ)
 ボラボラ島(タヒチ)、アピア(サモア)


第92回クルーズ(パリ、ローマ、ロンドン、NY、キューバ航路)
  横浜発着 2016年8月18日~11月29日 [104日間]
  神戸発着 2016年8月19日~11月30日 [104日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→基隆(台湾)、シンガポール、ポートクラン(マレーシア)、コーチン(インド)
 スエズ運河、サントリーニ島(ギリシャ)、ピレウス(ギリシャ)
 バレッタ(マルタ)、チビタベッキア(イタリア)、リヴォルノ(イタリア)
 マルセイユ(フランス)、バルセロナ(スペイン)、リスボン(ポルトガル)
 ル・アーブル(フランス)、ロンドン(イギリス)、ゼーブルージュ(ベルギー)
 アムステルダム(オランダ)、オーロラベルト圏、レイキャビク(アイスランド)
 ニューヨーク(アメリカ)、ナッソー(バハマ)、ハバナ(キューバ)
 モンテゴベイ(ジャマイカ)、クリストバル(パナマ)、パナマ運河
 プエルトケツァル(グアテマラ)、マンサニージョ(メキシコ)
 ホノルル(ハワイ)


日韓クルーズ
  博多発着 2016年7月29日~8月6日 [9日間]
  PEACE & GREEN BOAT 2016
  船籍:オーシャンドリーム
→釜山(韓国)、上海(中国)、那覇(沖縄)、長崎 


第91回クルーズ(北欧航路)
  横浜発着 2016年4月12日~7月26日 [106日間]
  神戸発着 2016年4月13日~7月27日 [106日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→コタキナバル(マレーシア)、シンガポール、コロンボ(スリランカ)
 スエズ運河、リマソール(キプロス)、サントリーニ島(ギリシャ)
 ピレウス(ギリシャ)、カタニア(イタリア)、モトリル(スペイン)
 リスボン(ポルトガル)、ル・アーブル(フランス)、ゼーブルージュ(ベルギー)
 ハンブルク(ドイツ)、ヨーテボリ(スウェーデン)
 サンクトペテルブルグ(ロシア)、ヘルシンキ(フィンランド)
 コペンハーゲン(デンマーク)、ベルゲン(ノルウェー)
 ソグネ・フィヨルド遊覧(ノルウェー)、ネーロイ・フィヨルド遊覧(ノルウェー)
 レイキャビク(アイスランド)、ケープ・フェアウェル沖遊覧(グリーンランド)
 ニュー・ファンドランド沖遊覧(カナダ)、プリンス・エドワード島(カナダ)
 ラグアイラ(ベネズエラ)、ウィレムスタード(キュラソー)
 クリストバル(パナマ)、パナマ運河、プエルトケツァル(グアテマラ)
 ホノルル(ハワイ)


第90回クルーズ(リオのカーニバルをめぐる南半球航路)
  横浜発着 2015年12月17日~2016年3月30日 [105日間]
  船籍:オーシャンドリーム
→那覇(沖縄)、廈門(中国)、ダナン(ベトナム)、シンガポール
 マーレ(モルディブ)、ポートルイス(モーリシャス)、レユニオン(フランス領)
 エホアラ(マダガスカル)、マプト(モザンビーク)、ケープタウン(南アフリカ)
 ウォルビスベイ(ナミビア)、リオデジャネイロ(ブラジル)
 モンテビデオ(ウルグアイ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)
 ウシュアイア(アルゼンチン)、パタゴニア・フィヨルド遊覧
 バルパライソ(チリ)、イースター島、パペーテ(タヒチ)、ボラボラ島(タヒチ)
 マジュロ(マーシャル諸島)



関連記事

 ● ピースボート クルーズ一覧 <2011~2015年>

 ● ピースボート クルーズ一覧 <2006~2010年>

 ● メリット & デメリット

 ● おすすめの9つの英語フレーズ


トップに戻る



★Blogランキングに参加★
 あなたのクリックが、1人でも多くの人にこのブログを観てもらえる事につながりますチューリップ赤
 下のバナーをクリックしていただけると幸いですニコニコ



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2006年~2010年のクルーズを一覧にしました。
クルーズ回数順ではなく、日程順に並べてあります。

