小田原のお寺で学ぶ磁器上絵付けとポーセラーツ教室

城下町小田原。緑豊かなお寺の一室で、磁器上絵付け、ポーセラーツの教室を開いています。
少人数のサロン形式ですので、それぞれの方のペースに合わせて、丁寧にご指導いたします。



神奈川県小田原市 で磁器上絵付と
ポーセラーツの教室を開いています。

少人数のサロン形式で
基礎からじっくりレッスンしますので
自称・ぶきっちょさんものびのび
楽しく参加されています。

筆を初めて持つ方でも大丈夫です。



レッスンフィー
半日コース 2時間 3,000円
一日コース 4時間 5,000円
(ポーセラーツ、絵付けどちらも同じ料金です)




「ペインティングスタジオハーモニー」 原宿陶画舎湘南分室
小田原市城山2-27-12 小田原駅から徒歩15分 
お問合せ jigen-ji@nifty.com
090-2333-2725 山中まで

テーマ:

こんにちは。

小田原のお寺で学ぶ磁器上絵付けとポーセラーツ教室

ペインティングスタジオハーモニーの山中です。


今日は、体験レッスンのかた、お二人を含むレッスンでした。




今日は、「ほけんの窓口」ならぬ「絵付けの窓口」になるようにべーっだ!

昔ながらの技法や、最近の新しいものについて触れて、


また、お昼ごはんのときには

「この中で、手描きはどれでしょう?転写紙はどれでしょう?」

などと、ブランド食器や、教材プレートを並べて

クイズのようなこともして

いろいろ見ていただきました。



・・・などと、張り切りましたが・・・ガーン


お二人とも、すでにしっかり下調べをされて

やりたいことも決まっていらしたので

午前は体験、午後は通常レッスンに入りました。


絵付けもポーセラーツも

女性にとっては、趣味と実用を兼ねた、素敵な趣味で

一生続けられる奥深さも持っています。



人生が豊かになるお手伝いが出来ますように。


今日のレッスンが、その幸せなスタートになれたらいいなぁ・・・

と思っています。









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

小田原のお寺で学ぶ磁器上絵付けとポーセラーツ教室

ペインティングスタジオハーモニーの山中です。


前回のブログで、次のレッスンには

初めての方が、お二人見えると書きました。


単なる体験レッスンなのですが

一日コースにして頂きました。

どうして私が、そんなに長い時間をかけたいのか

今日は、そんなことを書きますね。




*手描き&転写紙作品*




新しく習いごとを始めるときには・・

(私自身は、先生に惚れこんだら、どこへでも習いに行きますが)

地理的に通いやすいとか、補講システムがあるとか

レッスンでご一緒する皆さまのお人柄とか

そういうことも大切な要素だと思います。


自分が将来、どんなものを描けるようになっていたいか、

それによって、ポーセラーツがいいか、絵付けを選ぶか

そのどちらもなら、どういう順番で習えばよいか、も決まってきますね。



*ポーセラーツ作品 C&S


ですので、ポーセラーツも、

絵付けも、まずはいろいろ試してくださいね。


絵付けは、オイルの乾く時間によって、作風も変わってきますし

丸筆、平筆、使う道具によっても違います。


一筆入魂でキリっと描くもの

柔らかいタッチで、絵の具を動かしながら描くもの

なるべくなら、そのかたに合ったもののほうがいいですね。




*手描き:遅乾性オイル平筆作品*





たっぷり一日かけて、いろいろ試して

あとはご自分の感覚を信じて

ピピッ・・と来たものに決めて頂きたいです。


うちのお教室へ、というより

これからのお教室選びのお手伝いをするようなつもりで

体験レッスンを考えています。


私が、うろうろ迷いながら通ってきた道が

新しく始めるかたの参考になりますように。




*同じエジプトテーマで白磁とガラス作品*



何か、お力になれたらいいなぁ、と思っています。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰しております。

