砂糖不使用の本物のドライフルーツのお話

ドライフルーツエヴァンジェリストのドライフルーツ情報
カリフォルニア産砂糖不使用&天日干しの洋なし、ピーチ、ネクタリン
オレゴン産無添加モイヤープルーン
ブルキナファソ産無添加マンゴー
ペルシャ産ジュエリー、ゴールデン、グリーンレーズン



アメリカの家庭で食べられている砂糖を使っていない

本物の「フレッシュドライフルーツ」がなぜ日本に入って来ないのだろう?

誰も輸入しないなら、私がやるしかない!と思って始めたのがイーワイトレーディングです。


輸入貿易も食品の販売も、もちろん海外との取り引きも未経験。

50数年(!)食べ続て来た「フレッシュドライフルーツ」をご紹介したくて

時間をかけてたくさんの困難をひとつひとつ乗り越えて来ました。

このおいしさを皆様に一日も早く知っていただけるように奮闘中です!




テーマ:
ドライフルーツエヴァンジェリストの山下英子です。
 
日本では星野源の「恋ダンス」が流行りですね。
 
アメリカ人はブルーノ・マーズの「24K Magic」のダンスに夢中。
 
 
 
日本では間違えずにいかに正確に踊るかが重要で
 
一方、アメリカは皆、勝手にアレンジして
 
好き勝手に踊っているようです。
 
国民性の違いが出ていて面白いですね。
 
 
 
さて、先日来日したブルーノ・マーズがその星野源と対談しました。
サゲサゲ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
この動画を見て思ったのは。。。
 
ブルーノ・マーズがつまらなそうにしていることです。
 
それもそうなんです。
 
星野源に表情がないっ!なさ過ぎる!
 
元々サラッとした顔立ちの星野源。
 
感情が表に出にくいタイプの男性ですね。
 
その彼が淡々と質問しているので盛り上がりに欠けます。
 
 
 
アメリカ人相手ではそれはダメなんです。
 
もっと喜怒哀楽を顔に出しましょう。
 
英語が苦手と思うなら、それを補うべく顔で意志を相手に伝えないと。。。
 
 
 
櫻井翔も「ニュースゼロ」でブルーノ・マーズと少ししゃべっていますが
 
彼の方ががんばっているのが伝わります。
サゲサゲ↓
 
 
 
私はアメリカに留学していたのですが決して英語が得意ではありません。
 
40歳過ぎての留学で覚えが悪く、苦労しました。
 
「あれあれ」「それそれ」って日本語だって思うように
 
出て来ない年齢なんですから仕方がないかと。(言い訳)
 
 
 
それでもアメリカ人に「Eikoが言いたいことはわかる!」と言われます。
 
「本当に日本人なの?」とも。(笑)
 
稚拙な英語を表情や動作で補おうとするので過剰に動きます。
 
日本人はそのくらいでちょうど良いようです。
 
 
 
「おいしゅうございます」ではなく、言葉は悪いのですが
 
「まじ、うっめ〜〜!!!」くらいがちょうどよいのでは?
 
場所は選びますが。。。
 
試してみて下さいね!
 
 
 
以前、そのことについて書いたブログです。
 
よろしかったら。。。
サゲサゲ↓
 
 
 
 
 
 
砂糖不使用のドライフルーツ/株式会社イーワイトレーディング
 |  リブログ(0)

テーマ:

砂糖不使用&天日干しのドライフルーツを

 

輸入販売しているイーワイトレーディングです。

 

2月8日(水)から10日(金)まで東京ビックサイトにて開催された

 

第21回グルメ&ダイニングスタイルショー春2017

 

出展しました。

 

 

 

 

ブース全景

 

 

 

 

以前、幕張メッセのFOODEXには(財)対日貿易投資交流促進協会

 

のブースをお借りして出展したことが数回ありますが

 

単独でブースを持つのは今回初めてです。

 

 

 

このグルメ&ダイニングスタイルショーは

 

日本国内の地方の物産が主な出展者です。

 

テーマが「地方創生、日本のローカルフードが熱い。」ですから

 

輸入のドライフルーツは「浮いてしまうのでは?」と心配したものの

 

「国産品の中に外国のドライフルーツがあったら

 

目立って良いかもしれない」と考えました。

 

 

 

その通り、ずいぶん目を引いたようで

 

3日間お客様が途絶えることなくひっきりなしに

 

お立ち寄り下さいました。

 

お蔭さまで飲まず、食わず、トイレも行かれず。。。でした。

 

 

 

 

「フレッシュドライフルーツ」のラインナップ

 

 

 

 

前日の設営時、考えていたよりブースのサイズが小さくて

 

什器が収まらないかと真っ青になりましたが

 

まるで最初からその予定でいたかのようにぴったりと収まって

 

お客様から「明るい」「元気になる」「かわいい」と言う

 

お声をたくさんいただきました。

 

 

 

召し上がっていただいた感想で一番うれしかったのは

 

「おいしい!」

 

「こんなドライフルーツは初めて!」ですね。

 

砂糖不使用&天日干しの「フレッシュドライフルーツ」は

 

