夏の参院選で、自民党を離党し、たちあがれ日本が比例代表で公認していた中川義雄参院議員(北海道選挙区)が、同党の平沼赳夫代表に出馬断念の意向を伝えていたことが分かった。長男の賢一氏が17日、みんなの党から道選挙区(改選数2)への立候補を表明したため。関係者によると、平沼代表が慰留しているが、中川氏は「親子で別の党から出馬することはできない」と決意を固めているという。党本部が協議しており、了承すれば19日午後にも発表する。

【関連ニュース】
自民党:与謝野、舛添両氏を除名処分 党紀委員会
自民党:与謝野氏らの処分、結論持ち越し 党紀委
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
ファイル:内政・外交・安保 「たちあがれ」、参院選の1次公認発表
ファイル:内政・外交・安保 自民、与謝野氏らの処分持ち越し

27日に高齢者の政治参画を考えるフォーラム(医療介護CBニュース)
<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
辺野古移設「駄目」=沖縄知事(時事通信)
スマイレージと真野恵里菜がジョイントライヴをスタート
AD