※航行時のトラブルや、天候、情勢により、実際のクルーズと異なる場合があります。



第71回クルーズ
 横浜発着 2010年10月25日~2011年1月18日 [86日間]
 船籍:オセアニック
→香港(中国)、ダナン(ベトナム)、シンガポール、コロンボ(スリランカ)、スエズ運河
 ポートサイド(エジプト)、リマソール(キプロス)、ピレウス(ギリシャ)
 カタニア(イタリア)、チュニス(チュニジア)、モナコ、マルセイユ(フランス)
 バルセロナ(スペイン)、ラスパルマス(カナリア諸島・スペイン)
 サントドミンゴ(ドミニカ共和国)、カルタヘナ(コロンビア)、クリストバル(パナマ)
 パナマ運河、マンタ(エクアドル)、イースター島、パペーテ(タヒチ)


第70回クルーズ
 東京晴海発着 2010年8月2日~10月20日 [80日間]
 船籍:オセアニック
→ダナン(ベトナム)、シンガポール、コーチン(インド)、サラーラ(オマーン)
 スエズ運河、ポートサイド(エジプト)、イズミル(トルコ)、ピレウス(ギリシャ)
 ナポリ(イタリア)、マルセイユ(フランス)、バルセロナ(スペイン)
 カサブランカ(モロッコ)、ラスパルマス(カナリア諸島・スペイン)、ハバナ(キューバ)
 モンテゴベイ(ジャマイカ)、クリストバル(パナマ)、パナマ運河
 コリント(ニカラグア)、プエルトケツァル(グアテマラ)、マンサニージョ(メキシコ)
 エンセナーダ(メキシコ)


第69回クルーズ
 横浜発着 2010年4月16日~7月25日 [101日間]
 船籍:オセアニック
→厦門(中国)、ダナン(ベトナム)、シンガポール、サファガ(エジプト)
 アカバ(ヨルダン)、スエズ運河、ポートサイド(エジプト)、ピレウス(ギリシャ)
 ナポリ(イタリア)、ラ・コルーニャ(スペイン)、ル・アーブル(フランス)
 コペンハーゲン(デンマーク)、グダンスク(ポーランド)
 サンクトペテルブルグ(ロシア)、ヘルシンキ(フィンランド)、ベルゲン(ノルフェー)
 ソグネフィヨルド遊覧、ダブリン(アイルランド)、ラグアイラ(ベネズエラ)
 モンテゴベイ(ジャマイカ)、クリストバル(パナマ)、パナマ運河
 プエルトケツァル(グアテマラ)、マンサニージョ(メキシコ)、エンセナーダ(メキシコ)


第68回クルーズ
 横浜発着 2009年12月28日~2010年4月9日 [103日間]
 船籍:オセアニック
→基隆(台湾)、マニラ(フィリピン)、ポートビクトリア(セイシェル)
 モンバサ(ケニア)、ケープタウン(南アフリカ)、ウォルビスベイ(ナミビア)
 リオデジャネイロ(ブラジル)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)
 モンテビデオ(ウルグアイ)、ウシュアイア(アルゼンチン)、南極遊覧
 プンタアレナス(チリ)、バルパライソ(チリ)、カヤオ(ペルー)、イースター島
 パペーテ(タヒチ)、スバ(フィジー)


第67回クルーズ
 横浜発着 2009年8月27日~2009年12月11日 [107日間]
 船籍:オセアニック
→ダナン(ベトナム)、シンガポール、ポートビクトリア(セイシェル)
 モンバサ(ケニア)、スエズ運河、ポートサイド(エジプト)、イズミル(トルコ)
 ピレウス(ギリシャ)、ドブロブニク(クオアチア)、チビタベッキア(イタリア)
 マラガ(スペイン)、カサブランカ(モロッコ)、ラスパルマス(カナリア諸島・スペイン)
 ハバナ(キューバ)、プログレソ(メキシコ)、クリストバル(パナマ)、パナマ運河
 マンタ(エクアドル)、カヤオ(ペルー)、イースター島、パペーテ(タヒチ)
 アピア(サモア)


第66回クルーズ
 横浜発着 2009年4月23日~8月12日 [106日間]
 船籍:オセアニック
→厦門(中国)、シンガポール、マーレ(モルディブ)、アカバ(ヨルダン)
 スエズ運河、ポートサイド(エジプト)、ピレウス(ギリシャ)、カタニア(イタリア)
 マラガ(スペイン)、ル・アーブル(フランス)、ストックホルム(スウェーデン)
 サンクトペテルブルグ(ロシア)、ヘルシンキ(フィンランド)
 コペンハーゲン(デンマーク)、ベルゲン(ノルウェイ)、ソグネフィヨルド遊覧
 北極圏航行、レイキャビック(アイスランド)、ニューヨーク(アメリカ)
 ラグアイラ(ベネズエラ)、クリストバル(パナマ)、パナマ運河
 プンタレナス(コスタリカ)、アカプリコ(メキシコ)、バンクーバー(カナダ)
 アラスカフィヨルド遊覧、スワード(アラスカ)


