1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
July 23, 2017

テーマ:たべもの
{4086B873-231F-4DCC-B7DA-B4B4E4750F05}

いただきものの桃。
まだ少しかたくて、追熟が必要だけど、冷蔵庫に入りきらないので、玄関に置いたら、アートみたいだったので写真を撮りました。

桃は形も色も和むけど、何よりも香りが好き。

幸福な恋愛を思い浮かべる時、
なぜかいつも白桃がイメージとして浮かびあがります。

暑い暑い夏の昼間、キリッと冷えた白ワインや
スイカやお昼寝が私を幸福にしてくれます。


面白い本を読んだので感想を書いておきたいのだけど、なかなか書けず......。



{DD242DAF-2D41-4440-B890-8DA3237B6D34}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 27, 2017

世の中で一番難しいこと

テーマ:考える

 

{F8D738BC-10E8-4489-83E0-7D870050D13B}


きっと世の中でいちばん難しいのは自分のことを知ること。

 

これが一番難しい。

 

自分が欲しいものを正確に把握することが一番難しい。

 

これは一般化できない。

 

一般的にみて、世間的に見ての幸せ 例えば、五体満足で、健康で、裕福で、家族と友達に恵まれて

だとしても、本人が心から欲しいと思っていることが手に入ってなければ

欲求不満は付きまとう。

 

ここで普通ならば、常々自分が満足できないのは自分のわがままとか自分が贅沢だからとその人は

思うかもしれない。世間的にみたら自分は恵まれていて幸せなのだからと。

 

でも。

どうしても、不満足感がぬぐえないなら、その人が心から欲しいと思っているものは

それではないから。

 

自分が心から欲しいと思っているものを探し当てることは本当に難しい。

知恵と知識と客観的視点と洞察力と試行錯誤する思考の耐性が必要だから。

 

さらにややこしいのは自分が欲しいと思っているものが本当に欲しいものの代替だったりする

こともあるから。

 

また、欲しいものを知ることは苦痛だったりすることもある。

それはどんなに努力しても自分の手に入らないことだったり、自分の傷の根源だったりするから。

それと向き合うことは苦痛でしかなかったりするから。

 

でも正しく自分の本当に欲しいものを知らなければ、アプローチしようがない。

もし自分の欲しいものを間違って認識していたら努力も徒労になる。

本当に欲しい物を知ったうえでそれが手に入らないものならば何かに昇華することも可能だけれども

知らなければ満たされない欲求を間違った方向に向け、さらに新たな苦しみを生む。

 

 

自分を知ることが世の中で一番難しい。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 24, 2017

解決していくこと

テーマ:
{FA8F933B-DEBC-41E9-9537-39DC49CF35AC}

 

谷崎潤一郎

三島由紀夫

夏目漱石

村上春樹

トルストイ

ドストエフスキー

佐藤優

 

 

好きな作家を挙げてみたら圧倒的に男性作家が多かった。

 

それぞれの作家がそれぞれの特徴があるのだけど

わたしの好きな男性作家の文章を読んでいると

整理整頓された部屋を思い出す。

 

いろいろな気持ちや感情がきちんと収まるところに収まるような

気がする。

私の感情や気持ちはしっちゃかめっちゃかで

自分を持て余し気味なところがあるのだけれど

 

人間の心の機微を観察し、分析し、落とすところに落とされている

論理的に諄々と説いてくれる、もしくは物語を描いてくれる

きちんと整理された(ドストエフスキーはたぶんちょっと違うかな、

でもその不屈な物語は力強い)、安定した骨太な文章が好き。

 

最近読んだ本

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 21, 2017

おもしろhell

テーマ:

 

{B84425DD-0408-47B4-8D42-93CE344472A1}

 

佐藤優さんというおもしろい作家を見つけてしまい、

 

