それ行け!渡良瀬遊水地!

テーマ:
こんにちは🎵
今週末は日曜にハルヒルコースで血ヘドをはこう♪ライドにturn師匠にお誘いを受けた絵馬です。
いや、死ぬからw

日曜は天気が良くなさそうなので、保険で土曜のライドを企画してみました。

それが、利根サイから渡良瀬遊水地にいこう♪ライドです。

渡良瀬遊水地は渡良瀬川が利根川と合流する手前にある大きな人工湖で、むかし足尾銅山からの鉱毒を沈殿除去するために作られたとか?
いやうろ覚えなので解りませんがw

何にしても、利根サイで、利根大堰までは行っているので、そこから先も開拓しておきたい♪

県内の利根サイを網羅しておこう🎵的な目論見です。

ルート開拓ライドなのにご賛同頂き、
みむさん、ユウさんが参戦表明を頂きました♪
ありがたや~>w<

みむさんは刀水橋からの合流。
ユウさんは私のスタート地点の平成大橋まで、自走で来ると言います…( ; ロ)゚ ゚ナンデストー

軽く40km位有りますが?(^o^;)

当日朝

天気はサイクリング日和のようです♪

7:40にユウさんと平成大橋をスタート♪
朝はまだ少し冷えますね。

ユウさんは先週、ガチ志向であることが判明したので、退屈されないように、目一杯引かねば!

程なくして日が高くなると共に気温も上がってきました。
迂回路の途中にあるファミマでウインドブレーカーを脱ぎます。

バックパックに収納♪




実はしばらく前にドイターレースEXPエアーを購入していたのです。

赤は人気が無いのかこの色だけ安売りしていたので♪
このバックとても使い勝手が良いです♪

風は微風で追い風♪

気持ち良く太田の刀水橋を目指す二人行。

ところが、

ガシャ!!ザサー!

振り返るとユウさんが落車!!( ̄□ ̄;)!!

え!?

直線で見通しも良く、
路面もよかったように見えます。

かけよって見ると、
ユウさんも自転車も無事な様です。

芝生に倒れた上に障害物等なくて本当に良かったです。あと1m右に行っていれば斜面だし、
本当に無事でよかった。

当初ユウさん自身も何故落車したのかわからないとのこと…

走行に問題がないとのことなので、
ゆっくりペースで刀水橋を目指します。



走りながら話を聞いていくうちに、
落車するとき、
自転車が浮いたらしい。

上の写真は帰りに撮ったものですが、

良く見ると、マンホール手前に窪みが有ります。これがジャンプ台のようになったと思われます。
見た目明確な段差にも見えませんし、走るときは気を付けないと行けませんね。

踏めるかどうかは別としても、ユウさんも大丈夫そうです。

太田市に差し掛かると、
利根サイは菜の花に囲まれます。




凄く綺麗です。
でも、この辺りから風が向かい風になり始めました。
予報では午前は西風、午後は東風と常に追い風のラッキー予報だったのですが…

一抹の不安を覚えながらも刀水橋最寄りのファミマに到着。

すると…あれ?見覚えのある人影がw

なんと、みむさん(フェニックスさん)の他に、後藤隊長とデファイさんがいます。

デファイさんはLINEで利根サイを走ると言ったいたので、

「運が良ければ、遭遇するかもしれませんね。

と言っていたのですが、
どうやら、来ていただいたようで、ありがたいです♪

後藤隊長も、トランポでお見送りに来てくれたようですが、デファイさんの説得で一緒に行くことになりました♪

デファイさんは渡良瀬遊水地に行ったことが有るらしいので、心強いですかお

総勢5名で渡良瀬遊水地を目指します♪
私の目論見ではここから大体30kmです。

刀水橋から右岸を通ります。

天気は良く、風は弱い向かい風。

きょうはゆっくりペースで行きます。

少しいくと、大きな影が横切りました。
見上げるとグライダーです。

河川敷にグライダーの滑走路がありました。
グライダーの発着を見るのは初めてです♪

この趣味もお金が掛かりそうだ(^o^;)
などと話ながら先に進みます。

しばらくいくと利根大堰。
その手前で、不思議な集団に追い付きました。
老若男女自転車もさまざまな数十人の集団です(^o^;)
ナンだこりゃ?