第64回クルーズ
 横浜発着 2009年1月15日~4月19日 [95日間]
 船籍:モナリザ
→基隆(台湾)、ダナン(ベトナム)、シンガポール、モンバサ(ケニア)
 ザンジバル(タンザニア)、ケープタウン(南アフリカ)、ウォルビスベイ(ナミビア)
 リオデジャネイロ(ブラジル)、モンテビデオ(ウルグアイ)、
 ブエノスアイレス(アルゼンチン)、ウシュアイア(アルゼンチン)、南極遊覧
 プンタアレナス(チリ)、イースター島、パペーテ(タヒチ)
 ヌーメア(ニューカレドニア)、ケアンズ(オーストラリア)
 ラバウル(パプアニューギニア)


第65回クルーズ
 神戸発・広島着 2008年11月21日~11月28日 [8日間]
 PEACE&GREEN BOAT 2008
 船籍:ふじ丸
→石垣島(沖縄)、基隆(台湾)、釜山(韓国)  


第63回クルーズ
 横浜発・東京晴海着 2008年9月7日~2009年1月13日※ [102日間]
 ※クルーズに遅延あり(詳細はこちら
 船籍:クリッパー・パシフィック
→ダナン(ベトナム)、シンガポール、コーチン(インド)、マッサワ(エリトリア)
 サファガ(エジプト)、スエズ運河、ポートサイド(エジプト)、クサダシ(トルコ)
 イズミル(トルコ)、ピレウス(ギリシャ)、バレッタ(マルタ)、パレルモ(イタリア)
 バルセロナ(スペイン)、ラスパルマス(カナリア諸島・スペイン)
 サントドミンゴ(ドミニカ共和国)、ラグアイラ(ベネズエラ)、クリストバル(パナマ)
 パナマ運河、カヤオ(ペルー)、イースター島、パペーテ(タヒチ)
 オークランド(ニュージランド)、シドニー(オーストラリア)
 ラバウル(パプアニューギニア)、コロール(パラオ)


第62回クルーズ
 2008年5月14日~9月4日 [114日間]
 船籍:クリッパー・パシフィック


第60回クルーズ
 横浜発着 2008年1月12日~4月28日 [108日間]
 船籍:トパーズ


第59回クルーズ
 横浜発着 2007年9月23日~2008年1月10日 [110日間]
 船籍:トパーズ


第61回クルーズ
 横浜発・門司着 2007年7月15日~7月29日 [15日間]
 PEACE&GREEN BOAT 2007
 船籍:ふじ丸
→八戸(青森)、釧路(北海道)、カムチャッカ(ロシア)、サハリン(ロシア)
 ウラジオストック(ロシア)、釜山(韓国)


第58回クルーズ
 横浜発着 2007年6月9日~2008年9月19日 [103日間]
 神戸発着 2007年6月10日~2008年9月20日 [103日間]
 船籍:トパーズ


第56回クルーズ
 横浜発着 2007年2月25日~6月5日 [101日間]
 神戸発着 2007年2月26日~6月6日 [101日間]
 船籍:トパーズ


第57回クルーズ
 福岡発着 2006年12月13日~12月27日 [15日間]
 PEACE&GREEN BOAT 2006
 船籍:ふじ丸
→香港(中国)、カイラン(ベトナム)、スービック(フィリピン)、釜山(韓国)


第55回クルーズ
 横浜発着 2006年11月2日~2007年2月10日 [102日間]
 神戸発着 2006年11月3日~2007年2月11日 [102日間]
 船籍:トパーズ


第54回クルーズ
 2006年7月21日~10月30日 [102日間]
 船籍:トパーズ


第53回クルーズ
 2006年4月5日~7月16日 [103日間]
 船籍:トパーズ


第52回クルーズ
 2005年12月26日~2006年3月30日 [95日間]
 船籍:トパーズ



関連記事

 ● ピースボート クルーズ一覧 <2011~2015年>

 ● 航路説明会

 ● メリット & デメリット


トップに戻る



★Blogランキングに参加★
 あなたのクリックが、1人でも多くの人にこのブログを観てもらえる事につながりますチューリップ赤
 下のバナーをクリックしていただけると幸いですニコニコ



