先日札幌駅の南側のとあるビルのなかにある

女性専用のホットヨガスクールで

なぜか

私がそのクラスに参加している女性に向けて

 

女性ホルモンとライフプラン?的なお話をしました

スタジオ内でヨガマットを敷いた常態で

皆さんとやり取りをしました

 

妊娠適齢期的な内容も

つまり

生理があるうちは妊娠は大丈夫のような

ちょっと間違った認識をもっていると

人生設計が大幅に狂いますよ

 

 

女性ホルモンって決して

美しさと関連はしませんよ的な

かなりネガティブな内容もお話しました

 

女性ホルモン

つまり

エストロゲンとプロゲステロン

 

これは

美しさの為にあるわけではなく

生存の

種の保存のためにあること

 

つまり

妊娠してその妊娠を維持するためのホルモン

 

それを現代の女性は

美しさと関連づけようとしています

 

まあ

何かをして女性ホルモンがたくさん出るような

ものも事も無いのです

 

さらに

たくさん出れば良いというものでもないですし

 

まあ

かなり現実的な話をしました

 

女性専用

さらに

ホットヨガ教室に

ちゃっかりと潜入してしまいました

 

また機会があれば!

 

 

AD

居酒屋禁煙 厚労省例外認めず

テーマ:

いや〜〜厚労省頑張りますな〜〜

タバコ大嫌いな塩崎大臣の成せる技かな〜〜

 

小規模店舗例外の件で

だいぶJT側が押し戻してきたところを

厚労省ががっぷりと受け止めて

押し返した状況になっています

 

今後もこの押し引きが続くわけですが

なかなか面白いところです

 

私はあっさりと厚労省側が

小規模店の例外を認めるだろうなと踏んでいたのですが

 

いや〜〜予想外に頑張ってくれました

 

小規模店は

全面禁煙になったら

店が潰れる〜〜

俺たちを殺す気か〜〜って感情に訴える作戦に

でているのですが

 

飲食店全面禁煙という一律の状況であれば

極めてフェアな土俵です

さらに

この条件下で

禁煙になったから店が潰れた〜〜ってなったら

そもそもがそもそもだったんじゃない?って

事になります

 

米国カリフォルニア州での飲食店全面禁煙を

見る限り

とても

喫煙か禁煙かで店の繁盛が決まるとは思えないし

 

全面禁煙にて

あらたがビジネスチャンスが生まれる可能性があります

 

科学的根拠として

飲食店全面禁煙にして倒産が増えるという事実は無いのです

 

地元の寿司やさんで大将がぼやいていたのが

早く全面禁煙決めてくれないかな〜?

そうしたら とっとと店の外の灰皿撤去できるんだけど

って言っていました

そんな法律待たないで撤去したらと助言すると

長年のお客さんへの対応が心配だと漏らすのですが

まあ

確かに

個人の裁量で禁煙化をするのは

勇気のいることですよね

 

ガンバレ

厚労省

塩崎大臣

 

 

 

AD