モータージャーナリスト・中村コージンのネタ帳

モータージャーナリスト中村コージンが、日々乗ったクルマ、出会った人、趣味の世界を披露します。


テーマ:

スバル歴史講座という体験型のイベントを、富士重工が我々ジャーナリストのために開催してくれました。座学に始まって最後は旧車の試乗まで。実に楽しい1日でした。開催場所はスバル研究実験センター。ファンミーティングも開催された場所なので、スバリストにとっては言わば聖地です。ここに保管されているクルマがまた面白い。中でも白眉はこいつ。↓

スバルA5という名の試作車です。このクルマ、実はFWD開発のための試作車で、1963年にできたモデルです。つまりスバル1000の試作です。だからもちろんFF。それにフラット4エンジンが搭載されていたのですが、実に全く日の目を見ていません。50周年で記念出版した「6連星は輝く」というスバルの歴史書を見ても、出てくるのは1枚の写真だけ。なんか継子扱いされている気がします。

その他のモデルは、今更説明の必要のないモデルばかりなので写真だけご覧ください。

因みにリアクォーターウィンドーが倒れている360の写真は、これも貴重なスバル360のコマーシャルカーです。

そしてお楽しみの旧車試乗。残念ながらその雰囲気は味わってもらえませんが、とりあえず写真だけ。皆さんやはり360がお楽しみのようですが、僕が一番懐かしかったのはこいつ。↓

アルシオーネです。実はこのクルマ、僕が生まれて初めての海外試乗会で乗ったクルマ。当時はXTと呼ばれていたモデルです。

スバル1000はデラックスというグレードのモデル。今は新車では存在しない(たぶん)コラムシフトのMTモデルでした。若い方たちは難儀していたみたい。

レオーネRX。マニュアルシフトにノンパワーステアリングで、ステアリングリムも細いのでステアリングの重さは相当なものでした。

ジゥジアーロデザインのSVXです。このクルマの悲運について座学で聞きました。これ、今でも十分通用するメカニズムのような気がします。実にスムーズで気持ちイイ走りでした。

そして最後はこちら。みんなこのクルマに乗ると笑顔になります。何故スーサイドドア(自殺ドア)と呼ばれるか不明ですが、まあこの種の小さなクルマの乗り降りにはとても便利でした。

ホント楽しい1日、スバルさんありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、所用で日産グローバル本社に行ってきました。現在1階のギャラリーにこのクルマが展示されています。↓

スカイラインスポーツです。ただし、へぇ~、で終わらせないでください。この2台。実は1960年のトリノショーに展示されたショーカーの2台です。だから、いわゆる量産のスカイラインスポーツとは色々違います。例えばエンブレム↓上が量産用。そして下がショーモデル用です。当時、NSUからのクレームで、急遽作り替えたとか(板谷熊太郎著プリンスとイタリア)

他にもミケロッティのエンブレムが付いていたり、カロッツェリア・アレマーノのエンブレムが付いていたり、量産とは仕様が随分と異なります。↓

因みにクーペモデルにはミケロッティのエンブレムはありません。↓

ところがショー当時に遡ると、クーペには本来ミケロッティのエンブレムがあって、コンバーチブルにはないんですよね…何~故~?

上の青いクーペはざまの記念庫が所蔵するもの。そして白のコンバーチブルは個人が所蔵するもので、実はこの2台が同じ場所に展示されるのは、56年前のトリノショー以来のことだそうです。勿論2台ともワンオフ。つまりこの世にはこれしか存在しないのであります。この貴重な2ショット、あと数日見ることが出来ます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月末から9月初頭は本当に忙しい日々でした。

8月29日 コンパクト輸入車勉強会 

8月30日 PHV試乗会

8月31日 ジョンソンコントロールズ勉強会

9月2日 テスラモデルX内覧会

9月5日 日産セレナ試乗会

9月6日 スバル試乗会

9月7日 ボルボ試乗会

9月9日 ルノー試乗会

ざっとこんな感じです。

ジョンソンコントロールズって、世界シェアの3割近くを占めるシートメーカーなんですね。知らなかったぁ~。それにあのレカロもジョンソンコントロールズ参加なんですね。知らなかったぁ~。