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
▶︎YouTube ▶︎バルセロナ ▶︎ブログ


[前回のスペイン旅はこちら



■ 熱狂的な牛追い祭り

パンプローナ 看板
 撮影:おがわ りきや

 バルセロナからバスでパンプローナという街に来ました。
パンプローナは、スペイン・ナバーラ州の人口20万人近い大都市です。
この街では、7月にヨーロッパ各地から観光客が集まる祭りが開かれます。

「牛追い祭り」
現地では「サン・フェルミン」と呼ばれています。

 まず、牛たちはこの囲いに入れられた状態からスタートします。
牛が走る2日前に来た時は、みんながスタート地点の写真を撮っていました。

パンプローナ 牛スタート地点
 撮影:おがわ りきや

 スタート直後、みんが走り出します。
牛の前を走ることができれば「勇敢な姿」として誇りに思うそうです。
さすがに数百kgの牛に体当たりや踏まれたら、大怪我を負う可能性があります。
時によっては、命も危ないかもしれません。
それでも、走るのです。

パンプローナ 牛スタート坂
 撮影:おがわ りきや

 坂を登ると市庁舎。
さらに、50mほど進むと右へ曲がる。
曲がった先が、1番長い直線!

パンプローナ 旧市街ストレート
 撮影:おがわ りきや

 民家の間を抜ける直線を抜けると大通りに出ます。
通りの交差点を横切り左へ少し折れるようにして闘牛場に入っていきます!

パンプローナ 闘牛場入り口
 撮影:おがわ りきや

 闘牛場の中に入ってみました。
中央のアリーナを囲む真っ赤な高い壁が目立ち、客席はコンクリート製の円形の空間。
パンプローナの闘牛場は1923年に再建。
収容人数19,529人の、世界で3番目の広さの闘牛場です。

パンプローナ 闘牛場
 撮影:おがわ りきや


 牛追い祭りで有名な街だけあって
牛追いを表現したモニュメント
牛に迫られるポーズをとる男性。
パンプローナ モニュメント
 撮影:おがわ りきや



■ 町中が自然豊かなパンプローナ

 そんな牛追い祭りで盛り上がるパンプローナの街は、フランスとの国境までわずか約40km。
そこにはピレネーの山々が連なり、豊かな自然に恵まれています。
パンプローナ 景色山
 撮影:おがわ りきや

 丘になっている旧市街のすぐ側には、木々に囲まれてアルガ川が流れています。
川で水遊びをする子供たちや、公園の木陰で読書をする若者を見かけます。
パンプローナの人々にとって、身近にある自然や歴史を感じる街並みが、心を豊かにしてくれそうですね。

パンプローナ 城塞公園
 撮影:おがわ りきや

城塞公園
ここは、歴史的な建造物が残る広い公園です。
公園の中を通りかかった時に、フォーマルな服装の人たちが集まっているのを見かけました。
日本では、珍しいんですが、公園で結婚パーティーをしているようです。


パンプローナ サラサーテ通り
 撮影:おがわ りきや

サラサーテ通り
名曲『ツィゴイネルワイゼン』の作曲家、サラサーテの名が残る通り。
道路の中央の遊歩道のベンチには、近所の人々がお喋りに華を咲かせていました。


パンプローナ 城壁門
 撮影:おがわ りきや

 パンプローナはカミノ・デ・サンティアゴと呼ばれる巡礼路が通る街の1つ。
ピレネー山脈から歩いてくる巡礼者は、この門をくぐってパンプローナの街に入る。
旧市街には、ホタテ貝のモチーフを表示した巡礼者用宿「アルベルゲ」が点在する。



 ご購読ありがとうございます。
次回のスペインの旅もお楽しみに!
おがわ りきやでした!



