場を共有する

先週、ソラテラスクール基礎コース第一期生が無事に終了した。

いやぁ・・・5ヵ月ってあっという間やね(^~^)

初めてのスクールだったけど、俺自身もすごく勉強になったし、癒されたо(ж>▽<)y ☆

 

いろいろ書きたいことはあるけど、一番伝えたいのは、「仲間という癒し」かな。

 

一緒に学ぶ。

共に喜びも苦しさも分かち合う。

切磋琢磨し、支え合い、励まし合い、そして深いところで愛のつながりを感じあう者達・・・。

 

あぁ。

こんなスクールが在ったら、俺も通いたかったなぁって本気で思ったよε-(o´ω`o)

 

 

スクールでもセッションでもセミナーでも、どんなに気を付けてもそこに「上下関係」のようなものができてしまう。それは仕方ないことだ。

だが、それがあるからこそ癒せないものもあるのかもしれない汗

 

同じ高さにいるからこそ、癒し合える部分が在るのだろう。

 

そして、あの「場」にいたみんなで、一緒に進んでこられた実感。

俺には、それが嬉しかった。

 

一般的なスクールとは違うけど、もっと大切なものを学び合えた気がするo(^▽^)o

来年も頑張りたいな。

 

 

人は一人では学び切れない。

誰かと共に進んでいける。

シフォンの会も、そういう会にしていけたらいいなって思うよ(^∇^)

 

ベル9/3のシフォンの会は、まだ受付中。みんなで進んで行こうぜ!(‐^▽^‐)

 

 

ベル各種セッションはこちらからどうぞ→ホームページ

ベル心と体のリンクリーディング 受付中ヾ( ´ー`)

 

うずまきシフォン、心の声・・・(  ̄っ ̄)

ジャンプの『BLEACH』(ブリーチ)がついに終わってしまった。 卍解 !!ヽ(゚◇゚ )ノ

 

次元 読んでいただき、ありがとうございました☆-( ^-゚)v
  お悩み相談などをご希望の方は、こちらからどうぞ→HP:「Angel's Lantern」

  良かったら応援クリックをお願いします(´∀`)

 

AD

毎年恒例のバトル記録

テーマ:

シフォンブログの夏と言えば、セミとのバトル(笑)

今年は、去年とはまた違ったバトルが展開されている。

 

去年は、俺が進む狭い道の真ん中にいて、まるで「ワシの屍を越えていけ!」と言わんばかりの地雷型だった。

当然、近づけば・・・ビビビッって逃げるわけで、それが恐怖だ。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

しかし今年は、『志村、後ろ~!型』にシフトしてきたようだ。

 

多いのは、洗濯物にはりついているパターン。

油断している時に目の前を飛ぶから、慌てて逃げたら、コケたm(_ _ )mアセアセ

これがすでに3回もあった(1回は洗濯物でなく、背後の狭い空間に潜んでいた)

 

 

だが、一番驚いたのは、ファーストコンタクトだった。

それは7月の末。

友人と外出していた俺は、道中にあったガシャポンを暇つぶしにやることにした。

 

出てきたフィギュアは何かなぁ~(≧▽≦)ワクワク音譜

 

そんな浮かれ気分で取り出し口に手を伸ばしたら、そのすぐ横の地面に、セミの亡骸が仰向けで落ちていた。

 

オーマイガーッ!?(( ;*д*))o=3=3

 

そいつはすでに完全に死んでいたので動かなかったからよかったけど、まさに油断している時に真横にあったから驚いたよ(x_x;)

 

 

さらに驚愕の手口が・・・。

仕事でソラテラに行った時のこと。その日は猛暑だった(υ´Д`)アツー晴れアセアセ

サロンのベランダにある鉢上に水をあげようと窓を開けたところ・・・

 

ジーザスッ!Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

 

ベランダ用のサンダルの上に、亡骸が落ちているではないか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

気付いたからよかったようなものの、もう少しで踏み潰して一生もののトラウマになるところだった。

畳の上で死にたいってのと同じで、こいつは「サンダルの上で死にたい」って思ったのだろうか・・・。

 

とにかく、恐々その亡骸を外に捨てて一安心していたら、足元の影に一匹隠れてジッとしていた( ゚∀゚; )タラー

そいつには、水をぶっかけて、追い払ってやりましたぜぃ!v(^-^)v

 

 

8月下旬とはいえ、まだセミの鳴き声が響く日々。

急に猛攻が始まった。

セミ用に創った武器は、まだ一回も使っていない(笑)

 

あぁ、夏が嫌いになっていく・・・ヽ(;´ω`)ノ

 

