2015年04月29日

J2第10節 水戸戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ

2015明治安田生命J2リーグ 第10節
4月29日(水祝)13:03キックオフ @笠松運動公園陸上競技場


水戸ホーリーホック 1-0 ファジアーノ岡山

前半 1-0

後半 0-0


得点者

20分 船谷圭祐(水戸)


【試合後コメント】
◆長澤徹監督
休日だが、またサポーターの方が駆けつけてくれて、それをしっかり背負いながらゲームに入って行こうと選手たちと確認した。ただ勝点を持って帰れないのが非常に残念。本当に申し訳なく思うが、また次のゲームに向けてしっかり準備を始めなければならないので、やるべき事を精査して次に臨みたいと思う。
ゲームの方は、水戸の立ち上がりのプレッシャーと配球の部分で、少し圧力を受けた状態でゲームに入った形だった。それでもしっかりとオーガナイズしながらゲームは進められたが、素晴らしいシュートを決められてしまい、あの1点はこの世界ではあることなので、それは割り切って後半に入って行く流れだった。ペナルティキックの場面もあったが、ペナルティキックではなく自分たちの力でこじ開けなければこの先ゲームは取っていけないので、そういう意味では三・四度ペナルティエリアの中でチャンスはあったが、うまく仕留められなかったのは、まだまだ我々にはやるべき事があると実感した。
ただ、前節の閉塞感のあるゲームの終わり方に比べると、非常にそこは払しょくできたと思う。全体でそこのできた部分はしっかりと汲み取って、次の試合に向けていかなければならないし、まだまだ細かい点の修正と改善をしなければいけないので、そこのやるべき事をはっきりして、また次に進んでいきたいと思う。


◆三村真選手
率直に悔しい。前半は相手が勢いをもって来ていて、相手のやりたい形でボールを失ってからのセットプレーでやられたので、やりたいようにやらせてしまったと思う。
(後半は)相手が勝っている状況で少しラインを下げたというのもあって、自分たちの時間帯が来るというのはハーフタイムに言われていたので、あそこで決め切らないと勝てないと思う。
連戦でチャンスが来るというのは分かっていたので、しっかり準備はできていた。連敗したけどすぐ次の試合が来るのでしっかり切り替えて、次は勝ちに行きたい。


◆関戸健二選手
(前半は)長いボールを蹴られて、それを中盤で拾えなかった。後ろとボランチが、もっと前にボールを出して行ければよかった。
(PKは)外したことがなかったので自信は持っていたが、(気持ちを)切り替えるしかない。後半のPKぐらいから自分たちのペースになって、自分たちらしいシュートを打つ場面とかもあって、そういうところで得点を取って、その場面をもっと増やしていかないといけない。
こういうこともあるので切り替えて、課題は課題でちゃんと向き合って、次に向けてやっていきたい。


◆押谷祐樹選手
もっと得点に繋がるプレーをしなければいけない。相手のディフェンスラインの裏をどんどん狙って行けばスペースもたくさんあったし、そういうところはやれたと思う。チャンスはあったので、そこを決め切れなかったのがすごく残念。
(ベンチから見ていて)もっと前からプレッシャーを掛けて行ったらいいんじゃないかと思ったし、裏に蹴っても誰も走らなかったりというのが結構あったので、そういう部分がうまくいったらグラウンドも悪いし相手のミスが起きる可能性もあったと思う。
(連敗してしまったのは)自分たちの実力がそいういう部分で出てしまっているけど、連戦なのでやるしかないし、次勝つしかない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月26日

J2第9節 札幌戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2015明治安田生命J2リーグ 第9節
4月26日(日)13:04キックオフ @シティライトスタジアム
[入場者数]10,107人

ファジアーノ岡山 0-1 コンサドーレ札幌
前半 0-1
後半 0-0

得点者
45+2分 宮澤裕樹(札幌)

