EVANCE-DG 開発日誌

ライノセラス用プラグイン・モジュール「エヴァンス」開発者のワタシが、日々の感想やライノのTips、開発状況を綴っていきます。 ヴァイタローラネタは、また、天才プランナー、カリスマデザイナー、凄腕営業マンが確保できたときに再開する予定です。(爆)


テーマ:

ライノセラスに"Cage Edit"(ケージ編集)というコマンドがある。

 

で、ワタシが主宰していた「スクーデリア・EVANCE」でかつて学んだ生徒も含めて、このコマンドを誤解していない人に会ったことがない。(笑)

 

まあ、"Cage Edit"はRHINOCEROS 4.0から入った新し目のコマンドだし、「スクーデリア・EVANCE」のメインの活動期は、かなり昔のことなので仕方がないといえば仕方がないのだが。…

 

で、どこを勘違いしているかだが、…

 

このポリサーフェスに"Cage Edit"(ケージ編集)コマンドをかけるとする。…

 

すると、このようにコントロールオブジェクトを選べ。…と出てくるわけだが、みんな、このオプション ( バウンディングボックス(B)  線(L)  長方形(R)  直方体(O) )の中から選択するものなのだと勘違いしているのである。

 

じつは、そうではなくて、上の図のように、曲線、サーフェス、ケージなど、コントロールポイントを持つオブジェクトをコントロールオブジェクトとして指定したまえ。…という意味である。

 

それがない場合は、オプション( バウンディングボックス(B)  線(L)  長方形(R)  直方体(O) )から選んでもいいよ。…ということなのである。

 

まあ、エヴァンスのコマンドをちゃんと使えている人なら、上の図のような元のポリサーフェスに近似した形状のいい感じにコントロールポイントが配置されたサーフェスを作るのは、さして難してことでもないだろう。

 

で、前回のブログで、修正コマンドを用意しているので、ご利用ください。…という話をした"MoveSurfacePointsGradually"コマンドなど現行のエヴァンス・ウルティマでは、前回のサービスリリースの際、かなりのサーフェスポイント編集系のコマンドでサーフェスのコントロールポイントだけでなく、サーフェスベース(※これ重要)のケージ点でも作動するように改良されている。

 

 

これを上手く使えば(あくまでも、上手く使えば。…である(笑))、無理にシングルサーフェスで作らなくても、ポリサーフェスで作ったものでもサーフェスのように編集できるというわけである。

 

前回のアップデートで見送った残りのコマンドもいまケージ編集対応版に改良しているところである。

 

たとえば、こんなふうに複雑な形状のポリサーフェスでも一気にねじりを入れることが可能になる。

 

エヴァンスは、絶え間なく進化する。

 

とくに最近は、テレビがつまらないから進化が早い。…(笑)

 

どんどん進化するので、むずかしくて、ついていけないって?…

 

それはたぶん、ワタシのせいではない。(爆)

 

最近とくに思うのだが、エヴァンスユーザーでも(一般のライノセラスユーザーは言うに及ばず)、そもそも、…というところがわかっていない人が多いような気がする…が、それもたぶん、ワタシのせいではない。

 

自身で求めることをしなければ、何も得られることは無いのである。…

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワタシは、生粋のテレビっ子である。

 

テレビとともに育ってきたといっても過言ではない。

 

学校から帰ってきて、朝夕ご飯を食べながら、そして深夜も、子供のころから、ずっとテレビと一緒だった。

 

そばにあれば今でもずっと、つけっぱなしにしている。

 

そのテレビが最近、とてつもなくつまらない。

 

特にゴールデンタイムといわれる時間帯が最悪で、にたかよったかの、くそおもしろくもない番組をだらだら二時間も三時間も垂れ流している。

 

出ているタレントさんたちもほとんど番宣目的みたいな人たちばかりで、視聴者を舐めているとしか思えない。

 

で、最近さすがのワタシも、テレビを消しておくことが多くなった。

 

おかげで、仕事が捗って仕方ない。(爆)

 

新プログラムも、ベーシックなところの書き換えはほぼ終わっているので、今やっているのは、性能や、使い勝手の見直し、新機能の追加などである。

 

今度のは、特に「使い勝手」というところに重点を置いて作っている。

 

