これからのキャリア&ビジネス書

元アマゾンのカリスマバイヤーで、現在は人気メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。NHKラジオ「入門ビジネス英語」の連載や「ラジオNIKKEI」でも活躍中の土井英司が、これからのキャリア&読むべきビジネス書を指南。


テーマ:

こんにちは、土井英司です。

 

ひさびさの更新。それもなぜかサルディニア島からです。

 

というのは、長年憧れていたホテルに泊まり、きれいな海を見ているうちに、ふとある考えが浮かんだからです。

 

それは、「浦島太郎は、40代のために書かれたのではないか」という仮説。

 

どういうつながりがあるのかわかりにくいと思うので、順を追って説明しますね。

 

先日、ご招待いただいて参加した、ベストセラー作家・本田健さんのセミナーで、本田さんがこんなことをおっしゃっていました。

 

「僕は今、自分が小さい頃に見た夢のなかを生きています」

 

この話を聞いた時、自分も「ああ、今自分は夢のなかを生きているのか」と、

妙に腑に落ちたことを覚えています。

 

素晴らしいですよね。

20代、30代を頑張った人には、40代以降に夢を楽しむ権利と時間が与えられるのです。

 

このことをウォーレン・バフェットの言葉を使って説明しましょう。

 

「成功とは望むものを手に入れることで、幸福とはそれを楽しむことだ」

Success is getting what you want, happiness is wanting what you get."


つまり、人生は手に入れるのが半分で、楽しむのが残りの半分なのです。

 

ところが、欲しいものを手に入れるために必要な資質であった勤勉や倹約は、人生を楽しむのに邪魔になることがあります。

 

バフェットが最初の奥さんと上手く行かなくなったのも、それが理由でした。

 

だから、手に入れた人には、それを心ゆくまで楽しむことをおすすめしたい。

 

ただ、土井が今日申し上げたいのは、その先の話です。

 

心ゆくまで楽しんだ後は、どうするのか? という話です。

 

哲人皇帝マルクス・アウレリウスが『自省録』のなかでこんなことを述べていました。

 

「円形闘技場やその類いの場所において演じられるものは、いつも同じ見せ物であり、同じ類いのものが見物を退屈なものとしているがゆえに、おまえを不快にする。まさにそれと同じような目におまえは人生全般においても遭うのである」

 

これを読んで、長年の疑問が解決されたのです。

 

「なぜ金持ちが読む雑誌には、旅の情報や高級品、グルメ情報ばかりが載っているのか?」

 

つまり、彼らは退屈なのです。

 

退屈で仕方がなくて次の刺激を求めるが、それも満たされてしまい、また次の刺激を求めてしまう……。

 

これがずっと続いたら、どうなってしまうのか?

 

人生が無為なものに感じられてしまうんですよね。

 

だからこそ、「人生こそ最大のエンターテインメント」という考え方へのシフトが必要になる。

 

だからエリエスには、出版にチャレンジしようとする人が絶えないのかもしれません。

 

で、やっとここで浦島太郎のお話です。

 

みなさんご存知の通り、浦島太郎はとても真面目な青年でした。

 

ある時、亀がいじめられているのを見た浦島太郎は、いじめられっ子たちと交渉し、亀を助けてやります。

 

そのお礼に、竜宮城に招待を受けるのです。

 

今日の前半の話とくっつけると、要するに浦島太郎は成功するのに必要な条件を満たしていた青年で、それゆえに成功した。そして、人生を楽しむチャンスを手に入れたのです。

 

ただ、楽しんだ時間が長かった。

 

もっと早く戻って来られたら、彼は竜宮城で英気を養い、もう一度人生を生き直すチャンスがあったでしょうし、世の中の流れからも取り残されずに済んだでしょう。

 

でも、彼は長く居すぎた上に、俗世に帰ってみたら、あまりに世の中が変わり過ぎていたため、不安になってつい玉手箱を空けてしまった。

 

