自民党の大島理森幹事長は20日午前の記者会見で、亀井静香金融・郵政改革担当相らが概要を発表した郵政改革法案について「改革逆行法案だ。『官から民』という流れは成長戦略においても大事な基本だ。昔の公社に戻す法案だと言わざるを得ない」と批判した。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<死体遺棄>竹林から男性の白骨 川崎(毎日新聞)
消費増税を次期衆院選の争点に 仙谷戦略相(産経新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
AD