モータージャーナリスト・中村コージンのネタ帳

モータージャーナリスト中村コージンが、日々乗ったクルマ、出会った人、趣味の世界を披露します。

NEW !
テーマ:

スロットカーのお話し。

ジャン・リュック・ロペスという、ほぼ10年近い付き合いの友達がいます。↓



フランス人です。10年近く前巣鴨のスロットカーサーキットで出会いました。世界的に有名なスロットカーブランド、日本のプラフィットをスペイン製だと勘違いしていた彼を、その工場に連れて行ったこと(もちろん日本で)がきっかけで仲良くなり、以来年に数回ですが、彼と一緒にスロットカーを走らせます。

因みに彼、住んでいるのはフランスはパリ。某有名航空会社のCAをしている関係で、フライトで東京に飛んでくると、必ず僕が通うスロットカーサーキット(そこがプラフィットの生地でもあるのですが)に来てくれます。だから今や日本のサーキットでも常連さん。そんな彼を歓迎する目的も込めて、Lopez Cupというレースをやります。昨日それが行われました。


フランス人のくせに好きなのはアメリカ車。ですから縛りはアメリカ車であれば出場資格ありで、僕が用意したのはご覧の2台。↓



一方、ロペスが用意したのはこちら↓




彼、他にのC2コルベットグランスポーツもも持ってきていましたが、こちらの方が速かったようで、レースはこちらで出場。そして僕も2台のうち速かった↓で出場。




他のほとんどの皆さんが、マスタングやカマロなどで出場する中、空気を読めない僕はこの先日紹介したばかりのレーシングマシン、チータで出場。同じく空気を読めなかった小学生(読まなくていいですが)ハルトがフォードGT40で出場したため、周囲から「空気読め」の大合唱。

でもってそれをロペスに伝えて欲しいと頼まれて、僕が伝えたのは「feel atomosphare」。果たしてこれで正しいかどうかは不明ですが、彼、笑ってました。で日本語もついでに教えて「クウキ ヨメ」。なかなか見事に発音してました。ひょっとするとフランスでも「クウキ ヨメ」流行るかも。


あと2週間たつと、再び日本に舞い戻ってきます。で、また、Lopez Cup。時間があればまた出てやろうと思っています。ホント、いいやつです。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

チータっていうレーシングカー、知ってます?ホントは、プロダクションスポーツカーとして売られる予定だったんですけど。



こんな感じのクルマです。↓


1963年に、ビル・トーマスという人物がコブラキラーとして開発したクルマです。GMがサポートして一時はそれが現実のものになりそうでした。でも、たった1年でGMがサポートから手を引き、結局は3年ほどでプロジェクトそのものがとん挫することになるんですけど。このクルマについては業界でも特別な思い入れを持った人がいて、とんでもなく詳しいので、敢えて説明はしませんけど、とにかくユニークな格好をしてます。ドライバーはほぼリアアクスル直前に座ります。そしてエンジンは見事なほどフロントミッドシップ。でもってホイールベースが90インチしかないので、トランスミッションからリアディファレンシャルが直結で、何とプロペラシャフトが存在しないという特異なメカニズムを持っています。全部で11台は作られたと言われています。

ところが、そんな稀少なモデルでもちゃんとスロットカーになっちゃってるんですね。まあ、↑の写真もそうですけど。デザインも、基本11台すべてがハンドメイドだったこともあってディテールも色々。↓のモデルはストロンベッカーというメーカーがモデル化したもの。上のとだいぶ違うでしょ?↓



リアエンドのデザインなんて、そりゃあユニークです。↓

というわけでご覧のように、我が家には3台も1/24サイズのチータが生息しており、他にも1/43のミニカーが2台。未完成の1/24チータがさらに2台いますから。単純に合計7台いるわけで、こりゃ、立派なチータフリークかも。


今月末、スロットカーの常連客がフランスからはるばるやってきます。彼、スロットカーフリークにして、某航空会社のCA。で東京に飛来してくると必ず僕らの元に遊びに来るんです。それもフランス人のくせしてアメ車の大ファン。だから彼が来るとアメ車のレースをするんです。今月は、この濃紺のチータで彼を迎え撃ってやろうと思っています。


AD
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

JAIA、日本自動車輸入組合が50周年を迎え、その記念式典を行ったのはちょうど1年前の5月。その時、記念品引換券というのを貰って、何故か住所を書いてその券を出口で渡した記憶がある。その記念品は、JAIA50年史の本と、時代を反映したDVDだった。

そいつが1年たってすっかり忘れていた昨日届いた。↓



本の方はさらりとしたもので、これまで節目節目で配ってい外車の歩みのような、濃い中身のものではなかったが、一方でDVDは将来必需品となりそうなものだ。下の写真はこれまでに頂いた外車の歩みという本と今回の50年史。↓



DVDの何が凄いかっていうと、これまで出したJAIAの出版物、即ち外車の歩みをすべて網羅し、いわゆるデジタルブック形式でも読めるようになっていること。

こうなると、今まで後生大事に取ってきたJAIAの本は、このDVDがあればいらないってこと?

かといって捨てられないし・・・・

待望の一品ではあるわけだけど、悩み多き一品にもなっちゃった。

AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かれこれ6年ほど使ったプリンターがついに御臨終です。といっても、単に文字だけを印刷するのはできるのですが、写真印刷が…。このキヤノンMP990という機種は、唯一写真スキャンのできる機種で、その機能が欲しいが故に、だいぶ以前から写真印刷でぐずっていたのを騙し騙し使ってきました。でも、ついにもうダメ。↓



見づらくてすみません。で、最近になってフィルムの専用スキャナーを購入したため、こいつのフィルクスキャナー機能が必要なくなり、もう騙す必要はないかと、新しいのにしたというわけ。新機種もまたキヤノンです。↓



キヤノンにこだわる理由は、顔料インクが使えて、文字印刷に適しているから。染料インクは写真には向いていますが、文字は不向き。で、文字だけ顔料を使って、写真に染料と使い分けられるキャンのプリンターが重宝するわけです。


6年の歳月は同じA4対応でもサイズは小さいわ、軽いわで快適。それにCDに直接印刷できるから、こんな事も出来ちゃう。↓



あっ、そんなの当たり前?無線LANでつないでいるので、携帯の中にある写真も、携帯にアプリを入れるだけで簡単に印刷できます。そんな機能、6年前にはなかった…昨日から、あれやこれやできることをお勉強中で、全然仕事してません。

はぁ~

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

六甲モンテミリアというイベントに初めて参加したのは1988年の第4回のこと。従妹のMG-TFを東京から自走で神戸まで走り、イベントに出た。でも、このイベントの主役は何といっても赤いクルマ↓



でもってこの軍団は安い方の赤いクルマたち。高い方はこちら↓



おまけにこんなクルマや↓



こんなクルマも来ていて↓




同じ赤い軍団でも、もっと小さな奴は、まさに雲霞のごとし。ホント、バブってたんですねぇ。当時は。

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。