追伸

この記事を書いた夜、外出から帰宅した際、階段の各階下に一匹ずつセミ爆弾が落ちていた((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

ベル各種セッションはこちらからどうぞ→ホームページ

ベル9/3のシフォンの会 受付中(^∇^)

ベル心と体のリンクリーディング 受付中ヾ( ´ー`)

 

うずまきシフォン、心の声・・・(  ̄っ ̄)

今日の記事は、顔文字が多かった(笑)。

 

次元 読んでいただき、ありがとうございました☆-( ^-゚)v
  お悩み相談などをご希望の方は、こちらからどうぞ→HP:「Angel's Lantern」

  良かったら応援クリックをお願いします(´∀`)

AD

不安を激減させる考え方・・・7

【裏不安】(造語)

関係ないように見えて、実はとても意味深い不安。

 

例として、「お金がなくなること」という不安を深めてきたわけだが、これを裏不安から探していくと、こんな不安が出てくることが多い。

 

「私には稼ぐ力が無い」とか「何も能力や資格がない」という無力感ガクリ

 

お金というものは循環するもので、無くなっても稼げばいい。

だけど、その稼ぐ力が無いという不安が大きいと、「失う不安」へと化けてしまうのだ。

 

そうなってくると、今度は、「どうして自分が無力だと感じるのか?」というように深めていく必要が出てくる。

やり方は同じなのだが、これは経験上、とても難しい・・・(-。-;)

セッションで行っても、すぐには出てこないことが多いのが現状だ。

もしかしたら、不安にも「癒すべきタイミング」ってのがあるのかもしれないなって思うよ。

 

 

まぁ、とにかく先に進めよう。

自分がなんとなく大元と思える不安を見つけたら、今度はそれを受け止めることになる。

これがまたしんどいヽ((◎д◎ ))ゝアセアセ

 

実は、記憶と言うものはあいまいなものだ。

どんなに楽しい記憶も、詳細は忘れてしまうことはない?

でも、苦しかったり悲しかった記憶は残りやすい。防衛本能として当然だろう。

しかし、苦しかった記憶も、なぜか薄れていくことがある。

 

その時の感情をしっかり受け止めた場合だ。

 

魂はあらゆる体験をしたがっていて、ポジティブもネガティブも区別はしていないようだ。とにかく、しっかり「味わう」ことで、魂はその経験全てを糧に成長していくのだろう。

そして不思議な事に、しっかり味わった経験は記憶から薄れていきやすいΣ(・ω・ノ)ノ!

なんとなく「楽しかったなぁ」程度の感覚や、美化された映像としては残るけど、薄れる一方なのだ。

それは、魂にとっては次の体験をしたいから、味わい終わった経験には興味が無いというような感じかもしれない。もしくは、のど元過ぎれば熱さ忘れるって感じかな?

 

そこで、不安を解消していくコツは、当時の感情を思いだし、しっかり受け止めることになる。

あぁ・・・あの時は本当は寂しかったんだなぁ。」とかね。

 

ただ、大元の不安ともなれば、それが簡単にはできない汗

誰かにサポートしてもらったり、時間をかけて進めることも必要になるだろう。

それでも、もし大元の不安がやわらげば、そこから派生していた枝葉の不安は、小さくなっていくのだ。

 

 

多くの人は、不安を誤魔化したり、知恵で避けようとする。

だが不安を消していくには、不安に真正面から向き合うしかない

そしてそれを可能にするのが、「愛の力」だо(ж>▽<)y ☆

だからこのブログでも、ミカエル君が「向き合おう」ってしつこく言うのだろう(笑)

 

 

大まかに書いてきたけど、こんな感じかな。

不安が激減すると、人生がすごく楽になる。これは経験上言えるね。(^ε^)♪

 

そして、もしいつまでも同じ不安を抱えている人は、その不安に向き合えていないか、違う不安を追いかけているのかもしれない。

とりあえず、無理せず自分のペースで不安と向き合ってほしい(o^-')b

 

 

ベル各種セッションはこちらからどうぞ→ホームページ

ベル9/3のシフォンの会 受付中(^∇^)

ベル心と体のリンクリーディング 受付中ヾ( ´ー`)

 

うずまきシフォン、心の声・・・(  ̄っ ̄)

『チキンラーメン』は『ベビースターラーメン』に味が似ている

 

次元 読んでいただき、ありがとうございました☆-( ^-゚)v
  お悩み相談などをご希望の方は、こちらからどうぞ→HP:「Angel's Lantern」

  良かったら応援クリックをお願いします(´∀`)

AD