来週は日産GTR、マツダ・アテンザなどの試乗会があり、その間には別件の取材が入っています。ヤバッ!原稿が書けない…

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近ヨーロッパからすっかり足が遠のいているので、ちょっと前のお話し。やっぱりヨーロッパはモータースポーツの本場だなぁと思わせる写真を↓



老若男女とは申しますが、ここに写っている大半は若者。それどころか子供が多い。いじっているのは古いモーガンであります。これは今を去ること40年近く前の写真ですが、サーキットのパドックに、たとえクラシックカーのレースとはいえ、若い世代が集まることに、嫉妬すら覚えた記憶があります。因みに奥に覗く赤いノーズ。フェラーリ250GTOですぞ。


いずれも1977年に当時のニュルブルクリンクに集まったモデル。言っておきますが、レースに参加したクルマではなく、観客の↓





この2台。左は何とビッザリーニです。もう一台はアストンマーチンのシューティングブレーク。どちらもこの時初めて見ました。


この時はニュル50周年ということで、集まったドライバーもそうそうたる顔ぶれ。以前にも出しましたが、その時初めて↓このお方と会ってサイン貰いました。今じゃお宝です。こういう人に気軽に会えちゃうところが本場なわけです。



因みに、わからない人のため(そんな人いないでしょうけど)、このお方、かのファン・マヌエル・ファンジオです。


↓のお方。残念ながら誰だかわかりませんでした。でも、アルファのミュージアムから来たアルフェッタのコックピットに座っているのですから、それなりのお方だと思いますが、見た目にはただのジジィ。こんなお方がアルフェッタを全開で走らせちゃうところが本場なわけです。メチャ羨ましい環境でした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、僕が所属するAJAJの勉強会で、小型輸入車についてのレクチャーを受けてきました。その中で某FCAの広報部長様から気になるお言葉が。曰く某ランチアが作るYで始まるクルマについては…とその先のお言葉を濁しておられました。某ランチアが作るYで始まるクルマといえばそれは紛れもなくこれ↓



気になってランチアのプレスサイトに飛んで唖然です。ランチアは2014年以降イタリア国内専用ブランドとなっていましたが、現在のモデルレンジはこのイプシロンとボイジャーのみ。しかもボイジャーは旧型のクライスラーミニバンですから、新型に移行するのかあるいはそのままフェードアウトですよね。となると、ランチアのブランドを冠するモデルはこいつだけ??これってもしや終焉を意味するの??という素朴な疑問が湧きました。


ランチアといえば、かつては前衛的なモデルを送り出したり、とりわけラリーでは大活躍するなど日本でも根強い人気(一部の人にでしょうけど)を持ったブランドです。僕が好きなのは↓




古いですねぇ。世界初のモノコック構造だったと思いましたが、ラムダです。この時代のクルマとしては斬新なデザインでもありました。

もう一台はこちら↓



いうまでもなく、ランチアが作り上げたグランプリカーD50。後にその名をフェラーリD50に変え、ファンジオがワールドチャンピオンに輝いたモデルです。好きな理由の一つはスロットカーでランチア-フェラーリと呼ばれてフォーミュラに興味を持つ原動力となり、憧れのクルマだったこと。

そんなわけで初めてランチアを訪れた時、何とか写真を手に入れたいと広報にお願いして手に入れたのが下の写真です。↓



ランチアのロゴ入り封筒と共に今も取ってあります。

ランチアは僕の周囲の人も好きでした。もう手放されましたがこちら↓



若き日の画伯のクルマです。傍らに立つのが画伯と奥様



そして富士の30度バンクを逆走する画伯。あっ、狂って逆走しているのではなく、この時のヒルクライムは須走落としからバンク入り口までを逆走するコースでした。間違いのないように。


そしてこれ。↓



これは僕の愛機でありました。もう手放してしまいましたが。

それぞれに思い入れのあるランチアなのですが、販売車種が1種しかないって…国内ブランドといってもなんか終わったな…的イメージです。皆さん、その動向を見守りましょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。