その作家の本をひたすら読んでいたいのだけど
ずっと読み続けるわけにもいかず、
でも何をしているときも続きが読みたい。
 
100冊読んで1・2冊本当に面白い作家や作品に会えるぐらいの割合です。
 
でももしその少ない割合で面白い作品や作家に会えたなら本当に
しあわせでなおかつおもしろ地獄にはまります。
おもしろくてやめられない、というしあわせなhellです。
 
この「おもしろ地獄」は江國香織さんの作品にあった造語です。
 
私も使わせてもらってます。
 
とりあえずひたすら読む日々。ああ、佐藤優さんの本を読み尽くしたい。
幸せな日々に乾杯:)
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 15, 2017

カーネギーのやり方を参考に。

テーマ:
{681F5110-A124-4657-BC27-FD77BB1972F3}

また紫のブーケ♡

 

***************************
Carnegie and The art of war の続きです。
 
27歳の時にカーネギーの「人を動かす」を参考に
実践することにしました。
人生において無用な衝突を回避するためです。
 
厳密に実践してたというよりは意識するようにしてゆるく実践していました。
 
カーネギーの手法は私は比較的簡単に実践できました。
個人のストーリーが好きなので
私は人の話をもともと熱心に聞くほうだし、
誰かの長所を見つけるのも得意。
それを褒めそやすことに照れも抵抗もなく、
人並みに嫉妬はしますが過剰な嫉妬はないので
誰かの長所を心から賞賛できます。
 
あとは私は批判家で毒舌の持ち主ですがそれを引っ込めるのと
その人が何にどこに価値を置いているか
何が好きで嫌いかを気をつけ
嫌いなテーマは避ける(カーネギーにこのことは書かれててませんが自分なりにアレンジしました)
 
 
それらはゆるく意識して実践しているうちに
板についたんだと思います。
 
 
カーネギー手法は万能で多分これを使えばほとんどの人と良好な人間関係を築くことはできますが、
使っているうちに差し障りがあることも気づきました。
 
①賞賛が大好きな人を引き付け過ぎてしまうこと。
②その人の特別な友達になってしまうこと。
③なめられやすい
 
①は賞賛を嫌いな人はいないですよね。
私も人から褒められたら素直に心から嬉しくなります。ただ誰でも大人になるとそのまま受け取らないで
お世辞かな?とか何か意図があってこんなに褒めてくれるのかな?と思う人が大半で大体50-70%くらいで褒め言葉を受け取るかと思うんです。
嬉しいと同時に少しの警戒心も抱くと思います。
 
でも中には賞賛が大好きで(私はもちろん誰かを褒める時お世辞ではなく本当にそう思って言っていますが、少し大げさなきらいがあるときもあります)
100%そのまま受け取る人がいて、常に私からの賞賛を期待する、もしくは私を信用できると思うのか、なんでもあけすけにいろいろなことを言葉を選ばないで私に話してしまう人がいます。(世の中には聞かないでおくほうがいいということもたくさんありますよね)
 
②についてですが、私は基本的に自分の友達みんなにカーネギー手法で接しています。
彼らのことが本当に好きだし、それぞれをそれぞれに好きで友人に関して言えばひとりだけ特別に好きということはないです。
しかしながら、カーネギー手法を使うと信用されすぎる傾向があります。(もちろん人によります、どんなに親しくても常にきちんと一定の距離を保ってくれる友人の方が多いです。)
そうして距離を保ってくれない人は私の生活に口出す権利があると思うのか、干渉してきます。
私が一番、友人にされたくないことだというのに。
そのとき私はその人が私が何が嫌いで我慢ならないか、気をつけていないのだということを知ります。
 
③これはもともとそういう傾向ありました。私の話し方や雰囲気や表情で怒らない人に思われることが多いですが、私は基本的に攻撃的です。
自分から攻撃することも誰かを貶めたりもしませんがやられたら必ずやり返します。
でもカーネギー手法を使うとさらになめられやすくなります。なめられやすいという言い方に語弊があるならば、私には何を言ってもしても許してくれる的に思われると言い換えることもできます。それは①のなんでもかんでもあけすけに言葉を選ばず言ってしまうというのに繋がります。
 
