1月31日発売の『映画芸術』誌で今年も「ベストテン&ワーストテン」を執筆しました。
選んだ作品は下記の通りです。

BEST
9点 さよなら歌舞伎町
9点 ハッピーアワー
9点 この国の空
7点 バクマン
7点 ピース オブ ケイク
7点 マエストロ
2点 娚の一生
2点 夫婦フーフー日記
2点 ローリング
1点 ジョーカー・ゲーム

WORST
10点 天空の蜂
10点 あん
9点 海街diary
8点 きみはいい子
7点 百円の恋
7点 ソロモンの偽証 前篇

併せて3000字の選評を書いています。是非お買い求めの上、お読み下さい。

冒頭次のように書きました。

映画『したくて、したくて、たまらない、女。』を撮った沖島勲が死んだ二〇一五年、「戦争ができたくて、できたくて、たまらない、男」安倍晋三は安保法案十一本を強行採決した。昭和三〇年生まれの筆者にとって、中坊だった昭和四五年は安保デモではなく万博の年だった。そう「戦争も安保も知らない子供」だった筆者は、国会議事堂前の安保デモなんてもう体験できないと思っていた。ところが六〇歳を前にして九月一八日、国会議事堂の前にいた。野外ロックフェスのような雰囲気に「民主主義ってこれだ」と思う方が、思わないよりいいと思い、「戦争も安保も知っている爺」になりつつあることに愕然としていた。
 さて本年は三本の映画をもってベストスリーとする。三本の共通点は「徹底的な台詞劇」であり、三本のうち二本は荒井晴彦が、一本は濱口竜介が脚本に名を連ねている。(以下略)

『映画芸術 2016年2月号』是非お買い求めお読み下さい。



a
AD

南正人もみどり組 at JamesBluesLand

テーマ:
南正人もみどり組を見た。
ここ最近、ナミさんのライブは神戸のジェームスや堺の犬吉で見てたんだけれど、ロック・バンドをバックにしたライブは初めて見た。これがアコースティック・ライブのナミさんとは全然違った魅力で、ナミさんはロック・ボーカリストだったんだと改めて気付かされた。
Big Frog のShimi(B)とTON (Dr)にギターのコウスケとナミさんのバンド、Big Frog はデビッド・ネルソン(ニュー・ライダーズ・オブ・パープル・セージ)の前座も努めたそうで、70年前後のサンフランシスコ・サイケデリック・ロックに想いがはせるようなユルーイ音が最高でした。
この、みどり組は必聴ですよ。
一番遠いブログ-2105 一番遠いブログ-2107





AD

映画をインターネット公開中

テーマ:
4月から新しい生活が始まって、思いもよらなかった忙しさになってしまい、すっかりブログの更新が止まってしまっています。
そんななかで何気に、このブログページの左上に「一番遠い映画館」が開館しているのに気付いてくれたでしょうか。ここで僕が15年程前に作った8ミリ映画をデジタル化して、インターネット公開中です。
ここの映画「一番遠くまで」をクリックして貰えば、約25分弱の映画を見る事ができます。
是非ご覧になってご感想などコメント下さい。
コダックのSuper8方式の8ミリフィルムの画質が良くて、ビデオとは違った深みのある色はデジタル化してもなお感じる事ができます。なおインターネット上の公開なのでキャスト・スタッフのクレジットは省略させてもらいました。

●本編はここをクリックしても見る事ができます。

なお下の動画は約5分のダイジェスト予告編です。
AD