そして、玉手箱を空けてみて、こう言われてしまったのです。

 

「あなたは年をとり過ぎました」

 

40代は、人生を楽しむことのできる、素晴らしい時間です。

でも同時に、「もう一度生き直せる」タイミングでもあるのです。

 

だから、こう思うのです。

 

「浦島太郎は、40代のために書かれた」と。

 

もちろん、成功にも健康状態・意欲にも個人差がありますから、これを「50代」「60代」と読み換えていただいても構いません。

 

ただ、人生の残り時間を考えた時、楽しむのはほどほどにしておいた方がいい。そして生き直すにはタイミングがある、ということを申し上げたいのです。

 

土井は、今年で42歳になりました。

今から新たなことに挑戦すれば、あと20年はまた成功と幸福を楽しむことができます。

 

そして願わくば、62歳になった時、まだ生き直す気概と寿命が自分に残っていますことを。

 

みなさまの人生が豊かなものになるよう、お祈りしています。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

緊急告知!!100名限定! 激レア!
何とあの経沢香保子さんと土井の対談セミナーが決定しました!!

ご存知、経沢さんといえば、トレンダーズ、女性起業塾などで名を上げ、
女性最年少で東証マザーズ上場(2012年当時)を実現した人物。

トレンダーズを去った後は、オンラインベビーシッターサービスで
2度目の起業を実現しています。

今回、経沢さんの最新刊『すべての女は、自由である。』に感動し
た土井が、無理を承知でお願いしたところ、奇跡の登壇が決定!!

ご了解を得て、対談形式で、仕事や起業、人生について、大胆に語
っていただくことになりました。

※参考:『すべての女は、自由である。』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478068623/businessbookm-22/ref=nosim

デキる人になる方法、起業で成功する方法、人脈作りの秘訣、マー
ケティング、情報発信の極意…。聞きたいことは山ほどあります。

今回は、あらゆるトピックを網羅しつつ、大テーマを「大胆に生き
る技術」として、お話いただくことになりました。

◆詳細・お申し込みはこちらから
6/1(水)経沢香保子×土井英司「大胆に生きる技術」
https://eliesbook.co.jp/archives/5101

社員たった20名の創業期の楽天にジョインし、26歳で起業、上場
に成功、何度かの離婚、2度目の起業…。

大胆な挑戦を連発し続ける経沢さんの生きる姿勢に、土井がザクザ
ク切り込みます!!

ひさびさに気合いが入っています。

一度きりの人生、後悔したくない人は、ぜひご参加ください!!

なお、ご参加いただけるのはわずか100名。
お申し込みの締切は、5月30日(月)です。

◆詳細・お申し込みはこちらから
6/1(水)経沢香保子×土井英司「大胆に生きる技術」
https://eliesbook.co.jp/archives/5101

みなさまのご参加、心からお待ちしています!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

今日は、人脈についてお話します。

自己啓発書でよく言われる、「まず与えなさい」という言葉。最近では、「GIVE & TAKE」ではなく「GIVE & GIVE」なんて言葉も使われるようになりました。

ここで、若い時分であれば、「そんなに与えてばかりいたらお金がなくなっちゃうじゃないか!」と考えてしまいがちですが、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

まず、与えるものはお金でなくてもいいわけですから、必ずしもお金は減りません。それと、確かに自分一人、相手一人で見た場合「GIVE & TAKE」になっていなくても、自分が生きるエコシステム全体を見たら、じつは「GIVE & TAKE」になっている場合が多いんです。

たとえば、あなたがマッサージ師で、友人をタダでマッサージしてあげたとしましょう。本当に上手であれば、友人は別の友人にあなたのことを推薦するはずです。そして、友人の友人があなたのサロンにお客として来てお金を払う。ただ残念なことに、この方がもともと友人の紹介で来ていることは、相手が言わない限り、あるいはあなたが尋ねない限り、わからないのです。

