(図がコピーできないので文章といつもの米軍用MIMIC-TPWです)

 

カリブ海に浮かぶ楽園・ジャマイカにハリケーンが迫っています。早ければ、現地時間日曜日夜(日本時間月曜昼頃)にも、ジャマイカ史上最強の勢力で直撃する恐れがあります。

2016年は、大西洋でも記録的なペースでハリケーンが発生しています。現在発生中のハリケーン・マシュー(Matthew)は、台風のスケールで最強のカテゴリー5まで発達を遂げていて、2007年以来、大西洋上で最も強いハリケーンとなりました。

現地時間土曜日朝の時点で、中心気圧は941hPa、最大瞬間風速は75mとなっています。今後、勢力をほぼ保ったまま、早ければ日曜日の夜にジャマイカ東部を直撃、国内史上最強のハリケーンとして記録に残る可能性があるのです。

 

ジャマイカのハリケーンの過去の統計

楽園のイメージとは打って変わって、ジャマイカはしばしばハリケーンの影響を受けます。主に9月と10月が多いため、この時期は、観光客がやや少ないようです。

ではハリケーンは、ジャマイカにどのくらいの頻度で襲来するのでしょうか。

フロリダ州立大学の調べによると、過去110年のうちで直撃したものは12個で、9年に一度の頻度だとのことです。

ただ直撃数だけでなく、接近したハリケーンの数も含めると、年に0.7個となるので、ハリケーンはそれほど珍しいことではありません。ただ、その大半がカテゴリー2以下のハリケーンで、今回のような強いクラスのものは非常に珍しいのです。

ジャマイカ史上最強のハリケーン

 

ジャマイカを直撃したハリケーンで最強と言われているのが、1988年のハリケーン・ギルバートです。ギルバートは今回のマシューよりもやや勢力が弱かったのですが、その被害は壮絶なもので、当時の大統領は「広島の原爆の跡地のようだった」とも述べています。なお死者は約50名に及びました。

危惧される災害

今回予想される雨量は、多いところ600ミリ以上、最大瞬間風速は75メートルに及びます。

ハリケーンの直撃が予想される南東部には、首都のキングストンが位置しており、洪水や高潮の影響で首都機能に影響が出る恐れがあります。

さらにハリケーンの進路にあたる北東部は、コーヒー豆の生産地ブルーマウンテンがあるなど山がちな地形となっているために、鉄砲水や土砂崩れといった災害が起きる可能性も高いのです。

観測を行っているNOAAも、今回のハリケーンは「極めて危険(Extremely dangerous)」と呼んでおり、危機感を募らせています。また、ジャマイカのほか、2010年に大地震があったハイチや、キューバといった近隣諸国にも影響が出そうで、カリブ海広域で最大限の警戒が必要な状態となっています。

*最新のハリケーン情報はこちら(NOAA)をご覧ください*

 

電磁波照射でカリブ海に巨大なハリケーンが押し寄せてるそうで明後日には大変なことに

なってるそうです。被害が少なくて住むように皆さん日本に関係ないからいいやとか思わずに

想念を送って下さい。(カリブハリケーン撲滅)

 

あとコブラ情報について詳細をまた竹下さんが書いてます。

これが図解入りなものですから以前コブラ情報を翻訳してた夜明け前さんも図解入りで宇宙組織図を作成してましたがもっと総括的なものになっています。

ここまで詳しいとやはりコブラ情報何度も転載してる意味が感じられなくなってしまったわけ

です。内容もまたかみたいなことばかりで目新しいものもありますけど全体的にイベント後は

NESARAが発行されるとか耳にタコになってます。

 

知識としては面白いのかもしれませんが直接自分とは関係ないように思われます

こちら

 

(以下シャンティーフーラの時事ブログより転載します)

 

竹下雅敏氏からの情報です。

これまで聖白色同胞団(ハイアラーキー)は、“サナット・クマーラ(ルシファー)の闇の軍団”であると説明して来ました。それと、彼らがカバール(闇)と称するグループの簡単な組織図を書いてみました。ハイアラーキーはカバールと敵対しているように見えて、実は彼らを利用しています。ちょうどアメリカがアルカイダやダーイッシュと戦っているように見せかけて、実は彼らを作り出したのはアメリカであり、彼らをコントロールしているのもアメリカである、というのと非常によく似ています。
ルシファーと闇の軍団が、なぜこのような混乱を宇宙に作り出したのかですが、それは、彼らの支配を天の川銀河全体に広げるためだったわけです。先代のセントラルサンと協調して、彼らはこうした悪事を天の川銀河全体に広げるつもりだったわけです。
この図は、真の神々の目から見て、全てが闇の組織です。これらとは別に、本当のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦が存在します。さらにその上に、天津神が存在しています。天津神で最もよく知られているのは、日本の神社に祀られている神々だと思えば結構です。
注意しなければならないのは、これらの闇の組織に属する人物が全員悪人だと言うわけではないことです。例えば、星の教団のトップであったアダマは真実に目覚め、現在、彼は完全に解放された状態で神々と共にあります。これらの闇の組織のメンバーの多くは彼らの教義に深く洗脳され、自分たちが光に属していると信じていました。同様に真の神々に属するグループのメンバーが、全員善良というわけでもありません。中には権力志向で、およそ神の名に値せず、滅ぼされた者も多く居ます。
コーリー・グッド氏はカバールの中枢であったSSP(秘密の宇宙プログラム)に勤務していた人です。大変善良な人で、SSP内部で彼らの行動計画に反逆したSSP同盟のメンバーとの連絡を取っていたようです。そのコーリー・グッド氏が接触した球体連合は、図の宇宙聖白色同胞団のグループです。コブラは、図のエソテリック同胞団に属します。コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7つのグループは、図の星の教団になります。彼らは、地球上の様々なグループと接触しており、その1つがドイツ騎士団です。日本の八咫烏も、星の教団の下部組織です。ポジティブなテンプル騎士団も、ここに属すると思われます。
図の赤字の人物は、それぞれの組織のトップです。“続きはこちらから”以降では、わかりやすいように絵や写真を使って組織図を描いています。この中で、特に奇妙で恐ろしく感じられるのが、マームテリアス、ヘンリー・ブレイクスピア、ペペ・オルシーニでしょう。まだ、コーリー・グッド氏が会ったというトライアングル・ヘッドの方が生命体らしいと感じるほどです。
冗談はこのくらいにして、波動がわかる人は、アスケットの写真を見てその恐ろしさを感じ取るかもしれません。

(竹下雅敏)

――――――――――――――――――――――――

PDF

PDF

 

 

(続きはここから)

 

――――――――――――――――――――――――

PDF

(転載終わり)

 

この図にあるエソテリック同胞団にコブラが繋がってるという事です。

 

ここまで詳しいとやはり信じざるを得ないですね、

 

瞑想を同時にして催眠かけられてる可能性もありますからね、今は中立というか

 

何かに傾倒しすぎるのは危険だと思います。

 

これを信じなければいけないと思わせるのが闇の集団のやり方ですからコブラ情報も

 

それと似てる気がするんですね、色々情報は開示しつつも変な方向に誘導してるように

 

思うわけです。憑依が取れたせいか何かに傾倒しなければならない理由が見つからなく

 

なりました。自分がいい状態であればそれで良いのだと私は今思っています。

 

 

AD