 
そういうのが相まって、去年はその手の問題が続けて起こりました。
 
続きます。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 14, 2017

Carnegie and The art of war

テーマ:
{713FF496-5A6D-45FB-B8EF-808F13548052}


アメリカンチェリー🍒がお店に並んでるとつい買ってしまいます。大好物(〃∇〃)

 
***************
 
もっと精神力を強くしたいと手に取った本 Mark Dvine著の「「無敵の心」のつくり方」原題:UNBETABLE MIND
 
そこにかかれていたお薦めの書 孫子の「兵法」(もちろん現代語訳)を読みました。「兵法」って英語では「The art of war」って訳されてるんですね。どういう思いでそういう訳になったのか謎ですが
たしかに「War」を戦争と読まないで戦略と読むなら確かに芸術的な戦略が書かれています。
 
今の世ではビジネスの戦略書として読む人が多いらしいです。何を「敵」と想定するかにもよりますが
私は人間関係に置き換えて読んでました。対人というよりは、自分の中にある恐怖や油断や弱さや執着なんかを「敵」として。「敵」といっても私の中の愛すべき敵たちです。
 
さて、人間関係の書としてロングセラーを誇る本、カーネギーの「人を動かす」ですが原題が「How to win friends and influence people」ということを最近知りました。
これもまたなぜこんな題名か(原題が)謎です。別に友達に勝つ必要はないのでは??とツッコミたくなりますが
それはさて置いて、
私がこの本を読んだのは27歳の時でした。
 
そもそも、この本をなぜ手に取ったかというとその頃、私は身内と争い深いダメージを負っていたからです。
身内と争うことほど嫌なことはないと私は思います。
他人と争うことももちろん嫌なことです。それでも家族といっても血のつながりのない他人である
元夫とどんなに争っても、別れた後でさえ、胸の中にどす黒い(←色に表すならまさにこの表現がぴったり)
憎悪(言葉が過激すぎて書いてて自分でも怖い)が渦巻いてねむれないなんてありませんでしたが。
 
身内の話ですし、詳細は割愛するとして、もう没交渉になってしまった血のつながり的にいえば、
わりに近いその身内たちにその当時私は深く傷つけられましたし、私の性分として、
例えやり返すことがどんなに愚かでリスクを伴いなおかつ、自分もダメージを負うとわかっていても
やり返さずにはいられないので、もちろんやり返しました。
 
それで、その時私はおもいました。人生において争いと衝突は回避できないときがあるとしても、
なるべく無用な衝突は避けたい、そうして衝突しないで自分の意志を通したいし、周りの反感を買わないで
自分のしたくないことはしたくないし、自分が欲しいものが欲しい。そのためにはどうずればいいか。
 
そして、手に取った本がカーネギーの「人を動かす」です。
カーネギーの「人を動かす」はかいつまんでいえば、童話の「北風と太陽」での太陽になりなさい。というものです。
きれいにいうなら、あたたかな愛をもって人を動かしなさい。というものです。
 
カーネギーの手法はどういった人間関係にも有効です。友人、恋人、配偶者、親子、職場のひとたち。
 
長くなったのでまた書きます。
 

 

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 08, 2017

恐怖の対象がなくなった

テーマ:日々
{116F464E-E9B1-47A8-9D38-28B26DCC7B7B}

大手町の丸善は場所柄か一階はビジネス・政治・経済・経営・金融・自己啓蒙の本がずらりと並び、平積みしてあるのでこの本屋に来ると
思わず自己啓蒙系の本を手に取ってしまう。

その時の私は自分の精神力のなさにうんざりしていてせり上がってくる恐怖から自信喪失、疑心暗鬼、怒りと悲しみと混乱でいっぱいで平常心を保つことができず藁をもすがる思いで
精神力を強くする方法が書かれた本を手に取った。