また、「GIVE & TAKE」には、タイムラグが伴うということも忘れてはいけません。
たとえば、上記の友人が友人を紹介するのは、友人が肩が凝って困ると打ち明けた時かもしれません。それが何年後起こるかはわからないのです。

だから、人脈を得ることの効果、与えることの効果は、長い目で見ることが肝心です。どれぐらい長いスパンで見るかというと、土井の場合、10年~20年です。

「そんなに待てないよ!」という方、待ってください。

変な話ですが、待てないという方に共通しているのは、与える「絶対量」が足りないことなのです。

早稲田大学ビジネススクール教授の山田英夫先生が紹介していた、スターマイカのビジネスモデルを例にお話しましょう。

スターマイカは、「オーナーチェンジ」物件に特化した不動産会社です。通常、オーナーチェンジ物件というのは、賃借人が退居するまでは転売が難しく、資金が寝てしまうということで、敬遠されることが多いのですが、同社はこれを逆手に取りました。

いつ賃借人が出るかわからない中古物件を大量に買い、賃借人が退去し次第リフォームして高値で売るビジネスモデルを作ったのです。

これにより、同社は賃借人がいる間は家賃収入を得、退去後は売却益を得られるようになりました。

それぞれの賃借人がいつ退居するかはわかりませんが、大量に買えば、どれかは退去して売却益が得られる。これって人脈にも当てはまるんです。

どの人がいつお返ししてくれるかわかりませんが、大量に与えておけば、誰かはお返ししてくれる。大切なのは、与えておく人間のプールを大きくしておくことなのです。

ダンバー数によると、人が抱えられる友人の数はMAX150人だそうですが、これでは人間は豊かになることはできません。もっと数千、数万の単位で人に与えることで、いつでも収穫できる仕組みが出来上がるのです。

だから一番簡単なのは、利害を考えずにまず与え続けること。
ただし、本業に関して、無料奉仕し過ぎると相場を崩したりナメられたりするので、
そこは一定の線を引いたほうがいいかもしれません。

以上、土井の人脈論でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

今日は「武器は取り替えよう」というテーマでお話をします。

ドラゴンクエストに「こんぼう」という武器がありますよね?

そう、初期のレベルの主人公が使う、ごくごく普通の武器です。
ご存知の通り、ゲームではこのような初期の武器から始まり、武器を次々と変えて行く。
それに従って主人公は強くなり、倒せる敵のレベルも上がっていくわけです。

この「武器を取り替える」というシンプルな行動、意外とできていないですよね。

若い頃、学んだ知識のまま、アップデートせずに活動していたり、
大学時代に学んだ古い経営学を使って経営判断をしていたり。

ちなみに、昔地理を学んで、いまも「カカオの生産量はガーナが世界一」と
思っている人は、武器のアップデートができていない方です。
(いまはコートジボワールがトップ、ガーナが2位、インドネシアが3位です)

では、いまアップデートすべき武器とは何か?

大前研一さんもおっしゃっていましたが、IT、英語、ファイナンスだと思います。

ちなみに今日は、デザイナーの方に最新の開発ツールを見せていただきましたが、
今はこんなふうになっているんだと、本気で驚きました。

「武器を取り替える」。

シンプルなアイデアですが、いつも心に留めておきたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

コンビニ全盛時代を築いた、セブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO、
鈴木敏文さんがついに退任という衝撃ニュースが流れました。

この機会に、鈴木敏文さんからビジネスセンスを学べるクールな一冊を読んでおきましょう。

いくつも良い本があるのですが、直近のものかつ今役立つのはコレ。

『売る力 心をつかむ仕事術』

一時は成長の踊り場にあったコンビニを、著者がどのようにしてまた成長軌道に乗せたか、その秘密が書かれた一冊です。

最近のセブン-イレブンは、プライベートブランドが全盛ですが、その陰には、知られざる企業努力、そしてトップの未来を読む確かな目がありました。本書では、この両面に光を当てています。

