イラストで綴る日常

お仕事のこと趣味のことよしなしごと


テーマ:
こんにちは、イトウエルマです。
まずはお知らせ!

TBSラジオ「荒川強啓のデイ・キャッチ」
立ちそば愛好家として出演します。
放送日は7月28日木曜日。
コラムコーナーの「ニュースクリップ」で
当方の登場時間は大体17時5分前後からになります。

前半が東京ローカル、後半は全国ネット…という構成。
よろしくお願い申し上げます!

それから、
当方の月末立ちそばコーナー
東京FM「中西哲生のクロノス」の「立ちそば歳時記」ですが、
7月は月末ではなく8月1日のお届けになります。
朝の8時38分頃から。
こちらもどうぞよしなに!!!

緊張しいですが、精一杯おしゃべりしてます。
お聞き苦しいところ、あるかもしれません。
ですが、素人が必死でやってます。
どうか温かくお見守り下さいませ。


************

さて、仕事が込んでくると
当方は家に籠りっきりになります。
で、夏はですね、
こういう人のそばに蚊がやってくるのですよ。
肌の露出が多く、何かに没頭したままじっとしている。
どう考えても格好の餌食!

しかもです、私はとっても刺されやすいのです。
全人生で、自分より刺されやすい人に出会ったことがありまして、
その時に夏の野外で刺されないという極楽を味わいました。
(そうか、今まで自分が他の人の分も吸われていたのか!!!)

そんな己でありますから、
蚊を仕留める能力もまあ、
人並み以上ではないかと思っております。
蚊は常に当方を狙ってやってきますし、
そこで逃した蚊は、どっかの誰かを刺すことはない、
必ず己を刺しにくるのです。
こちらも真剣にならざるを得ない。

で、シーズンの始めだと
人慣れしていない蚊は動きが無防備で、
アホみたいにやられてしまうのがほとんどだったりします。
それが!
シーズン終わりの強者どころか
未だかつてないシャープな動きをする蚊が
シーズン突入前に現れたのです。
今日はそいつの話をさせて下さい。

ある日、目の端に蚊の姿を捉えた自分。
そいつは茶色い、平凡なタイプの蚊でありました。
(フフフ、こんな子、直ぐに始末してやるわ!キラキラ
そこで、

パチン!ドンッ
両手を挟み合わせたのですが
生憎逃した模様。

もちろん、ここであきらめないのが肝心ですから
さあ、もう一発目で仕留めるわよ!!と、
体勢を立て直して蚊を見る。

すると無風の中、まるで風を捉えたかのようなスピードで
真っすぐに彼方へと飛んで行った!


メッサーシュミット!

当方ミリオタでないので、飛行機のことは全く分からないのですが
なぜかメッサーシュミットの文字がアタマに浮かびました。
きっと、ムダのない美しい加速と
状況の見極め方が自分の中のドイツと重なったのではないかと思われます。
…と、その程度のいい加減なイメージでお話してますが、
それほどにメッサーシュミットは
根性論で粘り勝ちを狙う他の蚊とは全く違う
エレガントな動きをしておりました。

以後、自分はメッサーシュミットの餌場とされたようで、
気が付くと刺されているように。

もちろん、こちらだって何の防御策も敷かずに
いたわけではありません。

液体ベープというかキンチョウリキッドというか、
あの類いのものを距離にして30cmのところに
置きまして蚊避け対策を図っておりました。

しかし!
それでもメッサーシュミットは現れる!!


液体の量を何度も確かめましたよ。
たっぷり入っていた(涙)


奴は現れる度、氷上を滑るような滑らかな加速で
目の前から消え去るのでした。

そんな、蚊にやられっぱなしの当方を見ていたダンナがある日、
渦巻き型の蚊取り線香を取り出した!