イーワイトレーディングしか輸入販売していないので

 

「初めて」で仕方ありません。

 

 

 

 

「フレッシュドライフルーツ」のタワー

 

 

 

 

バイヤーさんとお話しして市場のニーズがわかったり

 

こちらのドライフルーツに対する熱い想いやこだわりを

 

理解していただいたりと実りの多い3日間でした。

 

これを機会により一層多くの方に砂糖不使用の本物のドライフルーツを

 

知っていただけるように努力して参ります。

 

 

 

 

「フレッシュドライフルーツ」の利用シーン&ご紹介写真

 

 

 

 

多くの方が砂糖漬けのドライフルーツや

 

機械乾燥のパサパサしたドライフルーツに

 

嫌気が差していることに改めて気づかされました。

 

イーワイトレーディングの使命を感じて身が引き締まる想いです。

 

これからもイーワイトレーディングの砂糖不使用&天日干しの

 

こだわりの「フレッシュドライフルーツ」をよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

EY Trading's English site

 

砂糖不使用のドライフルーツ/株式会社イーワイトレーディング
 |  リブログ(0)

テーマ:

砂糖不使用&天日干しのドライフルーツを

 

輸入販売しているイーワイトレーディングです。



前回、イーワイトレーディングの今月の予定をお知らせしました。

サゲサゲ↓

本如月の予定

 

4月8日(土)に行なうイーワイトレーディングの地元、西荻窪の

 

醸(かもし)カフェ」での「おいしいドライフルーツのある暮らし

 

講座も告知しようと思っていたのですが

 

募集開始5時間で満席になりました。

 

知り合いに連絡する時間すらなくてうれしい悲鳴です。

 

 

 

「醸カフェ」で店主の品田さんから

 

こんなものを見せてもらいました。

 

 

 

 

メンチカツのランチパック

 

 

 

 

「ランチパック知っている。だから何?」と思ったあなた!

 

製造年月日と消費期限を良くご覧下さい。

 

2014年10月です!

 

これを撮影したのはつい先日(2017年2月)です。

 

つまり1年4ヶ月ものです。

 

見たところ、カビも生えていないし食べられそうです。

 

「ちょっとパンが固くなっているかな?」という程度でしょうか。

 

 

 

店主、品田さんと「昔、食パンは二、三日で青カビが生えて

 

大変でしたよね〜!」と懐かしい話になりました。

 

今はカビが生えたパンはあまり見かけません。

 

おそらく小麦粉自体にカビの生えない薬品が使われているのだと思います。

 

 

 

現代では添加物をすべて排除する食生活は至難の業でしょう。

 

いろいろなことを心配し出したらキリがありません。

 

何も食べるものがなくなってしましますし

 

それを言い出したら空気も吸えなくなってしまいます。

 

残念ですが。。。

 

 

 

買う時にちょっとだけ裏の表示を見る癖をつけたいですね。

 

「あなた(の身体)はあなたの食べるもので作られる」

 

のですから。

サゲサゲ↓

本 食に関する英語のことわざ

 

 

 

最後になりましたが、8日から10日まで東京ビックサイトで

 

開催されるグルメ&ダイニングスタイルショーに出展します。

 

トレードマークのカーボーイハットとエプロン姿でブースに

 

立ちますのでお越しの際はお声かけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EY Trading's English site

 

 

砂糖不使用のドライフルーツ/株式会社イーワイトレーディング
 |  リブログ(0)

テーマ:

砂糖不使用&天日干しのドライフルーツを

 

輸入販売しているイーワイトレーディングです。

 

 

 

ついこの前、年越しをしたばかりなのにもう2月。

 

この調子で今年もあっという間に過ぎてしまうのでしょうね。

 

さて、そんな二月は別名、如月。

 

「きさらぎ」という響きが何とも優雅で好きです。

 

 

 

「きさらぎ」のイーワイトレーディングの予定のお知らせです。

 

2月8〜10日まで東京ビックサイトでの

 

グルメ&ダイニングスタイルショーに出展します。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界三大食品展と言われる幕張メッセのFOODEXに

 

財団法人ミプロのご協力をいただいて間借りのような形で

 

出展したことが数回ありましたが

 

今回のような単独出展は初めてです。

 

 

 

ドライフルーツエヴァンジェリストの山下英子が

 

50数年食べ続けて来た砂糖不使用&天日干しの

 

「フレッシュドライフルーツ」を中心に

 

本当においしいドライフルーツの世界を展開いたします。

 

 

 

ブースナンバーは東3ーT25ー29です。

 

いろいろ慣れないことがあるかと思いますが

 

ギフトショーやプレミアムビューティヘルスショーとも

 

同時開催ですので、会場へお越しの際はぜひお立ち寄り下さいますように。

 

 

 

ブースでアンケートにご記入いただいた方には

 

プレゼントを差し上げます。

 

お楽しみに!