【試合後コメント】
◆長澤徹監督
 サポーターの方が1万人ちょっと入ってくれた中で、結果を出せず非常に残念。とは言え中二日なので頭の中をすぐチェンジして次に臨まなければと、選手に話してきた。
 ゲームの方は、3-4-3のマッチアップするミラーゲームでスタートしたが、ミラーゲームでやる時に一番大事なのは(ゲームの)入り。同じシステムで同じ目の前に人がいるので、入りという部分ですごく大事だということを意識して入った。ただ逆にその部分で上回られてしまったのは一つで、基本的な本質的な球際とかセカンドボール、後方を意識させなければいけないが、我々が意識させられてしまった。要は間延びした状況で戦うと札幌は非常に力のあるメンバーが揃っているので、その中で我々がいつものラインの距離感よりも10mぐらい深い場面がたくさんあって、そういう意味では最初のゲームの先入観をそのまま引きずってゲームを初めてしまった印象。
 ただそれでもゼロで帰って来ればと思ったが、札幌のハードワークの代償で向こうに1点入った。そこからギアを変えて入って行こうとはしたが、各場所では選手は非常にエネルギーを上げて戦ってくれたけど、向こうの稲本選手にセーブされてしまった感じ。彼のセカンドボール奪取、そのコンタクト部分で完全に制圧されてしまった。ただ周りの部分では前線に久保とかが入って行って、何とか奮闘してシステムの押し上げには成功したが、その部分で準備が足りなかったのが現状。
 とは言えこれで一週間あったら大変なことだが、中二日でもう次の試合が来るので、やることを精査して次の試合に臨んで行こうと思っている。

◆植田龍仁朗選手
 立ち上がりの入りが良くなく、前半をゼロで折り返せれば良かったが、失点してしまって難しい試合になった。
 怪我で1年ぶりぐらいのスタメンで、サポーターがすごい声援で迎えてくれて嬉しかった。でもホームで勝てなくて悔しい。
 自分たちが(パスを)出したらいいポジションを取る。出して動いて、出して動いてがいつもより少なかった。
 ヘディングが強みなので、セットプレーの時にしっかり折り返してチャンスを作りたかった。
 次はすぐに試合が来るので、1戦1戦しっかり準備して臨みたい。

◆千明聖典選手
 前半に自分たちのミスから失点して、入り方も終わり方も悪く、それが全体に響いてしまった。
 ボールを受けるのが怖くなったのか、サポートの位置がもっと(ボールを)受けたい、もらいたいという強気のプレーが必要だった。相手は体が大きくて吹っ飛ばされたりして、いつも練習でやっている通りにいかなかった。
 後半は少し良くなったけど、次に活かさないといけない。前半の入り方と終わり方が悪いとこういう結果になるので、しっかり修正して次の一戦、また次の一戦に臨みたい。
 負けた後の試合は重要になるので、全員でしっかり準備していきたい。

◆岩政大樹選手
 自分たちで勝点を渡してしまった試合。相手が良かったわけではなく、自分たちが悪かった。前半の相手のリズムの時にしのいだので、スタジアムの雰囲気でこちらのリズムになる流れだったが、自分たちからわざわざ突っ込み、相手にボールを与えて失点してしまった。
 負けた後は、早く試合があったほうが良いので、連戦になることは不幸中の幸い。
 今のままでは、たとえJ1に上がれたとしてもボコボコにされてしまう。勝っても負けても個人が成長しなくてはならない。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月24日

ゴールデンウィークはCスタへ!

テーマ:ブログ
こんにちは、ファジアーノ岡山の岡本です。
もう少しでゴールデンウィークに突入しますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、週末の26日(日)はイングランドプレミアリーグ・アーセナルにも所属経験のある稲本選手擁するコンサドーレ札幌戦、そして5月6日(水・休)は栃木SCとの一戦を、ホームCスタで開催いたします。

その両試合では、恒例の『ファジ縁日』を実施いたします!
今年はファジ縁日もバージョンアップ!!

1.場所が芝生広場(ファジフーズ向かい側)へ変更!
 ☆サッカー検定と隣同士で一緒に楽しめる!
     