どうすれば、顧客の心を知り、「売る力」を身につけられるのか。本書は、この商売人の永遠の課題に、こう答えています。

<「売る力」とは、お客様から見て「買ってよかった」と思ってもらえる力である>

では、「買ってよかった」と思ってもらうには、どうしたら良いのでしょうか。

本書には、そのヒントがたくさん書かれています。

本書が秀逸なのは、変わりゆく顧客ニーズをロジカルに説明し、そのニーズをつかんで成功した商品・サービスを具体的に紹介していること。

モノあまりの時代の消費者ニーズを端的に表現した、以下のパートを見ていただきましょう。

<わたしはよくこんなたとえ話をします。テーブルにいろいろな料理が並んでいる。お腹が空いているときは、全部食べられるから、あまり好きではないものから食べ始めて、最後に好物をとっておこうと考えることもできる。これに対し、お腹がいっぱいのときは、好きなもの、そして、目新しいものを選んで食べようとする。いまはモノあまりで、お客様はお腹がいっぱいの状態にある。だから、新しい価値を提供できるものしか売れない>

この「新しい価値」を追求したのが「セブンプレミアム」ということなのでしょうが、これが見事に当たっています。

著者は、新しい商品・サービスを生み出すフレームワークとして、「上質」と「手軽」の2軸でできたマトリックスを考えるそうで、これがなかなか使える思考法です。

曰く、<「上質」と「手軽」の「空白地帯」にヒットあり>。

賢明な読者は、この思考法が「セブンカフェ」を生み出したことに、ピンとくるのではないでしょうか(「セブンカフェ」は手軽で上質)。

ほかにも、消費の動向、売るためのヒントがたくさん書かれており、興味深い。

「海辺の店でなぜ、梅おにぎりが大量に売れるのか?」のくだりは、顧客ニーズを掴むことの奥深さを感じさせる、良いエピソードでした。

<昼には、かなり気温が上がりそうだから、釣り客の心理からすると、時間が経っても傷みにくいイメージのものを求めるはずだ。「それなら梅のおにぎりが売れるのではないか」>

新書の割に読み応えがあり、このノウハウびっしりの内容で770円は安すぎる。

売り切れる前に、今すぐ買って読んで欲しい一冊です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

突然ですが、起業って恐怖ですよね。
土井の周りの起業家に聞いても、大体みんな最初は怖かったと言います。

だって、安定収入が絶たれちゃうかもしれないんですからね。

起業した今は、本当の安定は大企業かどうかじゃなく、
顧客リストを持っているかどうかだということがよくわかりますが、
最初のうちは、そんなこと、気づくわけがありません。

毎月確実に振り込まれる給料がなくなって、
毎月その都度稼がないと、一家全員路頭に迷うかもしれない。
怖いのは当たり前です。

でも、その恐怖を乗り越えないことには、本当に稼ぐことなどできはしない。
そこで本日は、その恐怖を乗り越える方法をレクチャーしたいと思います。

方法1:安定収入を確保する
中途半端にやると、いつまでも副業で終わってしまうためおすすめしませんが、途中から思い切ってシフトできるなら副業で始めてみる、というのも手です。あと意外と有効なのは、「パートナーに稼いでもらう」です。作家の鈴木光司さんはこの方法で、奥さんに支えられて見事にベストセラー作家になりました。

方法2:失敗しても何度もチャレンジすると決める(あきらめなければ負けじゃない)
「一勝九敗」という言葉がある通り、起業では多少失敗しても、一度の勝ちが負けを上回る利益を稼ぎだすものです。ということで、十回に一回しか成功しないチャレンジでも、十回やればほぼ成功できるので、ひたすら挑むと決めることです。

