イラストで綴る日常

お仕事のこと趣味のことよしなしごと


テーマ:
こんにちは、イトウエルマです。

立ちそばファンのみなさまにお知らせ!
2月20日より、江戸時代より続く
日本橋の鰹節問屋さん直営の、
ダシが自慢の立ちそば店
「そばよし」の3店舗目が
京橋に再オープンします!

再オープンですが、場所はちょこっと移動してます。
新住所はこちら→中央区京橋2−18−11 北見ビル1F
営業時間は7:30〜15:00土日祝お休み
(本店とは異なります。本店は7:30〜20:00

さて、この週末の18日は
「そばよし」京橋店のプレオープンがありました。
これは行かないと!
(社長さんにもご挨拶したい!!)

「そばよし」の社長さんとは、
当方が日経ビジネスオンラインで
立ちそば店の潜入企画「ワンコインぶる〜す」をやっていたときに
お目にかかったのが最初。
隠密の立場にもかかわらず、
社長さんに(怪しい奴だと)声を掛けられたのをいいことに、
直に聞き込みをするという
どあほな真似をしてました(汗)
怪しいと思いつつもそこは江戸っ子の器量で
どんな質問にも気持ちよく答えて下さった。

詳しいお話はこちらにも!
 
社長さんにその後、
dancyuの取材で改めてご挨拶できまして、
なんだかんだで今に至るのでした。


さて、濃厚お出しに江戸前の細麺を自家製麺で、
さらには茹でたて出す立ちそばの超人気店の「そばよし」ですから、
当然、社長さんはこれまでTV出演の機会がありました。
その際のこだわりはというと、
自分の普段の仕事着でTVに出る、ということなのだとか。
社長さんは鰹節のお仕事がメイン。
だから取材のときだけ臨場感を出すために
はっぴを着るのは違うと思っていると
以前伺いました。


しかし世の中は人手不足。
「そばよし」も例外ではありません。
アルバイトが突然休んだり、シフトがうまく機能しなくて
社長さんが神谷町店の厨房に入っていることも少なくない
今日この頃であります。
京橋店のプレオープンの立会いも当然、はっぴでお仕事。


ところではっぴを着ると男の人って、
ぐっと男前になるんですよね。
そんなことをそば打ちの男性方を見て思っていました。
みなさんかなりお年の方たちばかりなんですけど、
はっぴを着ていると清々しくキリッとして見えるのですよ。
(はっぴを脱ぐとガッカリする…なんて言っちゃいけないか)


ま、そんな当方の心の内はともかくも、
みなさまに、お願いです。
「そばよし」の存続のためにも
お手すきな方が周りにいらっしゃいましたら、どうか
いいアルバイト先があるよ!…と
お知らせ下さいませんか。
外国の方でも大丈夫ですよ。
詳細&ご連絡先はこちらに!
よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、イトウエルマです。

旅行の前になると奥歯が痛くなります。

「ひょっとすると、歯と旅行には因果関係があるかもしれない!」
…なんてことを歯医者さんの友人に言いましたら

「それはあなたが旅行計画にのめり込みすぎて歯磨きがおろそかになっているだけ。磨けば痛みはなくなります(ピシッ)

と、言われたことがありました汗
(お見通しですね。一緒に旅行しただけのことはある)

つまり、すこしでも歯磨きを怠ると歯は炎症を起こすのです。

歯は一生の宝物ですが、
怠け者は何とか歯磨き回数を少なくして
健康な歯を保つ方法はないかと考えるのであります。

それで自分の歯を使って臨床実験をときどきやっております。

例えば「重曹で歯磨き」。
文字通り、重曹を歯ブラシにつけて磨くのですが、
ポイントは重曹の化学反応の力を最大限に活用するため、
歯に万遍なく重曹を行き渡らせたら、少しそのままにしておき、
溶けたところでブラッシングをする、というもの。

これがさっぱりして、案外よかったのですが、
口の中がしょっぱくなって唾液が出て来て、
呑み込んでしまいそうになるのが難点でした。

ある日、それに匹敵する発見をしました。
それはめかぶを食べてしばらく経って、
気がついたのです。

あ!歯がぬめぬめしない!!


