ポール・マッカートニー来日

テーマ:

ファーマータナカの My Favorite Songs。

 
ポール・マッカートニーが来日、東京で LIVE が聞ける友人が羨ましい。
(SS席 100,000円)
 
ビートルズの曲はほとんどがレノン&マッカートニー名義でクレジットされているが、「ポール・マッカートニー作によるビートルズの名曲トップ10」というのがあった。
 
1, Abbey Road Medley - from『Abbey Road (1969)』...
2, Penny Lane - from 『Magical Mystery Tour (1967)』
3, Let It Be - from 『Let It Be (1970)』
4, Hey Jude - シングル曲(1968)
5, Eleanor Rigby - from『Revolver (1966)』
6, I've Just Seen a Face - from 『Help! (1965)』
7, Yesterday - from 『Help! (1965)』
8, Helter Skelter - from 『The Beatles (1968)』
9, We Can Work It Out - シングル曲 (1965)
10, The Fool on the Hill - from 『Magical Mystery Tour (1967)』
 
個人的に好きな「We Can Work It Out」(邦題:恋を抱きしめよう)を貼っておく。
 
Life is very short, and there's no time
For fussing and fighting, my friend.
I have always thought that it's a crime,
So I will ask you once again.
 
「人生はとても短い、そして時間がない。」って、当時哲学的含蓄のある歌詞かと印象深かったが、そうでもなかったようだ。
 

 

 

 
AD