ペインティングスタジオハーモニーの山中です。


私のPCは、Windowsが入っているのですが

そのトラブルで、しばらくPCを使えませんでしたが

やっと復活しました。


レッスンは行っておりましたので

ある日のレッスンの模様をちょこっとご紹介します。






ポーセラーツのインストラクター課題を製作中のAさん。

お住まいのインテリアに合わせて、

ハワイアンテイストのデザインの予定。


どうやったら、モンステラに見えるのか

スクラッチを研究中。


ご自宅でじっくり、下描きを仕上げて来ることになりました。

プレートの上で実際にやってみると、感覚を掴みやすいですね。






ポーセラーツ第一作めで、ティーセットに挑戦のFさん。

いろいろなことを試しましょう、ということで

転写紙は伝統的な柄ですが、シンプルなデザインにしました。


ブルーを大理石ふうにして、違うテイストの白磁に

統一感が生まれました。


あと1~2回で、完成すると思います。





スカンティップス手描きを勉強中のSさん。

この日は、気分を変えて、転写紙でプレゼント用のマグカップを製作。


素敵に出来上がっていますので、いつかご紹介させていただきますね。

きっと喜んでいただけたことと思います。






レッスンは、以前は自宅で行っていましたが

最近は、自宅隣りの「カフェ空」で行うことが多くなりました。


定休日の静かな店内で、

お一人1テーブルで、ゆったり製作して頂けます。


カフェが火曜定休なので、他の曜日には

こんな贅沢な使い方は出来ないのですが

今のところ、生徒さんがご都合をつけてくださり

火曜日カフェレッスンが実現しています。


来週の火曜日は、初めての方もお見えになります。

駅までお迎えに行きますね~。















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

うわ~、ご無沙汰してしまいました。

ペインティングスタジオハーモニーの山中です。


昨日は、ポーセラーツの世界では有名人

プライベートでは大切なお友達の、アトリエリーフの葉子さんの

搬入のお手伝いに行ってきました。




「海外旅行か~?」と言いたくなるくらいの大荷物。

前以て、葉子さんから、作品イメージを聞いていたので

それに合いそうなアイテムを、どっさり、たくさん持ち込みました。



市ヶ谷のヴォーグ社に着いてから、

まずはアイロンをかけること、延々2時間。



「大丈夫ですか~?」とスタッフの方に心配されるほど

布のアイロンがけ、セットに時間がかかりましたが

これは想定内。



テーブルクロスが皺なく、スッキリ

というのは、大切なポイントですから~。

(他の皆様は、はじめからクロスがビシっとしていらっしゃいました。

反省・・・)



そして出来上がったのがこちら。




↓↓↓





芸術劇場でも展示された、葉子さんの代表作。

(と、私が勝手にウットリしている作品)


コーディネートのテーマカラーを

黒、金、朱と決めていたのが、ぴったりでした。

(実は、昨年のTWFに使ったものを、そのまま持って行きました~)





オリジナル100%、品よくパワーあふれる、素晴らしい作品。






テーブルの半分は、アトリエリーフとしての作品展示と販売。

朱色のエジプト女王プレート

(奥の立ててあるプレートがネフェルティティ、手前がクレオパトラに見えます)

和のはんなりした小皿など、販売用に作ったとは思えない

クオリティの高さです。





写真奥は、前回のキルンアート協会でも展示された、手の込んだ作品。

楽しいデザインはもちろん、製作も丁寧で驚きます。

写真中央の、朱色の2枚は、今回のセミナー教材です。


生徒さんが製作されたという

紫のトレーに並べられた、色とりどりのスクラッチシリーズ。

さすがの感性です。






ポーセラーツフェスタは、今日一日だけなのが残念ですが

ご都合のつく方は、ぜひお出でください。




ワークショップもありますが、予約は終了しているそうです。


ポーセラーツの売れっ子インストラクターさん達が、一同に揃う

「ポーセラーフェスタ」。


ご案内はこちら →☆☆☆






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

小田原のお寺で学ぶ磁器上絵付けとポーセラーツ教室

ペインティングスタジオハーモニーの山中です。


昨日のお話に関連していますが


カフェのために作った、オットの新作がすごく!可愛いです。




写真のせいではなくて

本当に、鮮やかなブルーで、ツヤツヤの焼きあがり。


ブルーの市松模様の、ワンブロックずつが、

少しずつ色やテイストが違っていて


そこに雲がのっていたり、

遊んでいる感じです。




それはいいんだけど



こんな綺麗な色、どんな食べ物をのせたらいいのか??



と思ったら






オレンジ色がぴったりでした。



ちなみに、上のプレートだけの写真と

ケーキがのったプレートは、デザインが違います。


*下のプレートは、雲の他に水玉もようが浮かんでいます。




鮮やかなブルーと、ビタミンカラー。


目にもまぶしい、可愛い組み合わせになりました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)