イラストで綴る日常

お仕事のこと趣味のことよしなしごと


テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

先日、髪を切りました。

お願いしている美容師さんは

かれこれ15年以上のおつきあい。

カリスマで、複数店舗のオーナーさんです。

 

この世界の第一線をひた走り、

かつ緊張感を持ってお店の経営をされている方の

アーチスト的職人気質と

経営者としての視点で語る世の中の見方は、

独断と偏見に満ちていながらも

「なるほどそうか」

と思うところも多くて面白い。

 

で、その方が言うのです。

 

美容師:世の中はね、不景気の方がいいのよ。景気が良くなってもいいことなんて何にもないんだから。

 

エルマ:まさか、不景気がいいなんて!

それはちょっと同意できないぞ!と思っていたら

 

美容師:そりゃ金融とか不動産とかやってるひとは儲かるよ。だけど庶民はねー、景気がよくても何のメリットもないのよ。不景気の方が暮らしやすいんだから

 

景気が上り下がりすれば儲かるのが金融や株や不動産。反対に波がないと投機的な利益は出せない。だから彼等は景気を良くしたがる、良くするきっかけを作りたがるのだと、その方は主張する。

 

エルマ:だけど不景気がいいだなんて聞いた事がない!

 

美容師:吉野家の牛丼の値段なんてオレが東京に出て来たときよりも今の方がずっと安いんだからね。あの頃は何でも値段が高かった。で、今は食べ物も服も安いでしょ。暮らしやすい。

 

それに普通に働く人の給料はどんなに景気が良くなっても極端には動かないから庶民に景気は関係ないというのがこの方の考え。

美容師:東京オリンピックだってさ、いらないよ。儲かるのは不動産関係。それでさ、土地の値段が上がって困るのは庶民なんだから。

 

因みにこの美容師さんはお洒落な一戸建てを表参道付近にお持ちで、ベンツを数台所有。はっきり言って庶民ではない。

ですが、巷の消費者を相手に商売をし、大勢の美容師さんを正社員で雇っている、世間の空気を直に感じて舵取りをされている経営者。だから景気の波以上に土地の値上がり、ひいては家賃の上昇が商売に響くというお話には説得力があったのでした。

 

それを思うと不動産業とか株や為替取引って、

(うまくやると)うまみの多い商売なんだろうな。

 

ところで、

景気に左右されないのが立ちそば店。

そんなお話がこの本に載ってます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

「自分探しをする奴はアホだ」

 

という話を時々聞きます。

ですが、当方は自分探し肯定派。

人は好奇心を押さえきれなかったり、

自分の居場所はここじゃない!…と思ってみたりと

色んなきっかけで自分探しをしたくなる。

で、人生をリセットするべく

自分探しをするのです。(経験者)

 

ところで、そもそも自分探しって何?

(自分は自分じゃないか!)

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

当方にとっての自分探しとは

世間で言う、

敷かれたレールからはみ出る行為を

自ら進んで行うのが「自分探し」。

学歴とか、資格とか、組織とか、

そういうものから一旦外れて、

素の自分と向き合うための行動ではないかと。

 

そして、手っ取り早い自分探しの方法といえば、

ひとりで旅に出ること。

知らない人に出会ったり

ときにはハラハラするような体験をしたりすることで

自ずと自分の経験値が上がる(ような気がする)のが

旅から得られる自分探し体験の醍醐味ではないかと思います。

人生の中でそういった時間を持つのは

環境によっては簡単ではなくて、

先立つモノを用意したり、時間を作ったり

…それがときに一旦レールの上を外れて行動を起こさないと

実現できなかったりするのです。

 

で、当方の自分探し体験は…というと、

勤めていた会社をやめて

フランス語学留学&モロッコひとり旅をしたこと。

今から20年ちょっと前の話、

今のように(知り合いでもいない限り)情報が簡単に手に入らなくて、

現地に行ってどうにかするのが当たり前の時代でした。

 

実際、フランスも渡ってから決まったことも多く

(その辺りはフランスならでは、な部分もあったような)

モロッコ旅行もフランスに行ってから

 

「あ、チケットが安いなあ。行ってみたいなあ」

 

思いつきで決定しました。

 

そんな話をすると当方はとても旅慣れた、

勇ましい人のように思えるかもしれません。

しかし、実際は全く違ってまして、

ひとり旅デビューがまさにこの時が初めて。

そして、モロッコの文化や現実を知らないがための、

無知さ故の選択でありました。

何の準備もなく(ガイドらしいガイドも持たず)

ホテルの手配だけを済ませて

 

「どーにかなるや」

 

まるで国内を18きっぷで旅をするかのような

お気楽さで出発したのでした。

 

今分かること。

アラブ社会はやたらと旅行者にたかるし、ボるし、

男性上位で女を甘く見るし、

ましてやモロッコは人身売買も行われる国。

 

というわけで、何のコネクションもなく

無知で無防備な女なんて

トラブルに巻き込まれて、

モロッコの果ての空でのたれ死にしていても

全くおかしくはなかったのです。

 

幸いにも哀れな己を神様は見放さなかった。

ありがたい選択が与えられました。

 

たまたま飛行機で隣の席になったモロッコ人の女性が、

 

「女の子がひとりでモロッコ旅行なんて危ないわよ。ウチにくる?(帰りのフライトも一緒だし)もちろんあなたが良ければ、だけど」

 

と、心配して申し出てくれたのです。

こうして得られた(情熱の塊のような)モロッコ人家族との交流や経験は

何にも代え難いものでありました。

で、自分がここで学んだこと。

 

自分は無力な存在である。

そして準備なくして楽しい旅はなし!