渦巻きの古典的な蚊取り線香は強力だけど、
煙いし匂いがなあ…。

しかしダンナは躊躇することなく
蚊取り線香に火をつけた。

その日、メッサーシュミットは現れませんでした。

翌日も蚊取り線香を焚いたダンナ。
自分も、煙に慣れまして
寝る前には蚊取り線香を焚くようになりました。

ある昼下がり、
本原稿に色塗りをしている作業の最中、
目の前に蚊が現れた。

ひとまず筆を置く。
手袋をはめたまま、
(紙に手の脂がつくと絵の具をはじくので、
指先を切った手袋をします。漫画家の先生の真似です)


パフン!ドンッ
両手を合わせた。

自分としてはキレのない動きでしたが、
手袋には蚊が貼り付いてました。

茶色い奴。それもちょっと黄色味がかった浅い色合い。
これは何度も逃し続けた
メッサーシュミットに間違いありません。

血は吸っていなかった模様。
血液の入らない身軽さであるのにも拘らず、
メッサーシュミットがこれほど簡単にやられてしまうとは。
確かに手袋だと成功率は高まる。
素手だと手のひらのすき間に入ったりして
捉え損ねることもあるからです。
だけど、普段のメッサーシュミットなら
そんなギリギリの戦いを迫られることもなかったはず。
あの俊敏さと加速は人の動きを常に先回りするからです。

メッサーシュミットは満身創痍だったのでしょう。
当方に近寄ろうとするも
蚊取り線香のせいで適わず
漂う煙のせいですっかり弱ってしまっていた。

蚊の亡骸に物悲しさを覚え、
ぢっと手をみる自分でありました。

一方で、当方はその後、何にも邪魔されることもなく
締め切り等を済ませることができました。

さて、一山超えたら
心置きなく朝から立ちそば店にも出かけられます!
朝はお昼間みたいな混雑はないので
思いの外ゆったり頂けるんですよ。
立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界 / イトウエルマ 【単行本】
¥1,296
楽天







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、イトウエルマです。

まずお知らせ!
東京FM「中西哲生のクロノス」の中の
貴重な5分間を頂いてお送りしております
毎月末の当方のコーナー「立ちそば歳時記」、
今月は一週間先送りになりまして
8月1日になります。


25日の月曜朝に
「あれ?なくなっちゃったの、あのコーナー汗

いえいえ、
大丈夫です、ちゃんとあります、
(どうぞご安心を〜)
というのをお伝えしたかったのでした
音譜

さて、このところ、
「立ちそば歳時記」出演後は
コーナーが番組の終わり近くにあったこともあって、
クロノスのパーソナリティーの
高橋万里恵さん(以下マリエさん)が
なんと、立ちそば店に一緒に行って下さるという
ものすごく豪華なコースが組まれております。

マリエさんは当方のコーナーでお話を聞いて下さって
それまでにおそばに興味がなかったのが、

「食べてみようかなドキドキ

と、興味を持って下さるようになりました。
そうして実現した立ちそば店訪問で、
マリエさんはとっても美味しく召し上がって下さったんですよ。

さらに!

マリエ:エルマさんと立ちそば店をご一緒してから、プライベートでもおそばを食べに行く様になったんですよっラブラブ

ですって音譜

うどん派だったんです、マリエさん。やった(涙)


で、マリエさんは天ぷらとか鴨南とか、
ボリュームのある種物が大好き!



マリエさん、前もお話しましたとおり、めっちゃ食べる。
それも、男子もびっくりするくらいで、放送作家さんが

僕がマリエちゃん並に食べてたら、もっと太ってます叫び

…お分かりの通り、
マリエさん、めっちゃスリムなんですよ。

そんなマリエさんの恐れていることは、やはり…

マリエ:いつか食べたら食べた分だけ太る日がやってきたらどうしよう〜っあせる

…どうなるんでしょうねえ。

自分としては、モリモリ食べ続けてスリムなまんまの
マリエさんを見続けていたいです。

ところで、マリエさんの覚悟は固まっていて、

マリエ:デブになってもいいから食べたいものを食べ続ける!
(それ、事務所的にいいのだろうか!?汗

もしもですよ、そんな日がやって来たとして、
マリエさんに強くお薦めしたいのは、
キラキラおそばです。

おそばのでんぷん質は米や麦に比べてずっと血糖値が上がりにくい。
健康食で、ダイエットに最適な食事なんですよ。

お手頃におそばの頂ける立ちそば店の魅力が
この本に書いてあります!
立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界 / イトウエルマ 【単行本】
¥1,296
楽天








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、イトウエルマです。

7月1日は日テレの朝の情報番組、
「スッキリ!」で、
立ちそばのお店のご紹介をさせていただきました。

なんと、スッキリ!!のプロデューサーさんが
当方のラジオのコーナー
東京FMの朝の番組
「中西哲生のクロノス」の月末企画、
「立ちそば歳時記」を聞いて下さって、
この度の出演が決定!


