複数の拳銃などを隠し持っていたとして、広島県警薬物銃器対策課や広島南署などは20日までに、銃刀法違反容疑で、広島市南区の60代の会社員の男=同法違反罪で起訴=を再逮捕した。同課などは拳銃とみられる銃器約30丁を押収しており、入手ルートの解明などを進めている。
 同課などは先月28日、拳銃1丁を所持していたとして、銃刀法違反(拳銃所持)容疑で男を逮捕。自宅など関係先を捜索したところ、銃器約30丁のほか大量の弾丸が見つかった。調べたところ、銃器の中に真正銃が含まれていることが判明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
警察官の偽証は違法=「無罪の可能性も」、道に賠償命令
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か

<殺人未遂>看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い(毎日新聞)
84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見-兵庫(時事通信)
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で(産経新聞)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)
AD