関連記事

 ● ブログで知りたい!バルセロナ旅行 [前編]

 ● ブログで知りたい!バルセロナ旅行 [後編]


関連サイト 

 ● ワインと巡礼の町「ログローニョ」観光! [前編]

 ● ワインと巡礼の町「ログローニョ」観光! [後編]


トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村
▶︎YouTube ▶︎バルセロナ ▶︎ブログ


[バルセロナの前編ストーリーはこちら


「スペインといえば何を連想しますか?」

 バル(バー)、パエリア、フラメンコ、闘牛、サグラダ・ファミリアをイメージする方が多いでしょう。
モータースポーツが好きな方は、フェルナンド・アロンソを連想するかもしれません。
海外に絡むお仕事の方なら、経済危機というイメージの方もいるでしょう。

 個人的には、スペインやイタリアは「カフェ」のイメージがありました。
バルセロナに宿泊した「Arc House」の近くのカフェで、まずは朝食を摂ります。

バルセロナ カフェ
 撮影:おがわ りきや

 ハムを挟んだパンと、カフェ・オ・レで、2.5ユーロでした。(1ユーロ=135円くらい)
スペインのフランパンは、日本のスーパーなどで販売しているフランスパンと少し異なります。
日本の物は、全体的に柔らかいですが、スペインの物はパンの皮の部分が固いです。



 さて、腹ごしらえが済んだところで、後編も観光に行きましょう!
ガウディ建築の
コロニア・グエル教会(Cripta de la Colònia Güell)
バルセロナ コロニア・グエル教会
 撮影:おがわ りきや

 特徴なのは、入り口の角度のある柱や、内部の天井です。
ガウディは模型の実験から始め、着工をしましたが、6年後にはサグラダ・ファミリアに専念するために建設を中断してしましました。
礼拝堂に並ぶ椅子は、ガウディが設計した物です。
2階部分は裏手から上がれる屋上になっています。

バルセロナ コロニア・グエル駅
 撮影:おがわ りきや

 アクセス方法は、バルセロナのスペイン広場からカタルーニャ鉄道で約20分。
「Colònia Güell」駅下車、徒歩約10分。
駅から案内の足跡をたどって、ビジターセンターへ。
そこで、教会のチケットと、街を紹介するパンフレットをもらいます。
料金は、レンタルの日本語音声案内含めて、7.2ユーロでした。

 「コロニア・グエル教会」に行って、失敗に気づきました。
失敗と言うには、少々大げさかもしれませんが、前編で紹介した「モンセラット」へ行く途中の駅です。
「コロニア・グエル教会」へ行かれる方は、「モンセラット」と同じ日に併せて行くといいです。

バルセロナ コロニア・グエルの街
 撮影:おがわ りきや

 町並みは見所が多いので、建築に興味がある方は、楽しめると思います。
僕が行った時は、観光客が少なかったので、自分のペースでゆっくりと見て回ることができました。
バルセロナでの滞在に余裕がある人は、ぜひ「コロニア・グエル教会」に行ってみてくださいね。



 ガウディが建築した
ベリェスグアルド(Bellesguard)
別名「フェゲーラス邸」と呼ばれている個人宅です。
2014年から一般公開が開始!

バルセロナ ベリェスグラルド1
 撮影:おがわ りきや

 日本から持参したガイドブックに記載されていた営業時間に行きました。
しかし、ベリェスグアルドは見えるけど、空いているゲートが周りにはありません。
閉まったゲートの外から、中を覗くと関係者が!

 入り口の場所を聞いてみましたが、営業時間外だと言われました。
きっと、営業時間が変わったのでしょう。
残念ながら、「ここまでか」と肩を落としました。
すると・・・
「今夜はフラメンコの公演があるから見てみるかい?」と、教えてくれました。

バルセロナ ベリェスグアルド
 撮影:おがわ りきや



 さて、バルセロナ中心部の方へ戻ります。
次に紹介する場所は、
サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)
バルセロナ サンパウ病院1
 撮影:おがわ りきや

 サンパウ病院は、2014年に改装を終えて、再び一般公開されるようになりました。
入場料は8ユーロ。
内部のステンドグラスなどの装飾は必見です!

 最寄駅は地下鉄5号線「Sant Pau Dos de Maig」駅。
おすすめは、サグラダ・ファミリア聖堂と併せて行く方法です。
サグラダ・ファミリア聖堂との距離はたったの800m。
地図だと、サンパウ病院またはサグラダ・ファミリア聖堂から斜めに伸びる道を進むだけです。

バルセロナ サンパウ病院2
 撮影:おがわ りきや

 ちょっとここで裏技を紹介!
建物内部をみることはできませんが、外見だけなら無料でみる方法があります。
それは、観光者向けのサンパウ病院の入り口から、北東方面へ数100m行くと、本来の病院の入り口があります。
そこから入って行くと、敷地内から柵で囲まれたサンパウ病院の外装を見ることができます。



 夜におすすめなのがここ!
「マジカ噴水」
スペイン広場から、カタルーニャ美術館方面に進んだ所にあります。
バルセロナ マジカ噴水
 撮影:おがわ りきや

 噴水と光と音楽とのコラボレーション!
ショーの予定は、季節や曜日によるので、観光案内所などで確認してみてくださいね。
僕が行った時、噴水ショー終わると、噴水の向こうには満月が昇っていました。
そこから眺める、満月とカタルーニャ美術館は、うつくしかった!