さて、当方のお役目はというと、
お店の選定に加えて、
「ここが、本日のお店です~」
とか
「このメニューがおすすめです!」
など、おそばのプレゼンをする係。

コーナーを盛り上げて下さるタレントさんは、
豪華ですよっ、スピードワゴンの小沢一敬さんと、
小島奈津子さん(なっちゃん)

(大御所が二人も参加して下さるなんて、
スッキリ!!、気合い、入れて下さってるなあ。
立ちそば企画、すごいぞっ!)


そして、スッキリ!!の岩本乃蒼アナが進行係としてスタンバイ。
この強力な布陣ならどんな素人が投げ込まれたとしても
面白くならないはずがないのです。

…とはいえ、当方は上がり症なのですよ。
カメラが回ると緊張してしまう。
さらにはひとみしりなところもありまして、
不器用な感じがそこかしこに出てしまう(汗)

…と、ドキドキして収録に臨みました。
果して、立ちそば店めぐりはとても楽しかった!

まず、小沢さんが、めっちゃ可笑しいんです。音譜
緊張する私に、カメラの回っていないところでは
リラックスするような冗談を言って下さったり
カメラが回っているところでは、場が和むような面白いお話の連続!!



クラスにいるよね、何を言っても面白く聞こえる、
距離を感じさせない方。
間が可笑しいし、ぶっとんだ話をしても面白い。
ですが!収録での、笑いてんこ盛りの世界が、
実際のオンエアではほんの一部しか使われていないのですよ。
ああもったいない。だけどおそばのご紹介もしないと
番組にならないですよね。
ああ、これが1時間コーナーだったらなあ。
(というか、そもそも立ちそばのご紹介コーナーだろっ!!)
小沢さん、面白いだけじゃなくて、お店の方やスタッフの方たちにも
思いやりの言葉が常に出て来る人でした。
表裏のない、気遣いの人。

小沢さんの、(そしてイトウのすっとんきょうな)
いつ飛んで来るかわからない球をしっかりキャッチ。
楽しいトークにして返すのが、なっちゃん。

女性らしさもさることながら、親しみやすい!
素人の扱いがうまい。敷居ををとっぱらって、
何を話していても楽しい気分にさせて下さる。
まとまりそうにない話も、きちんと収める!

すごいね、なっちゃん。プロだね。キラキラ

そして、我々のトークの邪魔をせずに、
自然に番組に必要な流れに持って行く係が
アナウンサー2年目の岩本乃蒼さん。
アナウンサー世界の大御所、
なっちゃん先輩の前で、この場を仕切らなくてはならない。あせる


ところで、
岩本アナの、先輩を前にする必死さから出てきた
初々しさ伴う素の表情が、
実はこの立ちそばご紹介での見所のひとつにもなっていたという…。

盤石の布陣が組まれていたことに、
収録を見て、改めて思わされました。

ということで、楽しい番組作りというのは
コンセプトとか内容を突き詰めたり…も大切なのですが、
出演者さんのポテンシャル(面白さとか話題性)はものすごく重要で、
現場の醸し出すムードは見る人を和ませる。
さらには、人を組み合わせて生まれる化学反応も、
とても大事なのだということを
編集されたオンエアで知ったのでした。

素人だな。そんなのじょーしきだろ、
…って思いますか!?
だって私はテレビの人ではないんです。
知らないことがいっぱい!あせる

で、立ちそばについては
エキスパート的に扱われることもあるけれど、
世の男性方から比べれば、
まだまだ新鮮な世界なのですよ。
いろんなお店があるし、
行く度に発見がある。
そして美味しいのです。
(しかもお手頃!!!)

そんなお話をこちらで。
立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界 / イトウエルマ 【単行本】
¥1,296
楽天

番組でご紹介下さった、当方のイラストのお仕事、
載っているのは
こちらです!!
旅の手帖 2016年6月号[本/雑誌] (雑誌) / 交通新聞社
¥596
楽天



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。