年末のご挨拶02

テーマ:
今年1年
このブログにアクセスして頂き
まことにありがとうございました

いろいろな出来事がありましたが
とりあえず
書き続けています

伝えたい事
主張したい事
つぶやき
ぼやき
これら脈絡無く書いてきました

おつきあいして頂いていること
心から感謝を申し上げます

来年も
適当なペースで
適当な内容で
適当な書きっぷりで
やっていければと思っています

エナレディースクリニック
エナ大通クリニック
天使のたまご札幌院
エナエナももいろ相談室

ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

来年が皆様にとって
良い年である事を
心より祈念いたします

AD

年末のご挨拶01

テーマ:
今年も残すところ
あと2日です
毎年毎年
時間の経過がどんどんと早くなって
先日正月を終えたばかりという感覚に
陥っています

この時期に
1年を振り返ることをしなければ
この1年に何が起きたのか
何を考えたのか
何をしたのか
記憶に残せないのではないでしょうか

今年もきっと
いろいろなことがあったのでしょうが
年々
だんだんとあまり起きた事に
動じないというか
鈍感になっているような気もします

そうそう
年末にいつも思う事を思い出しました

それは
年末だからといって
各業界各業種が長期の休みに入る事
これにどうにもなじめないのです
というか
ちょっと頭にもくるのです
医療に身を置いている者として
このような長期の休み中にも
普段と同じ確率で
緊急事態は起こるのです
それでも皆さんは
普段と同じ対応がされて当たり前的に言われます

しかし
検査会社は手薄
公的機関も機能しない
クリーニング屋さんも
食品関連も
医療機器関連も

医療に関わる業者すべてが
休むのです
それでいて
普段と同じ対応を望む

納得いかないですね~~

そこのところを
休まれる業者さん業界のみなさん
さらには患者さんも
どのようにお考えでしょうか?
明らかに
患者さんは不利益を受けます
これは間違いないと思います

でも
社会全体が自らその状況を
造り出していることも知って欲しいです

お産はもちろんですが
医療って
本当に24時間365日待ったなしなのです

何を言いたいかって

5月の連休とか
年末年始など
休むのは良いとしても
その休み方を
考え直しても良いのではと思うのです

休めない者の言いがかりと思ってもらっても良いのですが
本気で
社会全体の長期休止は
困った事と感じています

年末のご挨拶には
ならなかったので
また明日
ご挨拶させてもらいます

AD

美唄市受動喫煙防止条例

テーマ:
美唄市長さん
がんばっていますね

激しい抵抗にあいながらも
時間をかけてじっくりと
受動喫煙防止条例をこのたび制定しました

中身としては
妥協の産物であることは間違いないのですが
私は

大きな一歩だと思います
北海道で初めての受動喫煙防止条例です

初めてって
他にはどこも
この受動喫煙に関して
条例化できていないということです

受動喫煙は
次世代を担う子ども達への影響は
計り知れません

飲食店などもそうですが
公共の場での受動喫煙防止は
ある意味
先進国の常識なのですが

2020年の東京オリンピックも
過去の禁煙オリンピックの歴史を
ストップしそうな雰囲気もあり

やはり
JTと喫煙される議員さん
さらには喫煙される方々のパワーは強大です

美唄市に敬意を払います
今後も
北海道の受動喫煙防止条例に関する
オピニオンリーダーとなって
札幌をも刺激してください

応援します!!!


AD