と思いながら、細心の注意を払いながらパスすると
行田サイクルセンターに到着。



サイクルラックにトイレ、休憩所に、人懐っこい野良猫まで完備の素晴らしい施設です♪

特に猫は補給の素振りをすると足に抜毛をわっさり擦り付けてきますラブ
猫好きのかたは煮干しを持ってくると良いかも♪

猫に別れを告げ
右岸を進んでいくと、羽生の道の駅に出ます。
そして、道の駅の北にある昭和橋を渡って左岸に移動。
そのあとは一本道でたどり着けるとのこと。

道幅はあまり広くはないですが、舗装は割れや継ぎ目は少なくフラットで走りやすいです。

ただ、道路と鉄道をくぐる時の高低差が結構あり、緩やかだけど長めの坂になってました。

そんな交差の1つにこんなトンネルが



2m Σ( ̄□ ̄;)?

私の身長は180cm超え…頭ぶつかんないよね?
ちょっとドキドキなトンネルでした。

途中、デファイさんが
「ここからショートカット出来るんだよ」
と説明してくれました。



確かに近くなります。

しかし、今回は利根サイで行く企画なので、利根サイルートを選択することにしました。

すると






まるで、菜の花の壁です。
この菜の花ルートのさきに、
渡良瀬川と利根川の合流点があります。






思えば遠くに来たもんだ♪

ここまで来れば渡良瀬遊水地はすぐそこだ♪
だって、上の写真の航空写真に写ってるもの。

(つづく)



AD
サークル加入後二回目の走行会の案内が来ました。
3月19日、イチゴ狩りライドとのことでした。

しか~し!19日は仕事の予定が入っています。
( ´△`)
残念ですが、今回は不参加です。

18日の土曜なら予定はないのに(≧口≦)ノ

すると、サークル板で後藤隊長が
隊長地元の大間々でヒルクライムの練習をするというので、ご一緒させていただくことにしました♪
なんでも、先週職場の自転車仲間といったヒルクライム練習で押してしまったため、カセットを見直してリベンジしたいとのことで。
私も、turn師匠から『登りがダメ』認定証を頂いているので、それを返上するためにも練習しようと決意しました。


当日はとても良い天気♪

私の住む前橋からみどり市大間々町までの移動は、前々から気になっていた、上毛電鉄を利用してみることにしました。

上毛電鉄は前橋~桐生までを結ぶ路線で、
同じく前橋から桐生に行けるJR両毛線に比べると、赤城山沿いを走るルートをとるローカルな路線です。
目的地の大間々にもより近い駅があります♪

そしてなにより
平日は朝のラッシュ時以外、休日は終日がサイクルトレインとして、車内に自転車をそのまま持ち込みが出来るらしいのです♪

素晴らしい♪( ≧∀≦)ノ

輪行バックも輪行テクも持ち合わせていない私にはとても有りがたい話し♪

と言うことで、




中央前橋駅に到着。
可愛い駅員さんがお出迎えw




駅の構内は完全にバリアフリー♪
自転車もスイスイ押せます。

駅員さんに自転車をそのままのせられるか聞くと、

駅員さん「勿論、大丈夫よ♪ところで、どこまでいくの?往復?」

私「赤城駅までで往復になると思います。」

駅員さん「それなら、こんな切符があるわ♪往復で1000円以上になる区間なら、こっちの方がお得になるわ♪」





おぉ♪なんと、本日発売開始。ついてます。
早速、購入してホームに移動です。

程なく電車がやって来ました。




2両編成。
乗り込むと、見慣れない装置が?




なんか、バスみたいです。

のってみてわかったことは、この電車、無人駅が大半で、そのため、ワンマン運行で、バスのようなシステムになっているようでした。

そのため、無人駅では一番前のドアから降りる必要があります。

そのため、先頭車両は人の入れ替わりが有るため、自転車をのせる人は必ずしも後部車両に乗るように指示されます。

フム。面白いですね

そんなことを考えながら揺られていると目的地の赤城駅に到着です♪




さて、
後藤隊長との待ち合わせ場所に行くと、

参加表明をされていたユウさんがすでに来ていました♪はじめまして♪
なんと、FELT仲間(*^o^)/\(^-^*)

しかし、引き締まった体型をしており、バイクもTTタイプ。速そうです((( ;゚Д゚)))