 ☆ガーデンテーブルもあり、保護者の方もゆっくりできる!!
     ※写真はイメージです

2.「だるま落とし」と「ファジ丸ジャンプ」が仲間入り!
 ☆約160cmのだるま落としに挑戦して缶バッジをゲットしよう!
     
叩くのはこちらのハンマーで!その名も「ファジアーノハンマー!」。そのままですね…。
     

 ☆ファジ丸ジャンプ!ファジ丸を飛ばして、缶バッジをゲットしよう!!
     
 ☆大人の方も楽しめる!!!

○景品の缶バッジは…
・だるま落としは1回のチャンスで成功した方、ファジ丸ジャンプは3回の内1回でも成功した方にプレゼント!
・この日の縁日でしか手に入らないレア缶バッジです!!
  

3.参加賞として絆バンドをプレゼント!

パワーアップした縁日を親子で仲間でお楽しみください。
ゴールデンウィークは仲間とともにCスタへ!
スタジアムで皆様のご来場、スタッフ一同心よりお待ちしております。

【試合スケジュール】
4月26日(日)vs.コンサドーレ札幌 13:00キックオフ @シティライトスタジアム
5月6日(水・休)vs.栃木SC 14:00キックオフ @シティライトスタジアム
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月19日

J2第8節 熊本戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
J2第8節 熊本戦 監督・選手コメント

2015明治安田生命J2リーグ 第8節
4月19日(日)13:04キックオフ @シティライトスタジアム
[入場者数]7,060人

ファジアーノ岡山 3-0 ロアッソ熊本
前半 1-0
後半 2-0

得点者
30分 伊藤大介
67分 矢島慎也
70分 押谷祐樹

◆長澤徹監督
午前中に結構な雨が降っていて、小雨がパラつく中だったが、7,000人のサポーターに足を運んでいただき、本当にありがたく思う。我々はもっと魅力あるサッカーをやって、もっとサポーターの方に足を運んでもらえるように努力していきたいと思う。
ゲームの方は、熊本のハイプレスに対してどう挑むかというとこが、一番の今回のキーポイントだった。結局ジャッジした手法は“やり合う”、やり合った中で活路を見出していくところでは、選手はよく応えてくれたと思う。
選手に言ったのは、つい最近『チリ対ブラジル』の親善試合があったが、チリみたいだと。本当にボール、ボールに行って、テンポの違うサッカーに対して我々が岡山らしいサッカーで挑もうと。岡山らしいサッカーというのは、要するに私が目指している自分の頭にあるものを選手たちにデザインするのではなく、彼等らしいプレー、一人一人の顔が分かるプレーがグラウンドで出てくるというのを目指している。そういう面では岩政の後ろのヘディングの返し、途中からだったが矢島のああいうプレー、千明の目立たないがボールを拾って回収して繋ぐプレー、短い時間だったが三村とか島田とか、自分がこういう選手なんだというのを少しずつだがグラウンドで表現できているのが、ベイビーステップだが一歩一歩進んでいるところではないかと思う。
メガチームとずっとやって来てここで一瞬ふっとなりがちだが、そうではなくメガチームとやることによっていろんな進化が試されて、それを一つひとつ噛み砕いてグラウンドに帰ってやってきた。今日のことも踏まえてまた政田に帰って、次の相手は強力な札幌なのでもう一度引き締めて、またホームの観客の前で個人の顔がハッキリと見える瞬間がたくさんある、そういうゲームをやっていきたいと思う。

◆伊藤大介選手
8試合、得点がなく、点がほしかった。ヘディングで得点したのは、Jリーグでは初めてのような記憶。ゴールに届くか緊張した。
昨日誕生日だったので、得点することができてよかった。

◆矢島慎也選手
まだまだ満足していない。途中からの出場で難しかったけど、不用意にボールを取られるシーンもあったので、取られないようにしないといけない。2点目も取りに行きたかったけど取れなかったので、満足することはない。
(ゴールシーンは)あの位置にいることが攻撃の選手にとっては大事。(アシストは)ボールの質的にはもう少し低いパスで、押谷選手が余裕を持ってトラップができるパスを出したかった。今日やったプレーを継続するのは難しいけど、続けていきたい。