バルセロナ マジカ噴水 ショー後
 撮影:おがわ りきや



 ご購読ありがとうございます。
これから、スペインの旅の日記を書いていきます。
見てくれたら嬉しいです!
おがわ りきやでした!



関連記事

 ● ブログで知りたい!バルセロナ旅行 [前編]

 ● 2010年 バルセロナ(スペイン)


関連サイト 

 ● ひと味違うスペイン!バルセロナからいける周辺のおすすめ観光地

 ● 行く価値あり!! バルセロナのB級おすすめスポット!!


トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村
▶︎YouTube ▶︎バルセロナ ▶︎ブログ

バルセロナ空港 カタール航空
 撮影:おがわ りきや

 日本を飛び立った飛行機は、カタールを経由して、スペインのバルセロナ空港に到着!
バルセロナ市街地へのアクセス方法は、レンフェ(RENFE)という鉄道、タクシーなどあるが、今回はバスを利用!
クレジットカードで5.9ユーロのチケットを購入し空港バスに乗車した。
約30分ほどバスは町を走り抜け、「カタルーニャ広場」に到着!

バルセロナ カタルーニャ広場
 撮影:おがわ りきや

 カタルーニャ広場は、バルセロナの中でも人がたくさん集まる場所の1つ。
地下鉄やレンフェ(空港からの直通は無い)、空港バスがここに集まる。
噴水がある公園で、みんな思い思いの時間を過ごしていた。


バルセロナ凱旋門
 撮影:おがわ りきや

 先日の記事『世界の凱旋門』の記事で紹介したバルセロナの凱旋門
門をくぐるとそこは『シウタデリャ公園』
ダンスを練習する人たち、サイクリングを楽しむ人、犬と散歩する人などが、たくさんいます。

バルセロナ シウタデリャ公園
 撮影:おがわ りきや


 さて、場所は変わってスペイン広場のカタルーニャ鉄道(現地での表記は「FGC」)に乗ります。
1時間おきに出発するR5番線に乗ります。
バルセロナ カタルーニャ鉄道
 撮影:おがわ りきや

 カタルーニャ鉄道に揺られ約1時間。
車窓からイビツな形の山が見えてきます。
観光客に人気の「モンセラット」
バルセロナ モンセラット
 撮影:おがわ りきや

 ロープウェイで行く場合は、「Montserrat-Aeri」駅で下車して、ロープウェイに乗り換え。
登山鉄道で行く行く場合は、「Monistrol de Montserrat」駅で下車して、登山鉄道に乗り換え。
今回は、登山鉄道で行くことにしました。
モンセラット 登山鉄道
 撮影:おがわ りきや

 モンセラットはカタルーニャの聖地と言われているらしい。
山頂駅に到着すると、特有の風景が広がっている。
モンセラット 山頂駅
 撮影:おがわ りきや

 モンセラットについて、他にもたくさん紹介したい写真がありますが、膨大な量になるので、別の機会にモンセラットのみの記事を書こうと思います。


 さて、今回バルセロナで宿泊をした宿を紹介します。
シウダデリャ公園から歩いて5分ほどの所にあるゲストハウスArc House
格安のゲストハウスです。
割り当てられたのは、男女混合16人くらいのドミトリー。
バルセロナ 宿 Arc House
 撮影:おがわ りきや



 ご購読ありがとうございます。
これから、スペインの旅の日記を書いていきます。
見てくれたら嬉しいです!
おがわ りきやでした!



関連記事

 ● 2010年 バルセロナ(スペイン)

 ● 2010年 グラナダ(スペイン)


関連サイト 

 ● ひと味違うスペイン!バルセロナからいける周辺のおすすめ観光地

 ● 行く価値あり!! バルセロナのB級おすすめスポット!!

 ● THE HUFFINGTON POST 「ひと味違うスペイン!バルセロナからいける周辺のおすすめ観光地


トップに戻る




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!
にほんブログ村