民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長・川内博史衆院国土交通委員長)は10日、取り調べの可視化を導入する刑事訴訟法改正案を今国会に政府が提出するよう、千葉景子法相に申し入れた。

 申し入れ書は、民主党は08、09年の2回にわたって議員提出法案を参院で可決させた経緯があると指摘。「党内議論も十分に熟しており、政府が行うことは速やかな法案提出。勉強会の開催で時期を遅らせることは国民の期待に反し許されない」としている。

【関連ニュース】
検察会同:「検察として深い反省」足利事件で検事総長
明石歩道橋事故:元副署長の取り調べ、全面的可視化の方針
記者の目:足利事件再審・取り調べテープ再生=安高晋
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
大分・旧清川村の女性強殺:被告に無罪判決 丸山・大分地検次席検事、渡辺弁護士の話

【新・関西笑談】大阪仲間ぐらし(2)元NHK解説委員 村田幸子さん(産経新聞)
民主と労組のカネ解明=自民(時事通信)
箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(3)ぶれる日本は「蚊帳の外」(産経新聞)
<小沢幹事長>「トヨタ問題で対策を」谷亮子さんから要望書(毎日新聞)
AD