 

 

 

そしてもう一つ。

 

2月25日(土)にフランス語お料理教室 CuiCui 主催の

 

パンとドライフルーツ教室で講師を務めます。

 

パンの講師からパンを習いながら実際に作りつつ

 

ドライフルーツも試食しながら学ぶという

 

とても贅沢な教室です。

 

この教室ではフランス語のレッスンはありませんので

 

安心して(?)ご参加いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなイベントや「おいしいドライフルーツのある暮らし」

 

講座がありますので2月と3月は恒例の高円寺の「座の市」や

 

ルミネ荻窪店の「なみイチ」はお休みいたします。

 

「フレッシュドライフルーツ」が必要な方はぜひ

 

イーワイトレーディングの通販サイトをご利用下さいますように。

 

 

 

 

 

EY Trading's English site

 

砂糖不使用のドライフルーツ/株式会社イーワイトレーディング
 |  リブログ(0)

テーマ:

ドライフルーツエヴァンジェリストの山下英子です。

 

四半世紀に及ぶ友人であり、会社経営の先輩でもある

 

株式会社スパイスロード、及びブルーセラドン株式会社の社長

 

涌井征男氏が亡くなりました。

 

 

 

西荻窪の小さな喫茶店のマスターだった涌井氏は

 

タイ料理レストラン事業を業界のリーディングカンパニーに育て上げました。

 

 

 

ご存知でしたか?

 

涌井氏はトムヤムラーメンの生みの親です。

 

本場のタイにもなかったトムヤムラーメンを日本に普及させて

 

逆輸入の形で今やタイでも大流行。

 

ティーヌン(元祖トムヤムラーメンの店)

 

 

 

 

元祖トムヤムラーメン

酸味、塩味、辛味のバランスが最高!

 

 

 

 

 

初めてトムヤムラーメンを食べた時の衝撃は忘れません。

 

ハマる人続出で、私も見事にハマっています。

 

一日に3回食べたという人を知っています。

 

私ではありません。

 

私は2回です。(笑)

 

あのオリジナルペーストのレシピは涌井氏と他に2人しか知らないと聞いています。

 

秘伝中の秘伝の味なんですね。

 

 

 

涌井氏と年は離れているものの

 

友人として仲良くさせていただき

 

インドに1回、タイに2回、中国に1回旅行しました。

 

時にはご家族とも一緒で家族ぐるみのお付き合い。

 

涌井氏が初めてタイに行った時、私も一緒でした。

 

その時に食べたタイ料理に衝撃を受けて

 

タイ料理レストランを開店したのです。

 

ぼけ〜っと旅行した私と、その後ちゃんと事業に結びつけた涌井氏。

 

その違いは歴然。

 

 

 

私がアメリカ留学から戻ったとご報告した時

 

東京駅の新丸ビル内にあるご自身のお店 サイアムヘリテイジ東京 

 

招待して下さいました。

 

「ここは自分の集大成」と言っていた姿が忘れられません。

 

街の小さな喫茶店の店主がとうとうここまで来たのだと

 

感激したのを良く覚えています。

 

 

 

このお店をオープンするためにかなり無理をして

 

体調を崩してしまい、それ以降は長く闘病されていました。

 

タイのプミポン国王が亡くなってちょうど3ヶ月後の訃報。

 

国王に呼ばれたのかもしれません。

 

 

 

タイ料理のレストランは今、あちこちで見かけるようになりました。

 

涌井氏がタイ料理を親しみやすい料理として

 

日本で広めた第一人者であることは間違いありません。

 

最初の頃、腕の良いタイ人コックさんを現地でスカウトして

 

日本に連れて来て衣食住のすべての面倒をみたにも関わらず

 

逃げられたり。。。

 

そのご苦労は枚挙にいとまがありません。

 

いろいろな困難を乗り越えての大成功。

 

 

 

行く行くはニューヨークでタイ料理店をやりたいなど

 

他にもいろいろ計画されていました。

 

その意欲とアイデアは誰にも真似ができませんでした。

 

「試作だから食べてみて」と言って

 

とんでもない料理も食べさせられましたが。。。

 

 

 

残念ながらいくつかの夢は叶いませんでしたが

 

きっとたくさんの社員、お子さんやお孫さんが繋いでくれることでしょう。
 

 

 

出会った頃、ラフな格好でひげをはやしてサングラスをかけた

 

「ちょい悪おやじ」風の喫茶店の店主が

 

タイ料理レストラン経営の道へ突き進み

 

服装もスーツになり、ビジネスバッグを持って

 

サングラスから眼鏡になって。。。

 

 

 

それがまるで宿命だったかのように

 

邁進する姿をずっと拝見して来ました。

 

70歳ちょっと過ぎでは早過ぎます。

 

残念です。

 

悲しいです。

 

悔しいです。

 

 

 

日本にたくさんのおいしいタイ料理を教えて下さって

 

本当にありがとうございました。

 

天国では我慢していたお酒をゆっくりおいしく飲んで下さいね。

 

 

 

涌井征男氏についての外部記事もご覧下さい。

 

タイストリート #4

 

敏腕経営者が語る私の30代 #59

 

 

 

EY Trading's English site

 

砂糖不使用のドライフルーツ/株式会社イーワイトレーディング
 |  リブログ(0)