◆加地亮選手
(アシストのシーンは)中央から攻めながらワイドを使って、いい攻撃ができた。相手がニアに釣られる場面が多いので、ファーを狙った。いい時間帯に取れて、少し楽になった。
全員のディフェンスへの意識が失点をゼロにしているので、継続したい。今日のように勝ちをしっかり重ねていけるように、次も引き分けじゃなく勝ちに拘りたい。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月11日

J2第7節 磐田戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2015明治安田生命J2リーグ 第7節
4月11日(土)13:04キックオフ @ヤマハスタジアム(磐田)

ジュビロ磐田 1-1 ファジアーノ岡山
前半 1-1
後半 0-0

得点者
22分 押谷祐樹
42分 アダイウトン(磐田)

◆長澤徹監督
今日もスタンドの2階席に岡山からサポーターの方が来てくださって、我々が最後まで足を止めずに戦い抜けたのは、いつも力を借りているサポーターのお陰だと思っているし、感謝している。
ゲームの方は、誠実にチームを分析すると今一番強力なチームに対して、どう挑んでいくかをデザインしてゲームに入った。立ち上がりの部分はしっかりこちらの想定内で入っていけて、得点の前後に相手を揺さぶる攻撃もできていたので、そこで風穴を開けたが、我々の一つのエラーをカウンターで確実に点を取られてしまって、そこは今後のいい勉強をさせてもらったと思っている。
後半は川辺選手を入れてきて、ボールの出所をしっかり安定させてきた。我々もそれに対してプレッシャーを掛けてゲームを何とか複雑な状況にして、ジュビロのコンパクトを崩しながら、我々もコンパクトが崩れていく中で隙を狙ってチャンスという意味では、何本かキーパーのところまで届いて実際にシュートも打った。しかしそこもまた実力不足なので、しっかりと練習していかないといけないと思っている。
とは言え、監督としては非常に胃の痛いゲームだったが、観ている人にとっては少しでも感動を与えられたゲームなのかなと思う。選手たちには、よくやったということと同時にまだまだ甘さがあるし、もっとできると思っているので、政田に帰ってまた鍛え直していきたいと思う。

◆押谷祐樹選手
ゴールは嬉しかった。(伊藤)大介くんがシュートしそうだったけど、こぼれないかなと思って走っていたらちょうど来たので、ごっつあんゴールだったけどよかった。良いペースで点は取れているので、もっと取れるようにしたい。
アウェイだと引いて受けることが多いので、今日は最初から前から行くことを意識して、最初はすごくできていた。後半は苦しい展開にもなったけど、耐えれたことはよかった。
次はホームでやれるので、前からどんどん行って勝ちきれる試合にしたい。熊本には去年も一昨年も個人的は強いので、連続ゴールを目指して頑張りたい。

◆岩政大樹選手
日程が発表された時に、この磐田までの試合というのは一つの山だった。千葉戦も本来引き分け以上にしないといけない試合だったと思うので、その一敗が少し悔やまれる。
来週からの試合に向けて、すべて仕切り直しをしないといけない状況ではないので、それは悪くない状況だと思う。
成長をとにかくしないといけない。勝点3を取れていない訳だし、その状況に持っていく力はまだやっていてないと感じている。いろんな部分を今の時点で勝点が取れる戦いというのを選択してやっているので、それをどのような戦い方をしても勝ち切れるような試合に持っていけるように、シーズン終盤にはなっているといい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月06日

チアダンススクールが開校しました!

テーマ:ブログ
ファジアーノ岡山ダンスコーチの吉野内です。

本日は待ちに待ったチアダンススクールの開校日でした音譜

まずはスクールの“おやくそく”について、コーチからお話をしました。
コーチもびっくりするぐらい、みんな積極的に意見を出してくれました!




他の学校や違う学年のお友達とも仲良くなれますよともだち。




ジュニアクラスはさらにレベルアップup
アップや準備運動もメニューが多いですが、みんなで楽しくこなしていきました!