ここに備忘録として抜粋する。


******************
自分を責めてもしかたがない。自分の持っていないものに執着したところで、どうにもならない。
しかも、執着すれば気が散る。

今いるところは、あなたが進化するうえで必要なステップなのだから、行きたいところにたどり着くための戦略を実行しているあいだは、現状で満足しておくこと。
そうすれば人生はとたんにシンプルになる。


*****************

この本を手に取った数ヶ月前の私と違って
今の私は落ち着いている、
なぜなら私に恐怖をもたらした対象がいなくなったから。
心は再び、春の凪のように穏やかで幸せと満足にみちみちている。
この本を今は落ち着いて読むことができ、一字一句が心に染み渡る。

軽はずみな好奇心や行動や自分の弱さや執着がどんな結果を生み出すか、
どんなに自分が思い上がっていたか、
自分の心をコントロールすることがどんなに難しいか私は学んだと思う。

数ヶ月前の恐怖は私にとって必要なことだった。

何もかも過ぎてしまえば、それらは意味を無くす。重要だったこともどうでもよくなり、
より私は自由になる。

くだらないこだわりや自分の押し付けがましい価値観から解放され私は自由になる。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 18, 2017

Spring has come

テーマ:日々
{1BE5FA74-DB6B-4AC4-9104-DDA753E8ECEE}

  我が家の近所の和菓子屋さんの道明寺。

お皿にのせたらlovely だったので思わずパチリ。

ふんわり甘い桜の香りや
きれいな桃色も舌触りやさっぱりした甘さもlovely :)

*

春が来て、心を煩わすことがなく、
日々やることがあり、しあわせをしみじみかみしめています。

***

{AAF3D5EB-0A56-426F-8DAD-AE698FE02DF0}

晴れた昼下がり、あたたかな春風の中、
バーの中庭で飲むカクテルが美味しい♡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 10, 2017

巡る

テーマ:日々
image
 
前回の白いブーケが驚くほど長持ちして楽しめました。今回は紫のブーケを作ってもらいました。
紫の薔薇や濃い紫のカーネーション、スイートピーってはじめてみました。
 
最近は日本の古典に興味があって、日本文学史とあわせて日本の古典をぱらぱらめくることが
多いのですが
和歌は月や桜などに自分の心情を重ねて表せることが多く、儚く移ろっていく月の形や散っていってしまう
桜を人の心の移ろいやすさに重ねています。
 
 
不変のものも、永遠のものもないとわかっていて、私は絶対ではなく常に相対的なものの見方をしていたいと
思っているのにそれでもそれを忘れてしまうことも多いです。
 
 

春がめぐってきましたね。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
March 08, 2017

White bouquet

テーマ:日々
 
image
白いお花をベースにブーケを作ってもらいました。
お花屋さんに愛らしいピンクと薄く黄色の入ってる愛らしいチューリップがあったので
2本だけ入れてもらいました。
 
image
数日経つと、開ききってしまうチューリップ。
開ききってないチューリップのほうが可憐で好きかな。
でも開いたチューリップはまた華やかな感じがしますよね。
結局、どちらもきれい。
 
 
image
 
もともと白いブーケが好きなのだけど、大好きなドラマHouse of cards の影響で
さらに白いブーケ好きに。ドラマの中で室内で白いブーケが飾られている確率が
とても高い。
 
白いお花を飾ると空気が清浄になるような気がします。
 
さて、 House Of  Cards。
ドラマの内容の秀逸さもさることながら、インテリアや登場する
女性のファッションのセンスの良さもとても素敵。
 
好きすぎてシーズン1から4まで繰り返し何度も見てます。
 
登場人物の骨太な人物描写や、セリフの美しさと切迫さ、構成の完璧さ、辛いだけでなく
たまに描かれる弱さや甘さ。まるで上質な小説を読んでるみたい。
 
写真のように、なにか作業しながらドラマを流しっぱなしにすることが多いです。
 
 
 
去年は3月に配信されたから今年もそうかなと心待ちにしていたのだけど
どうやら5月の末が配信予定らしいですね。5月まで長い・・・・・。
 

 

 

 
 
 
 

 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。