イラストで綴る日常

お仕事のこと趣味のことよしなしごと


テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

夏がやって参りました。

HDDが熱を帯びて 

何かと不穏な音を立てる

季節でもあります。

 

この熱に弱い精密機器は

使用年数が経つにつれ、

さらにフラジャイルになって……。

 

どうにかしないといかん!!

 

と思うだけで何にもしなかった自分。

 

そんな己が重い腰を上げました。

 

よし、外付けHDDの

データを移し替えよう!

(当方、PC内部ではなく

外付けHDDに保存データをいれてます)

 

と、思い立ったのは

今使っている外付けHDD(500GB)

いっぱいになったから。

それに、このHDD、時折マウントされなくなったりと

何やら調子の悪そうな様子が見え隠れしていたのです。

今の時代は1TB位の外付けHDDが

超お手頃価格で手に入ることだし、

よし!移し替えだっ!!

 

しかし、

そのためには長時間PCを動員しなくてはなりません。

それを、この夏の暑い中、やらなくてはならない!

叫び汗

 

使用年数の経ったPCの

フラジャイルな側面をご存知の方なら

この恐怖を分かっていただけるでしょうか。

 

長時間の作業を、PCに嫌な音を立てさせずに、

つまり絶対に中断せずに行わなくてはならない。

さてどうしよう。

 

それで思いつきました。

 

熱くなるところに

(ケーキなんかについてくる)

保冷剤を当てればいいのでは!?

保冷剤を直に当てると

極端な冷えにより、結露が生じて

内部を濡らしてしまう恐れがあります。

よって、中くらいの大きさの保冷剤を

キッチンクロス(茶碗などを拭く布)

で包むことにしました。

こうすれば保冷剤の冷気を長持ちさせつつ、

保冷剤の表面に生じた水分もきちんと吸い取ってくれます。

 

PCの放熱を促すために通気も確保するべく

小皿で底を浮かせました。

(ベトナムで買った調味料皿が小さくて便利でした)

 

PCの長時間作業の熱対策はこれでOK!

 

それでデータを移し替えるべく、

外付けHDDを2個、PCに繋いで

作業をスタートしました。

 

すると

いつもはうなり声を上げるPCが

今日は何の音も立てずに頑張っている

 

感動しつつ見守る自分。

 

しかし、

1時間30分が経過して後、

 

カチッ、カチッ……。

 

不吉な音が!

叫び汗

それは古い方の外付けHDDから聞こえる。

 

触ってみると、外付けHDDが熱々になっておりまして

それで慌てて、外付けHDDにも保冷剤を当てました。

すると、音は鳴り止んだ!

 

その後、各々のHDDたちは粛々と

移し替え作業に取り組み始めたのでした。

こうして、ほぼ3時間以上に渡った
データ移し替え作業は
無事、終了しました。
HDDたちはみんな静かに、
黙々とお仕事をしてくれました。


夏を如何に乗り切るか。
PCを使うときには大切なテーマでありましたが
保冷剤がとても有効なことが分かりました。

(その後のHDDたちの調子が

保冷剤を当てずともとてもよい♪

どうしてだろうか)

 

これは何としてでもデスクトップ型のPCにも応用したいものだ。
(こっちはさらに年代ものだし!)

と、野望を胸に
立ちそば食べに行ってきます!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

世の中が時代と共に

少しずつ変わっていくような

大きな流れを感じる……。

 

平凡な日々のなかで

それを実感した2つの事象がありました。

 

1つ目は先日、ユニクロで手にした冊子を手にした衝撃。

それはカタログではなくて「服のチカラ」という読み物。

ユニクロが「世界を良い方向に変えていく」

思いを込めて作ったことが
ものすごくよく伝わる内容だったのです。

18号で特集されているのは
シリア難民のアブデゥルさん。
戦火を逃れて必死の思いでドイツに辿り着き、
ドイツ語を覚えて
幸運にもユニクロの店員になれた、

そして今は店長を目指して頑張っているというお話。

(ちなみにアブドゥルさんのお店には3人の難民出身者がいる)