方法3:なるべくお金を使わない
企業が倒産する理由は、キャッシュがなくなるからです。であれば、なるべくキャッシュを使わない、サービスを提供するよりも先にキャッシュが入ってくる仕組みがあればいい。お客様からお代をいただくのは先、取引先への支払いは後にしておけば、うまくいくことが多いと思います。

とはいえ、こんな方法だけでは恐怖を乗り越えられるものではありません。
そこでメンタル的に効くのはこの方法。

1.バカになる
理性が邪魔をしているので、理性をやっつけるために感情的になります。わざと現状に腹を立ててみたり、自分がサービスを開始しないために不幸になっていく人を思い浮かべたり、愛する人のことを考えたりします。とにかく、お金や安定以上の価値を掲げないと、バカにはなれません。

2.死ぬことを考える
神様に聞いてみたら、「じつは自分の寿命は明日まででした」みたいな感じで、まさに今、死ぬ可能性があると考えます。これによっていきなりやるべきことが明確になります。アマゾン創業者のジェフ・ベゾスは「後悔最小化理論」というのを打ち出していますね。

3.明日、すごいインフレが起こる、もしくは政府がお金を巻き上げると考える
人間は失うことが前提の場合、思い切ってギャンブルに出る傾向があります。そこで、頭の中でもう奪われることを考えるのです。すると、やけっぱちになって勝負に出る。恐怖の源はほとんどが命とお金ですから、それが奪われる前提なら、行動はぐっとラクになります。

以上、起業の恐怖を乗り越える方法をお話しましたが、
これでもできない人のためのおまけもお伝えしましょう。

1.神社に行って、一番高いお守りを買う
2.すごい人とつながりまくって、こんな人とつながっているんだから大丈夫だと思い込む
3.思い切って貯めたお金を全部使う夢を見る→使うことが怖くなくなる!

まあ、無責任に書き連ねましたが、起業した人はみんないろいろやっているはずです。
セミナーや講演会に参加した時は、ぜひこの手の話、リアルに聞いてみましょう。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

今日、スタッフのs君から、
「土井さん、柔軟なことがいい場合と頑固を貫くことがいい場合とがあると思いますが、このバランスはどう取ればいいんですか?」と質問されました。

土井なりに考えたことを書いてみましょう。

5W1Hってありますよね。

Why
What
When
Where
Who
How

のことですが、この下位にあたるものは柔軟に変えていいと思うんです。

経営の優先順位から考えれば、一番大事なのは「理念」ですよね。
つまり、その事業をやる理由・目的=Whyです。
そして、次に来るのがおそらく戦略=Whatです。
その他は、When=いつ(タイミング)、Where=どこで(戦いの拠点)、Who=誰が(リーダー、チーム)を整える。そして、How=戦術・武器が最後に問題となるわけです。

どんなにすごい武器を入れても、When、Where、Whoが伴っていなければ、
宝の持ち腐れ。暗闇と日中では使う武器は変わりますし、狭い場所と広い場所でも違います。使いこなす人によっても最適ツールは違うはずです。だから、Howに関しては最も柔軟でなくてはいけない。どんなにすごい塾講師のテキストでも、こどもに合わなければ使わせちゃいけないのと同じです。

この目的(Why)に対しては頑なに、手段(How)に対しては柔軟に、というのが基本原則です。

でも、プロフェッショナルにアドバイスを求める際、「知的に見せたい(=目的)。でも、色は黄色でよろしく!(=手段)」と言ってしまう人が多い。

そうでなくて、チェックは逆であるべきです。

「これで知的に見えますか?」
「もっと知的に見せられませんか?」

違和感や疑問を持ったら、すぐにこう聞きましょう。
相手が本当にプロなら、これで大体うまくいくはずです。

ぜひ、試してみてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

見ているようで見られている、評価しているようでされている、はめているようではめられている、世の中には、そんな場面が少なくありません。

たとえば、スーパーで買い物をする時。

お肉やサラダ、お惣菜などを買う時、こんなことってありませんか?

