東京都教育委員会は15日、都立国分寺高校(勝部純明校長)で先月23日に行われた入試の英語に出題ミスがあり、3人を追加合格にしたと発表した。3人は入学の意思を示しているという。出題ミスによる追加合格は、都立高では初めて。

 都教委によると、ミスがあったのは、国分寺高が自校作成した英語の問題。英文中に助動詞が二つ含まれる文法上の誤りがあった。9日に問題集などを作成する出版社から問い合わせがあり、誤りが分かった。該当する設問を全員正解としたところ、3人が合格基準を超えたという。

 3人は既に私立高への入学手続きを済ませていた。都教委は「支払った入学金が戻ってこない場合は、対応を考えたい」と説明、弁済の意向を示した。【江畑佳明】

「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
福岡高裁は「違憲」と判断 「一票の格差」訴訟(産経新聞)
<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判-水戸地裁(時事通信)
<アカデミー賞>「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
AD