小島聡 オフィシャルブログ  『コジログ』 powered by ameba

新日本プロレスで活躍する小島聡のブログ。日々感じたことをコジ的に書いていく。

NEW !
テーマ:
一昨日は、ノア大阪大会。




東京から新幹線に乗り、大阪入り。


永田さんも一緒だった。


ついこないだまでNWAタッグを巡って争ってきた間柄だけど、今は特にわだかまりもない。




二人で新大阪駅からタクシーに乗り、会場へ。




この日に組まれていたのは、中嶋勝彦との一戦。


長くプロレスを観て頂いてる方なら知ってると思いますが…今から八~九年くらい前に、よく勝彦と試合してました。


当時、全日本プロレスに所属していた私。


2004年頃から、佐々木健介さん率いる“健介ファミリー”が全日本マットを主戦場としていたので、健介ファミリーにいた勝彦とも戦ったという訳。




当時の勝彦は、まだ18歳。


あどけなさも残る顔立ち。


初めて戦う前は、失礼ながら…“えっ?まだ子供じゃないの?”だった。


でも、対戦してみて、その考えが180度変わってしまう。


蹴りの威力が凄まじ過ぎたから。


勝彦がデビューしたての頃から、《少年空手のチャンピオンがプロレス入り》というニュースを見ていたんだけど、ここまで凄いとは想像できなかった。


なぜなら、見た目が本当に少年だったから(苦笑)。


その当時の勝彦は、無鉄砲というか、スタミナがありまくりで、とにかく前へ前へというスタンス。


こりゃあ間違いなく凄いプロレスラーになるなあと感じた。




それから、健介ファミリーがノアを主戦場とし、私も新日本へ行ったりで、スレ違い。


たまに会場で会って挨拶はするものの、「たぶん勝彦とはもう試合しないかなあ」という感覚になった。




そんな経緯があって迎えた大阪大会。


懐かしさと、当時のイメージと、現在どういう試合をするのかという不安と………様々な思いが交錯した。


で、実際に肌を合わせてみたら………やはり凄い選手になっていた。


全日本当時の荒削りなファイトが、良い意味で洗練とされていた。


だからといって、おとなしくなった訳じゃなくて、要所要所はしっかりとおさえている。


“やっぱり勝彦はレベル高いなあ”という感覚。




試合時間はそこまで長くなかったけど、中身の濃い内容になったと思う。




次にいつ試合できるかは分からないし、もうそういう機会がないかもしれないし、信じられない時に戦うかもしれないけど、中嶋勝彦というプロレスラーを、たくさんの方に知って頂きたいと感じた次第です。






そんな訳で、まだ続くノア巡業。


今日から九州をまわります。




本日、熊本市流通情報会館にて、18時30分ゴングです。


AD
いいね!した人  |  コメント(17)
小島聡さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Amebaおすすめキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み