「ベーコンの薄切りを二〇〇グラムでございますね。かしこまりました。あっ、少しオーバーしますが、よろしいでしょうか」

これはアイルランドの伝説的スーパー、スーパークインの創業者が書いた『ブーメランの法則』の中の一節なのですが、店舗ではこうしたさり気ない「かっぱらい」が横行しています。

彼ら店員は、ベーコンをはかっているつもりでいますが、じつは彼らは「誠意をはかられている」のです。

商売においては、お客様をバカにしてはいけません。「現代広告の父」デイヴィッド・オグルヴィも『ある広告人の告白』で、こんなことを言っています。

「消費者はバカではない。消費者はあなたの奥さんなのだ。彼女の知性をあなどってはいけない」

「はかられているのは誠意である」。商売人は日々この言葉を胸に活動したいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

仕事がら、「ヒットの法則」について聞かれることがあるのですが、「ビジネスブックマラソン」で過去に紹介した本に良いヒントがあったので、ご紹介します。

カリスマイラストレーター、寄藤文平さんによる『絵と言葉の一研究』(美術出版社)という本です。

寄藤さんは、30万部を超えた『海馬』で装丁家デビューして以来、『ウンココロ』、『年収200万円からの貯金生活宣言』など、ヒットを連発してきた人物。フリーペーパー「R25」の表紙や、「大人たばこ養成講座」などでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

『絵と言葉の一研究』は、そんな寄藤文平氏の頭のなかを、絵と言葉を使って解説した、じつに学びの多い本ですが、この本のなかに、気になる記述がありました。

<絵を使ってインフォメーションを作る。当時は、それが新しかった>

<一般的に、多くのイラストは「絵画」の延長として考えられていた。イラストを「情報」として作るイラストレーターは、ものすごく少なかった>

こうしてみると、寄藤文平氏のイラストというのは、イノベーションであったということがよくわかります。

戦略論の権威、リチャード・P・ルメルト氏の『良い戦略、悪い戦略』に、こんな記述がありました。

「未踏の高地を手に入れる一つの方法は、自前のイノベーションによって作り出してしまうことである」

画期的に売れるものは、既存の商品と同じ指標で測られる「良い商品」ではなく、イノベーションによって創られ、まったく新たな指標で評価されるものだということがよくわかります。

かつて歯磨き粉が「虫歯予防」だった時代に「歯が白いこと」をウリにしたサンギ、「素材の良さ」をウリにした「俺のイタリアン」「いきなり!ステーキ」、「手軽」と「上質」の2軸で勝負したセブンカフェ…。

良い商品は、やっぱり画期的なコンセプトを含んでいるものなのです。

ちなみに、「実践ビジネス英語」の杉田敏先生に先日聞いた話ですが、杉田先生が「やさしいビジネス英語」の講師に採用された当時は、「ビジネス英語」自体が珍しいコンセプトだったようですね。それが、時代を超えて、「女性+ビジネス英語」がウケて、関谷英里子さんが「入門ビジネス英語」に抜擢された。

時代が変われば、必要となるコンセプトも変わる。

ヒット商品のヒントは、やはり時代を見ることで見つかるのだと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

今日は、人気の「塚田農場」もしくは「鳥貴族」に行くべく、新宿は歌舞伎町に向かったのですが、さすがは両人気店。どちらも満員で入れませんでした。

仕方なく、近所にあった「やきとりセンター」に入ったのですが、偶然、待合スペースで会った外国人カップルに話しかけ、すっかり意気投合しました。

彼らはシアトルから来ている元マイクロソフトのエンジニア(夫)+油絵画家(妻)のペアで、話し終わった後、向こうからメールアドレスを渡してきました。

さんざん店に断られてたどり着いた店だったけれど、そのおかげで良いご縁ができました。

失敗は成功の始まり。成功は失敗の始まり。

何事も前向きにとらえていきたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)