徳島エンゲル楽団がNHKのニュースで紹介されました。
4月18日(火) 7:45 NHKニュース(四国地方向け放送)

企画「復活した楽団が伝える戦時下に生まれた日独の交流」
板東俘虜収容所が今年4月に開所100周年を迎えたことの紹介の後、それを記念する演奏会に出演した楽団として、設立から現在の活動について、代表者および楽団員へのインタビューもまじえてわかりやすくまとめて紹介していただきました。何度も熱心に取材・撮影に来ていただいたディレクターさんおよび関係の皆様に感謝いたします。

徳島地域のローカル番組ですが、再放送があります。可能な方はぜひご視聴ください。
4月20日(木) 18:10 NHK徳島放送局「とく6徳島」

追加情報として、今後の演奏会予定について進展がありましたので速報します。
「エンゲル・松江記念市民音楽祭」
日時 10月29日(日)
場所 徳島大学大塚講堂(蔵本キャンパス)
詳細についてはホームページで最新情報を発信しますので、ご確認ください。
AD
2017年4月9日、鳴門市ドイツ館で開催しました「板東俘虜収容所開所100年記念コンサート」は大盛況のうちに無事終了しました。ご来場いただきました皆様および関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
徳島エンゲル楽団のホームページに演奏会の報告や今後の計画などの関連情報を掲載しています。管理者の都合により、現状ではホームページの編集更新を優先的に行っていますので、最新情報はホームページをご覧ください。

今回の演奏会に関連して、NHK徳島放送局の取材を受けました。その一部が(5分程度だそうです)ローカルニュースで放映される予定です。明日18日は四国四県、20日は徳島県だけの放送になります。
企画「復活した楽団が伝える戦時下に生まれた日独の交流」
4月18日(火) 7:45 NHKニュース(四国地方向け放送)

4月20日(木) 18:10 NHK徳島放送局「とく6徳島」

今回の演奏会の予定として、10月29日(日)に恒例の「エンゲル・松江記念市民音楽祭」を開催する予定です。会場は徳島大学を予定していますが、日時・場所とも変更の可能性があります。上記のようにホームページで最新情報を発信しますので、ご確認ください。
AD
先日速報しました4月9日の鳴門市ドイツ館での演奏会について、詳細が決まりましたので改めてお知らせします。徳島エンゲル楽団公式ホームページの「演奏会」の欄にも掲載しています。演奏会のタイトルを少し変更しました。出演者として、ソプラノ歌手岡村由香さんと、ファゴット奏者鈴木理美さんに、2曲ずつソロをお願いしました。また、日本赤十字社徳島県支部による紙芝居と、アナウンサー安倍久恵さんによる朗読もプログラムに取り入れています。「歓喜の歌」と「友愛の花」の合唱には、いつものエンゲル合唱団のほかに、NPO法人鳴門「第九」を歌う会の協力を得て充実した歌声をお届けできると思います。当日は鳴門市ドイツ館および隣接の賀川豊彦記念館が無料開放デーとなっています。ぜひご来場ください。

徳島・板東ドイツ俘虜たちが遺した「文化遺産」顕彰事業
「板東俘虜収容所開所100年記念コンサート」
日時 2017年4月9日(日) 13:30〜15:00
場所 鳴門市ドイツ館 1階大ホール
 (徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2 TEL 088-689-0099)

第一次大戦のドイツ兵俘虜の収容所は、四国では当初は松山、丸亀、徳島の3カ所に設置された。これらが板東俘虜収容所に統合移転したのが1917年4月のことであった。4月7日に一足早く板東に到着した徳島収容所の俘虜たちの楽団(ヘルマン・ハンゼン率いる徳島オーケストラ)は直ちに活動を再開し、翌日の8日に丸亀から、9日に松山から到着した仲間たちを軽快な行進曲の演奏で出迎えた。1000名近くが暮らすようになった板東俘虜収容所では、1918年6月のベートーヴェン第九交響曲日本初演に代表されるさまざまな文化活動が行われ、さらには地域住民との親密な交流が実現した。戦後の日独友好の復活と文化交流の礎となった板東俘虜収容所開設から100年目を迎えるにあたり、当時のドイツ兵俘虜たちが演奏した音楽を再現することで、文化交流の歴史をふりかえる。

プログラム
1. 行進曲「旧友」(タイケ)
2. ドナウ川のさざなみ (イヴァノヴィチ)
3. 歌劇トスカより「歌に生き愛に生き」 (プッチーニ)
4. 歌劇カルメンより「ハバネラ」 (ビゼー)
5. 紙芝居「ばんどうのコスモス〜板東俘虜収容所と赤十字」
  (日本赤十字社徳島県支部)
6. G線上のアリア (バッハ)
7. アヴェ・マリア (バッハ・グノー)
8. 朗読 ドイツ兵ヘルマン・ハーケの母への手紙より
9. 歓喜の歌 (べートーヴェン)
10. 友愛の花 (高橋敏夫作詞・新川清作曲)

演奏: 徳島エンゲル楽団・合唱団、NPO法人鳴門「第九」を歌う会
指揮: 岡山茂幸
ソプラノ独唱(3,4): 岡村由香
ファゴット独奏(6,7): 鈴木理美, (ピアノ: 和田 輝)
司会・朗読(8): 安倍久恵

主催: 鳴門市うずしお観光協会、エンゲル・松江記念市民コンサート委員会、徳島大学ドイツ兵俘虜研究会
AD