ユニクロの宣伝らしいものは出てこず
それでいて、ユニクロの考え方や
世界のムーブメントが感じられる内容になっており

移民、難民問題にはなるべく関わらないほうがいいと

思っていた心の冷たい自分に

新たなモノの見方を教えてくれたのでした。


正直言えば、

「ううう、

文章が、とてもいいし、

それに、なんと上手い編集なんだ」

 

確かにさ、ユニクロはかっこいいよ。

売る商品はお安くても高品質だし

接客はナイキのフラッグシップショップの店員さんみたいに

親切でクールだけどさ、

そして

「難民の未来は私たちの未来」

って、かっこよすぎるよね、

(表は素敵だけど裏はどーなってんのよ!)

 

……と、一瞬だけ斜めから見ようとしつつ、

 

いや、これはユニクロが本気で目指していることなんだ

 

と思えたのは

自分もユニクロの善意に触れる機会があったから。

3〜4年ほど前ですが、私は東日本大震災に係わる
草の根活動に参加しておりまして、
ちっぽけで少人数の我々の会は
活動費をキリスト教団体などからいただいて
何とかやりくりしていたのです。
そんな中、スポンサーが現れました。
それがユニクロ。

 

「あなたたちはとても良い事をされている。
ユニクロの名前は出さないで下さい。お金は出します」

 

とのことで、
ユニクロの援助によって当時の我々は
大いに助けられたのでした。

 

我々が普通に見ている以上の善意が、
実はあの組織にはあることを知っていた自分は
自分の経験を通して「服のチカラ」のチカラを
真っすぐに信じることができました。

 

 

時代と共に人のあり方は変わります。
奴隷貿易が当たり前だった時代、
黒人差別、有色人種差別が当たり前だった時代、
そういう垣根もなくなっていって、
今、我々は国境を隔てて起こる出来事や
己の生活のために人生を犠牲にしている人達にたいして
しらんぷりをする時代ではなくなってきている……。


きれいごとだと思われたことが
当たり前になる時代が繰り返されて
いま我々がここに立っていることを
「服のチカラ」を読んで気が付きました。
(ネットでも読めますが、お店で冊子をもらって見てもらいたい!)

 

 

 

もうひとつ、時代の変化を感じたのは

「てんや」で拡散された盲導犬と来店したお客さんのお話。

 

ネットで話題になってるよ、と知らされて

この顛末を知りました。

盲導犬を連れて来店された方に
てんやの店員さんがメニューを口頭で

全部説明しているのを横で見ていて
店員さんの応対に感心した人が

その様子をツイッターで呟いたところ、

それがものすごい勢いで拡散。

拡散した人達のツイートは

ネットニュースにもなっています。

こちら

 

このお話を知って思ったのは

 

現代人はネットの情報を精査し

真実を見分ける力を高めつつある

 

ということ。

 

 

当方、てんやさん(←お仕事気分になるとさん付けに 笑)

お仕事をしていたこともあり、(記事にイラストをかいていた)
あの組織の舞台裏なども見せて頂いた経験から

こちら↓

日経ビジネスオンライン

「てんや社長のめしばな奮闘記」
てんやがものすごく現場を、接客の心得を大切にしていること、

笑顔がお客さんを、働く人自身を

幸せにすることを知ったのでありました。

 

そして(連載には書かれていないけれど)

実は上質の食材で有名なところから素材を仕入れていたり
(それが先方の希望で名前を出せなかったり 涙)
保存料などを使わずに生ものを新鮮に保てるように

設備を整えることでそれを実現したりと、

より安全で美味しいものを提供するために

見えない部分で相当に尽力されているのを
目の当たりにした経験がありました。

 

ネットニュースには載らなかったひとたちの

ツイートなどを見てみると

 

「てんやの接客はいいぞ、飯はウマいぞ」

「てんやはどの店行ってもホッとするんだよね」

「てんやは、食材の原産地を明かしているくらい、会社理念がしっかりしているからなあ」

「てんやはホワイト企業だからな」(笑 ←同意します!)

