埼玉県所沢市の西武ドームで開催中の「第12回国際バラとガーデニングショウ」(毎日新聞社、NHK、スポーツニッポン新聞社でつくる組織委員会主催)は15日、バラの愛好家としても知られる女優の黒柳徹子さんと、ビーズ刺しゅうデザイナーの田川啓二さんの対談などが行われた。

 会場には、黒柳さんが敬愛する19世紀の米国を代表する詩人、エミリー・ディキンソンの詩の世界をイメージした庭も造られている。黒柳さんは「自然を愛した詩人を表現した庭を、隅々まで見てほしい」と話した。この日は期間中最多の4万7027人が来場した。会期は17日まで。

【関連ニュース】
国際バラ展:個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕
国際バラとガーデニングショウ:埼玉・西武ドームで開会式
特集:第12回国際バラとガーデニングショウ(その1) あすから6日間、西武ドーム
特集:第12回国際バラとガーデニングショウ(その2止) 「花が主役」テーマに…
四季のガーデニング:モロヘイヤを育てる=山田幸子

10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員-大阪地検(時事通信)
米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」 日本政府案振り出しに(産経新聞)
大阪府と市の政策立案組織、WTCに7月設置(産経新聞)
首相動静(5月13日)(時事通信)
青木幹雄氏が脳梗塞“参院のドン”引退決断(スポーツ報知)
AD