 

という事実。

 

今の自分は旅行の前にはたとえ国内でも入念に下調べをして、

かつ現地で情報を得られる場所を確認(観光案内所など)

旅のプランをおおかた決めておいて、

その上で現場でプラン変更をするようになりました。

旅も、その方がずっと充実します。

 

…なーんだ。自分探しで得られるのはそんなつまらない経験か。

 

そう思われてもまあ、仕方ないかな、と思います。

 

人によって環境もスキルもいろいろで、

当方が持ち得なかったものが、

「自分探し」の先にあったということ。

それによって得られた経験を

自分はつまらないものだとは

全く思ってないのです。

 

もっとも、「自分探し」によって失うものの大きさが

人をとどまらせたり、踏み切らせたりする。

そしてあの頃の自分は失うものなんて、何にもなかった、

(だから冒険できたんだ)と思うのでありました。

 

ということで、

自分探しはどうぞ、自己責任で。

行動を起こすときは

自分の全人生をかけるくらいの気持ちで

踏み切って下さいまし。

 

それでですね、女性諸君。

小さな勇気で手に入る小さな自分探し、すなわち冒険があるのですよ。

それは、

立ちそば店の入店です。

私も最初はどきどきして入ったんですよ。

お薦めします!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

お知らせ!

東京FMの朝の番組、

「中西哲生のクロノス」のマンスリー企画、

「立ちそば歳時記」の放送は

11月21日(月)8:38分くらいからになります。

5分間で立ちそば店のこだわりの1杯を語るコーナーです。

よろしくお願い申し上げます!

 

秋たけなわですね!

夏の気配がすっかり過ぎ去って、

空高く、冬の足音が聞こえそうな

寒い日の空気もまた

凛として気持ちいいものです。

 

そんな目映い秋の日に、

なぜか物忘ればかりするのが、私。あせる

 

つい今しがたしようとしたことが思い出せずオロオロ。

ミーティングなんかでも、(脱線して)話しているうちに

 

「あれ?何話してるんだっけ!??」

 ↑

これ、よくあることなんですけど、

(それで開き直っているんですけど)

初対面の人とのミーティングでもそんな塩梅なのです。

 

この間は自転車の空気が抜けていたのにも拘らず

パンクしたのだと決めつけて

自転車屋さんに持っていって…。

なんなんでしょうか、

この思い込みの強さ。

 

だから、近頃よく報道される

高齢者のうっかり交通事故も、

人事だとは思えないのです。

 

アクセルとブレーキ。

よく右と左を言い間違えることは

(私以外の人にも)あると思いますが、

そのくらいに紛らわしい!!

 

もちろん、その間違いをうっかりで済ませてはならない。

銃同様に、とまでは言えないかもしれないけれど

車は立派な凶器。

しかし(地域によっては)車は生活必需品であるがゆえに

取り締まるわけにもいかないですし、

身体を動かしたり重い物が持てなくなる高齢者ほど

車はありがたい存在なのだろう

(規制するのも大変だ)と思う自分なのでありました。

 

ですが、このところとみに

高齢者のうっかり運転事故の報道が多い気がします。

…そして私も「うっかり」が多発!!

 

そういえば、まえも若年性認知症を疑ったブログを書いていたな。

こちら。

それがちょうど、2月の終わりごろのこと。

そのときは「ぼんやり&物忘れ」がテーマでありました。

 

春&夏は(そそっかしいのは元々だとして)

今ほどの「うっかり&物忘れ」は

なかった気もします。

 

そこで、自分なりに

「うっかり」現象について考えてみました。

 

 

まず、季節の変わり目を迎えると

何かと忙しくて

やりきれないことが出て来る!

(よって「うっかり」が頻発する)

 

仕事面でもそうでしょうが、

日常生活もこの時期ならではの

イベント事が多過ぎるのです。

衣替えに追われたり、

過ごしやすくなったがために

夏にできなかったことをしたり、

出かける機会も増えたりと、

やることがいっぱい。

脳みそが飽和状態になっているのではないかと。

 

そして、動物としての体バランスも、

冬に向けて変わろうとしている。

あと一歩で冬眠というこの季節は

人間だってエネルギーが

弱まっていくのではないだろうか。

そう考えて、それぞれの季節のモードを

思い浮かべてみました。

 

秋は「うっかり」

冬は「ぼんやり」

春は「うきうき」

夏は「いきいき」

 

この季節は活動的な夏から秋への

エネルギー醸成力の変化(省エネモード)

自分がついていけてないのだろう。

 

そう思うことで

「うっかり」を季節のせいにして

納得しようとする自分なのでした。

 

そしてもうすぐ「ぼんやり」が支配する

冬がやってくるからこころして行かないと!

(だから物忘れがあっても季節のせい←超、言い訳)

 

「うっかり」ばかりの自分ですが、

日常を変わりなく過ごそうとする人のそばにいると、

いつもの緊張感が取り戻せそうな気がして安心します。

 

…ということで、立ちそば店で、

美味しく気持ちを引き締めてきます!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。