その後検索すると
ミルという海藻のレクチノーラルという成分が
歯周病に有効…みたいなことが書いてあったのです。

きっとめかぶもいいんじゃないのだろうか。
それからというもの、めかぶの食べ方をいろいろ試して
口の中の状況を自分なりに量っておりました。

それで分かったこと。

めかぶは決して万能ではなかったのです(涙)
粉もの炭水化物や甘いものが歯に付着するのを
撥ね除けるくらいにたっぷり食べないと
効果を実感はできないのでした。

ひょっとすると、
あのめかぶの水溶性のぬらぬらが
歯をコーティングしてたのかもしれない。

それで、素晴らしい方法を思いつきました。

それは「水含みはみがき」

口いっぱいに水を含み、
歯ブラシを口から水がこぼれないようにして入れて、
ざーっとごしごしする、というもの。

これが、びっくりするほど
歯の粘り着きを発生させないのですよ。

洗車も食洗機も水をかけながら、が基本。
粘りのある汚れにはこの方法が
いいのかもしれないです。

普通に歯磨きするよりも
ずっと時間がかからず、
効果が実感できますよ。

ところで歯ブラシだけでない、
忙しいときには何でも
さくっと済ませたいものですね。

食事に十分時間がとれないときもあります。
そんなときに立ちそば、重宝してます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、イトウエルマです。

昔、会社員時代のことですが、
社長に呼び出しを食らう
お決まりの場所がありました。
(内容はお願いごとか、おこごと 涙)

それが、
ワインバーのオヒョイズ。
藤村俊二さんが経営するお店でした。

初めてオヒョイズに行ったときのことは忘れません。

あるとき、
上司からオヒョイズに行くよう指示がありました。
場所は知っていました。
オヒョイズは社長行きつけの店で、会社の近所でしたから。

それで、ひとりカウンターで
社長を待っていました。

華やかな服装のお客さんたちの中で、
外回りのお仕事ではない自分は普段着そのもので、
何とも場違いな感じでした。

おひょいさんは地方に泊まりで出かけるようなことがない限り、
必ずお店に顔を出して、お客さんひとりひとりに声をかけられます。

そしておひょいさんが自分のところにいらした。

このとき当方は焦って、慌てふためいて、
何を話したのか覚えていません。
そういう哀れな仔羊を前に、
藤村さんはこの瞬間を中身のある時間にして下さいました。

藤村さん:ボクはね、運がよかったんだよ。世の中はね、実力だけじゃないんだ。


イトウ:え、運なんですか!?

実は当方、運という考え方に懐疑的な人間でありました。
そりゃ、たまたま流れ弾に当たった、みたいなのは
運が悪いという言葉がぴったりだと思います。
他に、自分にどうすることも出来ない要素なら、
タイミングもあると思います。

だけど、そのタイミングさえも
自分の側に持って来れるのが力のある人であり、
つまりそれが実力ではないのだろうかと
思っていました。

ですが、藤村さんは言うのです。

藤村さん:ボクよりも実力のある人、努力をしてきた人を今までいっぱい見て来た。だけど、その人たちが評価されるか、成功するかといったら……。それはね、運がなかったとしか言えない。世の中はね、運なんだよ。

その都度新しいアイデアでご自身を切り開いて
成功を収めていらっしゃる方の出した結論が

「運があるか、ないか」

というお話は、ショックでした。

その後、オヒョイズに行く機会も増えました。
そこでは社長との胃の痛くなるような
話し合いが繰り広げられるのですが、
ひょいっと顔を出して下さって
藤村さんがお話下さる時間が
清涼剤や栄養剤みたいな癒しでありました。

今でもおひょいさんの「運」の話を噛みしめて、
考えています。

目の前のおひょいさんは
いつでも余裕のある優しくてお洒落な方でしたが、
実はどんな瞬間も、
清水の舞台から飛び降りるような挑戦を続けていらした。
それゆえの、運、だったんだろうなーと。
そして自分は運を賭けるほどに何かに挑戦していない、
真剣さが足りないのではないのだろうかと。

だから運の存在を実感してこれなかったのでしょう。

訃報のお知らせをニュースで知って、
素敵な方がお隠れになったことを
寂しく思っております。

TVでご長男の亜実さんがお話されてました。
お変わりなくて、嬉しかったです。
そして、お父様に寄り添われて
過ごされたことを知り
ほっとした気持ちでおります。

藤村俊二さんのご冥福をお祈り申し上げます

そして、藤村さんのお話下さったことを
これからも思い出して、考えていきます。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。