この日は、
後藤隊長の職場の方達の練習に参加させていただく形なので、
私、後藤隊長、ユウさんの三名+後藤隊長の職場の自転車仲間三名で計6名での隊列です。

ルートは
県道334号線を林道入り口まで行くと言うものでした。

緩やかな登り基調で、路面の状態もよく。
何より天気が最高でした♪

梅の花が綺麗に咲いていましたし、
渡良瀬川の支流沿いを上っていくのですが、
水が透き通っていてとても綺麗でした。

ロードバイクって、景色の良さがダイレクトに伝わってくるのも魅力ですね

景色を堪能しながら、小平鍾乳洞を横目に進んでいくと、大杉の分かれ道に到着。
ここで小休止です。




ユウさんのFELTと♪

ここからは道が狭くなり、路面も少し悪くなりました。
そして、斜度がキツくなる箇所が二ヶ所くらいあるとのことでした。
上れるかドキドキです。




最後の上がり方がスゴいですw

この5%超斜面に挑んで行くに当たって、

以前turn師匠に教えていただいた、
 ①前よりに座る
 ②ケイデンスを高めに保つ

これを意識して上っていきました。
すると…

意外に行けるぞ!?

これが思い違いと言うか、失敗でした(^o^;)

はじめの坂をクリアして気が大きくなってしまい、そのあとの区間でペースを無駄にあげてしまったのです……

すると、そのあとのはじめよりも長い坂区間で足が鉛のように( ̄□ ̄;)!!

回らなくなってしまいました。

何時も通りのトロトロクライム( ノД`)…

ゼハァゼハァと

何とかゴールです。










なんか、最近Shealthの地図上の距離表示がおかしいです(^^;
ケイデンスを歩調と表記している辺りがGALAXYくんのお茶目なところw

まだ、先がありますが、ここから先は
林道で、石ころがゴロゴロしているとのことで、
ここがゴールとのことです。
などと話しているそばから、
林道の斜面からゴロゴロと石が転がり落ちてきているのを目撃。なるほど。


途中に調子こかなければ、最後まで回せたのかなぁ?
心拍管理出来るようにならなきゃ。

後藤隊長はヒルクライム専用機の7号機をリファインしての参戦でしたが、思ったほどの効果がなかったと嘆いておられました。

一休みして、下りです。

登りでは感じなかった路面の荒れが凄く怖い。

そんななかをユウさんに何とかついていく。

下りで自分の上ってきた道を再認識。

上りは好きにはなれないと思うけど、坂好きの気持ちがほんの少し分かったような?

さて、
お昼は小平鍾乳洞の食事処でとります。






サイクルラックや、自転車をくくりつけるような場所が有りません。
みんなの自転車を互いに巻き付けておきます。

こういうところが、まだまだですね、群馬県。

写真はとりませんでしたが、カレーうどんを頂きました。
美味しかったです。

その後売店でふかしたての田舎まんじゅうもゲット♪こちらもふっかふかで餡の甘さも丁度良く美味しかったです(*^-^)b

その後スタート地点に戻って解散。

ユウさんが近くにあるバイチャリ渡良瀬店に行ったことがないと言うことで、
常連らしい後藤隊長と三人で行くことに。

パーツを見ているとほしくなりますね(^o^;)

その後最寄りの上毛電鉄の無人駅から乗り込んで、無事帰宅。

たのしい1日でした♪




AD

ちょっと改修

テーマ:
昨日取り付けたジャイアントセンサー君。

ビニールテープのノリが大丈夫なのか気になったので、養生テープの黒を探してみたけど、
近くのホームセンターでは売ってませんでした。。(´д`lll)

そこで、少し考えてみて

チャリチャリーン♪

いくつか小物を購入♪




薄いゴムシートです🎵

そもそも結束バンドで締め付けているわけですから、粘着力は必要ないと考えてみて試してみました。

そして




ダイソーで買ったネオジウム磁石です。

これを左クランクのペダルの軸を受けているところにパチリ♪

ピッタリくっつきました。
剥がすことも考えて、透明のビニールテープを一枚挟んで貼りましたが、問題なさそうです♪

そして、




ケーブルのカバーです。
なにげにこれが一番高かったw

ワイヤーってハンドル切ると結構擦れるんですね。フレームのワイヤーと接している箇所は何時も白く擦れた跡がついていて気になっていたら、
こんな商品があったので衝動買いです。
これはケーブルはずさなくても装着できるタイプです。

が、

店員さんいわく、飛んでいきやすいので、テープを一巻きしておくことをお奨めします。
だそうです( ̄□ ̄;)

言われた通りにしておきましたw

じつは、このカバー?昨日ジャイアントストアでこの役割の商品を見つけて良いなぁ。と思っていたのです。

だけどジャイアントのはスパイラル状で色がパステルカラーのやつしか残っていなかったので、パスしたのでした。

黒だと地味かな?赤にすればよかったかな?

まぁ、良いや🎵
これで、傷がつかなくなれば良いなぁ。
AD