 

てんやの内側も見せてもらった自分が驚くほどに

巷のひとたちがてんやという会社を

短い言葉の中で言い当てていて、

それゆえにこの出来事に共感しているのが

とてもよく感じられたのでありました。

 

かつては「一杯のかけそば」の作り話に踊らされた時代もありました。

東日本大震災ではデマとデマでない情報が見分けられなくなって

発信者と受け手が右往左往したこともありました。

 

そして今は、自分の経験と照らし合わせて

情報を受け取るようになってきている。

つまり我々はメディアや膨大な情報の中から

真実を精査する力を身につけつつあるのでした。

 

国境を超えて人を思いやるのが

当たり前になる時代がやってくるのかもしれません。

ハンディーキャップを持つひとたちとの新たな共存の仕方が

これから明らかになってくるのかもしれません。

(やはりそこは欧米の考え方が先んじているかも)


そんな変化が少しずつだけど押し寄せている。
時代や人の価値観が変わってゆく様を
自分や、他の人の反応を通して実感する
今日この頃なのでありました。

立ちそばを啜りながら
明るい未来の到来を願います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

このところ、お部屋掃除に精を出しております。

 

すると、しばらく見なかったモノたちが

あちこちから出てくる出てくる!

 

当方、自然療法的なものを見ると

試したくなる性分でありまして

そういうアイテムも、思わぬ所から出没。

 

漢方薬局で作ってもらった

煮出して作る葛根湯をはじめ(これはめっちゃ効く)

 

韓国出張の際に空港で買った

朝鮮人参エキス

韓国政府公認のお品で、

同じものを大韓航空のパイロットが買っていた。

ゆえにつられて購入したのですが

自分には効いているのかどうなのか、

イマイチピンとこない。

(高かったのになあ)

レッドブルを飲んだ方が、

ずっとパワーが漲るよ。自分には。

 

そして、もうひとつ出て来たのは

ホメオパシー(毒をもって毒を制する自然医療)のお薬。

フランス在住、アロマ精油の輸出のお仕事をしている

マリちゃんから大昔にもらったお品でした。

マリちゃんはアロマオイルのスペシャリストなのですが

ホメオパシーの勉強もしており、

当時アトピー気味で鼻水が止まらなかった私に

 

ぴったりのものがあるから使ってみて!

 

と、くれたものが、今出て来たのでありました。

 

アトビーに関して、

こちらのホメオパシーも含めて

いろいろ試しましたが

最終的にこの症状を治してくれたのは漢方。

地道に5年間、アトピーになった年数分飲み続けて

今はなんとか症状が出ない様になったのでした。

 

……ということで、

当時はあまり効いた感がなかったホメオパシーでしたが、

捨てるのももったいない!

それでこの古いお薬(10年以上経ってます 

一粒服用してみたのです。

 

で、翌日。

季節の変わり目でちょっとじくじくしていた鼻が
あれ、スースー通る。
もしやと思い、これをもう一粒舐めてみた。
すると、翌々日、鼻が疼くものの、その後は一気に好転!

過去の(効いた感のなかった)経験により、

効果を期待していなかった自分、
思わずパッケージを見直しました。

 allium cepa、とある。

検索すると玉ねぎが原料で、

鼻水がとまらないアレルギー体質の人用のお薬、とのこと。

 

これはまさに当時の自分が悩まされていた症状であり、

それに、ピンポイントに効いたことに驚いた!

(マリちゃんの処方も的確だったんだなあ!)

 

アトピーになる程に体が冷えていると

(自分は冷えからくるアトピー体質でした)

効きが悪いのかもしれませんが

ある程度の健康体なら、

ホメオパシーは有効なのかもしれません。

(このお薬、捨てるのはやめよう♪)

 

ホメオパシーのお薬により、

自然界のお薬は
体質や体調の変化で
使えるモノが違ってくるのを
実感したのでした。
 

いつしか朝鮮人参エキスの効能を

実感する日がくるかもしれませんね。

(これも捨てるの、やめようっと)

 

……自分がモノを捨てられない性質なのも実感汗

 

ところで当方、

立ちそば派になってから

あんまり太らなくなりました。

おそばも健康食ですからね。

どしどし食べたいもの。

 

……え、痩せてないだろ、ですか(汗)

 

そこはどうか、

大目に見てくださいまし。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。