淡々とすることの大切さ

テーマ:

こんにちは。wa.kaoru代表のえりかです。

 

最近、感情を挟まず

感情を引きずらず

淡々と物事を行うって

大切だな~、と思う今日この頃

 

と、書くと、とっても感情に振り回されている私

のようにみなさん、思うかもしれませんが。。。

 

はい。

 

た~くさんの感情に振り回され

してやられてきました(笑)

 

意志弱く、「イヤだ~!」という感情に

簡単に支配されてすぐに挫折。

 

明日がんばろ~

 

と、毎日先延ばし。

 

そして、自己嫌悪。。。。

 

よくあるパターン。(笑)

 

そんな時に、役に立つのがルーティンワーク

 

特にあまり頭を使わないルーティーンワークは

 

感情を落ち着かせてくれる、

余計な感情や思考をささっと捨てられる

簡単&便利な方法

 

な気がします。

 

 

人間なので、感情がなくなることはありません。

 

でも、コントロールはできます。

 

その感情のコントロールをいかに上手にするか。

 

昔の人たちは、それを

 

「作法」

 

として行ってきました。

 

 

香道、香り遊びで言えば。。。

 

「香り」を聞く時

頭の中が騒々しいと

香りをしっかりと向き合い鑑賞できません。

 

また、自分の気が乱れていると

その香木がもっている本来の香りを

純粋に感じきれません。

 

作法は

 

心を鎮め

いつも同じ状態で香りを聞けるように

自分の状態を整えるために行います。

 

物事をベストパフォーマンスで臨むためのツールです。

 

 

そして、淡々と何も考えずに

今、目の前の作業にのみ集中する。

 

気が乱れていると、作法にもムラが出て

うまくまとまりません。

 

そんな気の乱れを客観視できるのも

いつも同じ動作を繰り返す「作法」

ならではの気づきシステムだな~、と思います。

 

ですから、みなさん!

頭を使わないルーティーンワーク

とってもお勧めですキラキラ

 

 

感情を感じきるのは大事ですが

ポジティブな感情もネガティブな感情も

感じ過ぎるのは疲れるだけ。

 

わーい!!

と楽しい感情も浸り過ぎると、

そこから抜け出せなくなって

あらぬ方向へ行ってしまいます。

 

ネガティブな感情も浸り続けると

どんどん動けなくなり停滞してしまいます。

 

なので、感情は

 

その場で感じて味わい尽くして終わり!

引きずらない!

 

私も、毎日感情を揺すぶられます。

 

イライラ、とすることもあります。

そんな時、その感情を見て見ぬ振りをするのではなく

イライラしたらいいです(笑)

 

そして、思いっきりイライラしたら

ちょっと自分を俯瞰して

「へ~,私こんなことでイライラするんだ~!」

そんな自分をまるっと認めて、終了。

 

次の瞬間は忘れる。引きずらない。

 

と言われても、初めはそんなに簡単に割り切れない

忘れたくても忘れられない

 

時もありますよね。

 

そんな時は、ルーティーンワーク!(笑)

 

私は香遊びの「作法」をしている時、

香炉の灰作りをしている時、

心を空っぽにできるので大好きです。

 

色んなことを考えていて目の前のことに集中していなかったり

感情が高ぶって心が乱れていると、灰も乱れて仕上がりません。(泣)

 

 

でも、何度も何度も、何も考えずに

ただただ淡々と同じ動作を繰り返していくと

自然と気(感情)も静まります。

 

が、急にみなさんに、香の作法をしましょう♪

といっても難しいので、

(興味のある方は、お教室を開催した時に遊びにいらして下さいね)

 

例えば、掃除。料理。エクササイズ。

なんでもいいです。

 

淡々と動作を繰り返す。

 

そうすると、感情スイッチのオン、オフを

上手にコントロールし

いつでも物事にベストパフォーマンスで臨める

自分を手に入れることができますよ!

 

試してみて下さいね。

 

----------------------------

 

 

■日本古来(和)の叡智、哲学を「香遊び」を通してお伝えしています
wa.kaoruのホームページへ
wa.kaoruのサービス一覧
wa.kaoruのイベント情報


■ブログランキングに参加しています!応援頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

AD