ジバンシー(GIVENCHY)は、メンズフレグランスの新作「PLAY」を発売しました。



「PLAY」は、ウッディ フレッシュの「プレイ」と、ウッディ オリエンタルの「プレイ インテンス」のふたつのフレグランスがあります。



二つのフレグランスは、お互いに共通するフレグランス成分を使用しているのに、異なったトーンの二つの香りのフレグランスとなっています。



トップノートのベルガモット、マンダリン、ミドルノートでのアミリスウッド、ラストのベチバーとパチョリなど、それぞれに共通する成分をカクテルされているのに、二つのフレグランスは、それぞれに独立した強い存在感で主張しています。



また、「PLAY」で印象的なのは、そのボトルです。



ガラスボトルにブラックベルトを配置したそのボトルは、携帯用メディアプレイヤーを連想させるシンプルかつ優美とも言える形状で、メディアプレイヤーのPLAY表示のように「PLAY」の文字が、目立つようにプリントされています。



ミニマルでシンプルな美しいボトルのデザインで、視覚的にも魅力あるものになっています。


ジバンシー(GIVENCHY)のメンズフレグランスでは、4月に限定発売されたウルトラマリン ブルーレーザーに続く新しいフレグランスの発売になります。



プレイ オーデトワレ〈ナチュラルスプレイ〉 50ml ¥8,400 100ml ¥12,075
プレイ インテンス オーデトワレ〈ナチュラルスプレイ〉 100ml ¥12,600



参考リンク

ジバンシー(GIVENCHY)

ジバンシー:コスメティックス







AD

ユニクロ(UNIQLO)は、ジル・サンダー氏(Ms. Jil Sander)によるデザインでのコレクション、ユニクロ「+J」を、2009年秋冬シーズンより販売すると発表しました。



ジルサンダー(JIL SANDER)と言えば、無駄というものを削いだシンプルでピュアとも言えるデザインが特徴ですね。



また、そのシンプルでデコラティブでないミニマルとも言えるデザインを厳選された素材と高い縫製技術で表現していくのが彼女の作り出すコレクションなのです。



今回は、ベーシックな服に強いのがひとつの特色とも言えるユニクロとのコラボで、ユニクロ独自のコレクションをジル・サンダー氏によるデザインで発表することになりました。



そのコレクションは、ユニクロ「+J」(呼称は、プラスジェイ)で、2009年秋冬物から、日本国内及び海外の都心部にあるユニクロと、オンラインショップで販売されるということです。



コレクション「+J」(プラスジェイ)は、シンプルであって贅沢で、高品質なものをすべての人にということを基調となる考え方として展開されます。



コレクションでは、タグも、シンプルでピュアなイメージを表しています。



現在、ジル・サンダー氏は、自信のブランドも手がけていますが、今回のコレクションは、今まで、そして現在も含めて、そういった彼女のコレクションとは、まったく一線を画すものだということです。



参考リンク

ユニクロ

ジルサンダー






AD

アメリカの高感度ショップ「オープニングセレモニー」(OPENING CEREMONY)の日本1号店が、シブヤ西武モヴィーダ館に、8月30日オープンすることになりました。



「オープニングセレモニー」(OPENING CEREMONY)は、ニューヨークを拠点とするセレクトショップです。



「オープニングセレモニー」は、それまでのセレクトショップとは、まったく違う高感度セレクトショップと言われています。



例えば、シーズンによって国を設定して、その国をテーマに、その国のデザイナー、その国の歴史あるブランド、その国で選ばれたベストな商品などという視点から品揃えを独自におこなって、消費の旅を再現するということなどです。



日本1号店は、日本、そしてアジアでのフラッグシップショップということで、ロサンゼルスのショップでの展開と同じコンセプトを導入しています。



そのコンセプトは、ミニメガ・モールとう形式をとっています。



ミニメガ・モールは、言い方を変えればショップインショップを発展的にしたもので、各デザイナー毎に売り場が作られていて、それがひとつのショップになっているという、各デザイナーにとっては、他のデザイン―の商品との比較などできるし、とてもよいコンセプトになっていると思います。



売り場は、地階は、地下1階から、地上7階、営業面積は2,390㎡で、ロサンゼルス店の2倍以上の大型店となります。



世界にあるオープニングセレモニーのショップでは、アレキサンダー・ワン、アクネ、バンド・オブ・アウトサイダーズ、BLESS、ヘルコビッチ アレキサンドレ、ジェレミー・スコット、フレッドペリーとラフ・シモンズのコラボレーションライン



参考サイト

オープニングセレモニー








伊勢丹新宿店 モスキーノ(MOSCHINO)のカジュアルライン、ラブ モスキーノ「LOVE MOSCHINO」が、新宿伊勢丹にオープンすることになりました。



モスキーノ「MOSCHINO」のカジュアルラインだったモスキーノジーンズがラブ・モスキーノのレーベルになって2008年秋冬コレクションより新たな展開を始めました。



ラブ モスキーノ「LOVE MOSCHINO」は、ジーンズメインからカジュアル全般の様々なアイテムを扱うようになり、モスキーノのレールの中でも重要な位置を占めるようになっています。



そして、今回、8月19日から、新宿伊勢丹4階のザ・メッセージにラブ モスキーノ「LOVE MOSCHINO」のショップがオープンします。



ラブ モスキーノ「LOVE MOSCHINO」の2009年秋冬コレクションは、トラッド調や、ブリティシュテイストを基調として、フェミニンな要素を加えたアイテムもラインアップに登場させるなど、ロックテイストなクール&フェミニンなコレクションが発表されています。



今回、新宿伊勢丹のオープンするショップでは、ラブ モスキーノの最新コレクションや、伊勢丹新宿店だけの限定品も発売されるということです。



参考リンク

モスキーノ

伊勢丹新宿店