まあ、いわゆる「ユーザビリティ」というやつだが、ほんのちょっとの使い勝手にこだわりだすと、そのためにプログラムコードが非常に複雑になったりするので、なかなか厄介である。(笑)

 

で、先日、エヴァンスユーザーの方から、ウルティマの"MoveSurfacePointsGradually"コマンドが、追加するコントロールポイントの数を10以上に設定すると、落ちるというご指摘をいただいたので調べてみると、確かにコマンドの設定では、100まで選べるのだが、プログラム本体は10までの設定で作っていたことが判明したのである。

 

さっそく修正プログラムを作ったのだが、これのために新バージョンにするのもなんなので、この症状にお悩みの方がいらっしゃいましたらご連絡いただければ、迅速に対応させていただきます。(10以下で使えばとりあえず問題はありません)

 

当然、これの修正も含めて次期バージョンでは気づいている点については改良いたしますが、エヴァンスユーザー様におかれましては、もしもエヴァンス・プラグインについてお気づきの点がございましたら、忌憚のないご指摘をいただきますよう、お願いいたします。

 

本当に、お願いです。

 

迅速なサポートを得られるのも、せっかくのエヴァンスユーザーの特権なのだから、積極的に活用していただきたいと思う今日この頃のワタシなのである。…

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まあ、そんなわけで、前回の記事を読んだ方で、「なんで、"EVANCE Integrale"って、そんなに高いわけ?…」と思う向きもあると思うが、それは、アストンマーティン(英国製の高級スポーツカー)が高いのと同じ理由である。

 

具体的には、ウルティマなどの、ふつうのジュエリー用プラグイン・ソフトとは、次元の違うプログラムが入っているからなのであるが、これの前身の"EVANCE RRAP"というプラグイン・ソフトがあって、その特殊な性能ゆえに興味を示していただいたのは、国内でも超高級ジュエリーで知られる二社のみ(笑)、導入に至ったのは、一社のみであった。

 

つまり、ふつうのジュエリーメーカーにはまったく需要がないので、数が売れないものは、単価が高くなるという単純な経済原則の結果である。

 

今回のプラグイン・ソフトが、主に国外向けということを意識した設計というのも、そういう事情による。(笑)

 

 

 

その、「特殊な性能」だが、たとえばまあ、星形の石を3Dスキャンしたデータがあるとする。

 

当然メッシュデータなわけなのだがこの通り、非常にリアルである。(笑)

 

"EVANCE Integrale"を使えば、ほぼ瞬間的に100分の1ミリオーダーの誤差でサーフェス化出来るわけだが、こんなのは、"EVANCE Integrale"にとって、ホンの序の口である。

 

サーフェス化したデータを、…。

 

内側にオフセットすると。…(見やすいように外側のサーフェスはリビルトしてあります。)

 

こんなふうにぐちゃぐちゃになってしまうわけなのだが、…

 

オレンジ色の部分は内側のサーフェスであることを示している。つまり、背中の皮がおなかを突き破って、その裏側が見えているという状態である。

 

実はぐちゃぐちゃになっただけではなく、元はソリッドだったものがオープンサーフェスになってしまっているのだが、"EVANCE Integrale"では、体積のあるソリッドモデルにワンボタンで修復することができる。

 

さらに、"EVANCE Integrale"では、サーフェスエラーを独自に検出して、…(選択されて黄色くなっている点が自動エラー検出機能によって、問題アリとされたコントロールポイントである。)

 

エラーがなくなるまで自動的に修正してしまう。

 

さらに追い打ちをかけるような機能も入っているのだが、今日はこのくらいにしておいてやるのである。(笑)

 

 

 

 

ワタシは、素のライノセラスでジュエリーを作ることに15年前に限界を感じて、プログラミングを学ぶことを決意した。

 

まあ、ライノセラス自身が進化した分を差し引いても素でライノセラスを使っているのとはそういう部分で十年分くらいのギャップが存在する。…と思っている。

 

この差をオペレーション技術という観点から、一気に縮めてしまおうというのが、エヴァンス・プラグインであったり、「スクーデリア・EVANCE」という特殊なスクール(笑)だったりするわけである。

 

15年の間にワタシの費やした時間や経費を考えるとプラグイン代金や受講料なんてタダみたいなものだと個人的に思うのだが、ほかの人には、そうは思えないだろうなぁ。…(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。