初めてチアダンスをする子も多いので、みんなでしっかり基礎から習っていきます。
失敗をしても大丈夫!
練習をすれば必ずみんなできるようになります☆
あせらず、確実にみんなで練習していきましょう。

秋には一万人の観客で埋まるシティライトスタジアムでのパフォーマンスを予定しており、それに向けて練習していきます。

まだスクールは始まったばかりですので、入会を検討されている方は、まずは無料体験レッスンにお越しくださいチアリーダー

☆☆お申込み・お問い合わせはこちらまで☆☆
ファジアーノ・フットサルパーク
〒700-0023岡山市北区駅前町1-8-5 ドレミの街7F
TEL:086-227-5658(営業時間10:30~20:00) 担当:吉野内
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月05日

J2第6節 徳島戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2015明治安田生命J2リーグ 第6節
4月5日(日)16:04キックオフ @鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

徳島ヴォルティス 1-2 ファジアーノ岡山
前半 1-2
後半 0-0

得点者
17分 内田裕斗(徳島)
35分 矢島慎也
41分 片山瑛一

◆長澤監督コメント
選手にミーティングで言ったのは、岡山から自分達の背中を押してくれる人がたくさん来てくれると伝えていた。
耐える時間も出ていく時間もあるとも伝え、その力をまさに借りたゲームだった。
失点はジャストで合わされたので、逆に仕方がないと割り切っていた。
ただそこからゲームを動かしてくれて、セカンドボールを拾いながら、矢島があの場面で足を振ってくれたので、あそこで風向きが変わったと思う。
そのままPKをもらって、相手は修正が速いチームなのでそれを見越して手の打ち合いになったけれど、最後は耐えて勝利となった。
ただ、もう少し時間が延びたら耐えられたかどうかわからないが、今日はサポーターの力で何分やっても耐えられた。

◆矢島選手コメント
試合に出る限り、結果を残そうと思っていた。
監督にも試合前に(足を)振りに行けと言われていたので、流れも変わればいいと思っていたし、入ってよかった。
得点した時間帯はいいテンポでボールが回っていて、あそこにいたのが僕だっただけで、得点はみんなで取ったと思っている。
最後のパスや得点を取るために岡山に来たと思っているが、まだまだ。もっと突き詰めていきたい。
代表などもあって、これまであまり機会がなかったが、今日やっと一歩を踏み出せた。
しっかり休んで、次も自分のプレーをしっかりしたい。





いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年04月01日

J2第5節 大宮戦 監督・選手コメント

テーマ:ブログ
2015明治安田生命J2リーグ 第5節
4月1日(水) 19:03キックオフ @シティライトスタジアム
[入場者数]8,153人

ファジアーノ岡山 0-0 大宮アルディージャ
前半 0-0
後半 0-0

◆長澤徹監督
 8,000人を超えるサポーターの方に入っていただき、本当にありがたい。チームにいつも言っているが、こういうメガチームに勝点1ではなく3を取ることを今シーズン追及しているので、そういう意味では少し悔しい思いはある。
 ゲームとしては、少しメンバーを入れ替えて距離感が定まらない中で前半やっていったが、何とか落ち着きながらやって、前半帰ってきてポイントを突けば上手く回せるかなと思った。後半ゲームが流れてきて、ピンチと言えばセットプレーという部分だったので整理はできていたが、こちらの時間になった時にあそこで押し込める力と精度をもっともっと追究していかなければならないと思う。
 ただ、半歩半歩、一歩一歩だがこのチームは前に進んでいるので、何とか望む場所に辿り着くように、その歩みを止めずに半歩ずつでも前に進んでいきたいと思う。

◆中林洋次選手
 自分が与えたPKだったので、責任をとって止めるしかなかった。何とか足に当てて、そのあともバウンドが合わせづらい高さだったので助かった。自分でもよく分からないけど、足の裏というかスパイクのポイントにボールがかすった音がした。自分で与えたPKは過去も止めている傾向にあったので、何の根拠もないけど結果止められたのは、その自信があったからだと思う。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。